検索結果 83 件中 1 件 〜 50 件 "生活習慣"
  1. 2019090200893

    「新華社」 FIBAバスケW杯開幕宿泊ホテルも選手をサポート  29日午後、ホテルからトレーニング施設に向かうため、続々とバスに乗り込む日本代表。中国北京の国家水泳センターで30日夜、国際バスケットボール連盟(FIBA)ワールドカップ(W杯)2019の開幕式が行われた。大会に出場する日本代表は28日、1次リーグE組の試合が行われる上海市に到着。9月1日の初戦でトルコと対戦する。大会組織委員会によると、上海では出場チームや関係者に対して行き届いたサービスが提供されている。日本代表が宿泊するホテルの責任者は、日本人選手の生活習慣を考慮し、食事や宿泊などの面で工夫していると説明。「天ぷらや鉄板焼、うどんなど比較的薄味の日本食を手配したほか、ベットの長さを調整したり、ジムを24時間営業に変更した」と紹介した。(上海=新華社記者/郭敬丹)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019090200842

    「新華社」 FIBAバスケW杯開幕宿泊ホテルも選手をサポート  29日、ホテルのロビーに置かれたFIBAワールドカップの案内板。中国北京の国家水泳センターで30日夜、国際バスケットボール連盟(FIBA)ワールドカップ(W杯)2019の開幕式が行われた。大会に出場する日本代表は28日、1次リーグE組の試合が行われる上海市に到着。9月1日の初戦でトルコと対戦する。大会組織委員会によると、上海では出場チームや関係者に対して行き届いたサービスが提供されている。日本代表が宿泊するホテルの責任者は、日本人選手の生活習慣を考慮し、食事や宿泊などの面で工夫していると説明。「天ぷらや鉄板焼、うどんなど比較的薄味の日本食を手配したほか、ベットの長さを調整したり、ジムを24時間営業に変更した」と紹介した。(上海=新華社記者/郭敬丹)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019090200946

    「新華社」 FIBAバスケW杯開幕宿泊ホテルも選手をサポート  29日、ホテルの選手用休憩スペースに設けられた卓球台。中国北京の国家水泳センターで30日夜、国際バスケットボール連盟(FIBA)ワールドカップ(W杯)2019の開幕式が行われた。大会に出場する日本代表は28日、1次リーグE組の試合が行われる上海市に到着。9月1日の初戦でトルコと対戦する。大会組織委員会によると、上海では出場チームや関係者に対して行き届いたサービスが提供されている。日本代表が宿泊するホテルの責任者は、日本人選手の生活習慣を考慮し、食事や宿泊などの面で工夫していると説明。「天ぷらや鉄板焼、うどんなど比較的薄味の日本食を手配したほか、ベットの長さを調整したり、ジムを24時間営業に変更した」と紹介した。(上海=新華社記者/郭敬丹)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019090200951

    「新華社」 FIBAバスケW杯開幕宿泊ホテルも選手をサポート  29日、ホテル内にあるレストランのテーブルに置かれた日本代表のプレート。中国北京の国家水泳センターで30日夜、国際バスケットボール連盟(FIBA)ワールドカップ(W杯)2019の開幕式が行われた。大会に出場する日本代表は28日、1次リーグE組の試合が行われる上海市に到着。9月1日の初戦でトルコと対戦する。大会組織委員会によると、上海では出場チームや関係者に対して行き届いたサービスが提供されている。日本代表が宿泊するホテルの責任者は、日本人選手の生活習慣を考慮し、食事や宿泊などの面で工夫していると説明。「天ぷらや鉄板焼、うどんなど比較的薄味の日本食を手配したほか、ベットの長さを調整したり、ジムを24時間営業に変更した」と紹介した。(上海=新華社記者/郭敬丹)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019090200943

