検索結果 488 件中 1 件 〜 50 件 "研究チーム"
  1. 2020072700541

    中国、チベット高原で100メートル超の湖底コア掘削に初成功  21日、湖底コアの採取作業を行うエンジニア。中国の科学研究チームは21日午後3時、水上掘削作業用プラットフォームを利用して、チベット自治区ナムツォ(納木錯)湖中心部の水深95メートル地点で長さ100・63メートルの湖底コアの採取に成功した。(ラサ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020072700626

    中国、チベット高原で100メートル超の湖底コア掘削に初成功  21日、ナムツォ湖の中心部に設置された掘削作業用のプラットフォーム。中国の科学研究チームは21日午後3時、水上掘削作業用プラットフォームを利用して、チベット自治区ナムツォ(納木錯)湖中心部の水深95メートル地点で長さ100・63メートルの湖底コアの採取に成功した。(ラサ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020072700974

    中国、チベット高原で100メートル超の湖底コア掘削に初成功  21日、湖底コアを採取した後、記念撮影する中国の科学研究チーム。中国の科学研究チームは21日午後3時、水上掘削作業用プラットフォームを利用して、チベット自治区ナムツォ(納木錯)湖中心部の水深95メートル地点で長さ100・63メートルの湖底コアの採取に成功した。(ラサ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020072700738

    中国、チベット高原で100メートル超の湖底コア掘削に初成功  21日、湖の中心に設置された掘削作業用のプラットフォームに向かう中国の科学研究チーム。中国の科学研究チームは21日午後3時、水上掘削作業用プラットフォームを利用して、チベット自治区ナムツォ(納木錯)湖中心部の水深95メートル地点で長さ100・63メートルの湖底コアの採取に成功した。(ラサ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020072700729

    中国、チベット高原で100メートル超の湖底コア掘削に初成功  21日、湖底コアの長さを測定するエンジニア。中国の科学研究チームは21日午後3時、水上掘削作業用プラットフォームを利用して、チベット自治区ナムツォ(納木錯)湖中心部の水深95メートル地点で長さ100・63メートルの湖底コアの採取に成功した。(ラサ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020072700726

    中国、チベット高原で100メートル超の湖底コア掘削に初成功  21日、湖底コアの採取作業を行うエンジニア。中国の科学研究チームは21日午後3時、水上掘削作業用プラットフォームを利用して、チベット自治区ナムツォ(納木錯)湖中心部の水深95メートル地点で長さ100・63メートルの湖底コアの採取に成功した。(ラサ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020072700691

    中国、チベット高原で100メートル超の湖底コア掘削に初成功  21日、湖底コアサンプルのデータを記録する研究者。中国の科学研究チームは21日午後3時、水上掘削作業用プラットフォームを利用して、チベット自治区ナムツォ(納木錯)湖中心部の水深95メートル地点で長さ100・63メートルの湖底コアの採取に成功した。(ラサ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020072700640

    中国、チベット高原で100メートル超の湖底コア掘削に初成功  21日、湖底コアを採取した後、記念撮影する中国の科学研究チーム。中国の科学研究チームは21日午後3時、水上掘削作業用プラットフォームを利用して、チベット自治区ナムツォ(納木錯)湖中心部の水深95メートル地点で長さ100・63メートルの湖底コアの採取に成功した。(ラサ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020072700495

    中国、チベット高原で100メートル超の湖底コア掘削に初成功  21日、採取したサンプルに番号を付け記録を取る研究者。中国の科学研究チームは21日午後3時、水上掘削作業用プラットフォームを利用して、チベット自治区ナムツォ(納木錯)湖中心部の水深95メートル地点で長さ100・63メートルの湖底コアの採取に成功した。(ラサ=新華社記者/田金文)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020072800813

    キャンパスに咲く1万株のラベンダー黒竜江省ハルビン師範大学  5日、ハルビン師範大学のキャンパスで満開のラベンダー。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン師範大学は2017年、「ラベンダーがキャンパスにやって来る」栽培実験プロジェクトをスタートさせた。同大学の研究チームは、数年にわたる屋外越冬の生育実験を経て、中国北方地域での栽培に適したラベンダーの苗を開発した。7月に入り、同大学では1万株のラベンダーが満開となり、キャンパスを美しく彩っている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020072800705

    キャンパスに咲く1万株のラベンダー黒竜江省ハルビン師範大学  5日、ハルビン師範大学のキャンパスで満開のラベンダー。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン師範大学は2017年、「ラベンダーがキャンパスにやって来る」栽培実験プロジェクトをスタートさせた。同大学の研究チームは、数年にわたる屋外越冬の生育実験を経て、中国北方地域での栽培に適したラベンダーの苗を開発した。7月に入り、同大学では1万株のラベンダーが満開となり、キャンパスを美しく彩っている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020072800707

