検索結果 20 件中 1 件 〜 20 件 "神仏分離"
  1. 2020060909734

    瑞應寺(愛媛県 新居浜市) 鎮守金毘羅殿  キーワード:屋外、建物、寺、寺院、神社、曹洞宗、鳥居、鎮守、日本、無人、建築、金毘羅、神仏習合、風景メイン写真、瑞、瑞應寺、金毘羅殿、神仏分離令=2019(令和元)年10月31日、愛媛県新居浜市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ 「アマナイメージズ」

  2. 2020060909756

    瑞應寺(愛媛県 新居浜市) 金毘羅殿 参道 神仏習合  キーワード:屋外、参道、参拝、寺、寺院、修行僧、初詣、禅寺、曹洞宗、道、日本、無人、神仏習合、風景メイン写真、行く年来る年、瑞、瑞應寺、金毘羅殿、神仏分離令、ゆく年、くる年=2019(令和元)年10月31日、愛媛県新居浜市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ 「アマナイメージズ」

  3. 2018082121396

    神仏分離も「習合捨てず」 講演する多川俊映貫首  関西プレスクラブの会合で講演する興福寺の多川俊映貫首=21日午後、大阪市

  4. 2009090200220

    神仏分離令に苦難  延暦寺の門前町だった坂本町から望む比叡山。廃仏棄釈で日吉神社は寺から分離した S版「森をゆく」(173)

  5. 2017081401236

    上野寛永寺の五重塔  寛永16年(1639)に古河城主土井利勝によって再建されたもの。手前の石灯籠は上野東照宮参道に並ぶもので、左手が東照宮本殿となる。本来は東照宮の五重塔であったが明治の神仏分離によって寛永寺に帰属した。現在は東京都所有で、上野動物園の敷地内にある。=撮影年月日不明、上野、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐28‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  6. 2017081401595

    日光山満願寺(輪王寺)三仏堂(大本堂)  輪王寺の大本堂である三仏堂(さんぶつどう)は、以前は日光二荒山神社の境内に建っていた。明治4(1871)年に日光山の神仏分離によって境内地から解体撤去され、明治14(1881)年に写真にある現在地に再建された。千手観音、阿弥陀如来、馬頭観音の三仏が祀られている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐40‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  7. 2017092200461

    日光山輪王寺相輪橖と三仏堂  日光輪王寺の相輪橖は三仏堂と共に二荒山神社にあったが、 神仏分離令により相輪橖は明治8年に、 三仏堂は明治14年に輪王寺に移された。 相輪橖は多数の経典が収蔵された家光公発願の供養塔である。 相輪橖の後に三仏堂が写っている。 相輪?の前にある2基の灯籠は糸割符仲間が奉納した糸割符灯籠。=明治14年以降、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号9‐14‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  8. 2017082400245

    日光東照宮表門  明治4(1871)年の神仏分離まで仁王像を安置していたことから仁王門と呼ばれた。神仏分離で仁王像が大猷院に移され、表門と呼ばれるようになった。明治30(1897)年に再び仁王像が戻るまで、この写真にあるとおり背面の狛犬像を正面に置いた。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号67‐43‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  9. 2017080201282

    日光東照宮表門  表参道より一の鳥居を抜けると、 石段の上に朱塗の東照宮表門がある。 現在正面左右に仁王像、 背面左右に狛犬が安置され、 表は寺院裏は神社の様式となっている。 明治4年日光県に下った神仏分離令により、 正面の仁王像は大猷院仁王門後部に移され、 狛犬が正面に置かれた時期がある。 その時の写真である。 仁王門でなく一の門と写真に表記されている。=1871(明治4)年~1897(明治30)年、日光、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号11‐9‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  10. 2017092200468

    日光山輪王寺相輪橖  日光輪王寺の相輪橖は三仏堂と共に二荒山神社にあったが、 神仏分離令により相輪橖は明治8年に、 三仏堂は明治14年に輪王寺に移された。 相輪橖は多数の経典が収蔵された家光公発願の供養塔である。 写真右端に三仏堂の屋根がある。=明治14年以降、日光、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号1‐31‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  11. 2017080200761

