検索結果 101 件中 1 件 〜 50 件 "科技有限公司"
  1. 2020062508531

    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県  19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、ひよこ豆のパンをオーブンに入れる従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020062508534

    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県  19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司で、包装されたひよこ豆を運搬箱に入れる従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020062508487

    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県  19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、ひよこ豆のパンを作る従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020062508488

    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県  19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、ひよこ豆のパンを作る従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020062508526

    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県  19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司で、ひよこ豆粉の包装作業をする従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020062508527

    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県  19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、忙しく働く貧困家庭の女性。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020062508515

    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県  19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、ひよこ豆の皮の除去作業をする従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020062508496

    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県  19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、忙しく働く貧困家庭の女性。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020020604895

    新型肺炎対策物資の生産・供給を強化福建省福州市  2日、医療用防護服の生産用に改装される福建省福州市倉山区にある福建春暉服装科技有限公司のクリーンルーム。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、中国福建省内の関連企業は春節(旧正月)明けの営業再開を前倒ししたり、生産品目の変更、残業などの措置を取ったりして生産能力の回復と拡大を加速させている。感染対策物資の生産や供給を着実に実施することで、感染防止に向けた需要に応える。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020020604878

    新型肺炎対策物資の生産・供給を強化福建省福州市  2日、福建省福州市倉山区にある福建春暉服装科技有限公司の工場で医療用防護服の製造作業に追われる従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、中国福建省内の関連企業は春節(旧正月)明けの営業再開を前倒ししたり、生産品目の変更、残業などの措置を取ったりして生産能力の回復と拡大を加速させている。感染対策物資の生産や供給を着実に実施することで、感染防止に向けた需要に応える。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020020604860

    新型肺炎対策物資の生産・供給を強化福建省福州市  2日、福建省福州市倉山区にある福建春暉服装科技有限公司内に展示された同社製の医療用防護服。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、中国福建省内の関連企業は春節(旧正月)明けの営業再開を前倒ししたり、生産品目の変更、残業などの措置を取ったりして生産能力の回復と拡大を加速させている。感染対策物資の生産や供給を着実に実施することで、感染防止に向けた需要に応える。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020020604862

    新型肺炎対策物資の生産・供給を強化福建省福州市  2日、福建省福州市倉山区にある福建春暉服装科技有限公司の工場で医療用防護服の製造作業に追われる従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、中国福建省内の関連企業は春節(旧正月)明けの営業再開を前倒ししたり、生産品目の変更、残業などの措置を取ったりして生産能力の回復と拡大を加速させている。感染対策物資の生産や供給を着実に実施することで、感染防止に向けた需要に応える。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020020604869

    新型肺炎対策物資の生産・供給を強化福建省福州市  2日、福建省福州市倉山区にある福建春暉服装科技有限公司の工場で医療用防護服の製造作業に追われる従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、中国福建省内の関連企業は春節(旧正月)明けの営業再開を前倒ししたり、生産品目の変更、残業などの措置を取ったりして生産能力の回復と拡大を加速させている。感染対策物資の生産や供給を着実に実施することで、感染防止に向けた需要に応える。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020020604858

    新型肺炎対策物資の生産・供給を強化福建省福州市  2日、福建省福州市倉山区にある福建春暉服装科技有限公司の工場で医療用防護服の製造作業に追われる従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、中国福建省内の関連企業は春節(旧正月)明けの営業再開を前倒ししたり、生産品目の変更、残業などの措置を取ったりして生産能力の回復と拡大を加速させている。感染対策物資の生産や供給を着実に実施することで、感染防止に向けた需要に応える。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020020604865

    新型肺炎対策物資の生産・供給を強化福建省福州市  2日、福建省福州市倉山区にある福建春暉服装科技有限公司の工場で医療用防護服の製造作業に追われる従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、中国福建省内の関連企業は春節(旧正月)明けの営業再開を前倒ししたり、生産品目の変更、残業などの措置を取ったりして生産能力の回復と拡大を加速させている。感染対策物資の生産や供給を着実に実施することで、感染防止に向けた需要に応える。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020020604866

