検索結果 78 件中 1 件 〜 50 件 "相互学習"
  1. 2019112701609

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、第1回国際黄檗禅フォーラムの開幕に先立ち、福清市の黄檗山萬福寺で行われた開眼式。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019112701613

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市の黄檗山萬福寺の開眼式に出席する日本黄檗宗の近藤博道管長(右)。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019112701691

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市の黄檗山万福寺の方丈、定明法師(左から2人目)に書法作品を贈る日本の黄檗宗管長、近藤博道長老(左から1人目)。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習の推進を目的としている。黄檗文化は、同市内の黄檗山が発祥地であることから名付けられた。黄檗山万福寺の高僧、隠元禅師が17世紀中期、仏法を広めるために日本へ渡り、併せて先進思想や科学技術、儒学教育などをもたらしたことは、江戸時代の日本社会の発展を促進した。同フォーラムには多数の国や地域から集まった仏教関係者や専門家・学者、社会各界の人物ら約500人が出席した。同フォーラムでは開幕式、閉幕式の他、二つのサブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中華文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、黄檗宗の寺院が444寺あり、約1千万人の信徒がいる。黄檗文化の影響は、徐々に東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地にも広がっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019112701677

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市の黄檗山萬福寺で開かれた開眼式に出席した中日両国の高僧たち。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019112701638

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、第1回国際黄檗禅フォーラムの開幕に先立ち、福清市の黄檗山萬福寺で行われた開眼式。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019112701696

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市の黄檗山萬福寺で行われた開眼式の様子をスマートフォンで撮影する来賓と信徒ら。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019112701708

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、再建された福清市の黄檗山萬福寺の外観。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019112701690

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市黄檗山の強力な支援者である曹徳旺(そう・とくおう)氏(左から3人目)に書法作品を贈る日本の黄檗宗管長、近藤博道長老(左から1人目)。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習の推進を目的としている。黄檗文化は、同市内の黄檗山が発祥地であることから名付けられた。黄檗山万福寺の高僧、隠元禅師が17世紀中期、仏法を広めるために日本へ渡り、併せて先進思想や科学技術、儒学教育などをもたらしたことは、江戸時代の日本社会の発展を促進した。同フォーラムには多数の国や地域から集まった仏教関係者や専門家・学者、社会各界の人物ら約500人が出席した。同フォーラムでは開幕式、閉幕式の他、二つのサブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中華文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、黄檗宗の寺院が444寺あり、約1千万人の信徒がいる。黄檗文化の影響は、徐々に東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地にも広がっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019112701707

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、再建された福清市の黄檗山萬福寺の内部。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019112701712

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、再建された福清市の黄檗山萬福寺の外観。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019112701615

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、福清市の黄檗山万福寺で行われた開眼式典に出席し、記念撮影する中国と日本の関係者。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習の推進を目的としている。黄檗文化は、同市内の黄檗山が発祥地であることから名付けられた。黄檗山万福寺の高僧、隠元禅師が17世紀中期、仏法を広めるために日本へ渡り、併せて先進思想や科学技術、儒学教育などをもたらしたことは、江戸時代の日本社会の発展を促進した。同フォーラムには多数の国や地域から集まった仏教関係者や専門家・学者、社会各界の人物ら約500人が出席した。同フォーラムでは開幕式、閉幕式の他、二つのサブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中華文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、黄檗宗の寺院が444寺あり、約1千万人の信徒がいる。黄檗文化の影響は、徐々に東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地にも広がっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019112701644

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、開眼式典で日本の中村法道長崎県知事の祝い状を代読する同県文化観光国際部の百田成玉主任主事。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習の推進を目的としている。黄檗文化は、同市内の黄檗山が発祥地であることから名付けられた。黄檗山万福寺の高僧、隠元禅師が17世紀中期、仏法を広めるために日本へ渡り、併せて先進思想や科学技術、儒学教育などをもたらしたことは、江戸時代の日本社会の発展を促進した。同フォーラムには多数の国や地域から集まった仏教関係者や専門家・学者、社会各界の人物ら約500人が出席した。同フォーラムでは開幕式、閉幕式の他、二つのサブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中華文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、黄檗宗の寺院が444寺あり、約1千万人の信徒がいる。黄檗文化の影響は、徐々に東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地にも広がっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019112701661

