検索結果 2,064 件中 1 件 〜 50 件 "畜産"
  1. 2020082808177

    Protest against cheap meat 27 August 2020, Berlin: A huge inflatable pig with the inscription “Stop the cheap meat system“ is carried by activists of the environmental organisation Campact past the Reichstag building, the seat of the German Bundestag, on the fringes of a bicycle demonstration against the “cheap meat system“ in Germany. The demonstrators demand consequences from the Corona scandal around the large slaughterhouse Tönnies and a turnaround in animal husbandry. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  2. 2020082808247

    Protest against cheap meat 27 August 2020, Berlin: A huge inflatable pig with the inscription “Stop the cheap meat system“ is carried by activists of the environmental organisation Campact past the Reichstag building, the seat of the German Bundestag, on the fringes of a bicycle demonstration against the “cheap meat system“ in Germany. The demonstrators demand consequences from the Corona scandal around the large slaughterhouse Tönnies and a turnaround in animal husbandry. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  3. 2020090906867

    「つやま和牛」を目指し飼育されている牛  「つやま和牛」を目指して飼育されている牛=岡山県津山市久米川南。津山市や地元畜産農家、JAなどが連携してブランド化を目指している「つやま和牛」の出荷頭数が8月、通算100頭を突破した。2016年4月の初出荷から4年以上かけて節目に到達したが、安定供給の目安としている年間約100頭への道は半ばだ。市は本年度から農家への無利子融資枠を拡充して生産増を進めるとともに、販売面でも取扱店の拡大に向け、認知度アップを図る。=2020(令和2)年8月27日、岡山県津山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  4. 2020082808178

    Protest against cheap meat 27 August 2020, Berlin: Environmental activists hold a banner with the inscription “Farms instead of animal factories“ at a bicycle demonstration of the environmental organisation Campact against the “cheap meat system“ in Germany. Behind it floats a huge inflatable pig with the inscription “Stop the cheap meat system“. The demonstrators demand consequences from the Corona scandal surrounding the large slaughterhouse Tönnies and a change in animal husbandry. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  5. 2020082808161

    Protest against cheap meat 27 August 2020, Berlin: An environmental activist dressed as a chicken stands up against the “cheap meat system“ in Germany during a bicycle demonstration by the environmental organisation Campact. The demonstrators demand consequences from the Corona scandal around the large slaughterhouse Tönnies and a turnaround in animal husbandry. Behind it hovers a huge inflatable pig with the inscription “Stop the cheap meat system“. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  6. 2020082808149

    Protest against cheap meat 27 August 2020, Berlin: A huge inflatable pig with the inscription “Stop the cheap meat system“ is carried by activists of the environmental organisation Campact past the Reichstag building, the seat of the German Bundestag, on the fringes of a bicycle demonstration against the “cheap meat system“ in Germany. The demonstrators demand consequences from the Corona scandal around the large slaughterhouse Tönnies and a turnaround in animal husbandry. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  7. 2020082807931

    Protest against cheap meat 27 August 2020, Berlin: Activists of the environmental organisation Campact protest during a bicycle demonstration against the “cheap meat system“ in Germany and demand consequences from the Corona scandal around the large slaughterhouse Tönnies and a turnaround in animal husbandry. Behind it hovers a huge inflatable pig with the inscription “Stop the cheap meat system“. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  8. 2020082808192

    Protest against cheap meat 27 August 2020, Berlin: A huge inflatable pig with the inscription “Stop the cheap meat system“ is carried past bicycle policemen by activists of the environmental organisation Campact on the fringes of a bicycle demonstration against the “cheap meat system“ in Germany in front of the Reichstag building, the seat of the German Bundestag. The demonstrators are demanding consequences from the Corona scandal surrounding the large-scale slaughterhouse Tönnies and a change in animal husbandry. Photo: Bernd von Jutrczenka/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  9. 2020090100661

    黄牛飼育で農家の増収を推進黒竜江省富錦市  20日、富錦市向陽川鎮東興村にある錦東家畜家禽(かきん)飼育合作社の牛舎で、餌やりをする従業員。中国黒竜江省富錦(ふきん)市の向陽川鎮東興村は近年、黄牛飼育プロジェクトを導入し、「支部+合作社(協同組合)+村集団+農家+貧困世帯」のモデルを採用。同鎮の貧困世帯173戸の合作社での就労を促すことで、村民の増収を後押ししている。(富錦=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020090100370

