検索結果 52 件中 1 件 〜 50 件 "科学研究機関"
  1. 2020061503189

    「鳥おじさん」が守り続けた都市の中の「サギ天国」広東省仏山市  5月30日、科学研究機関が鳥類の活動データを収集するため、竹林に設置した野外カメラ。冼銓輝さんも調査を手伝うためにしばしば訪れる。製造業が盛んなことで知られる中国広東省仏山市順徳区には、巨大な「サギ天国」がある。ここでは、おびただしい数のさまざまな種類のサギが生息しており、毎年約2万羽のひなが生まれている。「サギ天国」の面積は175ムー(約11・7ヘクタール)で、標準的なサッカーグラウンド16個分に相当する。今年51歳の冼銓輝(しょう・せんき)さんは、この「サギ天国」の守り人となっている。冼さんが20年かけて心を込めて環境を整備してきたことで、ただの空き地だったこの場所は、木々が生い茂り、あちこちで鳥のさえずりが聞こえるサギの生息地となった。いつしか冼さんは、周りから「順徳の鳥おじさん」と呼ばれるようになった。(広州=新華社記者/王瑞平)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020040800848

    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  3月31日、国務院新聞(報道)弁公室は湖北省武漢市で記者会見を開き、新型コロナウイルスの予防・抑制と医療救助などの取り組みの進展状況を紹介した。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社記者/熊琦)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020040800847

    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  3月30日、中国がベネズエラに派遣した新型コロナウイルス対策医療専門家チームが現地に到着した。中国が寄付した抗体検査試薬キットや防護用品、医薬品などの物資も同じ飛行機で到着した。写真は同31日、同国首都のカラカスで会議に参加し交流する両国の医療専門家。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。2019年12月下旬から2020年3月までの主な出来事がまとめられている。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020040800846

    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  3月30日、浙江省安吉県天荒坪鎮の余村を視察し、村民らと親しく言葉を交わす習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席(右側前列)。習近平氏は3月29日から4月1日まで、浙江省を視察した。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社記者/申宏)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020040800869

    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席は北京で3月26日夜、20カ国・地域(G20)首脳がテレビ電話方式で開いた新型コロナウイルス対応特別会議に出席し、重要演説を行った。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社記者/龐興雷)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020040800841

    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  3月18日、中国とアフリカ諸国が新型コロナウイルス感染症の予防・抑制に関する初のビデオ会議を開催した。エチオピア、ケニア、リベリアなどアフリカ24カ国の政府関係者や衛生専門家、世界保健機関(WHO)の現地代表ら合わせて300人近くがビデオ会議システムを通じて出席した。写真はジンバブエの首都ハラレの在ジンバブエ中国大使館でビデオ会議に参加したジンバブエ保健当局の責任者。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社記者/張玉亮)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020050804392

    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  3月13日、中国と中東欧17カ国が感染対策をめぐる情報の共有や交流のために開いた専門家によるビデオ会議にリトアニア・ビリニュスで出席する同国保健機関の当局者や各病院・研究機関の専門家ら。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社配信/在リトアニア中国大使館提供)=2020(令和2)年3月13日、クレジット:在リトアニア中国大使館/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020050804393

    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  中国と世界保健機関(WHO)は北京で3月12日、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制に関する中国の経験を共有するためのビデオ会議を開催した。関係国の在中国大使館と国際組織の代表は北京会場で、WHO西太平洋地域事務局と関係国の代表はビデオ会議システムを通じて出席した。写真はビデオを通じてあいさつするWHOのテドロス事務局長。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社配信/国家衛生健康委員会提供)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:国家衛生健康委員会/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020040800800

    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  3月10日、湖北省武漢市の「火神山医院」の指揮センターで、ビデオ通話を通じ、感染対策の最前線で日夜奮闘する医療従事者をねぎらう習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席。習近平氏は当日、同市で新型コロナウイルス感染症の予防・抑制活動を視察した。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020040800874

    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  3月4日、国務院新聞(報道)弁公室が北京市と湖北省武漢市で同時に記者会見を開いた。最前線で新型コロナウイルス感染症の治療に当たる中国の専門家たちが武漢市の会場で治療法について説明した。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020040800872