    「新華社」 FIBAバスケW杯開幕宿泊ホテルも選手をサポート  29日、ホテル内に設けられたFIBAワールドカップのインフォメーションデスク。中国北京の国家水泳センターで30日夜、国際バスケットボール連盟(FIBA)ワールドカップ(W杯)2019の開幕式が行われた。大会に出場する日本代表は28日、1次リーグE組の試合が行われる上海市に到着。9月1日の初戦でトルコと対戦する。大会組織委員会によると、上海では出場チームや関係者に対して行き届いたサービスが提供されている。日本代表が宿泊するホテルの責任者は、日本人選手の生活習慣を考慮し、食事や宿泊などの面で工夫していると説明。「天ぷらや鉄板焼、うどんなど比較的薄味の日本食を手配したほか、ベットの長さを調整したり、ジムを24時間営業に変更した」と紹介した。(上海=新華社記者/郭敬丹)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019090200872

    「新華社」 FIBAバスケW杯開幕宿泊ホテルも選手をサポート  29日、ホテルのロビーに置かれたFIBAワールドカップの案内板。中国北京の国家水泳センターで30日夜、国際バスケットボール連盟(FIBA)ワールドカップ(W杯)2019の開幕式が行われた。大会に出場する日本代表は28日、1次リーグE組の試合が行われる上海市に到着。9月1日の初戦でトルコと対戦する。大会組織委員会によると、上海では出場チームや関係者に対して行き届いたサービスが提供されている。日本代表が宿泊するホテルの責任者は、日本人選手の生活習慣を考慮し、食事や宿泊などの面で工夫していると説明。「天ぷらや鉄板焼、うどんなど比較的薄味の日本食を手配したほか、ベットの長さを調整したり、ジムを24時間営業に変更した」と紹介した。(上海=新華社記者/郭敬丹)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019090200979

    「新華社」 FIBAバスケW杯開幕宿泊ホテルも選手をサポート  29日、ホテル内にあるジム。中国北京の国家水泳センターで30日夜、国際バスケットボール連盟(FIBA)ワールドカップ(W杯)2019の開幕式が行われた。大会に出場する日本代表は28日、1次リーグE組の試合が行われる上海市に到着。9月1日の初戦でトルコと対戦する。大会組織委員会によると、上海では出場チームや関係者に対して行き届いたサービスが提供されている。日本代表が宿泊するホテルの責任者は、日本人選手の生活習慣を考慮し、食事や宿泊などの面で工夫していると説明。「天ぷらや鉄板焼、うどんなど比較的薄味の日本食を手配したほか、ベットの長さを調整したり、ジムを24時間営業に変更した」と紹介した。(上海=新華社記者/郭敬丹)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019090200937

    「新華社」 FIBAバスケW杯開幕宿泊ホテルも選手をサポート  29日、日本代表が乗ったバス。中国北京の国家水泳センターで30日夜、国際バスケットボール連盟(FIBA)ワールドカップ(W杯)2019の開幕式が行われた。大会に出場する日本代表は28日、1次リーグE組の試合が行われる上海市に到着。9月1日の初戦でトルコと対戦する。大会組織委員会によると、上海では出場チームや関係者に対して行き届いたサービスが提供されている。日本代表が宿泊するホテルの責任者は、日本人選手の生活習慣を考慮し、食事や宿泊などの面で工夫していると説明。「天ぷらや鉄板焼、うどんなど比較的薄味の日本食を手配したほか、ベットの長さを調整したり、ジムを24時間営業に変更した」と紹介した。(上海=新華社記者/郭敬丹)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019090200945

    「新華社」 FIBAバスケW杯開幕宿泊ホテルも選手をサポート  29日、ホテルの選手用休憩フロアのロビー。中国北京の国家水泳センターで30日夜、国際バスケットボール連盟(FIBA)ワールドカップ(W杯)2019の開幕式が行われた。大会に出場する日本代表は28日、1次リーグE組の試合が行われる上海市に到着。9月1日の初戦でトルコと対戦する。大会組織委員会によると、上海では出場チームや関係者に対して行き届いたサービスが提供されている。日本代表が宿泊するホテルの責任者は、日本人選手の生活習慣を考慮し、食事や宿泊などの面で工夫していると説明。「天ぷらや鉄板焼、うどんなど比較的薄味の日本食を手配したほか、ベットの長さを調整したり、ジムを24時間営業に変更した」と紹介した。(上海=新華社記者/郭敬丹)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019090200947