    新型肺炎対策物資の生産・供給を強化福建省福州市  2日、福建省福州市倉山区にある福建春暉服装科技有限公司の工場で医療用防護服の製造作業に追われる従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の発生を受け、中国福建省内の関連企業は春節(旧正月)明けの営業再開を前倒ししたり、生産品目の変更、残業などの措置を取ったりして生産能力の回復と拡大を加速させている。感染対策物資の生産や供給を着実に実施することで、感染防止に向けた需要に応える。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020020401227

    新型肺炎で放射温度計の製造急ピッチ四川省成都市  1日夜、携帯式放射温度計のファームウェアをインストールする従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、中国四川省成都市のベビー用品メーカー、成都凡米科技有限公司では、「防疫対策重点区域」および人が多く集まる場所での需要に対応するため、従業員が残業して作業にあたり、携帯式放射温度計の製造を急ピッチで進めている。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020020401309

    新型肺炎で放射温度計の製造急ピッチ四川省成都市  1日夜、完成前の携帯式放射温度計をテストする従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、中国四川省成都市のベビー用品メーカー、成都凡米科技有限公司では、「防疫対策重点区域」および人が多く集まる場所での需要に対応するため、従業員が残業して作業にあたり、携帯式放射温度計の製造を急ピッチで進めている。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020020401312

    新型肺炎で放射温度計の製造急ピッチ四川省成都市  1日夜、携帯式放射温度計の基板の溶接作業をする従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、中国四川省成都市のベビー用品メーカー、成都凡米科技有限公司では、「防疫対策重点区域」および人が多く集まる場所での需要に対応するため、従業員が残業して作業にあたり、携帯式放射温度計の製造を急ピッチで進めている。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020020401314

    新型肺炎で放射温度計の製造急ピッチ四川省成都市  1日夜、携帯式放射温度計の製造ラインで作業をする従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、中国四川省成都市のベビー用品メーカー、成都凡米科技有限公司では、「防疫対策重点区域」および人が多く集まる場所での需要に対応するため、従業員が残業して作業にあたり、携帯式放射温度計の製造を急ピッチで進めている。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020020401301

    新型肺炎で放射温度計の製造急ピッチ四川省成都市  1日夜、携帯式放射温度計をテストする従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、中国四川省成都市のベビー用品メーカー、成都凡米科技有限公司では、「防疫対策重点区域」および人が多く集まる場所での需要に対応するため、従業員が残業して作業にあたり、携帯式放射温度計の製造を急ピッチで進めている。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020020401311

    新型肺炎で放射温度計の製造急ピッチ四川省成都市  1日夜、携帯式放射温度計の製造ラインで作業をする従業員。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、中国四川省成都市のベビー用品メーカー、成都凡米科技有限公司では、「防疫対策重点区域」および人が多く集まる場所での需要に対応するため、従業員が残業して作業にあたり、携帯式放射温度計の製造を急ピッチで進めている。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020012320402

    収入増目指し、貧困世帯に子豚配給湖南省寧郷市  8日、湖南省寧郷市老糧倉鎮の牧畜科技有限公司で、寧郷花豚を選別する従業員。中国湖南省寧郷市老糧倉鎮で8日、地元政府の貧困支援部門が養豚企業を組織し、飼育の意欲と能力のある貧困世帯に子豚を無償配給した。豚の飼育を通じ、貧困世帯の収入増を目指す。配給は3月末まで行われる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020012320407

    収入増目指し、貧困世帯に子豚配給湖南省寧郷市  8日、湖南省寧郷市老糧倉鎮の牧畜科技有限公司で、選別した寧郷花豚を輸送車に乗せる従業員。中国湖南省寧郷市老糧倉鎮で8日、地元政府の貧困支援部門が養豚企業を組織し、飼育の意欲と能力のある貧困世帯に子豚を無償配給した。豚の飼育を通じ、貧困世帯の収入増を目指す。配給は3月末まで行われる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020012320412

    収入増目指し、貧困世帯に子豚配給湖南省寧郷市  8日、湖南省寧郷市老糧倉鎮の牧畜科技有限公司の豚舎で撮影した寧郷花豚。中国湖南省寧郷市老糧倉鎮で8日、地元政府の貧困支援部門が養豚企業を組織し、飼育の意欲と能力のある貧困世帯に子豚を無償配給した。豚の飼育を通じ、貧困世帯の収入増を目指す。配給は3月末まで行われる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020012320623