    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  3月2日、軍事医学研究院重大疫情応急防控薬物研究室でワクチンと抗体の研究開発状況を視察する習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席(右から2人目)。習近平氏が同日、北京で新型コロナウイルス感染症の予防・抑制に関する科学研究難関攻略の取り組み状況を視察した。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社記者/丁海濤)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020040800845

    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  2月24日、新型コロナウイルス感染症に関する中国と世界保健機関(WHO)の合同専門家視察チームが北京で開いた記者会見で発言するWHO訪中専門家チーム長でWHO事務局長補のブルース・エイルワード氏。会見にはチームの中国側責任者、国家衛生健康委員会新型コロナウイルス感染症対策専門家グループ長の梁万年(りょう・ばんねん)氏とエイルワード氏が出席し、関連状況を説明した。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社記者/邢広利)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020040800864

    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  1月28日、北京で世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長と会見する習近平(しゅう・きんぺい)国家主席。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020040800871

    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  1月28日、湖北省支援に向かうため飛行機に乗り込む青海省の医療従事者。同日、国務院合同予防・抑制メカニズムが記者会見を開き、湖北省への支援医療チーム派遣状況を紹介した。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020040800832

    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  1月26日、国務院新聞(報道)弁公室が北京で開いた新型コロナウイルス感染症に対応する合同予防・抑制メカニズムの活動状況に関する記者会見に出席した記者ら。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社記者/才揚)=2020(令和2)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020040800797

    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  1月23日に撮影した武漢駅。武漢市は同日、同市を離れる空路と鉄路を午前10時から一時的に封鎖すると発表した。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社記者/程敏)=2020(令和2)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020040800824

    中国、新型コロナの時系列記録を公表国際協力の経緯も明らかに  1月21日、広東省人民政府が開いた新型コロナウイルス感染症の予防・抑制に関する記者会見で、関連状況について説明する中国工程院院士(アカデミー会員)の鍾南山(しょう・なんざん)氏(中央)。新華通訊社(新華社)は6日、中国の新型コロナウイルス対策を時系列にまとめた記録を公表し、中国が世界との感染症対策協力でとった行動の事実と措置を明らかにした。同記録はメディア報道や国家衛生健康委員会、科学研究機関などの情報に基づき作成され、感染発生状況に関する情報の速やかな発表や感染の予防・抑制経験の共有、国際交流と協力の推進などでの中国の取り組みを伝えている。(北京=新華社記者/黄国保)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019111902731

    2019グリーン発展・エネルギー設備フォーラム開催河北省衡水市  16日、フォーラムで交流する専門家。中国河北省衡水(こうすい)ハイテク産業開発区で16日、「グリーン(環境配慮型)発展理念のリード、ハイエンド設備の先行」をテーマとした2019グリーン発展・エネルギー設備フォーラムが開催され、政府や科学研究機関、大学、企業などの各界関係者ら200人以上が出席した。主催者によると同フォーラムは、ハイエンド設備産業の国内外への影響力とハイエンド製造の科学技術成果の転化能力をいっそう高め、産学連携の共有プラットフォームを構築し、効果的に業界内の企業ニーズを結びつけることを目的としている。(衡水=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019111902751

    2019グリーン発展・エネルギー設備フォーラム開催河北省衡水市  16日、専門家の講演を聞く来賓。中国河北省衡水(こうすい)ハイテク産業開発区で16日、「グリーン(環境配慮型)発展理念のリード、ハイエンド設備の先行」をテーマとした2019グリーン発展・エネルギー設備フォーラムが開催され、政府や科学研究機関、大学、企業などの各界関係者ら200人以上が出席した。主催者によると同フォーラムは、ハイエンド設備産業の国内外への影響力とハイエンド製造の科学技術成果の転化能力をいっそう高め、産学連携の共有プラットフォームを構築し、効果的に業界内の企業ニーズを結びつけることを目的としている。(衡水=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019111902748

    2019グリーン発展・エネルギー設備フォーラム開催河北省衡水市  16日、六つのプロジェクトの締結が行われた契約締結式の様子。中国河北省衡水(こうすい)ハイテク産業開発区で16日、「グリーン(環境配慮型)発展理念のリード、ハイエンド設備の先行」をテーマとした2019グリーン発展・エネルギー設備フォーラムが開催され、政府や科学研究機関、大学、企業などの各界関係者ら200人以上が出席した。主催者によると同フォーラムは、ハイエンド設備産業の国内外への影響力とハイエンド製造の科学技術成果の転化能力をいっそう高め、産学連携の共有プラットフォームを構築し、効果的に業界内の企業ニーズを結びつけることを目的としている。(衡水=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019111902717