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、取材に応じる日本の長崎県の興福寺住職、松尾法道禅師(左から4人目)。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習の推進を目的としている。黄檗文化は、同市内の黄檗山が発祥地であることから名付けられた。黄檗山万福寺の高僧、隠元禅師が17世紀中期、仏法を広めるために日本へ渡り、併せて先進思想や科学技術、儒学教育などをもたらしたことは、江戸時代の日本社会の発展を促進した。同フォーラムには多数の国や地域から集まった仏教関係者や専門家・学者、社会各界の人物ら約500人が出席した。同フォーラムでは開幕式、閉幕式の他、二つのサブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中華文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、黄檗宗の寺院が444寺あり、約1千万人の信徒がいる。黄檗文化の影響は、徐々に東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地にも広がっている。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019112701663

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、サブフォーラム「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」の会場。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019112701684

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、第1回国際黄檗禅フォーラムの開幕に先立ち、福清市の黄檗山萬福寺で行われた開眼式典。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019112701611

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」の会場。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019112701653

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、サブフォーラム「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」の会場。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019090900591

    「新華社」 東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラムが開幕  5日、東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラム2019の開幕式で基調講演を聞くゲスト。中国山東省青島市の西海岸新区で5日、東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラム2019が開幕した。「開放と連携に向けた交流と相互学習」をテーマに約400人が参加。海洋における互恵協力「ブルーパートナーシップネットワーク」の構築やプラットフォームでの協力メカニズムのさらなる深化、地域海洋における経済や人的・文化的協力、環境保護などの分野の幅広い交流と協力、東アジア海洋運命共同体の共同構築について話し合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019090900616

    「新華社」 東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラムが開幕  5日、東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラム2019の開幕式で基調講演を聞くゲスト。中国山東省青島市の西海岸新区で5日、東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラム2019が開幕した。「開放と連携に向けた交流と相互学習」をテーマに約400人が参加。海洋における互恵協力「ブルーパートナーシップネットワーク」の構築やプラットフォームでの協力メカニズムのさらなる深化、地域海洋における経済や人的・文化的協力、環境保護などの分野の幅広い交流と協力、東アジア海洋運命共同体の共同構築について話し合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019090900542

    「新華社」 東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラムが開幕  5日、東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラム2019の開幕式でプロジェクト調印式に出席したゲストとプロジェクト代表。中国山東省青島市の西海岸新区で5日、2019東アジア海洋協力プラットフォーム青島フォーラムが開幕した。「開放と連携に向けた交流と相互学習」をテーマに約400人が参加。海洋における互恵協力「ブルーパートナーシップネットワーク」の構築やプラットフォームでの協力メカニズムのさらなる深化、地域海洋における経済や人的・文化的分野、環境保護などの分野の幅広い交流と協力、東アジア海洋運命共同体の共同構築について話し合った。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019081900701

    「新華社」 中日韓の書画文化交流の歴史伝える展覧会開催甘粛省  16日、中日韓書画交流展の会場入り口。中国、日本、韓国の書画文化の交流の歴史を伝える展覧会、「第九回通渭(つうい)書画文化芸術節中日韓書画交流展」が16日、中国甘粛省定西(ていせい)市の通渭県で開かれた。同展には中国、日本、韓国などの関連団体から招かれた芸術家55人による作品60点余りが展示された。地元政府によると、今回の展覧会の趣旨は、文化交流の歴史が長く深い淵源がある中日韓の書画芸術を展示することで、東洋芸術の独特の魅力を来場者に紹介し、文明の相互学習を促し、文化芸術の交流・融合を推進することにある。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019081900672

    「新華社」 中日韓の書画文化交流の歴史伝える展覧会開催甘粛省  16日、スマホで出展作品を撮影する来場者。中国、日本、韓国の書画文化の交流の歴史を伝える展覧会、「第九回通渭(つうい)書画文化芸術節中日韓書画交流展」が16日、中国甘粛省定西(ていせい)市の通渭県で開かれた。同展には中国、日本、韓国などの関連団体から招かれた芸術家55人による作品60点余りが展示された。地元政府によると、今回の展覧会の趣旨は、文化交流の歴史が長く深い淵源がある中日韓の書画芸術を展示することで、東洋芸術の独特の魅力を来場者に紹介し、文明の相互学習を促し、文化芸術の交流・融合を推進することにある。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019081900564

    「新華社」 中日韓の書画文化交流の歴史伝える展覧会開催甘粛省  16日、出展作品を見つめる来場者。中国、日本、韓国の書画文化の交流の歴史を伝える展覧会、「第九回通渭(つうい)書画文化芸術節中日韓書画交流展」が16日、中国甘粛省定西(ていせい)市の通渭県で開かれた。同展には中国、日本、韓国などの関連団体から招かれた芸術家55人による作品60点余りが展示された。地元政府によると、今回の展覧会の趣旨は、文化交流の歴史が長く深い淵源がある中日韓の書画芸術を展示することで、東洋芸術の独特の魅力を来場者に紹介し、文明の相互学習を促し、文化芸術の交流・融合を推進することにある。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019081900698