    「新華社」 FIBAバスケW杯開幕宿泊ホテルも選手をサポート  29日、ホテルの選手用休憩スペースに設置されたマッサージチェア。中国北京の国家水泳センターで30日夜、国際バスケットボール連盟(FIBA)ワールドカップ(W杯)2019の開幕式が行われた。大会に出場する日本代表は28日、1次リーグE組の試合が行われる上海市に到着。9月1日の初戦でトルコと対戦する。大会組織委員会によると、上海では出場チームや関係者に対して行き届いたサービスが提供されている。日本代表が宿泊するホテルの責任者は、日本人選手の生活習慣を考慮し、食事や宿泊などの面で工夫していると説明。「天ぷらや鉄板焼、うどんなど比較的薄味の日本食を手配したほか、ベットの長さを調整したり、ジムを24時間営業に変更した」と紹介した。(上海=新華社記者/郭敬丹)=2019(令和元)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019061900407

    「Newscom」 Homeless in New York A homeless individual encamped outside a subway entrance in New York on Friday, June 14, 2019. ( Richard B. Levine) Photo via Newscom、クレジット:Levine Roberts/ニューズコム/共同通信イメージズ

  12. 2019061001230

    「新華社」 トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区  2日、空から見た古楓寨の一角。(小型無人機から)中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019061001302

    「新華社」 トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区  2日、民家の屋根を点検修理する村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019061001225

    「新華社」 トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区  2日、古いカエデの木の生育状況を観察する村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019061001227

    「新華社」 トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区  2日、古楓寨の「吊脚楼」と呼ばれる高床式家屋で布団を干す村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019061001229

    「新華社」 トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区  2日、空から見た古楓寨の一角。(小型無人機から)中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019061001222

    「新華社」 トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区  2日、米を分別する村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019061001224

    「新華社」 トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区  2日、古楓寨の民家で農産物を干す村民。(小型無人機から)中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019061001149

    「新華社」 トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区  2日、古楓寨の民家で農産物を干す村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019061001152

    「新華社」 トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区  2日、古楓寨の民家で魚を干す村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019061001138

    「新華社」 トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区  2日、竹製品を確認する村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019031500492

    「DPA」 “Interrogation“ of partridges 07 March 2019, Hessen, Reichelsheim (Wetterau): Forest ranger Andreas Mohr explains details about the life habits of partridges on a poster with pictures of the birds. The Hegering partridge from the Wetterau is committed to the bast status of the animals, the number of which has shrunk by a third nationwide in the last eight years. (to dpa “First curls, then counting: Hunters are partridges on the trail“ from 08.03.2019) Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  23. 2020031804543

    「DPA」 New waste containers for Frankfurt/Main 23 September 2018, Hessen, Frankfurt/Main: An employee of the Frankfurter Entsorgungs- und Service GmbH (FES) throws a pizza box into the extra large opening of a so-called garbage garage on the Luisenplatz in Nordend during a press meeting. The city is thus trying to adapt the waste disposal infrastructure to the changed celebration and living habits of its citizens, as more and more people take their meals and drinks outside and on the road. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  24. 2020031804314

    「DPA」 New waste containers for Frankfurt/Main 23 September 2018, Hessen, Frankfurt/Main: An employee of the Frankfurter Entsorgungs- und Service GmbH (FES) throws a pizza box into the extra large opening of a so-called garbage garage on the Luisenplatz in Nordend during a press meeting. The city is thus trying to adapt the waste disposal infrastructure to the changed celebration and living habits of its citizens, as more and more people take their meals and drinks outside and on the road. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  25. 2020031804229

    「DPA」 New waste containers for Frankfurt/Main 23 September 2018, Hessen, Frankfurt/Main: An employee of the Frankfurter Entsorgungs- und Service GmbH (FES) throws a pizza box into the extra large opening of a so-called garbage garage on the Luisenplatz in Nordend during a press meeting. The city is thus trying to adapt the waste disposal infrastructure to the changed celebration and living habits of its citizens, as more and more people take their meals and drinks outside and on the road. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  26. 2018082000824