    黄牛飼育で農家の増収を推進黒竜江省富錦市  20日、富錦市向陽川鎮東興村にある錦東家畜家禽(かきん)飼育合作社の牛舎で、餌を食べる牛。中国黒竜江省富錦(ふきん)市の向陽川鎮東興村は近年、黄牛飼育プロジェクトを導入し、「支部+合作社(協同組合)+村集団+農家+貧困世帯」のモデルを採用。同鎮の貧困世帯173戸の合作社での就労を促すことで、村民の増収を後押ししている。(富錦=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020090100498

    黄牛飼育で農家の増収を推進黒竜江省富錦市  20日、富錦市向陽川鎮東興村にある錦東家畜家禽(かきん)飼育合作社の牛舎で、餌やりをする従業員。中国黒竜江省富錦(ふきん)市の向陽川鎮東興村は近年、黄牛飼育プロジェクトを導入し、「支部+合作社(協同組合)+村集団+農家+貧困世帯」のモデルを採用。同鎮の貧困世帯173戸の合作社での就労を促すことで、村民の増収を後押ししている。(富錦=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020090100433

    黄牛飼育で農家の増収を推進黒竜江省富錦市  20日、富錦市向陽川鎮東興村にある錦東家畜家禽(かきん)飼育合作社の牛舎で、餌を食べる牛。中国黒竜江省富錦(ふきん)市の向陽川鎮東興村は近年、黄牛飼育プロジェクトを導入し、「支部+合作社(協同組合)+村集団+農家+貧困世帯」のモデルを採用。同鎮の貧困世帯173戸の合作社での就労を促すことで、村民の増収を後押ししている。(富錦=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020090100596

    黄牛飼育で農家の増収を推進黒竜江省富錦市  20日、富錦市向陽川鎮東興村にある錦東家畜家禽(かきん)飼育合作社で、敷地内を掃除する従業員。中国黒竜江省富錦(ふきん)市の向陽川鎮東興村は近年、黄牛飼育プロジェクトを導入し、「支部+合作社(協同組合)+村集団+農家+貧困世帯」のモデルを採用。同鎮の貧困世帯173戸の合作社での就労を促すことで、村民の増収を後押ししている。(富錦=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020090100665

    黄牛飼育で農家の増収を推進黒竜江省富錦市  20日、富錦市向陽川鎮東興村にある錦東家畜家禽(かきん)飼育合作社で飼育されている黄牛。(小型無人機から)中国黒竜江省富錦(ふきん)市の向陽川鎮東興村は近年、黄牛飼育プロジェクトを導入し、「支部+合作社(協同組合)+村集団+農家+貧困世帯」のモデルを採用。同鎮の貧困世帯173戸の合作社での就労を促すことで、村民の増収を後押ししている。(富錦=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020090100592

    黄牛飼育で農家の増収を推進黒竜江省富錦市  20日、富錦市向陽川鎮東興村にある錦東家畜家禽(かきん)飼育合作社の牛舎で、餌やりをする従業員。中国黒竜江省富錦(ふきん)市の向陽川鎮東興村は近年、黄牛飼育プロジェクトを導入し、「支部+合作社(協同組合)+村集団+農家+貧困世帯」のモデルを採用。同鎮の貧困世帯173戸の合作社での就労を促すことで、村民の増収を後押ししている。(富錦=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020082400819

    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、育てた黄牛を売る牧畜民。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020082400719

    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、黄牛を買い付けるバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020082400727

    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、買い付けた黄牛を運ぶ準備をするバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020082400738

    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、黄牛の販売手続きを行う牧畜民。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020082400813

    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、黄牛を買い付けるバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020082401099

    ガチョウ飼育で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県  19日、黒竜江省樺川県蘇蘇村の飼育場で、ガチョウに餌をやる飼育員。中国黒竜江省ジャムス市樺川県悦来鎮の蘇蘇村は、ガチョウ飼育による貧困支援に力を入れている。高品質なガチョウ飼育場を建設して貧困世帯の雇用を創出すると同時に、ガチョウのひなや飼育技術を提供することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ジャムス=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020082401101

    ガチョウ飼育で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県  19日、黒竜江省樺川県蘇蘇村の飼育場で、ガチョウ用の飼料を準備する飼育員。中国黒竜江省ジャムス市樺川県悦来鎮の蘇蘇村は、ガチョウ飼育による貧困支援に力を入れている。高品質なガチョウ飼育場を建設して貧困世帯の雇用を創出すると同時に、ガチョウのひなや飼育技術を提供することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020082400824