    2019グリーン発展・エネルギー設備フォーラム開催河北省衡水市  16日、「グリーン理念のリード、ハイエンド設備の先行」をテーマにした2019グリーン発展・エネルギー設備フォーラムの会場。中国河北省衡水(こうすい)ハイテク産業開発区で16日、「グリーン(環境配慮型)発展理念のリード、ハイエンド設備の先行」をテーマとした2019グリーン発展・エネルギー設備フォーラムが開催され、政府や科学研究機関、大学、企業などの各界関係者ら200人以上が出席した。主催者によると同フォーラムは、ハイエンド設備産業の国内外への影響力とハイエンド製造の科学技術成果の転化能力をいっそう高め、産学連携の共有プラットフォームを構築し、効果的に業界内の企業ニーズを結びつけることを目的としている。(衡水=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019111902757

    2019グリーン発展・エネルギー設備フォーラム開催河北省衡水市  16日、フォーラムで基調講演をする全国政協委員で中国科学院院士(アカデミー会員)の朱日祥(しゅ・じつしょう)氏。中国河北省衡水(こうすい)ハイテク産業開発区で16日、「グリーン(環境配慮型)発展理念のリード、ハイエンド設備の先行」をテーマとした2019グリーン発展・エネルギー設備フォーラムが開催され、政府や科学研究機関、大学、企業などの各界関係者ら200人以上が出席した。主催者によると同フォーラムは、ハイエンド設備産業の国内外への影響力とハイエンド製造の科学技術成果の転化能力をいっそう高め、産学連携の共有プラットフォームを構築し、効果的に業界内の企業ニーズを結びつけることを目的としている。(衡水=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019102104188

    アフリカ豚コレラウイルス粒子の3次元構造が判明  18日、中国科学院生物物理研究所が行った記者会見で記念撮影に応じる饒子和院士(中央)、王祥喜研究員(左)、歩志高研究員。中国の科学者がこのほど、中国国内のアフリカ豚コレラウイルスの流行株の分離に成功し、同ウイルス粒子の3次元構造を初めて分析。アフリカ豚コレラの新型ワクチンを開発するための基礎を築いた。研究結果は18日、国際的学術誌「サイエンス」の電子版に掲載された。中国科学院生物物理研究所の饒子和(じょう・しわ)氏、王祥喜(おう・しょうき)氏のチームとハルビン獣医研究所の歩志高(ほ・しこう)氏のチームはこの1年間、上海科技大学など国内多くの科学研究機関と共に、アフリカ豚コレラウイルス粒子に関する基礎研究や臨床試験、有効率の高いワクチンなどの研究を実施してきた。(北京=新華社記者/金立旺)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019102104084

    アフリカ豚コレラウイルス粒子の3次元構造が判明  18日、中国科学院生物物理研究所が行った記者会見の会場。中国の科学者がこのほど、中国国内のアフリカ豚コレラウイルスの流行株の分離に成功し、同ウイルス粒子の3次元構造を初めて分析。アフリカ豚コレラの新型ワクチンを開発するための基礎を築いた。研究結果は18日、国際的学術誌「サイエンス」の電子版に掲載された。中国科学院生物物理研究所の饒子和(じょう・しわ)氏、王祥喜(おう・しょうき)氏のチームとハルビン獣医研究所の歩志高(ほ・しこう)氏のチームはこの1年間、上海科技大学など国内多くの科学研究機関と共に、アフリカ豚コレラウイルス粒子に関する基礎研究や臨床試験、有効率の高いワクチンなどの研究を実施してきた。(北京=新華社記者/金立旺)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019102104216