    収入増目指し、貧困世帯に子豚配給湖南省寧郷市  8日、湖南省寧郷市老糧倉鎮の牧畜科技有限公司で、選別した寧郷花豚を豚舎から運び出す従業員。中国湖南省寧郷市老糧倉鎮で8日、地元政府の貧困支援部門が養豚企業を組織し、飼育の意欲と能力のある貧困世帯に子豚を無償配給した。豚の飼育を通じ、貧困世帯の収入増を目指す。配給は3月末まで行われる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020010602058

    水素エネルギーの生産ラインを訪ねて山西省大同市  24日、大同氫雄雲鼎氫能科技有限公司が投資・建設した「雄韜氫雄大同水素エネルギー産業パーク」で、水素燃料電池を組み立てる作業員。中国山西省大同市はここ数年、水素を利用した新エネルギーの発展に力を入れ、伝統エネルギーから新エネルギーへの転換の道を積極的に模索している。昨年末には全国初の製造・供給を一体化させた水素ステーションを設立し、今では市内を走る50台あまりの水素バスの需要を満たしている。また、水素動力を搭載した物流車や産業用ドローンなどの実用化も積極的に進めている。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020010602093

    水素エネルギーの生産ラインを訪ねて山西省大同市  24日、新研水素エネルギー科技有限公司が開発した産業用ドローン。機体に水素ボンベを搭載し、331分間の連続飛行が可能。中国山西省大同市はここ数年、水素を利用した新エネルギーの発展に力を入れ、伝統エネルギーから新エネルギーへの転換の道を積極的に模索している。昨年末には全国初の製造・供給を一体化させた水素ステーションを設立し、今では市内を走る50台あまりの水素バスの需要を満たしている。また、水素動力を搭載した物流車や産業用ドローンなどの実用化も積極的に進めている。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020010602090

    水素エネルギーの生産ラインを訪ねて山西省大同市  24日、大同市内にある新研水素エネルギー科技有限公司の生産ライン。中国山西省大同市はここ数年、水素を利用した新エネルギーの発展に力を入れ、伝統エネルギーから新エネルギーへの転換の道を積極的に模索している。昨年末には全国初の製造・供給を一体化させた水素ステーションを設立し、今では市内を走る50台あまりの水素バスの需要を満たしている。また、水素動力を搭載した物流車や産業用ドローンなどの実用化も積極的に進めている。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020010602256

    水素エネルギーの生産ラインを訪ねて山西省大同市  24日、大同市内にある新研水素エネルギー科技有限公司の水素ステーション。中国山西省大同市はここ数年、水素を利用した新エネルギーの発展に力を入れ、伝統エネルギーから新エネルギーへの転換の道を積極的に模索している。昨年末には全国初の製造・供給を一体化させた水素ステーションを設立し、今では市内を走る50台あまりの水素バスの需要を満たしている。また、水素動力を搭載した物流車や産業用ドローンなどの実用化も積極的に進めている。(大同=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019071006002

    中国のドローンメーカー、5Gドローンの商業化を加速  21日、一飛智控がドローンを使って描き出した文字。中国の通信大手、中国移動(チャイナ・モバイル)傘下の中国移動(成都)産業研究院と産業用小型無人機(ドローン)業界のリーディングカンパニー、一飛智控(天津)科技は、第5世代移動通信システム(5G)を利用したドローンの応用や情報化、モバイルデータなどでの共同開発について、戦略的提携を結んだ。大手同士が提携する強者連合により、5Gドローンの産業チェーン構築を共同で加速させ、商業化を推進するのが狙い。同研究院のドローン研究開発運営プロジェクトの周剣(しゅう・けん)総監は「5G技術の着実な成熟に伴い、5G技術は私たちの職場や家庭に少しずつ浸透してきている。ドローンは5G技術を産業に応用する上で重要な起爆剤となる」と語った。また、5Gの高速、低遅延、大容量などの利点はドローンに新たな発展をもたらすと指摘した。(天津=新華社配信/一飛智控科技有限公司提供)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:一飛智控科技有限公司/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  32. 2019071005925

