検索結果 4,607 件中 1 件 〜 50 件 "科学者"
  1. 2020080505478

    異国の父 シャヒドさんとカーン博士  パキスタンの核科学者カーン博士(右)にインタビューするシャヒド・ウル・レーマンさん=2012年4月、イスラマバード(共同) 「海外エッセー 世界の街から」

  2. 2020080303782

    之江実験室、AIオープンソース・プラットフォームを公開  1日、「之江天枢AIオープンソース・プラットフォーム」発表会であいさつする之江実験室AI分野首席科学者の潘雲鶴(はん・うんかく)氏。中国の浙江省政府、浙江大学、アリババ・グループが共同で設立し、人工知能(AI)の研究を行う「之江(しこう)実験室」は1日、「之江天枢AIオープンソース・プラットフォーム」を世界の開発者に向け公開した。中国で「新型研究開発機関」と呼ばれる産学連携によるイノベーション産出を目指す研究機関が主導し、構築した国内初のAIオープンソース・プラットフォームとなる。(杭州=新華社配信)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020081203924

    U.S President Trump Holds Roundtable on Donating Plasma at Red Cross July 30, 2020, Washington, DC, United States of America: Dr. Anthony Fauci, Director of National Institute of Allergy and Infectious Diseases, addresses a roundtable on donating plasma at the American Red Cross National Headquarters July 30, 2020 in Washington, DC. (Credit Image: © Tia Dufour/White House/Planet Pix via ZUMA Wire)、クレジット:©Tia Dufour/White House/Planet Pix via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  4. 2020080508520

    Researchers elicit a secret from sea cucumbers 29 July 2020, Lower Saxony, Oldenburg: The active organic components of the sea cucumber are extracted in the laboratory by an employee. Sea cucumbers protect themselves with so-called saponins against the growth of algae or barnacles. Scientists at the University of Oldenburg studied sea cucumbers and substances that could help to produce environmentally friendly organic paints for antifouling coatings for ships. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  5. 2020080508277

    Researchers elicit a secret from sea cucumbers 29 July 2020, Lower Saxony, Oldenburg: A sea cucumber of the genus Holothuria Hilla lies in a glass vessel. Sea cucumbers protect themselves with so-called saponins against the growth of algae or barnacles. Scientists at the University of Oldenburg studied sea cucumbers and substances that could help to produce environmentally friendly organic paints for antifouling coatings for ships. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  6. 2020080508400

    Researchers elicit a secret from sea cucumbers 29 July 2020, Lower Saxony, Oldenburg: The active organic components of the sea cucumber are extracted in the laboratory. Sea cucumbers protect themselves with so-called saponins against the growth of algae or barnacles. Scientists at the University of Oldenburg studied sea cucumbers and substances that could help to produce environmentally friendly organic paints for antifouling coatings for ships. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  7. 2020080508540

    Researchers elicit a secret from sea cucumbers 29 July 2020, Lower Saxony, Oldenburg: The active organic components of the sea cucumber are extracted in the laboratory. Sea cucumbers protect themselves with so-called saponins against the growth of algae or barnacles. Scientists at the University of Oldenburg studied sea cucumbers and substances that could help to produce environmentally friendly organic paints for antifouling coatings for ships. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  8. 2020080301294

    TRUMP BRIEFING President Trump Holds a Press Briefing at the White House President Donald Trump holds a press briefing in the Brady Press Briefing Room of the White House on Tuesday, July 28, 2020 in Washington, DC. Trump again defended his claim for the drug hydroxychloroquine in the treatment of COVID-19 even though scientists in the United States and elsewhere say the drug is not useful and may cause serious heart problems. Photo by Oliver Contreras/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  9. 2020080508536

    Researchers elicit a secret from sea cucumbers 29 July 2020, Lower Saxony, Oldenburg: The active organic components of the sea cucumber are extracted in the laboratory by an employee. Sea cucumbers protect themselves with so-called saponins against the growth of algae or barnacles. Scientists at the University of Oldenburg studied sea cucumbers and substances that could help to produce environmentally friendly organic paints for antifouling coatings for ships. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  10. 2020080508295