    アフリカ豚コレラウイルス粒子の3次元構造が判明  18日、中国科学院生物物理研究所が行った記者会見で、これまでの研究成果を紹介する王祥喜研究員。中国の科学者がこのほど、中国国内のアフリカ豚コレラウイルスの流行株の分離に成功し、同ウイルス粒子の3次元構造を初めて分析。アフリカ豚コレラの新型ワクチンを開発するための基礎を築いた。研究結果は18日、国際的学術誌「サイエンス」の電子版に掲載された。中国科学院生物物理研究所の饒子和(じょう・しわ)氏、王祥喜(おう・しょうき)氏のチームとハルビン獣医研究所の歩志高(ほ・しこう)氏のチームはこの1年間、上海科技大学など国内多くの科学研究機関と共に、アフリカ豚コレラウイルス粒子に関する基礎研究や臨床試験、有効率の高いワクチンなどの研究を実施してきた。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019102104083

    アフリカ豚コレラウイルス粒子の3次元構造が判明  18日、中国科学院生物物理研究所の実験室で、他の研究員とアフリカ豚コレラウイルス粒子の微細な3次元構造について意見を交わす饒子和院士(右端)、歩志高研究員(手前中央)、王祥喜研究員(左端)。中国の科学者がこのほど、中国国内のアフリカ豚コレラウイルスの流行株の分離に成功し、同ウイルス粒子の3次元構造を初めて分析。アフリカ豚コレラの新型ワクチンを開発するための基礎を築いた。研究結果は18日、国際的学術誌「サイエンス」の電子版に掲載された。中国科学院生物物理研究所の饒子和(じょう・しわ)氏、王祥喜(おう・しょうき)氏のチームとハルビン獣医研究所の歩志高(ほ・しこう)氏のチームはこの1年間、上海科技大学など国内多くの科学研究機関と共に、アフリカ豚コレラウイルス粒子に関する基礎研究や臨床試験、有効率の高いワクチンなどの研究を実施してきた。(北京=新華社記者/金立旺)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019102103967

    アフリカ豚コレラウイルス粒子の3次元構造が判明  18日、中国科学院生物物理研究所が行った記者会見で記者の質問に答える饒子和院士(中央)、王祥喜研究員(左)、歩志高研究員。中国の科学者がこのほど、中国国内のアフリカ豚コレラウイルスの流行株の分離に成功し、同ウイルス粒子の3次元構造を初めて分析。アフリカ豚コレラの新型ワクチンを開発するための基礎を築いた。研究結果は18日、国際的学術誌「サイエンス」の電子版に掲載された。中国科学院生物物理研究所の饒子和(じょう・しわ)氏、王祥喜(おう・しょうき)氏のチームとハルビン獣医研究所の歩志高(ほ・しこう)氏のチームはこの1年間、上海科技大学など国内多くの科学研究機関と共に、アフリカ豚コレラウイルス粒子に関する基礎研究や臨床試験、有効率の高いワクチンなどの研究を実施してきた。(北京=新華社記者/金立旺)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019092708763

    中国最高レベルの科学研究機関、ライブ配信で楽しく科学普及  ライブ配信で実験を披露する中国科学院物理研究所の科学普及ライブ配信チームのメンバー。(資料写真)2019年全国科学普及日の活動が現在、中国各地で同時開催されている。ここ数年、科学普及活動の内容や形式は一段と豊富で多彩になっており、一部の科学者は「科学普及ネット番組の配信者」という新たな肩書きを手にしている。中国自然科学分野の最高学術機関である中国科学院物理研究所のライブ配信アカウント「2次元的中科院物理所」(中2所)は現在、生き生きとしたスタイルと時折挿入される面白いギャグによって、学生や「2次元愛好家」が好むライブ配信サイトで50万人近くのフォロワーを獲得している。(北京=新華社配信/中国科学院物理研究所提供)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:中国科学院物理研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019092708745

    中国最高レベルの科学研究機関、ライブ配信で楽しく科学普及  ライブ配信で実験を披露する中国科学院物理研究所の科学普及ライブ配信チームのメンバー。(資料写真)2019年全国科学普及日の活動が現在、中国各地で同時開催されている。ここ数年、科学普及活動の内容や形式は一段と豊富で多彩になっており、一部の科学者は「科学普及ネット番組の配信者」という新たな肩書きを手にしている。中国自然科学分野の最高学術機関である中国科学院物理研究所のライブ配信アカウント「2次元的中科院物理所」(中2所)は現在、生き生きとしたスタイルと時折挿入される面白いギャグによって、学生や「2次元愛好家」が好むライブ配信サイトで50万人近くのフォロワーを獲得している。(北京=新華社配信/中国科学院物理研究所提供)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:中国科学院物理研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019092708719

