検索結果 10,159 件中 1 件 〜 50 件 "町並み"
  1. 2020092000128

    厳しい懐、相次ぐ応募検討 北海道寿都町の町並み  最終処分場選定に向けた文献調査に応募を検討している北海道寿都町=9月 大型サイド「北海道の核ごみ調査」

  2. 2020091602629

    Warnemünde full dinghy “Oll Stromer“ 14 September 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Rostock: The Warnemünde full dinghy “Oll Stromer“ is launched by the boat builders from the Förderkreis für das Schifffahrtsmuseum. The true-to-original replica is 7.50 metres long. Three boat builders and six volunteers have been working on it for almost three years. The Warnemünde Volljollen were built at the beginning of the 18th century and disappeared from the townscape in the mid 1950s. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  3. 2020091602551

    Warnemünde full dinghy “Oll Stromer“ 14 September 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Rostock: The Warnemünde full dinghy “Oll Stromer“ is launched by the boat builders from the Förderkreis für das Schifffahrtsmuseum. The true-to-original replica is 7.50 metres long. Three boat builders and six volunteers have been working on it for almost three years. The Warnemünde Volljollen were built at the beginning of the 18th century and disappeared from the townscape in the mid 1950s. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  4. 2020091602317

    Warnemünde full dinghy “Oll Stromer“ 14 September 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Rostock: Guests follow the preparations for the “launch“ of the Warnemünde dinghy “Oll Stromer“ by the boat builders from the Förderkreis für das Schifffahrtsmuseum. The true-to-original replica is 7.50 metres long. Three boat builders and six volunteers have been working on it for almost three years. The Warnemünde Volljollen were built at the beginning of the 18th century and disappeared from the townscape in the mid 1950s. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  5. 2020091602332

    Warnemünde full dinghy “Oll Stromer“ 14 September 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Rostock: The Warnemünde full dinghy “Oll Stromer“ is launched by the boat builders from the Förderkreis für das Schifffahrtsmuseum. The true-to-original replica is 7.50 metres long. Three boat builders and six volunteers have been working on it for almost three years. The Warnemünde Volljollen were built at the beginning of the 18th century and disappeared from the townscape in the mid 1950s. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  6. 2020091602407

    Warnemünde full dinghy “Oll Stromer“ 14 September 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Rostock: The Warnemünde full dinghy “Oll Stromer“ is launched by the boat builders from the Förderkreis für das Schifffahrtsmuseum. The true-to-original replica is 7.50 metres long. Three boat builders and six volunteers have been working on it for almost three years. The Warnemünde Volljollen were built at the beginning of the 18th century and disappeared from the townscape in the mid 1950s. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  7. 2020091602419

    Warnemünde full dinghy “Oll Stromer“ 14 September 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Rostock: The Warnemünde full dinghy “Oll Stromer“ was launched by the boat builders from the Förderkreis für das Schifffahrtsmuseum. The true-to-original replica is 7.50 metres long. Three boat builders and six volunteers worked on it for almost three years. The Warnemünde Volljollen were built at the beginning of the 18th century and disappeared from the townscape in the mid 1950s. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  8. 2020091602329

    Warnemünde full dinghy “Oll Stromer“ 14 September 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Rostock: In front of the “launch“ of the Warnemünde full dinghy “Oll Stromer“, the boatbuilders from the Förderkreis für das Schifffahrtsmuseum, the rudder is attached. The true-to-original replica is 7.50 metres long. Three boat builders and six volunteers have been working on it for almost three years. The Warnemünde Volljollen were built at the beginning of the 18th century, in the mid 1950s they disappeared from the townscape. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  9. 2020083100691

    色丹島開発、依然厳しく 色丹島の町並み  北方領土・色丹島の町並み=2018年8月

  10. 2020090306039

    「東洋のベネチア」蘇州で国際観光祭開催江蘇省  8月28日、水の都、蘇州の町並み。中国江蘇省蘇州市でこのほど、江南文化芸術・国際観光祭が開幕した。「東洋のベネチア」と称される水の都、蘇州は江南文化を代表する都市で、2500年余りの歴史を持つ。50日間の開催期間中、江南文化独特の魅力を内外に示し、国際文化観光の拠点作りを目指す。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020090306142

    「東洋のベネチア」蘇州で国際観光祭開催江蘇省  8月28日、水の都、蘇州の町並み。中国江蘇省蘇州市でこのほど、江南文化芸術・国際観光祭が開幕した。「東洋のベネチア」と称される水の都、蘇州は江南文化を代表する都市で、2500年余りの歴史を持つ。50日間の開催期間中、江南文化独特の魅力を内外に示し、国際文化観光の拠点作りを目指す。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020090104328