    中国のドローンメーカー、5Gドローンの商業化を加速  21日、提携に調印する中国移動(成都)産業研究院ドローン研究開発運営プロジェクトの周剣総監(左)と、一飛智控の創始者、斉俊桐(さい・しゅんとう)氏。中国の通信大手、中国移動(チャイナ・モバイル)傘下の中国移動(成都)産業研究院と産業用小型無人機(ドローン)業界のリーディングカンパニー、一飛智控(天津)科技は、第5世代移動通信システム(5G)を利用したドローンの応用や情報化、モバイルデータなどでの共同開発について、戦略的提携を結んだ。大手同士が提携する強者連合により、5Gドローンの産業チェーン構築を共同で加速させ、商業化を推進するのが狙い。同研究院のドローン研究開発運営プロジェクトの周剣(しゅう・けん)総監は「5G技術の着実な成熟に伴い、5G技術は私たちの職場や家庭に少しずつ浸透してきている。ドローンは5G技術を産業に応用する上で重要な起爆剤となる」と語った。また、5Gの高速、低遅延、大容量などの利点はドローンに新たな発展をもたらすと指摘した。(天津=新華社配信/一飛智控科技有限公司提供)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:一飛智控科技有限公司/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  33. 2019100403147

    【新中国成立70周年】さまざまな職業から70年の発展を振り返る  上:1960年代、伝統的な杭を用いた方法で海水真珠の養殖を行う広西チワン族自治区北海市の真珠養殖家。(複製写真、北海=新華社配信/北海南珠宮提供)下:6月15日、広西チワン族自治区北海市鉄山港区にある広西精工海洋科技有限公司の屋内海水真珠工場で真珠貝の手入れをする作業員。(北海=新華社記者/張愛林)中国国家統計局のデータによると、1952年の中国の国内総生産(GDP)はわずか679億元だったが、2018年には90兆元(1元=約15円)の大台を突破した。(組み合わせ写真、北京=新華社配信)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:北海南珠宮/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019061805374

    福建省初のAI・5G農業用ロボット、ハウスの巡回点検に投入  15日、AI・5G農業用ロボットのテストを行う福建新大陸時代科技有限公司のスタッフ。中国福建省初の人工知能(AI)第5世代移動通信システム(5G)農業用ロボットが15日、福州市にある中国イスラエルモデル農場のスマート野菜・果実ハウスで全天候型生産巡回点検を開始した。これは同省のAI・5G農業用ロボットが研究開発段階から実用段階へと進んだことを意味している。(福州=新華社記者/林超)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019060200805

    農畜産業への5G技術応用でスマート養豚発展へ湖北省  28日、「3DFPF未来養豚場」で精密給餌器(フィーダー)による餌やりと管理のパラメータを確認する影子科技のITエンジニア。中国湖北省武漢市でこのほど、中国初の3Dスマート養豚応用ソフトと第5世代移動通信システム(5G)農畜産業応用ソフトの融合が発表され、中国の従来型畜産業の転換とスマート畜産の発展に可能性を提供した。広州影子科技有限公司は「農場から食卓まで」全産業チェーンにサービスを提供するインターネット・ブラットフォームで、同社が初開発した「3DFPF未来養豚場」は、影子スマートエンジンや3Dタスクナビゲーション、3DIoT(モノのインターネット)可視化プラットフォーム、端末アプリケーションなどを含み、BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)やGIS(地理情報システム)などの技術を通じて、実際の養豚場をオンライン上で3Dに復元し、応用端末で養豚場の空間構成と周辺の地理情報を3Dで表現することで、ユーザーが養豚場管理をする際に「目にしたものを即座に手に入れられる」ようにした。(武漢=新華社配信/張維佳)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019060200799