    キャンパスに咲く1万株のラベンダー黒竜江省ハルビン師範大学  5日、ハルビン師範大学のキャンパスで満開のラベンダー。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン師範大学は2017年、「ラベンダーがキャンパスにやって来る」栽培実験プロジェクトをスタートさせた。同大学の研究チームは、数年にわたる屋外越冬の生育実験を経て、中国北方地域での栽培に適したラベンダーの苗を開発した。7月に入り、同大学では1万株のラベンダーが満開となり、キャンパスを美しく彩っている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020072800838

    キャンパスに咲く1万株のラベンダー黒竜江省ハルビン師範大学  5日、ハルビン師範大学のキャンパスで満開のラベンダー。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン師範大学は2017年、「ラベンダーがキャンパスにやって来る」栽培実験プロジェクトをスタートさせた。同大学の研究チームは、数年にわたる屋外越冬の生育実験を経て、中国北方地域での栽培に適したラベンダーの苗を開発した。7月に入り、同大学では1万株のラベンダーが満開となり、キャンパスを美しく彩っている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020070611633

    中国の専門家、ブタからサルへの多臓器移植に成功  6月29日、肝移植を受けたアカゲザルの容体を確認する医療スタッフ。中国陝西省西安市の空軍軍医大学西京医院でこのほど、ゲノム編集したブタからアカゲザルへの肝・心・腎移植が無事行われた。研究チームはブタ内在性レトロウイルス(PERV)をノックアウトして13個の遺伝子を組み換えたブタをドナーとし、肝臓、心臓、腎臓をそれぞれ別のサルに移植。肝移植を受けたサルは術後16日間生存しており、ブタとアカゲザルの補助的肝移植における生存期間の世界記録を更新した。研究は今後、臓器不足による移植制限の課題を解決する役割を果たすとみられる。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020070200690

    スペインの研究チーム、昨年3月の廃水サンプルから新型コロナウイルスを検出  29日、バルセロナ大学生物学科の建物。スペインのバルセロナ大学は26日、同大学の研究チームが昨年3月にバルセロナで採取した廃水サンプルから新型コロナウイルスを検出したと発表した。研究チームを率いる生物学教授のアルベルト・ボッシュ氏は研究結果について、バルセロナは観光産業が盛んで、観光客が非常に多いので、人が多く集まる世界の他地域でも同様の状況が起きている可能性が高いと指摘。インフルエンザと誤診された症例が多数あるかもしれないとの見方を示した。(バルセロナ=新華社配信)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020070200686

    スペインの研究チーム、昨年3月の廃水サンプルから新型コロナウイルスを検出  29日、バルセロナ大学の研究室で作業をする生物学教授のアルベルト・ボッシュ氏。スペインのバルセロナ大学は26日、同大学の研究チームが昨年3月にバルセロナで採取した廃水サンプルから新型コロナウイルスを検出したと発表した。研究チームを率いる生物学教授のアルベルト・ボッシュ氏は研究結果について、バルセロナは観光産業が盛んで、観光客が非常に多いので、人が多く集まる世界の他地域でも同様の状況が起きている可能性が高いと指摘。インフルエンザと誤診された症例が多数あるかもしれないとの見方を示した。(バルセロナ=新華社配信)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020070611565

    中国の専門家、ブタからサルへの多臓器移植に成功  6月29日、肝移植を受けたアカゲザル。中国陝西省西安市の空軍軍医大学西京医院でこのほど、ゲノム編集したブタからアカゲザルへの肝・心・腎移植が無事行われた。研究チームはブタ内在性レトロウイルス(PERV)をノックアウトして13個の遺伝子を組み換えたブタをドナーとし、肝臓、心臓、腎臓をそれぞれ別のサルに移植。肝移植を受けたサルは術後16日間生存しており、ブタとアカゲザルの補助的肝移植における生存期間の世界記録を更新した。研究は今後、臓器不足による移植制限の課題を解決する役割を果たすとみられる。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020070611619

    中国の専門家、ブタからサルへの多臓器移植に成功  6月29日、肝移植を受けたアカゲザルの容体を確認する医療スタッフ。中国陝西省西安市の空軍軍医大学西京医院でこのほど、ゲノム編集したブタからアカゲザルへの肝・心・腎移植が無事行われた。研究チームはブタ内在性レトロウイルス(PERV)をノックアウトして13個の遺伝子を組み換えたブタをドナーとし、肝臓、心臓、腎臓をそれぞれ別のサルに移植。肝移植を受けたサルは術後16日間生存しており、ブタとアカゲザルの補助的肝移植における生存期間の世界記録を更新した。研究は今後、臓器不足による移植制限の課題を解決する役割を果たすとみられる。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020070611621