    Researchers elicit a secret from sea cucumbers 29 July 2020, Lower Saxony, Oldenburg: Elham Kamyab, doctoral student, looks at a sea cucumber of the genus Holothuria Hilla. Sea cucumbers protect themselves with so-called saponins against the growth of algae or barnacles. Scientists at the University of Oldenburg studied sea cucumbers and substances that could help to produce environmentally friendly organic paints for antifouling coatings for ships. Photo: Sina Schuldt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  11. 2020080402524

    Michelle Firestone And Ahmed Bayoum July 24, 2020, Toronto, ON, Canada: TORONTO, ON - July 24 Michelle Firestone and Ahmed Bayoumi, are senior scientists as MAP Centre for Urban Health Solutions at St. Michael‘s Hospital and have brought together a team of 35 researchers and community workers to evaluate local efforts that have sprung up to support the homeless and other marginalized groups. This is for our new Front-line Thinkers feature. They are seen in a local park in the Davenport and Christie area..covidpd corona coronavirus covid.July 24 2020 Richard Lautens/Toronto Star (Credit Image: © Richard Lautens/The Toronto Star via ZUMA Wire)、クレジット:©Richard Lautens/The Toronto Star via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  12. 2020080402915

    Michelle Firestone And Ahmed Bayoum July 24, 2020, Toronto, ON, Canada: TORONTO, ON - July 24 Michelle Firestone and Ahmed Bayoumi, are senior scientists as MAP Centre for Urban Health Solutions at St. Michael‘s Hospital and have brought together a team of 35 researchers and community workers to evaluate local efforts that have sprung up to support the homeless and other marginalized groups. This is for our new Front-line Thinkers feature. They are seen in a local park in the Davenport and Christie area..covidpd corona coronavirus covid.July 24 2020 Richard Lautens/Toronto Star (Credit Image: © Richard Lautens/The Toronto Star via ZUMA Wire)、クレジット:©Richard Lautens/The Toronto Star via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  13. 2020073008952

    Man found dead in apartment in Berlin 24 July 2020, Berlin: A police forensic scientist goes to an apartment building at Brunsbütteler Damm in Spandau. There the body of a man was found that evening. Due to the injuries and the situation in which the body was found, there is suspicion of a homicide, police and public prosecutor‘s office announced. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  14. 2020073008899

    Man found dead in apartment in Berlin 24 July 2020, Berlin: A police forensic scientist goes to an apartment building at Brunsbütteler Damm in Spandau. There the body of a man was found that evening. Due to the injuries and the situation in which the body was found, there is suspicion of a homicide, police and public prosecutor‘s office announced. Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/dpa - ATTENTION: House number pixelated、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  15. 2020073009359

    Methanol conversion plant Stralsund 23 July 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: A bottle of methanol stands in front of the methanol synthesis plant at the Institute for Renewable Energy Systems (IRES) on the premises of Stralsund University of Applied Sciences. At Stralsund University of Applied Sciences, methanol has been produced from wind power and carbon dioxide instead of fossil fuels. Scientists at the university produce liquid methanol from hydrogen (H2) and carbon dioxide (CO2) without buffer storage. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  16. 2020073008940

    Methanol conversion plant Stralsund 23 July 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Christian Pegel (SPD), the Minister of Construction and Transport of Mecklenburg-Western Pomerania and Johannes Gulden, Director of the Institute for Renewable Energy Systems (IRES) are standing in front of the methanol synthesis plant at the Institute for Renewable Energy Systems (IRES) on the premises of Stralsund University. At Stralsund University of Applied Sciences, methanol has been successfully produced from wind power and carbon dioxide instead of fossil fuels. Scientists at the university produce liquid methanol from hydrogen (H2) and carbon dioxide (CO2) without buffer storage. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  17. 2020073009071