    農畜産業への5G技術応用でスマート養豚発展へ湖北省  28日、雌豚の発情状況を遠隔で監視するスマートシステム。「3DFPF未来養豚場」では、精密給餌器(フィーダー)などのスマート機器が、徐々に手作業の伝統的な設備に取って代わっている。中国湖北省武漢市でこのほど、中国初の3Dスマート養豚応用ソフトと第5世代移動通信システム(5G)農畜産業応用ソフトの融合が発表され、中国の従来型畜産業の転換とスマート畜産の発展に可能性を提供した。広州影子科技有限公司は「農場から食卓まで」全産業チェーンにサービスを提供するインターネット・ブラットフォームで、同社が初開発した「3DFPF未来養豚場」は、影子スマートエンジンや3Dタスクナビゲーション、3DIoT(モノのインターネット)可視化プラットフォーム、端末アプリケーションなどを含み、BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)やGIS(地理情報システム)などの技術を通じて、実際の養豚場をオンライン上で3Dに復元し、応用端末で養豚場の空間構成と周辺の地理情報を3Dで表現することで、ユーザーが養豚場管理をする際に「目にしたものを即座に手に入れられる」ようにした。(武漢=新華社配信/張維佳)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019060200827

    農畜産業への5G技術応用でスマート養豚発展へ湖北省  28日、「3DFPF未来養豚場」で精密給餌器(フィーダー)による餌やりと管理のパラメータを確認する影子科技のITエンジニア。中国湖北省武漢市でこのほど、中国初の3Dスマート養豚応用ソフトと第5世代移動通信システム(5G)農畜産業応用ソフトの融合が発表され、中国の従来型畜産業の転換とスマート畜産の発展に可能性を提供した。広州影子科技有限公司は「農場から食卓まで」全産業チェーンにサービスを提供するインターネット・ブラットフォームで、同社が初開発した「3DFPF未来養豚場」は、影子スマートエンジンや3Dタスクナビゲーション、3DIoT(モノのインターネット)可視化プラットフォーム、端末アプリケーションなどを含み、BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)やGIS(地理情報システム)などの技術を通じて、実際の養豚場をオンライン上で3Dに復元し、応用端末で養豚場の空間構成と周辺の地理情報を3Dで表現することで、ユーザーが養豚場管理をする際に「目にしたものを即座に手に入れられる」ようにした。(武漢=新華社配信/張維佳)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019060402913

    中国のトラック配車アプリ最大手、建設銀行と提携  満幇集団の前身の一つである貴陽貨車幇科技有限公司。(資料写真)中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団はこのほど、中国建設銀行と戦略的提携を結んだ。双方は荷主とトラック運転手に共通する課題を解決するため、取引プラットフォーム上に金融サービスシステムを構築する。中国の幹線道路の貨物輸送量と回転量は世界一であり、満幇のプラットフォーム上だけでも、認証登録しているトラック運転手は650万人、荷主は160万社に達している。しかし、多くの輸送事業主体は小規模で分散しており、信用情報データが不足し、リスク管理が難しいため、従来の金融サービスではこれらのグループのニーズに応えるのは困難だった。こうした業界の課題を解決するため、満幇は建設銀行と協力。プラットフォーム会員の取り引きや行動に関するデータの分析を通じて、リスク管理モデルを構築し、荷主と運転手に全てのプロセスやシーンを網羅する個別化した金融サービスを提供していく。サービス内容にはETCや給油、ローン、保険、修理などが含まれる。(貴陽=新華社配信/満幇集団提供)=撮影日不明、クレジット:満幇集団/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。 「新華社」

  39. 2019050901306

    第2回デジタル中国建設サミットに「ブラックテクノロジー」が登場  6日、広州図匠数据科技有限公司のブースでAIによる消費行動の識別を体験する来場者。第2回デジタル中国建設サミットが6日、中国福建省福州市の海峡国際カンファレンス・アンド・エキシビション・センターで開幕し、デジタル生活や人工知能(AI)、スマートシティーなど、生活を変える多くの画期的で先進的な「ブラックテクノロジー」が来場者の注目を集めた。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019051702370