    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  19日、賑わいを見せる成峰家畜交易市場。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020082400802

    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、自ら飼育した黄牛の販売準備を行う牧畜民。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020082400934

    黄牛の飼育で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  19日、通遼市ホルチン左翼中旗にある成峰家畜交易市場で、黄牛を買い付けるバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市は、黄牛を飼育してきた歴史があることから「中国の黄牛の里」と呼ばれている。同市ホルチン左翼中旗舍伯吐鎮にある成峰家畜交易市場は同自治区最大の家畜取引市場で、黄牛の年間取引頭数は80万頭を超える。北京市と同市順義区は2019年、成峰家畜交易市場に貧困脱却支援資金500万元(1元=約15円)を投じ、市場が周辺の貧困農牧民と協力協定を結ぶのを支援。地元の貧困農牧民が黄牛の飼育・販売を通じて貧困を脱却し、収入を増やすことを後押ししている。順義区と通遼市ホルチン左翼中旗は17年から一対一支援を開始。北京市と順義区は3年間で各種貧困脱却支援資金1億6268万元を順次投入し、52件の貧困脱却支援プロジェクトを実施した。これにより貧困人口1万5千人に恩恵をもたらし、4194人が貧困脱却を実現した。(通遼=新華社記者/李欣)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020082401069

    ガチョウ飼育で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県  18日、黒竜江省樺川県蘇蘇村にある飼育場のガチョウ。中国黒竜江省ジャムス市樺川県悦来鎮の蘇蘇村は、ガチョウ飼育による貧困支援に力を入れている。高品質なガチョウ飼育場を建設して貧困世帯の雇用を創出すると同時に、ガチョウのひなや飼育技術を提供することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020082401097

    ガチョウ飼育で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県  18日、黒竜江省樺川県蘇蘇村にある飼育場のガチョウ。中国黒竜江省ジャムス市樺川県悦来鎮の蘇蘇村は、ガチョウ飼育による貧困支援に力を入れている。高品質なガチョウ飼育場を建設して貧困世帯の雇用を創出すると同時に、ガチョウのひなや飼育技術を提供することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020082400920

    ガチョウ飼育で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県  18日、黒竜江省樺川県蘇蘇村にある飼育場のガチョウ。(小型無人機から)中国黒竜江省ジャムス市樺川県悦来鎮の蘇蘇村は、ガチョウ飼育による貧困支援に力を入れている。高品質なガチョウ飼育場を建設して貧困世帯の雇用を創出すると同時に、ガチョウのひなや飼育技術を提供することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020082400986

    ガチョウ飼育で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県  18日、黒竜江省樺川県蘇蘇村にある飼育場のガチョウ。(小型無人機から)中国黒竜江省ジャムス市樺川県悦来鎮の蘇蘇村は、ガチョウ飼育による貧困支援に力を入れている。高品質なガチョウ飼育場を建設して貧困世帯の雇用を創出すると同時に、ガチョウのひなや飼育技術を提供することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020081700666

    中ロ国境の黒竜江省東寧市、肉牛飼育で貧困脱却支援  12日、東寧市にある通鑫盛牧業の牛舎で飼料を補充する同市東寧鎮大城子村の村民、田継竜(でん・けいりゅう)さん。貧困を脱却した田さんは、合作社で働き毎年3千元(1元=約15円)余りの収入を得ている。中国とロシアの国境に位置する黒竜江省東寧市はここ数年、肉牛の飼育を発展させている。業界大手企業の協力を仰ぎ「肉牛飼育の委託」や「合作社(協同組合)と貧困世帯の一体化」などのモデルを通じ、貧困世帯200世帯以上の安定的な収入増を後押ししている。(東寧=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020081700730

    中ロ国境の黒竜江省東寧市、肉牛飼育で貧困脱却支援  12日、東寧市にある慶財牧業の肉牛養殖基地。(小型無人機から)中国とロシアの国境に位置する黒竜江省東寧市はここ数年、肉牛の飼育を発展させている。業界大手企業の協力を仰ぎ「肉牛飼育の委託」や「合作社(協同組合)と貧困世帯の一体化」などのモデルを通じ、貧困世帯200世帯以上の安定的な収入増を後押ししている。(東寧=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020081700812