    明清時代の歴史的町並み河南省荊紫関鎮  25日、河南省南陽市淅川県荊紫関鎮の歴史的建築物「平浪宮」。中国河南省南陽市淅川(せきせん)県の荊紫関(けいしかん)鎮は、湖北省と陝西省の省境に位置する。かつては交易の中心地として栄え、今でも歴史的な町並みに明清時代の古建築が多く保存されている。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020090104485

    明清時代の歴史的町並み河南省荊紫関鎮  25日、河南省南陽市淅川県荊紫関鎮の歴史的建築物「山陝会館」。中国河南省南陽市淅川(せきせん)県の荊紫関(けいしかん)鎮は、湖北省と陝西省の省境に位置する。かつては交易の中心地として栄え、今でも歴史的な町並みに明清時代の古建築が多く保存されている。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020090104513

    明清時代の歴史的町並み河南省荊紫関鎮  25日、河南省南陽市淅川県荊紫関鎮の歴史的な町並み。中国河南省南陽市淅川(せきせん)県の荊紫関(けいしかん)鎮は、湖北省と陝西省の省境に位置する。かつては交易の中心地として栄え、今でも歴史的な町並みに明清時代の古建築が多く保存されている。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020090104351

    明清時代の歴史的町並み河南省荊紫関鎮  25日、河南省南陽市淅川県荊紫関鎮の歴史的建築物「山陝会館」。中国河南省南陽市淅川(せきせん)県の荊紫関(けいしかん)鎮は、湖北省と陝西省の省境に位置する。かつては交易の中心地として栄え、今でも歴史的な町並みに明清時代の古建築が多く保存されている。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020090104439

    明清時代の歴史的町並み河南省荊紫関鎮  25日、河南省南陽市淅川県荊紫関鎮の歴史的建築物「平浪宮」。中国河南省南陽市淅川(せきせん)県の荊紫関(けいしかん)鎮は、湖北省と陝西省の省境に位置する。かつては交易の中心地として栄え、今でも歴史的な町並みに明清時代の古建築が多く保存されている。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020090104472

    明清時代の歴史的町並み河南省荊紫関鎮  25日、淅川県荊紫関鎮の伝統的民家。中国河南省南陽市淅川(せきせん)県の荊紫関(けいしかん)鎮は、湖北省と陝西省の省境に位置する。かつては交易の中心地として栄え、今でも歴史的な町並みに明清時代の古建築が多く保存されている。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020090104399

    明清時代の歴史的町並み河南省荊紫関鎮  25日、河南省南陽市淅川県荊紫関鎮の歴史的な町並み。(小型無人機から)中国河南省南陽市淅川(せきせん)県の荊紫関(けいしかん)鎮は、湖北省と陝西省の省境に位置する。かつては交易の中心地として栄え、今でも歴史的な町並みに明清時代の古建築が多く保存されている。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020090104466

    明清時代の歴史的町並み河南省荊紫関鎮  25日、淅川県荊紫関鎮の歴史的建築物。中国河南省南陽市淅川(せきせん)県の荊紫関(けいしかん)鎮は、湖北省と陝西省の省境に位置する。かつては交易の中心地として栄え、今でも歴史的な町並みに明清時代の古建築が多く保存されている。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020090104530

    明清時代の歴史的町並み河南省荊紫関鎮  25日、河南省南陽市淅川県荊紫関鎮の歴史的建築物「山陝会館」。中国河南省南陽市淅川(せきせん)県の荊紫関(けいしかん)鎮は、湖北省と陝西省の省境に位置する。かつては交易の中心地として栄え、今でも歴史的な町並みに明清時代の古建築が多く保存されている。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020090104433

    明清時代の歴史的町並み河南省荊紫関鎮  25日、河南省南陽市淅川県荊紫関鎮の歴史的な町並み。(小型無人機から)中国河南省南陽市淅川(せきせん)県の荊紫関(けいしかん)鎮は、湖北省と陝西省の省境に位置する。かつては交易の中心地として栄え、今でも歴史的な町並みに明清時代の古建築が多く保存されている。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020090104443

    明清時代の歴史的町並み河南省荊紫関鎮  25日、丹江のほとりにある荊紫関鎮。(小型無人機から)中国河南省南陽市淅川(せきせん)県の荊紫関(けいしかん)鎮は、湖北省と陝西省の省境に位置する。かつては交易の中心地として栄え、今でも歴史的な町並みに明清時代の古建築が多く保存されている。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020090104463

    明清時代の歴史的町並み河南省荊紫関鎮  25日、淅川県荊紫関鎮の歴史的な町並み。(小型無人機から)中国河南省南陽市淅川(せきせん)県の荊紫関(けいしかん)鎮は、湖北省と陝西省の省境に位置する。かつては交易の中心地として栄え、今でも歴史的な町並みに明清時代の古建築が多く保存されている。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020090104405