    中国最高レベルの科学研究機関、ライブ配信で楽しく科学普及  学生の前で科学普及活動を行う中国科学院物理研究所の科学普及ライブ配信チームのメンバー。(8月13日撮影)2019年全国科学普及日の活動が現在、中国各地で同時開催されている。ここ数年、科学普及活動の内容や形式は一段と豊富で多彩になっており、一部の科学者は「科学普及ネット番組の配信者」という新たな肩書きを手にしている。中国自然科学分野の最高学術機関である中国科学院物理研究所のライブ配信アカウント「2次元的中科院物理所」(中2所)は現在、生き生きとしたスタイルと時折挿入される面白いギャグによって、学生や「2次元愛好家」が好むライブ配信サイトで50万人近くのフォロワーを獲得している。(北京=新華社配信/中国科学院物理研究所提供)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:中国科学院物理研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019092708744

    中国最高レベルの科学研究機関、ライブ配信で楽しく科学普及  学生の前で科学普及活動を行う中国科学院物理研究所の科学普及ライブ配信チームのメンバー。(8月13日撮影)2019年全国科学普及日の活動が現在、中国各地で同時開催されている。ここ数年、科学普及活動の内容や形式は一段と豊富で多彩になっており、一部の科学者は「科学普及ネット番組の配信者」という新たな肩書きを手にしている。中国自然科学分野の最高学術機関である中国科学院物理研究所のライブ配信アカウント「2次元的中科院物理所」(中2所)は現在、生き生きとしたスタイルと時折挿入される面白いギャグによって、学生や「2次元愛好家」が好むライブ配信サイトで50万人近くのフォロワーを獲得している。(北京=新華社配信/中国科学院物理研究所提供)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:中国科学院物理研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019071902688

    「ウンナンシシバナザル全域保護ネットワーク」設立雲南省シャングリラ市  ウンナンシシバナザルの母子。(資料写真)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市で15日、「ウンナンシシバナザル(Rhinopithecusbieti)全域保護ネットワーク」が設立された。この組織は同省林業・草原局が複数の公益組織や科学研究機関、民間団体と連携して設立し、絶滅危惧種ウンナンシシバナザルの保護を目的に関連活動を実施する。(昆明=新華社配信/鍾泰)=2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019051402999

    中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人耕運機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019051402860

    中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人運転田植え機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019051402905

    中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人耕運機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019051402877

    中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人耕運機と植物保護機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019051402883

    中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人運転田植え機。運転が不要なため、苗補給要員1人で済む。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019051402976

    中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人運転田植え機。運転が不要なため、苗補給要員1人で済む。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019051402915

    中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人耕運機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019051402900

    中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人運転田植え機。中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019051402889

    中国、2019年農作業完全無人化実験始動  8日、作業中の無人運転農業機械。(小型無人機から)中国黒竜江省北大荒農墾集団建三江分公司の紅衛農場にある水田で8日、無人運転の耕運機や田植え機、噴霧機などを「総動員」した春の耕作実験が行われた。同実験には複数の科学研究機関と企業から成るスマート化農業機械チームが参加。北斗ナビゲーションシステム(BDS)を利用し、センサーとコントローラーを導入することで、さまざまな農業機械の無人運転を実現した。(ハルビン=新華社記者/王建)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2018102925672

    中国とドイツの科学技術者、両国の科学技術イノベーション協力を議論  26日、ベルリンの中国大使館で開催されたレセプションであいさつするドイツ最大の科学研究機関ヘルムホルツ協会のOtmarWiestler会長。在ドイツ中国大使館は26日夜、ベルリンで中国の改革開放40周年および中国・ドイツ政府間科学技術協力協定締結40周年を祝うレセプションを開催した。中国とドイツの科学技術者が一堂に会し、両国の科学技術イノベーション協力について議論した。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2018060101246

    3人の中国科学院院士を育て上げた日本の化学者、藤嶋昭氏  29日、東京都にある自身の研究室で取材に応じる藤嶋昭氏。中国工程院の外国籍院士(アカデミー会員)である藤嶋昭氏は1978年以降、中国人留学生38人を育て上げた。彼らの大多数は中国の大学や科学研究機関の中核となり、そのうち姚建年氏、劉忠範氏、江雷氏は中国科学院の院士となった。(東京=新華社記者/華義)=2018(平成30)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018060101282