    中国の専門家、ブタからサルへの多臓器移植に成功  6月29日、肝移植を受けたアカゲザルの手を撫でる医療スタッフ。中国陝西省西安市の空軍軍医大学西京医院でこのほど、ゲノム編集したブタからアカゲザルへの肝・心・腎移植が無事行われた。研究チームはブタ内在性レトロウイルス(PERV)をノックアウトして13個の遺伝子を組み換えたブタをドナーとし、肝臓、心臓、腎臓をそれぞれ別のサルに移植。肝移植を受けたサルは術後16日間生存しており、ブタとアカゲザルの補助的肝移植における生存期間の世界記録を更新した。研究は今後、臓器不足による移植制限の課題を解決する役割を果たすとみられる。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020070611539

    中国の専門家、ブタからサルへの多臓器移植に成功  6月29日、肝移植を受けたアカゲザルの容体を確認する医療スタッフ。中国陝西省西安市の空軍軍医大学西京医院でこのほど、ゲノム編集したブタからアカゲザルへの肝・心・腎移植が無事行われた。研究チームはブタ内在性レトロウイルス(PERV)をノックアウトして13個の遺伝子を組み換えたブタをドナーとし、肝臓、心臓、腎臓をそれぞれ別のサルに移植。肝移植を受けたサルは術後16日間生存しており、ブタとアカゲザルの補助的肝移植における生存期間の世界記録を更新した。研究は今後、臓器不足による移植制限の課題を解決する役割を果たすとみられる。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020062204813

    動物の起源の謎に迫る6億年前の胚化石を解析中英研究チーム  「瓮安旋孔虫」の画像。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は18日、中国と英国の古生物学者による研究チームがこのほど、3Dイメージング技術を用いて約6億年前の胚化石の詳細な内部構造を初めて解析したことを明らかにした。研究報告によると、これらの古生物は既に現在の動物胚と同じような細胞分裂を行っていた。動物の起源の謎を解明する上で重要な意義を持つ。研究成果は米科学誌「サイエンスアドバンス」に掲載された。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062204723

    動物の起源の謎に迫る6億年前の胚化石を解析中英研究チーム  細胞分裂後期の「瓮安旋孔虫」。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は18日、中国と英国の古生物学者による研究チームがこのほど、3Dイメージング技術を用いて約6億年前の胚化石の詳細な内部構造を初めて解析したことを明らかにした。研究報告によると、これらの古生物は既に現在の動物胚と同じような細胞分裂を行っていた。動物の起源の謎を解明する上で重要な意義を持つ。研究成果は米科学誌「サイエンスアドバンス」に掲載された。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020062204635

    動物の起源の謎に迫る6億年前の胚化石を解析中英研究チーム  細胞分裂初期の「瓮安旋孔虫」。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は18日、中国と英国の古生物学者による研究チームがこのほど、3Dイメージング技術を用いて約6億年前の胚化石の詳細な内部構造を初めて解析したことを明らかにした。研究報告によると、これらの古生物は既に現在の動物胚と同じような細胞分裂を行っていた。動物の起源の謎を解明する上で重要な意義を持つ。研究成果は米科学誌「サイエンスアドバンス」に掲載された。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020061904912

    正確に制御できるミニ軟体ロボット中国が開発  実験を行う武漢大学動力・機械学院、薛竜建(せつ・りゅうけん)教授の研究チームに所属する、博士課程の大学院生、汪鑫(おう・きん)さん。(資料写真)中国湖北省にある武漢大学工業科学研究院はこのほど、方向と速度を正確に制御でき、総合的性能に優れたミニ軟体ロボットを開発することに成功した。このロボットは長さ2センチ、重さ0・3グラム。廃墟の隙間、生物の体内で各種の複雑な作業をこなせるものと期待されている。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  25. 2020061905095

    正確に制御できるミニ軟体ロボット中国が開発  武漢大学の科学研究チームが開発したロボットに応用した原理、バイオミメティック(生物模倣)について説明した模式図。中国湖北省にある武漢大学工業科学研究院はこのほど、方向と速度を正確に制御でき、総合的性能に優れたミニ軟体ロボットを開発することに成功した。このロボットは長さ2センチ、重さ0・3グラム。廃墟の隙間、生物の体内で各種の複雑な作業をこなせるものと期待されている。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  26. 2020062304414