    中国のトラック配車アプリ最大手、認定運転手が650万人に  貨車幇アプリのユーザーインターフェース。(資料写真)中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団は4月28日、同社が認定するトラック運転手が650万人、認定荷主が160万社に達したと発表した。同社の本部は貴州省貴陽市に置かれ、北京市、上海市、南京市、成都市に支社がある。同社は2017年11月に貴陽貨車幇科技有限公司(貨車幇)と江蘇満運軟件科技有限公司(運満満)の戦略的合併により誕生した。ビッグデータと人工知能(AI)による「荷主とトラック運転手のミスマッチ」解消を目指し、またルート推奨で輸送ルートを最適化して、車両の運用効率を改善し、車両の故障待機、無駄足などを減らそうとしている。(貴陽=新華社配信/満幇集団提供)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:満幇集団/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019051702398

    中国のトラック配車アプリ最大手、認定運転手が650万人に  運満満アプリのユーザーインターフェース。(資料写真)中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団は4月28日、同社が認定するトラック運転手が650万人、認定荷主が160万社に達したと発表した。同社の本部は貴州省貴陽市に置かれ、北京市、上海市、南京市、成都市に支社がある。同社は2017年11月に貴陽貨車幇科技有限公司(貨車幇)と江蘇満運軟件科技有限公司(運満満)の戦略的合併により誕生した。ビッグデータと人工知能(AI)による「荷主とトラック運転手のミスマッチ」解消を目指し、またルート推奨で輸送ルートを最適化して、車両の運用効率を改善し、車両の故障待機、無駄足などを減らそうとしている。(貴陽=新華社配信/満幇集団提供)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:満幇集団/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019051702345

    中国のトラック配車アプリ最大手、認定運転手が650万人に  満幇集団の張暉(ちょう・き)CEO。中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団は4月28日、同社が認定するトラック運転手が650万人、認定荷主が160万社に達したと発表した。同社の本部は貴州省貴陽市に置かれ、北京市、上海市、南京市、成都市に支社がある。同社は2017年11月に貴陽貨車幇科技有限公司(貨車幇)と江蘇満運軟件科技有限公司(運満満)の戦略的合併により誕生した。ビッグデータと人工知能(AI)による「荷主とトラック運転手のミスマッチ」解消を目指し、またルート推奨で輸送ルートを最適化して、車両の運用効率を改善し、車両の故障待機、無駄足などを減らそうとしている。(貴陽=新華社配信/満幇集団提供)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:満幇集団/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019051702479

    中国のトラック配車アプリ最大手、認定運転手が650万人に  4月28日、満幇集団の認定トラック運転手。中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団は4月28日、同社が認定するトラック運転手が650万人、認定荷主が160万社に達したと発表した。同社の本部は貴州省貴陽市に置かれ、北京市、上海市、南京市、成都市に支社がある。同社は2017年11月に貴陽貨車幇科技有限公司(貨車幇)と江蘇満運軟件科技有限公司(運満満)の戦略的合併により誕生した。ビッグデータと人工知能(AI)による「荷主とトラック運転手のミスマッチ」解消を目指し、またルート推奨で輸送ルートを最適化して、車両の運用効率を改善し、車両の故障待機、無駄足などを減らそうとしている。(貴陽=新華社配信/満幇集団提供)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:満幇集団/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019051702425

    中国のトラック配車アプリ最大手、認定運転手が650万人に  満幇集団の貴陽本部オフィス。(資料写真)中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団は4月28日、同社が認定するトラック運転手が650万人、認定荷主が160万社に達したと発表した。同社の本部は貴州省貴陽市に置かれ、北京市、上海市、南京市、成都市に支社がある。同社は2017年11月に貴陽貨車幇科技有限公司(貨車幇)と江蘇満運軟件科技有限公司(運満満)の戦略的合併により誕生した。ビッグデータと人工知能(AI)による「荷主とトラック運転手のミスマッチ」解消を目指し、またルート推奨で輸送ルートを最適化して、車両の運用効率を改善し、車両の故障待機、無駄足などを減らそうとしている。(貴陽=新華社配信/満幇集団提供)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:満幇集団/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019051702389