    Methanol conversion plant Stralsund 23 July 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Johannes Gulden, Director of the Institute for Renewable Energy Systems (IRES) shows a flat with methanol in front of the methanol synthesis plant at the Institute for Renewable Energy Systems (IRES) on the premises of Stralsund University. At Stralsund University of Applied Sciences, methanol has been produced from wind power and carbon dioxide instead of fossil fuels. The scientists at the university produce liquid methanol from hydrogen (H2) and carbon dioxide (CO2) without buffer storage. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  18. 2020073008859

    Methanol conversion plant Stralsund 23 July 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Andreas Sklarow, an employee of Stralsund University, is standing in front of the methanol synthesis plant at the Institute for Renewable Energy Systems (IRES) on the university campus. At Stralsund University of Applied Sciences, methanol has been successfully produced from wind power and carbon dioxide instead of fossil fuels. The scientists at the university produce liquid methanol from hydrogen (H2) and carbon dioxide (CO2) without buffer storage. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  19. 2020073009370

    Methanol conversion plant Stralsund 23 July 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: View of the methanol synthesis plant at the Institute for Renewable Energy Systems (IRES) on the premises of Stralsund University of Applied Sciences. At Stralsund University of Applied Sciences, methanol has been successfully produced from wind power and carbon dioxide instead of fossil fuels. Scientists at the university produce liquid methanol from hydrogen (H2) and carbon dioxide (CO2) without buffer storage. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  20. 2020073008944

    Methanol conversion plant Stralsund 23 July 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: Andreas Sklarow, an employee of Stralsund University, is standing in front of the methanol synthesis plant at the Institute for Renewable Energy Systems (IRES) on the university campus. At Stralsund University of Applied Sciences, methanol has been successfully produced from wind power and carbon dioxide instead of fossil fuels. The scientists at the university produce liquid methanol from hydrogen (H2) and carbon dioxide (CO2) without buffer storage. Photo: Stefan Sauer/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  21. 2020072703366

    草原の「天眼」が捉えたネオワイズ彗星内モンゴル自治区  19日、国家天文台明安図観測基地から撮影した星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)にある国家天文台明安図観測基地の上空で18日夜から19日未明にかけて、ネオワイズ彗星が観測された。同基地内には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020072703384

    草原の「天眼」が捉えたネオワイズ彗星内モンゴル自治区  19日、国家天文台明安図観測基地から撮影した星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)にある国家天文台明安図観測基地の上空で18日夜から19日未明にかけて、ネオワイズ彗星が観測された。同基地内には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020072703519

    草原の「天眼」が捉えたネオワイズ彗星内モンゴル自治区  19日、国家天文台明安図観測基地から撮影した星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)にある国家天文台明安図観測基地の上空で18日夜から19日未明にかけて、ネオワイズ彗星が観測された。同基地内には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020072703507

    草原の「天眼」が捉えたネオワイズ彗星内モンゴル自治区  19日、国家天文台明安図観測基地から撮影した星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)にある国家天文台明安図観測基地の上空で18日夜から19日未明にかけて、ネオワイズ彗星が観測された。同基地内には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020072703482

    草原の「天眼」が捉えたネオワイズ彗星内モンゴル自治区  19日、国家天文台明安図観測基地から撮影した星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)にある国家天文台明安図観測基地の上空で18日夜から19日未明にかけて、ネオワイズ彗星が観測された。同基地内には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020072703328

    草原の「天眼」を訪ねて内モンゴル自治区  18日、国家天文台明安図観測基地に並ぶパラボラアンテナ。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)明安図鎮付近の草原に位置する国家天文台明安図観測基地には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020072703336

    草原の「天眼」が捉えたネオワイズ彗星内モンゴル自治区  18日夜、国家天文台明安図観測基地の上空を通過するネオワイズ彗星。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)にある国家天文台明安図観測基地の上空で18日夜から19日未明にかけて、ネオワイズ彗星が観測された。同基地内には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020072703373

    草原の「天眼」を訪ねて内モンゴル自治区  18日、国家天文台明安図観測基地に並ぶパラボラアンテナ。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)明安図鎮付近の草原に位置する国家天文台明安図観測基地には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020072703348