    India: CPI-M Protest June 16, 2020, India: Delhi government has converted marriage halls to set up nearly 20,000 more beds within a week in the wake of a spurt in Covid-19 cases in the national capital of India. With marriage halls out of use with pandemic fears and social distancing norms in play, a team of researchers have developed a module for conversion of marriage halls into ICU equivalent centres. (Credit Image: © Sondeep Shankar/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sondeep Shankar/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  27. 2020062304412

    India: CPI-M Protest June 16, 2020, India: Delhi government has converted marriage halls to set up nearly 20,000 more beds within a week in the wake of a spurt in Covid-19 cases in the national capital of India. With marriage halls out of use with pandemic fears and social distancing norms in play, a team of researchers have developed a module for conversion of marriage halls into ICU equivalent centres. (Credit Image: © Sondeep Shankar/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sondeep Shankar/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  28. 2020062304396

    India: CPI-M Protest June 16, 2020, India: Delhi government has converted marriage halls to set up nearly 20,000 more beds within a week in the wake of a spurt in Covid-19 cases in the national capital of India. With marriage halls out of use with pandemic fears and social distancing norms in play, a team of researchers have developed a module for conversion of marriage halls into ICU equivalent centres. (Credit Image: © Sondeep Shankar/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sondeep Shankar/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  29. 2020061503523

    河南省で1万3500年前の鳥の彫像発見  発見された鳥のミニチュア彫像の分析図。(資料写真)中国、カナダ、フランス、イスラエル、ノルウェーの研究者からなる国際研究チームは11日、米科学誌「PLOSONE」に、河南省で見つかった鳥のミニチュア彫像が1万3500年前のものだったと発表した。(鄭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020061503533

    河南省で1万3500年前の鳥の彫像発見  発見された鳥のミニチュア彫像。(資料写真)中国、カナダ、フランス、イスラエル、ノルウェーの研究者からなる国際研究チームは11日、米科学誌「PLOSONE」に、河南省で見つかった鳥のミニチュア彫像が1万3500年前のものだったと発表した。(鄭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020070611502

    中国の専門家、ブタからサルへの多臓器移植に成功  ブタからアカゲザルへの多臓器移植手術の様子。(6月13日撮影)中国陝西省西安市の空軍軍医大学西京医院でこのほど、ゲノム編集したブタからアカゲザルへの肝・心・腎移植が無事行われた。研究チームはブタ内在性レトロウイルス(PERV)をノックアウトして13個の遺伝子を組み換えたブタをドナーとし、肝臓、心臓、腎臓をそれぞれ別のサルに移植。肝移植を受けたサルは術後16日間生存しており、ブタとアカゲザルの補助的肝移植における生存期間の世界記録を更新した。研究は今後、臓器不足による移植制限の課題を解決する役割を果たすとみられる。(西安=新華社配信/張懿楠)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020070611625

    中国の専門家、ブタからサルへの多臓器移植に成功  ブタからアカゲザルへの多臓器移植手術の様子。(6月13日撮影)中国陝西省西安市の空軍軍医大学西京医院でこのほど、ゲノム編集したブタからアカゲザルへの肝・心・腎移植が無事行われた。研究チームはブタ内在性レトロウイルス(PERV)をノックアウトして13個の遺伝子を組み換えたブタをドナーとし、肝臓、心臓、腎臓をそれぞれ別のサルに移植。肝移植を受けたサルは術後16日間生存しており、ブタとアカゲザルの補助的肝移植における生存期間の世界記録を更新した。研究は今後、臓器不足による移植制限の課題を解決する役割を果たすとみられる。(西安=新華社配信/張懿楠)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020061503963

    ツァイダム盆地で「海水稲」の試験栽培を初実施青海省  5日、試験田で田植え機で田植え作業を行う青島海水稲研究発展センターの張国東(ちょう・こくとう)育成エンジニア。中国の「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲科学研究チームは今年初めから、青海省ツァイダム(柴達木)盆地にある塩類アルカリ性の荒れた土壌で、海水稲の試験田を開墾し始めた。チームのメンバーは6月初め、温室で育てた海水稲を新たに開墾したアルカリ土壌に移し、試験栽培を始めた。5日間かけて人力で田植えを行い、これまでに2ムー(約0・13ヘクタール)余りの田植えが完了。同盆地で海水稲の試験栽培が行われるのは今回が初めてとなる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  34. 2020061504052