    中国のトラック配車アプリ最大手、認定運転手が650万人に  満幇集団の南京オフィス。(資料写真)中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団は4月28日、同社が認定するトラック運転手が650万人、認定荷主が160万社に達したと発表した。同社の本部は貴州省貴陽市に置かれ、北京市、上海市、南京市、成都市に支社がある。同社は2017年11月に貴陽貨車幇科技有限公司(貨車幇)と江蘇満運軟件科技有限公司(運満満)の戦略的合併により誕生した。ビッグデータと人工知能(AI)による「荷主とトラック運転手のミスマッチ」解消を目指し、またルート推奨で輸送ルートを最適化して、車両の運用効率を改善し、車両の故障待機、無駄足などを減らそうとしている。(南京=新華社配信/満幇集団提供)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:満幇集団/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019051702439

    中国のトラック配車アプリ最大手、認定運転手が650万人に  満幇集団の成都オフィス。(資料写真)中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団は4月28日、同社が認定するトラック運転手が650万人、認定荷主が160万社に達したと発表した。同社の本部は貴州省貴陽市に置かれ、北京市、上海市、南京市、成都市に支社がある。同社は2017年11月に貴陽貨車幇科技有限公司(貨車幇)と江蘇満運軟件科技有限公司(運満満)の戦略的合併により誕生した。ビッグデータと人工知能(AI)による「荷主とトラック運転手のミスマッチ」解消を目指し、またルート推奨で輸送ルートを最適化して、車両の運用効率を改善し、車両の故障待機、無駄足などを減らそうとしている。(成都=新華社配信/満幇集団提供)=2019(平成31)年4月28日、クレジット:満幇集団/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019032000205

    内モンゴルが産業化を後押しフタコブラクダの頭数回復  16日、内モンゴル砂漠之神生物科技有限公司のラクダミルク製品が生産工場で生産される。同社は500グラムあたり20元で牧畜民からラクダミルクを仕入れることで、彼らに安定的な収入源を保障している。中国内モンゴル自治区アルシャー盟はここ数年、ラクダからとれる「ラクダミルク」をはじめとするラクダ産業の発展に力を入れ、ラクダを飼うことで牧畜民に増収をもたらし、現地のフタコブラクダの頭数を回復させてきた。現在、アルシャー盟のラクダの数は約12万頭まで増えている。同地は中国のフタコブラクダの主要産地の1つであることから、「中国のラクダの故郷」と呼ばれている。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019032000195

    内モンゴルが産業化を後押しフタコブラクダの頭数回復  16日に撮影した内モンゴル砂漠之神生物科技有限公司のラクダミルク製品。中国内モンゴル自治区アルシャー盟はここ数年、ラクダからとれる「ラクダミルク」をはじめとするラクダ産業の発展に力を入れ、ラクダを飼うことで牧畜民に増収をもたらし、現地のフタコブラクダの頭数を回復させてきた。現在、アルシャー盟のラクダの数は約12万頭まで増えている。同地は中国のフタコブラクダの主要産地の1つであることから、「中国のラクダの故郷」と呼ばれている。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019032000202

    内モンゴルが産業化を後押しフタコブラクダの頭数回復  16日に撮影した内モンゴル砂漠之神生物科技有限公司のラクダミルク製品の生産工場。同社は500グラムあたり20元で牧畜民からラクダミルクを仕入れることで、彼らに安定的な収入源を保障している。中国内モンゴル自治区アルシャー盟はここ数年、ラクダからとれる「ラクダミルク」をはじめとするラクダ産業の発展に力を入れ、ラクダを飼うことで牧畜民に増収をもたらし、現地のフタコブラクダの頭数を回復させてきた。現在、アルシャー盟のラクダの数は約12万頭まで増えている。同地は中国のフタコブラクダの主要産地の1つであることから、「中国のラクダの故郷」と呼ばれている。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(平成31)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019031101648

    北京市ICVモデル走行区、運用開始  首鋼パークを走行する北京智行者科技有限公司の自動運転清掃車(手前)と百度(バイドゥ)と新石器慧通科技(Neolix)が開発した無人販売車。(2月28日撮影)中国北京市インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区(首鋼パーク)がこのほど、正式に運用を開始した。同市が自動運転車のテストを集中的に行う試行地区となる。面積は8・63平方キロで、自動乗り換え、隊列走行、時間計算のカーシェアリング、無人宅配、無人清掃、無人配送、無人販売、無人巡回検査の8分野に関わる自動運転テストを行っていく。(北京=新華社配信/董一鳴)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像