    「新華社」 中日韓の書画文化交流の歴史伝える展覧会開催甘粛省  16日、スマホで出展作品を撮影する来場者。中国、日本、韓国の書画文化の交流の歴史を伝える展覧会、「第九回通渭(つうい)書画文化芸術節中日韓書画交流展」が16日、中国甘粛省定西(ていせい)市の通渭県で開かれた。同展には中国、日本、韓国などの関連団体から招かれた芸術家55人による作品60点余りが展示された。地元政府によると、今回の展覧会の趣旨は、文化交流の歴史が長く深い淵源がある中日韓の書画芸術を展示することで、東洋芸術の独特の魅力を来場者に紹介し、文明の相互学習を促し、文化芸術の交流・融合を推進することにある。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019081900603

    「新華社」 中日韓の書画文化交流の歴史伝える展覧会開催甘粛省  16日、日本人芸術家による書道作品の数々。中国、日本、韓国の書画文化の交流の歴史を伝える展覧会、「第九回通渭(つうい)書画文化芸術節中日韓書画交流展」が16日、中国甘粛省定西(ていせい)市の通渭県で開かれた。同展には中国、日本、韓国などの関連団体から招かれた芸術家55人による作品60点余りが展示された。地元政府によると、今回の展覧会の趣旨は、文化交流の歴史が長く深い淵源がある中日韓の書画芸術を展示することで、東洋芸術の独特の魅力を来場者に紹介し、文明の相互学習を促し、文化芸術の交流・融合を推進することにある。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019081900601

    「新華社」 中日韓の書画文化交流の歴史伝える展覧会開催甘粛省  16日、出展作品を見つめる来場者。中国、日本、韓国の書画文化の交流の歴史を伝える展覧会、「第九回通渭(つうい)書画文化芸術節中日韓書画交流展」が16日、中国甘粛省定西(ていせい)市の通渭県で開かれた。同展には中国、日本、韓国などの関連団体から招かれた芸術家55人による作品60点余りが展示された。地元政府によると、今回の展覧会の趣旨は、文化交流の歴史が長く深い淵源がある中日韓の書画芸術を展示することで、東洋芸術の独特の魅力を来場者に紹介し、文明の相互学習を促し、文化芸術の交流・融合を推進することにある。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019081900602

    「新華社」 中日韓の書画文化交流の歴史伝える展覧会開催甘粛省  16日、出展作品を見つめる来場者。中国、日本、韓国の書画文化の交流の歴史を伝える展覧会、「第九回通渭(つうい)書画文化芸術節中日韓書画交流展」が16日、中国甘粛省定西(ていせい)市の通渭県で開かれた。同展には中国、日本、韓国などの関連団体から招かれた芸術家55人による作品60点余りが展示された。地元政府によると、今回の展覧会の趣旨は、文化交流の歴史が長く深い淵源がある中日韓の書画芸術を展示することで、東洋芸術の独特の魅力を来場者に紹介し、文明の相互学習を促し、文化芸術の交流・融合を推進することにある。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019081900490

    「新華社」 中日韓の書画文化交流の歴史伝える展覧会開催甘粛省  16日、出展作品を見つめる来場者。中国、日本、韓国の書画文化の交流の歴史を伝える展覧会、「第九回通渭(つうい)書画文化芸術節中日韓書画交流展」が16日、中国甘粛省定西(ていせい)市の通渭県で開かれた。同展には中国、日本、韓国などの関連団体から招かれた芸術家55人による作品60点余りが展示された。地元政府によると、今回の展覧会の趣旨は、文化交流の歴史が長く深い淵源がある中日韓の書画芸術を展示することで、東洋芸術の独特の魅力を来場者に紹介し、文明の相互学習を促し、文化芸術の交流・融合を推進することにある。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019081900632

    「新華社」 中日韓の書画文化交流の歴史伝える展覧会開催甘粛省  16日、出展作品を見つめる来場者。中国、日本、韓国の書画文化の交流の歴史を伝える展覧会、「第九回通渭(つうい)書画文化芸術節中日韓書画交流展」が16日、中国甘粛省定西(ていせい)市の通渭県で開かれた。同展には中国、日本、韓国などの関連団体から招かれた芸術家55人による作品60点余りが展示された。地元政府によると、今回の展覧会の趣旨は、文化交流の歴史が長く深い淵源がある中日韓の書画芸術を展示することで、東洋芸術の独特の魅力を来場者に紹介し、文明の相互学習を促し、文化芸術の交流・融合を推進することにある。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019081900647