    「新華社」 環境ガバナンスが幸せな生活を切り開く甘粛省甘南  11日、草原でごみを拾う甘南チベット族自治州環境保護協会のボランティア。中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛、青海、四川の三省が隣接するところに位置し、黄河上流水源の重要な涵養域である。豊富で多様な風景や多彩な民俗風情にあふれ、中国全土から観光客が訪れる。しかし、人と家畜が共に暮らす従来の生産方式やゴミの溜め込み、ポイ捨てといった生活習慣が長く続いたため、大自然に恵まれた同地の美しい風景は、かつての魅力を失ってしまった。同自治州は2015年から、都市・農村の総合的な環境ガバナンスを県・区の有能な人材に対する査定内容やグリッド化による管理システムに組み入れ、「観光エリアの全域にわたりゴミのないモデル区」を作り出すとともに、観光村として農村観光の発展に適すると思われる自然村を毎年60カ所選び、A級景勝区の標準に基づいてその発展推進に力を入れている。さまざまな努力を経て、環境や家は美しくなり、観光客も絶えずやって来るようになった。生活方式の変化は生産方式のグレードアップを推進し、同自治州の人々の生活は、これまでの「放牧に依存した貧困脱却」から、現在の「観光に頼った小康(ややゆとりのある生活水準)の実現」へと変化している。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2018082000847

    「新華社」 環境ガバナンスが幸せな生活を切り開く甘粛省甘南  10日、空から眺めた甘南チベット族自治州ルチュ県尕海鎮尕秀村。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛、青海、四川の三省が隣接するところに位置し、黄河上流水源の重要な涵養域である。豊富で多様な風景や多彩な民俗風情にあふれ、中国全土から観光客が訪れる。しかし、人と家畜が共に暮らす従来の生産方式やゴミの溜め込み、ポイ捨てといった生活習慣が長く続いたため、大自然に恵まれた同地の美しい風景は、かつての魅力を失ってしまった。同自治州は2015年から、都市・農村の総合的な環境ガバナンスを県・区の有能な人材に対する査定内容やグリッド化による管理システムに組み入れ、「観光エリアの全域にわたりゴミのないモデル区」を作り出すとともに、観光村として農村観光の発展に適すると思われる自然村を毎年60カ所選び、A級景勝区の標準に基づいてその発展推進に力を入れている。さまざまな努力を経て、環境や家は美しくなり、観光客も絶えずやって来るようになった。生活方式の変化は生産方式のグレードアップを推進し、同自治州の人々の生活は、これまでの「放牧に依存した貧困脱却」から、現在の「観光に頼った小康(ややゆとりのある生活水準)の実現」へと変化している。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2018082000798

    「新華社」 環境ガバナンスが幸せな生活を切り開く甘粛省甘南  10日、自身の経営する「牧家楽」(放牧地ステイ)で、観光客にミルクティーを出す甘南チベット族自治州ルチュ県尕海鎮尕秀村の村民、尕蔵草さん(右)。中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛、青海、四川の三省が隣接するところに位置し、黄河上流水源の重要な涵養区である。豊富で多様な風景や多彩な民俗風情にあふれ、中国全土から観光客が訪れる。しかし、人と家畜が共に暮らす従来の生産方式やゴミの溜め込み、ポイ捨てといった生活習慣が長く続いたため、大自然に恵まれた同地の美しい風景は、かつての魅力を失ってしまった。同自治州は2015年から、都市・農村の総合的な環境ガバナンスを県・区の有能な人材に対する査定内容やグリッド化による管理システムに組み入れ、「観光エリアの全域にわたりゴミのないモデル区」を作り出すとともに、観光村として農村観光の発展に適すると思われる自然村を毎年60カ所選び、A級景勝区の標準に基づいてその発展推進に力を入れている。さまざまな努力を経て、環境や家は美しくなり、観光客も絶えずやって来るようになった。生活方式の変化は生産方式のグレードアップを推進し、同自治州の人々の生活は、これまでの「放牧に依存した貧困脱却」から、現在の「観光に頼った小康(ややゆとりのある生活水準)の実現」へと変化している。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018082000850