    明清時代の歴史的町並み河南省荊紫関鎮  25日、河南省南陽市淅川県荊紫関鎮の歴史的な町並み。中国河南省南陽市淅川(せきせん)県の荊紫関(けいしかん)鎮は、湖北省と陝西省の省境に位置する。かつては交易の中心地として栄え、今でも歴史的な町並みに明清時代の古建築が多く保存されている。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020082400907

    「あくまでロシア領」 国後島古釜布の町並み  北方領土・国後島古釜布の町並み=2019年8月 1㌻特集「戦禍の記憶 75年の先へ」北方領土

  26. 2020072600382

    予期せぬ流入、パニックか 開城の町並みの資料  北朝鮮南西部の開城市中心部=2019年7月(共同) 「大型サイド」北朝鮮で新型コロナ疑い

  27. 2020072600378

    予期せぬ流入、パニックか 開城の町並みの資料  北朝鮮南西部の開城市中心部の道路=2019年7月(共同) 「大型サイド」北朝鮮で新型コロナ疑い

  28. 2020072808950

    岡山・矢掛町の町並み 重伝建選定目指す  重伝建の選定を目指す岡山県矢掛町中心部の町並み。矢掛町教委は、旧山陽道の宿場町の趣を残す町中心部の町並みについて、国重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)の選定に向けた申請に必要となる保存活用計画をまとめた。今月中をめどに文化庁に申請し、秋にも文化審議会の答申で結果が判明する見通し。=2020(令和2)年7月16日、岡山県矢掛町中心部、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  29. 2020070203071

    比、くすんだ町に彩りを カラフルな町並み  フィリピン北部ラトリニダードのカラフルな町並み=1月27日(共同) 「アジア発」アジアンスタイル

  30. 2020070702602

    宿泊施設「城下小宿糀や」が完成  改修工事を終え、宿泊施設となる旧苅田家付属町家群。江戸時代の町並みが残る岡山県津山市城東地区の「旧苅田家付属町家群」を活用し、市が整備していた宿泊施設「城下小宿糀や」(同市林田町)が完成した。17日にオープンする。=2020(令和2)年6月30日、岡山県津山市城東地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  31. 2020062006136

    観光誘客効果に濃淡 佐原地区  日本遺産「北総四都市江戸紀行」を構成する千葉県香取市の佐原地区の町並み=5月 「表層深層」日本遺産

  32. 2020062006135

    観光誘客効果に濃淡 佐原地区の町並み  日本遺産「北総四都市江戸紀行」を構成する千葉県香取市の佐原地区の町並み=5月 「表層深層」日本遺産

  33. 2020062306109

    「ジャパンレッド」日本遺産認定  ベンガラ色の町並みが広がる岡山県高梁市成羽町吹屋地区。文化庁は19日、地域の歴史的な特色や文化財にまつわるストーリーを認定する2020年度の「日本遺産」に、赤色顔料・ベンガラと銅に着目した高梁市の「『ジャパンレッド』発祥の地」など全国21件を新たに選んだ。日本遺産の新規認定は今回でいったん終了する方針で、総数は全国で104件、うち岡山県関係は都道府県別で3位タイの7件となった。「ジャパンレッド―」は、高梁市吹屋地区で江戸中期以降に盛んに生産されたベンガラと銅にまつわるエピソードがテーマ。ベンガラ色に彩られた町並みが残る吹屋地区(国重要伝統的建造物群保存地区)をはじめ、ベンガラの製造販売で栄えた豪商・旧片山家住宅(国重要文化財)、吉岡銅山跡、ベンガラ工場を復元したベンガラ館など計22点の文化財で構成している。=2020(令和2)年6月16日、岡山県高梁市成羽町吹屋地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  34. 2020053003024

    震災復興伝承館がオープン ジオラマ見る人たち  宮城県名取市閖上地区の震災復興伝承館に展示された、被災前の町並みを再現したジオラマを見る人たち=30日午前

  35. 2020053002904

    震災復興伝承館がオープン ジオラマなどの展示  宮城県名取市閖上地区の震災復興伝承館に展示された、被災前の町並みを再現したジオラマ=30日午前

  36. 2020052903612

    首都圏の観光地、準備着々 散策する観光客  埼玉県川越市の蔵造りの町並みを散策する観光客=29日午後

  37. 2020051500919

    択捉島に5百㍍超防波施設 択捉島の中心集落  北方領土・択捉島の中心集落、紗那(ロシア名クリーリスク)の町並み=2019年9月(タス=共同)