    中ロ国境の黒竜江省東寧市、肉牛飼育で貧困脱却支援  12日、東寧市にある慶財牧業の牛舎で飼料を補充する作業員。中国とロシアの国境に位置する黒竜江省東寧市はここ数年、肉牛の飼育を発展させている。業界大手企業の協力を仰ぎ「肉牛飼育の委託」や「合作社(協同組合)と貧困世帯の一体化」などのモデルを通じ、貧困世帯200世帯以上の安定的な収入増を後押ししている。(東寧=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020081700896

    中ロ国境の黒竜江省東寧市、肉牛飼育で貧困脱却支援  12日、東寧市にある通鑫盛牧業の牛舎で、飼料を食べる肉牛。中国とロシアの国境に位置する黒竜江省東寧市はここ数年、肉牛の飼育を発展させている。業界大手企業の協力を仰ぎ「肉牛飼育の委託」や「合作社(協同組合)と貧困世帯の一体化」などのモデルを通じ、貧困世帯200世帯以上の安定的な収入増を後押ししている。(東寧=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020081700766

    中ロ国境の黒竜江省東寧市、肉牛飼育で貧困脱却支援  12日、東寧市にある慶財牧業の牛舎で、飼料を食べる肉牛。中国とロシアの国境に位置する黒竜江省東寧市はここ数年、肉牛の飼育を発展させている。業界大手企業の協力を仰ぎ「肉牛飼育の委託」や「合作社(協同組合)と貧困世帯の一体化」などのモデルを通じ、貧困世帯200世帯以上の安定的な収入増を後押ししている。(東寧=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020081700764

    中ロ国境の黒竜江省東寧市、肉牛飼育で貧困脱却支援  12日、東寧市にある慶財牧業の牛舎で、飼料を食べる肉牛。中国とロシアの国境に位置する黒竜江省東寧市はここ数年、肉牛の飼育を発展させている。業界大手企業の協力を仰ぎ「肉牛飼育の委託」や「合作社(協同組合)と貧困世帯の一体化」などのモデルを通じ、貧困世帯200世帯以上の安定的な収入増を後押ししている。(東寧=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020081700651

    中ロ国境の黒竜江省東寧市、肉牛飼育で貧困脱却支援  12日、東寧市にある慶財牧業の牛舎で飼料を補充する作業員。中国とロシアの国境に位置する黒竜江省東寧市はここ数年、肉牛の飼育を発展させている。業界大手企業の協力を仰ぎ「肉牛飼育の委託」や「合作社(協同組合)と貧困世帯の一体化」などのモデルを通じ、貧困世帯200世帯以上の安定的な収入増を後押ししている。(東寧=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020081700823

    中ロ国境の黒竜江省東寧市、肉牛飼育で貧困脱却支援  12日、東寧市にある慶財牧業の肉牛養殖基地。(小型無人機から)中国とロシアの国境に位置する黒竜江省東寧市はここ数年、肉牛の飼育を発展させている。業界大手企業の協力を仰ぎ「肉牛飼育の委託」や「合作社(協同組合)と貧困世帯の一体化」などのモデルを通じ、貧困世帯200世帯以上の安定的な収入増を後押ししている。(東寧=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020081700705

    中ロ国境の黒竜江省東寧市、肉牛飼育で貧困脱却支援  12日、東寧市にある慶財牧業の牛舎で、飼料を食べる肉牛。中国とロシアの国境に位置する黒竜江省東寧市はここ数年、肉牛の飼育を発展させている。業界大手企業の協力を仰ぎ「肉牛飼育の委託」や「合作社(協同組合)と貧困世帯の一体化」などのモデルを通じ、貧困世帯200世帯以上の安定的な収入増を後押ししている。(東寧=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020081205362

    スマート養豚で畜産業の構造転換と高度化を加速河北省魏県  7日、監視モニターの前で作業する河北銘鋭農業開発の従業員。中国河北省邯鄲市魏県は「企業+農家」モデルを採用してスマート養豚産業を発展させ、給餌、給水、除ふん清掃などの作業を自動化した。畜産の新たなモデルが、養豚産業の標準化、大規模化、集約化への転換と高度化を加速させている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020081205499

    スマート養豚で畜産業の構造転換と高度化を加速河北省魏県  7日、河北銘鋭農業開発の養豚場で母ブタの乳を飲む子ブタ。中国河北省邯鄲市魏県は「企業+農家」モデルを採用してスマート養豚産業を発展させ、給餌、給水、除ふん清掃などの作業を自動化した。畜産の新たなモデルが、養豚産業の標準化、大規模化、集約化への転換と高度化を加速させている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020081205347