    「新華社」 環境ガバナンスが幸せな生活を切り開く甘粛省甘南  10日、甘南チベット族自治州ルチュ県の尕海鎮尕秀村のチベット式テント村。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州は甘粛、青海、四川の三省が隣接するところに位置し、黄河上流水源の重要な涵養域である。豊富で多様な風景や多彩な民俗風情にあふれ、中国全土から観光客が訪れる。しかし、人と家畜が共に暮らす従来の生産方式やゴミの溜め込み、ポイ捨てといった生活習慣が長く続いたため、大自然に恵まれた同地の美しい風景は、かつての魅力を失ってしまった。同自治州は2015年から、都市・農村の総合的な環境ガバナンスを県・区の有能な人材に対する査定内容やグリッド化による管理システムに組み入れ、「観光エリアの全域にわたりゴミのないモデル区」を作り出すとともに、観光村として農村観光の発展に適すると思われる自然村を毎年60カ所選び、A級景勝区の標準に基づいてその発展推進に力を入れている。さまざまな努力を経て、環境や家は美しくなり、観光客も絶えずやって来るようになった。生活方式の変化は生産方式のグレードアップを推進し、同自治州の人々の生活は、これまでの「放牧に依存した貧困脱却」から、現在の「観光に頼った小康(ややゆとりのある生活水準)の実現」へと変化している。(蘭州=新華社記者/陳斌)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2018062700219

    読書や生活習慣で好成績  不利を克服し学力が上位となった子どもの家庭の特徴

  31. 2018062700218

    読書や生活習慣で好成績  不利を克服し学力が上位となった子どもの家庭の特徴

  32. 2018051000671

    ヤング風俗  若者の衣食住の最新のしきたりや、生活習慣を見ることができる銀座=1973年(昭和48)年3月22日、東京都中央区

  33. 2018032800264

    甲乙A「科学スコープ」 生まれた環境、体質を左右  生活習慣病につながるメタボリック症候群の可能性を調べる腹囲測定

  34. 2017060800700

    「医療新世紀」本記 食事制限の意味、理解して  日立総合病院の植田敦志・腎臓病生活習慣病センター長

  35. 2017021600357

    「アジア発」 描けぬ将来、訪日激増  ネパール・カトマンズ郊外の日本語学校で、日本人教師から生活習慣の授業を受けるネパール人学生ら=1月19日(共同)

  36. 2017020200305

    「医療新世紀」からだ・こころナビ 健康習慣で心臓病減らせる  生活習慣と冠動脈疾患の発症リスクの関係

  37. 2017020200304

    「医療新世紀」からだ・こころナビ 健康習慣で心臓病減らせる  生活習慣と冠動脈疾患の発症リスクの関係

  38. 2016111400414

    「経済ウイークリー」「気になる商品」 生活習慣病が気になる人に  気になる商品「プリン体対策商品」

  39. 2016111400413

    「経済ウイークリー」「気になる商品」 生活習慣病が気になる人に  気になる商品「プリン体対策商品」

  40. 2016082700049

    「暮らしアイ」 子どもたちにがん教育  がんを予防する生活習慣

  41. 2016082700048

    「暮らしアイ」 子どもたちにがん教育  がんを予防する生活習慣

  42. 2016072100612

    「12段用」 農産物で地域の健康づくり  農産物を使って生活習慣病を予防する取り組みを進める地域

  43. 2016072100611

    「12段用」 農産物で地域の健康づくり  農産物を使って生活習慣病を予防する取り組みを進める地域

  44. 2016072100610

    農産物で地域の健康づくり  農産物を使って生活習慣病を予防する取り組みを進める地域

  45. 2016072100609

    農産物で地域の健康づくり  農産物を使って生活習慣病を予防する取り組みを進める地域

  46. 2016012200643

    「12段用」 依存症、切れ目なく支援  生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している人の割合

  47. 2016012200642

    「12段用」 依存症、切れ目なく支援  生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している人の割合

  48. 2016012200641

    依存症、切れ目なく支援  生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している人の割合

  49. 2016012200640

    依存症、切れ目なく支援  生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している人の割合

  50. 2015010700331

    52年内地 8209 民族の生活、習慣を一般公開 国立民族学博物館  鹿児島県大隅町、岩川八幡神社で秋の祭礼“やごろうどん”に使用する大面。ほかに国の重要民俗文化財に指定されている東北地方の民間信仰オシラさまのコレクションも展示される(写真ニュース「民族の生活、習慣を一般公開 国立民族学博物館」9枚組の9)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像