    3人の中国科学院院士を育て上げた日本の化学者、藤嶋昭氏  29日、中国の教え子たちが藤嶋昭氏に贈呈した詩。中国工程院の外国籍院士(アカデミー会員)である藤嶋昭氏は1978年以降、中国人留学生38人を育て上げた。彼らの大多数は中国の大学や科学研究機関の中核となり、そのうち姚建年氏、劉忠範氏、江雷氏は中国科学院の院士となった。(東京=新華社記者/華義)=2018(平成30)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018051800755

    SCO青島サミット 山東省、加盟国との科学技術協力を強化  11日、山東省科学院生態研究所の実験室で、塩分濃度が異なる培地シャーレでトリコデルマ菌株を培養し、それぞれの耐塩性の強さを確認する研究員。この科学研究プロジェクトは、中国とウズベキスタンのアルカリ化した土壌の生態修復と効果的利用の促進を目的としている。中国山東省科学院はここ数年、上海協力機構(SCO)加盟国との科学技術協力を強化している。これまでロシアやカザフスタン、ウズベキスタンなどの科学研究機関と13の国家レベルの革新プラットフォームを構築した。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018051800690

    SCO青島サミット 山東省、加盟国との科学技術協力を強化  11日、山東省科学院生態研究所の実験室で、鉢植え植物研究のために麦の苗の生育情況を確認する科学研究チーム責任者の李紀順さん。この科学研究プロジェクトは、中国とウズベキスタンのアルカリ化した土壌の生態修復と効果的利用の促進を目的としている。中国山東省科学院はここ数年、上海協力機構(SCO)加盟国との科学技術協力を強化している。これまでロシアやカザフスタン、ウズベキスタンなどの科学研究機関と13の国家レベルの革新プラットフォームを構築した。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018051800721

    SCO青島サミット 山東省、加盟国との科学技術協力を強化  11日、山東省科学院生態研究所の実験室で、トマトの組織培養実験の状況を確認する研究員の王貽蓮さん。この科学研究プロジェクトは、中国とウズベキスタンのアルカリ化した土壌の生態修復と効果的利用の促進を目的としている。中国山東省科学院はここ数年、上海協力機構(SCO)加盟国との科学技術協力を強化している。これまでロシアやカザフスタン、ウズベキスタンなどの科学研究機関と13の国家レベルの革新プラットフォームを構築した。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019071902703

    「ウンナンシシバナザル全域保護ネットワーク」設立雲南省シャングリラ市  白馬雪山国家級自然保護区のウンナンシシバナザル。(資料写真)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市で15日、「ウンナンシシバナザル(Rhinopithecusbieti)全域保護ネットワーク」が設立された。この組織は同省林業・草原局が複数の公益組織や科学研究機関、民間団体と連携して設立し、絶滅危惧種ウンナンシシバナザルの保護を目的に関連活動を実施する。(昆明=新華社配信/鍾泰)=2014(平成26)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019071902710

    「ウンナンシシバナザル全域保護ネットワーク」設立雲南省シャングリラ市  林の中で餌を探す2匹のウンナンシシバナザル。(資料写真)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市で15日、「ウンナンシシバナザル(Rhinopithecusbieti)全域保護ネットワーク」が設立された。この組織は同省林業・草原局が複数の公益組織や科学研究機関、民間団体と連携して設立し、絶滅危惧種ウンナンシシバナザルの保護を目的に関連活動を実施する。(昆明=新華社配信/鍾泰)=2012(平成24)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019071902701

    「ウンナンシシバナザル全域保護ネットワーク」設立雲南省シャングリラ市  白馬雪山国家級自然保護区のウンナンシシバナザル。(資料写真)中国雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ市で15日、「ウンナンシシバナザル(Rhinopithecusbieti)全域保護ネットワーク」が設立された。この組織は同省林業・草原局が複数の公益組織や科学研究機関、民間団体と連携して設立し、絶滅危惧種ウンナンシシバナザルの保護を目的に関連活動を実施する。(昆明=新華社配信/鍾泰)=2010(平成22)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像