    ツァイダム盆地で「海水稲」の試験栽培を初実施青海省  4日、海水稲の栽培に使われる田植え機。中国の「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲科学研究チームは今年初めから、青海省ツァイダム(柴達木)盆地にある塩類アルカリ性の荒れた土壌で、海水稲の試験田を開墾し始めた。チームのメンバーは6月初め、温室で育てた海水稲を新たに開墾したアルカリ土壌に移し、試験栽培を始めた。5日間かけて人力で田植えを行い、これまでに2ムー(約0・13ヘクタール)余りの田植えが完了。同盆地で海水稲の試験栽培が行われるのは今回が初めてとなる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  35. 2020061504051

    ツァイダム盆地で「海水稲」の試験栽培を初実施青海省  3日、試験田の手入れをする袁隆平氏の海水稲科学研究チーム。中国の「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲科学研究チームは今年初めから、青海省ツァイダム(柴達木)盆地にある塩類アルカリ性の荒れた土壌で、海水稲の試験田を開墾し始めた。チームのメンバーは6月初め、温室で育てた海水稲を新たに開墾したアルカリ土壌に移し、試験栽培を始めた。5日間かけて人力で田植えを行い、これまでに2ムー(約0・13ヘクタール)余りの田植えが完了。同盆地で海水稲の試験栽培が行われるのは今回が初めてとなる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  36. 2020061504021

    ツァイダム盆地で「海水稲」の試験栽培を初実施青海省  2日、青海省ゴルムド市の温室で栽培した海水稲の苗。中国の「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲科学研究チームは今年初めから、青海省ツァイダム(柴達木)盆地にある塩類アルカリ性の荒れた土壌で、海水稲の試験田を開墾し始めた。チームのメンバーは6月初め、温室で育てた海水稲を新たに開墾したアルカリ土壌に移し、試験栽培を始めた。5日間かけて人力で田植えを行い、これまでに2ムー(約0・13ヘクタール)余りの田植えが完了。同盆地で海水稲の試験栽培が行われるのは今回が初めてとなる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  37. 2020061503989

    ツァイダム盆地で「海水稲」の試験栽培を初実施青海省  5月28日、試験田で田植えをする袁隆平氏の海水稲科学研究チーム。中国の「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲科学研究チームは今年初めから、青海省ツァイダム(柴達木)盆地にある塩類アルカリ性の荒れた土壌で、海水稲の試験田を開墾し始めた。チームのメンバーは6月初め、温室で育てた海水稲を新たに開墾したアルカリ土壌に移し、試験栽培を始めた。5日間かけて人力で田植えを行い、これまでに2ムー(約0・13ヘクタール)余りの田植えが完了。同盆地で海水稲の試験栽培が行われるのは今回が初めてとなる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020061504011

    ツァイダム盆地で「海水稲」の試験栽培を初実施青海省  5月28日、試験田で田植えをする袁隆平氏の海水稲科学研究チーム。中国の「ハイブリッド米の父」と呼ばれる袁隆平(えん・りゅうへい)氏率いる海水稲科学研究チームは今年初めから、青海省ツァイダム(柴達木)盆地にある塩類アルカリ性の荒れた土壌で、海水稲の試験田を開墾し始めた。チームのメンバーは6月初め、温室で育てた海水稲を新たに開墾したアルカリ土壌に移し、試験栽培を始めた。5日間かけて人力で田植えを行い、これまでに2ムー(約0・13ヘクタール)余りの田植えが完了。同盆地で海水稲の試験栽培が行われるのは今回が初めてとなる。(西寧=新華社配信)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020060908315

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/王長山)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020060908296

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020060908302

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020060908286

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  ウンナンシシバナザルの餌を背負って山を登る余小徳さん(左)。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/王長山)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020060908275

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  ウンナンシシバナザルの餌を用意する余小徳さん。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/王長山)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020060908573

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/王長山)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020060908589

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  ウンナンシシバナザルの餌やりを終え、下山の準備をする余小徳さん。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/王長山)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020060908497

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020060908336

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  ウンナンシシバナザルに餌を与える余小徳さん。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/王長山)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020060908290

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020060908268

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020060908285

    山に生息するウンナンシシバナザル雲南省シャングリラ市  木に登るウンナンシシバナザル。(5月23日撮影)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市にあるウンナンシシバナザル国家公園では、保護スタッフの余小徳(よ・しょうとく)さんらがウンナンシシバナザルに餌を与える様子が、観光客にとって見逃せない瞬間となっている。ウンナンシシバナザルはジャイアントパンダと同じ国家一級保護動物で、主に雲南省の白馬雪山一帯に分布する。研究チームによると、ウンナンシシバナザルの個体数は約3千匹で、年々増加傾向にある。余さんは「今年の春節以降、私たちの村周辺の群れで10匹の赤ちゃんが生まれた」と笑顔で語った。(昆明=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像