    スマート養豚で畜産業の構造転換と高度化を加速河北省魏県  7日、河北銘鋭農業開発が運営する現代化養豚所のスマート養豚場。中国河北省邯鄲市魏県は「企業+農家」モデルを採用してスマート養豚産業を発展させ、給餌、給水、除ふん清掃などの作業を自動化した。畜産の新たなモデルが、養豚産業の標準化、大規模化、集約化への転換と高度化を加速させている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020081205476

    スマート養豚で畜産業の構造転換と高度化を加速河北省魏県  7日、河北銘鋭農業開発が運営する現代化養豚所のスマート養豚場。中国河北省邯鄲市魏県は「企業+農家」モデルを採用してスマート養豚産業を発展させ、給餌、給水、除ふん清掃などの作業を自動化した。畜産の新たなモデルが、養豚産業の標準化、大規模化、集約化への転換と高度化を加速させている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020081205316

    スマート養豚で畜産業の構造転換と高度化を加速河北省魏県  7日、子豚にワクチンを接種する作業員。中国河北省邯鄲市魏県は「企業+農家」モデルを採用してスマート養豚産業を発展させ、給餌、給水、除ふん清掃などの作業を自動化した。畜産の新たなモデルが、養豚産業の標準化、大規模化、集約化への転換と高度化を加速させている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020081205324

    スマート養豚で畜産業の構造転換と高度化を加速河北省魏県  7日、養豚場のデータを管理するアプリを見せる作業員。中国河北省邯鄲市魏県は「企業+農家」モデルを採用してスマート養豚産業を発展させ、給餌、給水、除ふん清掃などの作業を自動化した。畜産の新たなモデルが、養豚産業の標準化、大規模化、集約化への転換と高度化を加速させている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020081205451

    スマート養豚で畜産業の構造転換と高度化を加速河北省魏県  7日、河北銘鋭農業開発が運営する現代化養豚所のスマート養豚場。中国河北省邯鄲市魏県は「企業+農家」モデルを採用してスマート養豚産業を発展させ、給餌、給水、除ふん清掃などの作業を自動化した。畜産の新たなモデルが、養豚産業の標準化、大規模化、集約化への転換と高度化を加速させている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020072909489

    「牛エコノミー」を郷土振興の力に、河北省唐山市  25日、河北省唐山市豊南区南孫荘郷の酪農場で子牛に餌を与える作業員。中国河北省唐山市豊南区は市場指向の酪農と肉用牛生産を推進し、1200戸以上の畜産農家が収入を増やした。現在豊南区で飼育されている乳牛は1万4400頭、肉牛は2万4500頭に達している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020072909507

    「牛エコノミー」を郷土振興の力に、河北省唐山市  25日、河北省唐山市豊南区南孫荘郷の畜産基地で餌を与えられる肉牛。中国河北省唐山市豊南区は市場指向の酪農と肉用牛生産を推進し、1200戸以上の畜産農家が収入を増やした。現在豊南区で飼育されている乳牛は1万4400頭、肉牛は2万4500頭に達している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020072909440

    「牛エコノミー」を郷土振興の力に、河北省唐山市  25日、河北省唐山市豊南区南孫荘郷の畜産基地で機械を使って肉牛に餌を与える作業員。中国河北省唐山市豊南区は市場指向の酪農と肉用牛生産を推進し、1200戸以上の畜産農家が収入を増やした。現在豊南区で飼育されている乳牛は1万4400頭、肉牛は2万4500頭に達している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020072909438

    「牛エコノミー」を郷土振興の力に、河北省唐山市  25日、河北省唐山市豊南区南孫荘郷の畜産基地で撮影した肉牛。中国河北省唐山市豊南区は市場指向の酪農と肉用牛生産を推進し、1200戸以上の畜産農家が収入を増やした。現在豊南区で飼育されている乳牛は1万4400頭、肉牛は2万4500頭に達している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020072909504

    「牛エコノミー」を郷土振興の力に、河北省唐山市  25日、河北省唐山市豊南区南孫荘郷の酪農場で子牛に餌を与える作業員。中国河北省唐山市豊南区は市場指向の酪農と肉用牛生産を推進し、1200戸以上の畜産農家が収入を増やした。現在豊南区で飼育されている乳牛は1万4400頭、肉牛は2万4500頭に達している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像