  38. 2020051404784

    City hall Pirna 13 May 2020, Saxony, Pirna: View of the town hall Pirna with its special clock face and the historical buildings in the townscape. Photo: Daniel Schäfer/dpa-Zentralbild/Daniel Schäfer、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  39. 2020063015378

    View From Above - April 26, 2020 April 26, 2020, Brisbane, Queensland, Australia: Panoramic aerial view of University of Queensland (left), Eleanor Schonell Bridge & Dutton Park (left) Brisbane, Queensland, Australia (Credit Image: © Mark A Johnson/Amazing Aerial via ZUMA Wire)、クレジット:©Mark A Johnson/Amazing Aerial via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  40. 2020063010164

    View From Above - April 26, 2020 April 26, 2020, Queensland, Australia: Panoramic aerial view of the Eleanor Schonell Bridge over the Brisbane River, University of Queensland (left) & Dutton Park (on right bank), Brisbane, Queensland, Australia (Credit Image: © Mark A Johnson/Amazing Aerial via ZUMA Wire)、クレジット:©Mark A Johnson/Amazing Aerial via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  41. 2020040701785

    新緑まぶしい季節悠久の古都に春の訪れ江蘇省揚州市  2日、明清代の古い町並みが残る東関街を散策する観光客。春を迎えた中国江蘇省揚州市では、花々が咲き、新緑が映える清々しい風景を至るところで楽しむことができる。(揚州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020040701770

    新緑まぶしい季節悠久の古都に春の訪れ江蘇省揚州市  2日、明清代の古い町並みが残る東関街を散策する観光客。(小型無人機から)春を迎えた中国江蘇省揚州市では、花々が咲き、新緑が映える清々しい風景を至るところで楽しむことができる。(揚州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020040601837

    複合宿泊施設「美都津山庵」  複合宿泊施設「美都津山庵」。右手の福田屋小路沿いに178津山ファンクラブルームがある。民間まちづくり団体「津山街デザイン創造研究所」(津山市上之町)が、江戸時代の町並みが残る同市城東地区の出雲往来沿いに複合宿泊施設「美都津山庵」を開業した。アートで観光振興を目指す「世界に誇る美作国アートゾーン構想」の一環。=2020(令和2)年3月17日、岡山県津山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  44. 2020030900572

    鉱員の日常に思い巡らす  渡良瀬川と足尾の町並み=栃木県日光市足尾町 甲乙L「旅」

  45. 2020091400482

    李白も遊んだ桃花潭、今なお続く豊かな流れ安徽省  安徽省宣城市涇県に位置する桃花潭風景区の町並み。(2月12日撮影)中国安徽省宣城市涇(けい)県の桃花潭は、青弋江(せいよくこう)の翟(たく)村から万村までの流域で、唐代の詩人李白(り・はく)が汪倫(おう・りん)との別れを詠んだ「桃花潭水深千尺、不及汪倫送我情」(桃花潭水深さ千尺及ばず汪倫が我を送るの情に)という佳句で知られる。両岸には李白が舟で旅立った東園古渡や、汪倫が足踏みで調子を取りながら歌い、見送ったとされる場所に立つ踏歌岸閣、汪倫墓などが点在している。(宣城=新華社配信/尹建生)=2020(令和2)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020012719632

    「ほっとする酒」いかが  古い町並みに移住者も。神奈川から引っ越し、キャンドルアートの店を開く浦由紀さん=佐賀県鹿島市の酒蔵通り 甲乙L「旅」

  47. 2020012100622

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、ランタンで再現された300メートルにわたる古い町並み。(小型無人機から)中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020012100641

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、会場を彩る色鮮やかなランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020012100651

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、自貢市で生産された伝統的なランタンで作られた長い回廊。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020012100699

    灯りが織りなすファンタジー自貢国際恐竜ランタンフェスティバル開幕四川省  17日、会場を彩る獅子のランタン。中国四川省自貢(じこう)市で17日夜、「中国自貢・華僑城第26回自貢国際恐竜ランタンフェスティバル」が正式に開幕した。「一帯一路」「夢幻河道(夢の川)」「メルヘンチックなお城」といった九つのテーマに分かれた展示会場では、100セット余りの伝統的なランタンと現代的ライトアップショーが観光客を視覚的に楽しませている。展示作品の一つ「上元灯火」は、ランタンで300メートルにわたる古い町並みを作ることで、唐代の元宵節(げんしょうせつ、旧暦1月15日)の様子を再現している。また、「一帯一路」展示会場では、陝西省西安市とイタリア・ローマの間にある「一帯一路」沿線国家のシンボル的な建物をランタンで表現している。(自貢=新華社記者/王迪)=2020(令和2)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像