    草原の「天眼」を訪ねて内モンゴル自治区  18日、国家天文台明安図観測基地に設置されたパラボラアンテナ。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)明安図鎮付近の草原に位置する国家天文台明安図観測基地には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020072703437

    草原の「天眼」を訪ねて内モンゴル自治区  18日、国家天文台明安図観測基地に並ぶパラボラアンテナ。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)明安図鎮付近の草原に位置する国家天文台明安図観測基地には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020072703298

    草原の「天眼」が捉えたネオワイズ彗星内モンゴル自治区  18日夜、国家天文台明安図観測基地の上空を通過するネオワイズ彗星。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)にある国家天文台明安図観測基地の上空で18日夜から19日未明にかけて、ネオワイズ彗星が観測された。同基地内には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020072703423

    草原の「天眼」を訪ねて内モンゴル自治区  18日、国家天文台明安図観測基地に設置されたパラボラアンテナ。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)明安図鎮付近の草原に位置する国家天文台明安図観測基地には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020072703501

    草原の「天眼」が捉えたネオワイズ彗星内モンゴル自治区  18日夜、国家天文台明安図観測基地の上空を通過するネオワイズ彗星。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)にある国家天文台明安図観測基地の上空で18日夜から19日未明にかけて、ネオワイズ彗星が観測された。同基地内には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020072703335

    草原の「天眼」を訪ねて内モンゴル自治区  18日、国家天文台明安図観測基地に並ぶパラボラアンテナ。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)明安図鎮付近の草原に位置する国家天文台明安図観測基地には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020072703306

    草原の「天眼」が捉えたネオワイズ彗星内モンゴル自治区  18日夜、国家天文台明安図観測基地の上空を通過するネオワイズ彗星。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)にある国家天文台明安図観測基地の上空で18日夜から19日未明にかけて、ネオワイズ彗星が観測された。同基地内には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020072703293

    草原の「天眼」を訪ねて内モンゴル自治区  18日、国家天文台明安図観測基地に並ぶパラボラアンテナ。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)明安図鎮付近の草原に位置する国家天文台明安図観測基地には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020072703409

    草原の「天眼」が捉えたネオワイズ彗星内モンゴル自治区  18日夜、国家天文台明安図観測基地の上空を通過するネオワイズ彗星。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)にある国家天文台明安図観測基地の上空で18日夜から19日未明にかけて、ネオワイズ彗星が観測された。同基地内には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/劉懿徳)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020072703361

    草原の「天眼」を訪ねて内モンゴル自治区  18日、国家天文台明安図観測基地に並ぶパラボラアンテナ。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)明安図鎮付近の草原に位置する国家天文台明安図観測基地には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020072703320

    草原の「天眼」を訪ねて内モンゴル自治区  18日、国家天文台明安図観測基地に並ぶパラボラアンテナ。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)明安図鎮付近の草原に位置する国家天文台明安図観測基地には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020072703325

    草原の「天眼」を訪ねて内モンゴル自治区  18日、国家天文台明安図観測基地に並ぶパラボラアンテナ。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)明安図鎮付近の草原に位置する国家天文台明安図観測基地には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020072703332

    草原の「天眼」を訪ねて内モンゴル自治区  18日、国家天文台明安図観測基地に設置されたパラボラアンテナ。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)明安図鎮付近の草原に位置する国家天文台明安図観測基地には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020072703313

    草原の「天眼」を訪ねて内モンゴル自治区  18日、国家天文台明安図観測基地に並ぶパラボラアンテナ。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)明安図鎮付近の草原に位置する国家天文台明安図観測基地には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020072703450

    草原の「天眼」を訪ねて内モンゴル自治区  18日、国家天文台明安図観測基地に設置されたパラボラアンテナ。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)明安図鎮付近の草原に位置する国家天文台明安図観測基地には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020072703435