    本牧神社  英語で「本牧の景色、横浜の近く」とあるが、これは、本牧海岸にあった本牧神社(十二天社)の社殿を山側から撮影したものである。この神社は本牧本郷村の鎮守で明治初期の神仏分離で本牧神社となった。社殿の横には絵馬がみえる。外国人遊歩新道を撮影したものである。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号3‐12‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  12. 2017080200940

    日光東照宮表門  表参道より一の鳥居を抜けると、 石段の上に朱塗の東照宮表門がある。 現在正面左右に仁王像、 背面左右に狛犬が安置され、 表は寺院裏は神社の様式となっている。 明治4年日光県に下った神仏分離令により、 正面の仁王像は大猷院仁王門後部に移され、 狛犬が正面に置かれた時期がある。 その時の写真である。 仁王門でなく一の門と写真に表記されている。=1871(明治4)年~1897(明治30)年、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐26‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  13. 2017092200479

    日光山輪王寺相輪橖と三仏堂  相輪橖は、寛永20(1643)年に天海大僧正が東照宮奥院に建てた青銅の塔。その後、二荒山神社付近に移されたが、神仏分離のため明治8(1875)年に現在の場所に移設された。輪王寺の三仏堂も、日光二荒山神社の境内から撤去され、明治14年に写真の場所に再建された。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号71‐15‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  14. 2017081501672

    芦ノ湖からの朝の富士山  芦の湖畔の元箱根から眺めた富士山。右手の黒い森は箱根神社の神域である。神仏分離令以前は箱根権現とも呼ばれ、曽我物語を初め、数々の文学に登場する。左手の山は、箱根外輪山の三国山(みくにやま)の麓で、湖・山の背後に富士山を望む光景は箱根の典型的な眺望として有名である。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐44‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  15. 2017080400552

    芦ノ湖畔の延命地蔵  明治元年(1868)の神仏分離令により廃仏棄釈運動が箱根でも起こり、芦の湖畔賽の河原の仏像群も大被害を受けた。写真では、光背を折られ灯籠も倒された悲惨な状況が窺われる。この地蔵は、小田原の徳常院に現存する。=撮影年月日不明、箱根、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号24‐23‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  16. 2017082301149

    日光東照宮表門  明治4(1871)年の神仏分離までは仁王像を安置していたことから仁王門と呼ばれていた。神仏分離で仁王像が大猷院に移されたため、明治30(1897)年に再び仁王像が戻されるまで表門と呼ばれるようになった。写真には菊の御紋が下げられており、狛犬か否かの確認ができない。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号71‐19‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  17. 2017081401428

    日光山輪王寺の庭園  日光山輪王寺の三仏堂の東側、護法天堂(ごほうてんどう)の南側に位置する日本庭園。小滝の上に不動明王の石像が見える。この写真の画角からは、撮影された時期が、神仏分離によって解体されていた三仏堂が再建された明治12(1879)年以前か以後か判断しにくい。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号85‐4‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  18. 2017081400919

    日光東照宮表門  明治4(1871)年の神仏分離までは仁王像を安置していたことから仁王門と呼ばれていた。神仏分離で仁王像が大猷院に移されたため、明治30(1897)年に再び仁王像が戻されるまで表門と呼ばれるようになった。写真には菊の御紋が下げられており、狛犬か否かの確認ができない。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号91‐25‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  19. 2017092200463

    日光山輪王寺相輪橖  日光輪王寺の相輪橖は三仏堂と共に二荒山神社にあったが、 神仏分離令により相輪橖は明治8年に、 三仏堂は明治14年に輪王寺に移された。 相輪橖は多数の経典が収蔵された家光公発願の供養塔である。 護法天堂側より写したもので左端に足場、 手前に木材があり、 改修がおこなわれている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐11‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  20. 2017080201405

    寺の御堂  神仏分離によって解体された、鶴岡八幡宮の輪蔵か。輪蔵は神楽殿左にあり、経文が納められていた。すでに解体作業に入ったものか、木材が積まれている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号13‐28‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像