検索結果 20 件中 1 件 〜 20 件 "生育環境"
  1. 2020063002025

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  18日、笹の葉加工工場のオープニングセレモニーで提供された出来たてのちまき。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020063002202

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  18日、笹の葉加工工場のオープニングセレモニーのためにちまきを作り、端午節を迎える準備をする近隣農家の人々。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020063002321

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  18日、桑植県にある康華実業の工場で笹の葉を運ぶ従業員。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/阮周圍)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020063002047

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  18日、笹の葉加工工場のオープニングセレモニーで提供された地元農家の手作りちまき。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020063002017

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  18日、笹の葉の選別を行う従業員。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020063002126

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  18日、笹の葉加工工場のオープニングセレモニーのためにちまきを作ろうと、近隣農家の人々が準備した材料。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020063002186

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  18日、笹の葉の選別を行う従業員。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020063002115

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  16日、笹の葉の選別と等級分けを行う桑植金橋農産品の従業員。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/阮周圍)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020063001998

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  16日、等級別に束ねられた笹の葉。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020063001988

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  16日、笹の葉の選別と等級分けを行う従業員。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020063001996

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  16日、桑植金橋農産品の冷凍庫に貯蔵された新鮮な笹の葉。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/阮周圍)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020063002154

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  16日、等級別に束ねられた笹の葉。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/王昕怡)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020063002323

    特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県  16日、桑植県にある康華実業の工場。輸出用の笹の葉が等級別に束ねられている。中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(張家界=新華社記者/阮周圍)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020072800768

    中国固有のシダ植物、四川省峨眉山で発見  「光葉蕨」の株と生育環境。(6月15日撮影)中国四川省自然資源科学研究院峨眉山生物資源実験ステーションの研究者がこのほど、国家1級保護植物に指定されている中国固有のシダ植物「光葉蕨(CystoathyriumchinenseChing)」を峨眉山で発見した。これまでの記録では、同省雅安市天全県の二郎山にのみ分布するとされていた。(成都=新華社配信/李策宏)=2020(令和2)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2018091924908

    保護されたコウノトリ放鳥へ河北省曹妃甸湿地公園  15日、曹妃甸湿地にある省立鳥類自然保護区で鳥類の生育環境を観察する管理事務所スタッフ。中国河北省唐山市曹妃甸(そうひてん)区湿地公園の省立鳥類自然保護区管理事務所は、2017年10月に2羽の負傷したコウノトリを保護した。1年にわたる心を込めた治療によって2羽のコウノトリは回復し、まもなく旅立ちの時を迎える。コウノトリは国家1級保護動物であり「鳥類のパンダ」とも呼ばれており、現在世界での生存数はわずか3千羽程度となっている。(曹妃甸=新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2018071200448

    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県  8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶を加工する従業員。中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2018071200489

    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県  8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶を作る従業員。(小型無人機から)中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2018071200490

    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県  8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶用の茶葉の加工準備をする従業員。中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2018071200475

    高級中国茶「霍山黄大茶」を作る人びと安徽省霍山県  8日、霍山県の製茶企業、抱児鐘秀茶業で霍山黄大茶を加工する従業員。中国茶で黄茶(きちゃ)とは独特の加熱処理と熟成工程を経た茶葉を指す。生産量が少なく中国茶の中では希少価値が高い。黄茶の中でも大きめの葉を用いたものを「黄大茶」と呼ぶ。中国安徽省六安市霍山県で作られる「霍山黄大茶」はここ数年、恵まれた生育環境と高い品質から市場の人気が高まっている。黄大茶は地元農民に増収をもたらす基幹産業として発展しただけでなく、同県を代表する名産品となった。(霍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2007010500141

    縄文杉付近の開発に待った  縄文杉の生育環境を壊さないために環境庁がロープウエー計画に待ったをかけた。縄文杉は樹齢3000年以上と推定される世界最古の植物。現在は保護のため周辺部は立入禁止になっている=1988(昭和63)年3月16日撮影、屋久島 63年国内 8603

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像