    草原の「天眼」を訪ねて内モンゴル自治区  18日、国家天文台明安図観測基地に設置されたパラボラアンテナ。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ショローン・フブート・チャガン旗(正鑲白旗)明安図鎮付近の草原に位置する国家天文台明安図観測基地には白いパラボラアンテナ100基が並んでいる。この大規模なアンテナの列は草原の「天眼」と呼ばれる電波望遠鏡(MUSER)で、太陽から放射される電波を継続的に受信する。科学者は受信したデータを解析・研究し、宇宙環境のモニタリングや太陽活動の予測を行う。(シリンゴル=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020080201046

    Russia Coronavirus Vaccine 15.07.2020 Volunteers participating in the COVID-19 vaccine trial speak to the media during a press conference at Sechenov University, in Moscow, Russia. The volunteers were vaccinated on June 18, 2020, and until their discharge on July 15, they were in the Scientific and Practical Center for interventional Cardioangiology of Sechenov University under the supervision of doctors and scientists. Mikhail Voskresenskiy / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  46. 2020080201087

    Russia Coronavirus Vaccine 15.07.2020 A director of the Sechenov universal antibody Clinical center Sergey Semitko speaks to the media during a press conference at Sechenov University, in Moscow, Russia. The volunteers were vaccinated on June 18, 2020, and until their discharge on July 15, they were in the Scientific and Practical Center for interventional Cardioangiology of Sechenov University under the supervision of doctors and scientists. Mikhail Voskresenskiy / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  47. 2020080201217

    Russia Coronavirus Vaccine 15.07.2020 Participants attend a press conference at Sechenov University, after the discharge of the first group of 18 volunteers participating in the COVID-19 vaccine trial, in Moscow, Russia. In the background, from left to right: Director of the Sechenov universal antibody Clinical center Sergey Semitko, Director of the Institute of pharmacy and translational medicine of Sechenov University Vadim Tarasov, head Of the center for a clinical study of medicines of Sechenov University Elena Smolyarchuk and discharged volunteers. The volunteers were vaccinated on June 18, 2020. before their discharge, they were in the Scientific and practical center for interventional Cardioangiology of Sechenov University under the supervision of doctors and scientists. Mikhail Voskresenskiy / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  48. 2020080201051

    Russia Coronavirus Vaccine 15.07.2020 Participants attend a press conference at Sechenov University, after the discharge of the first group of 18 volunteers participating in the COVID-19 vaccine trial, in Moscow, Russia. In the background, from left to right: Director of the Sechenov universal antibody Clinical center Sergey Semitko, Director of the Institute of pharmacy and translational medicine of Sechenov University Vadim Tarasov, head Of the center for a clinical study of medicines of Sechenov University Elena Smolyarchuk and discharged volunteers. The volunteers were vaccinated on June 18, 2020. before their discharge, they were in the Scientific and practical center for interventional Cardioangiology of Sechenov University under the supervision of doctors and scientists. Mikhail Voskresenskiy / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  49. 2020080201027

    Russia Coronavirus Vaccine 15.07.2020 Volunteers participating in the COVID-19 vaccine trial speak to the media during a press conference at Sechenov University, in Moscow, Russia. The volunteers were vaccinated on June 18, 2020, and until their discharge on July 15, they were in the Scientific and practical center for interventional Cardioangiology of Sechenov University under the supervision of doctors and scientists. Mikhail Voskresenskiy / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  50. 2020080201109

    Russia Coronavirus Vaccine 15.07.2020 Participants attend a press conference at Sechenov University, after the discharge of the first group of 18 volunteers participating in the COVID-19 vaccine trial, in Moscow, Russia. In the background, from left to right: Director of the Sechenov universal antibody Clinical center Sergey Semitko, Director of the Institute of pharmacy and translational medicine of Sechenov University Vadim Tarasov, head Of the center for a clinical study of medicines of Sechenov University Elena Smolyarchuk and discharged volunteers. The volunteers were vaccinated on June 18, 2020. before their discharge, they were in the Scientific and practical center for interventional Cardioangiology of Sechenov University under the supervision of doctors and scientists. Mikhail Voskresenskiy / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像