    「新華社」 中日韓の書画文化交流の歴史伝える展覧会開催甘粛省  16日、出展された書画作品の数々。中国、日本、韓国の書画文化の交流の歴史を伝える展覧会、「第九回通渭(つうい)書画文化芸術節中日韓書画交流展」が16日、中国甘粛省定西(ていせい)市の通渭県で開かれた。同展には中国、日本、韓国などの関連団体から招かれた芸術家55人による作品60点余りが展示された。地元政府によると、今回の展覧会の趣旨は、文化交流の歴史が長く深い淵源がある中日韓の書画芸術を展示することで、東洋芸術の独特の魅力を来場者に紹介し、文明の相互学習を促し、文化芸術の交流・融合を推進することにある。(蘭州=新華社記者/張文静)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019071810012

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で来場者に展示品を紹介する出展者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019071810015

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で展示品を陳列するパキスタンの出展者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019071810020

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で展示品を鑑賞する来場者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019071809971

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で展示品を眺める来場者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019071809928

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で展示品を眺める来場者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019071810017

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で来場者に展示品を紹介する出展者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019071809954

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で展示品を手に取る来場者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019071810010

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で来場者に展示品を紹介する出展者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019071810013

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会のアニメ・ゲーム展示エリア。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019071810006

    「新華社」 第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕黒竜江省ハルビン市  17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会で展示品を陳列するパキスタンの出展者。中国黒竜江省ハルビン市で17日、第2回北東アジア文化芸術博覧会が開幕した。国内28省(自治区・直轄市)の企業311社が出展したほか、韓国や日本、ロシアなど9カ国から30を超える機関が参加した。今回の博覧会は「開放、相互学習、協力、ウィンウィン」をテーマとし、展示面積は3万平方メートル。「文化産業総合館」と「デジタルメディア生態館」の二つのパビリオンがあり、国内展示エリアや国際展示エリア、デジタル文化展示エリア、アニメ・ゲーム展示エリアなど八つの展示エリアが設けられている。会期は21日まで。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019071810009

    「新華社」 「竜泉青磁」の展覧会始まる北京・故宮博物院  15日、浙江省竜泉市の特産である「竜泉青磁」の展覧会を見学する来場者。中国浙江省竜泉市の特産である「竜泉青磁」の展覧会が15日、北京の故宮博物院で始まった。国内外42の機関から集められた833点(組)を展示し、「竜泉青磁」を通じて、中国文化と海外文化の交流や相互学習、共同発展を紹介している。(北京=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019071809980

    「新華社」 「竜泉青磁」の展覧会始まる北京・故宮博物院  15日、浙江省竜泉市の特産である「竜泉青磁」の展覧会を見学する来場者。中国浙江省竜泉市の特産である「竜泉青磁」の展覧会が15日、北京の故宮博物院で始まった。国内外42の機関から集められた833点(組)を展示し、「竜泉青磁」を通じて、中国文化と海外文化の交流や相互学習、共同発展を紹介している。(北京=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019071810002

    「新華社」 「竜泉青磁」の展覧会始まる北京・故宮博物院  15日、浙江省竜泉市の特産である「竜泉青磁」の展覧会を見学する来場者。中国浙江省竜泉市の特産である「竜泉青磁」の展覧会が15日、北京の故宮博物院で始まった。国内外42の機関から集められた833点(組)を展示し、「竜泉青磁」を通じて、中国文化と海外文化の交流や相互学習、共同発展を紹介している。(北京=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019071809981

    「新華社」 「竜泉青磁」の展覧会始まる北京・故宮博物院  15日、浙江省竜泉市の特産である「竜泉青磁」の展覧会を見学する来場者。中国浙江省竜泉市の特産である「竜泉青磁」の展覧会が15日、北京の故宮博物院で始まった。国内外42の機関から集められた833点(組)を展示し、「竜泉青磁」を通じて、中国文化と海外文化の交流や相互学習、共同発展を紹介している。(北京=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019071810000

    「新華社」 「竜泉青磁」の展覧会始まる北京・故宮博物院  15日、浙江省竜泉市の特産である「竜泉青磁」の展覧会を見学する来場者。中国浙江省竜泉市の特産である「竜泉青磁」の展覧会が15日、北京の故宮博物院で始まった。国内外42の機関から集められた833点(組)を展示し、「竜泉青磁」を通じて、中国文化と海外文化の交流や相互学習、共同発展を紹介している。(北京=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019070901510

    「新華社」 羊毛刺しゅう「上海絨繡」の欧州交流展が開幕ベルギー・ブリュッセル  4日、ベルギー・ブリュッセルにある中国文化センターで、絨繡作品を撮影する来場者。ベルギー・ブリュッセルの中国文化センターで4日夜、「『繡』裏乾坤・上海絨繡欧州交流展」が開幕した。上海絨繡(ロンシュウ)は上海で始まった純羊毛の毛糸を使って刺しゅうをする手工芸で、今回初めて欧州で展覧会が開催された。来場者は間近に絨繡芸術に触れ、技法を通して文明の融合や相互学習を理解した。(ブリュッセル=新華社記者/潘革平)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019070901511

    「新華社」 羊毛刺しゅう「上海絨繡」の欧州交流展が開幕ベルギー・ブリュッセル  4日、ベルギー・ブリュッセルにある中国文化センターで、絨繡作品を撮影する来場者。ベルギー・ブリュッセルの中国文化センターで4日夜、「『繡』裏乾坤・上海絨繡欧州交流展」が開幕した。上海絨繡(ロンシュウ)は上海で始まった純羊毛の毛糸を使って刺しゅうをする手工芸で、今回初めて欧州で展覧会が開催された。来場者は間近に絨繡芸術に触れ、技法を通して文明の融合や相互学習を理解した。(ブリュッセル=新華社記者/潘革平)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019070901514

    「新華社」 羊毛刺しゅう「上海絨繡」の欧州交流展が開幕ベルギー・ブリュッセル  4日、ベルギー・ブリュッセルにある中国文化センターで、制作を体験する来場者。ベルギー・ブリュッセルの中国文化センターで4日夜、「『繡』裏乾坤・上海絨繡欧州交流展」が開幕した。上海絨繡(ロンシュウ)は上海で始まった純羊毛の毛糸を使って刺しゅうをする手工芸で、今回初めて欧州で展覧会が開催された。来場者は間近に絨繡芸術に触れ、技法を通して文明の融合や相互学習を理解した。(ブリュッセル=新華社記者/潘革平)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019070901495

    「新華社」 羊毛刺しゅう「上海絨繡」の欧州交流展が開幕ベルギー・ブリュッセル  4日、ベルギー・ブリュッセルにある中国文化センターで、絨繡作品を鑑賞する来場者。ベルギー・ブリュッセルの中国文化センターで4日夜、「『繡』裏乾坤・上海絨繡欧州交流展」が開幕した。上海絨繡(ロンシュウ)は上海で始まった純羊毛の毛糸を使って刺しゅうをする手工芸で、今回初めて欧州で展覧会が開催された。来場者は間近に絨繡芸術に触れ、技法を通して文明の融合や相互学習を理解した。(ブリュッセル=新華社記者/潘革平)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019070100550

    「新華社」 アモイ虎渓岩寺交流訪問団が来日、黄檗文化に関するイベントに参加  26日、日本・黄檗宗の大本山、萬福寺を訪れたアモイ市虎渓岩寺黄檗文化交流団の一行。訪日した中国福建省アモイ(厦門)虎渓岩(こけいがん)寺黄檗文化交流団の一行44人は26日、日本・京都にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山「萬福寺(まんぷくじ)」などを訪れ、交流や相互学習を行った。また長崎県長崎市にある興福寺(こうふくじ)で日中シンポジウム「隠元禅師と黄檗文化」に参加し、隠元禅師の渡日365周年記念行事を実施した。京都府宇治市にある黄檗山萬福寺は、日本・黄檗宗の大本山にあたる。福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住職(住持)隠元禅師は日本で説法をするために、17世紀に招きに応じて来日した。隠元禅師は長崎に到着してから、日本各地の寺を回って説法をするとともに、当時の先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代日本の経済社会の発展に重要な影響をもたらした。また、隠元禅師に尊敬の念を抱いていた江戸幕府第4代将軍徳川家綱は彼を引き留め、日本で開山するよう勧めた。その後隠元禅師は日本の皇室に京都に近い宇治に土地を与えられ、寺を建立した。隠元禅師は故郷の福清を偲び、新たに建てられた寺を「黄檗山萬福寺」と名付け、日本で黄檗宗を開いた。黄檗宗は今に至るまで、日本の主流仏教の一つになっている。(京都=新華社配信/鄭松波)=2019(令和元)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像