検索結果 25 件中 1 件 〜 25 件 "秦嶺地区"
  1. 2020050804597

    陝西省秦嶺地区の文化遺産資源、1万5千カ所余りに  考古学者による調査が行われた潼関十二連城遺跡。(資料写真)中国陝西省文物局は4月28日、これまでの調査で同省秦嶺地区の文化遺産資源が1万5千カ所余りになったことを明らかにした。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020050804620

    陝西省秦嶺地区の文化遺産資源、1万5千カ所余りに  考古学者による調査が行われた秦嶺古道遺跡。(資料写真)中国陝西省文物局は4月28日、これまでの調査で同省秦嶺地区の文化遺産資源が1万5千カ所余りになったことを明らかにした。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020050804648

    陝西省秦嶺地区の文化遺産資源、1万5千カ所余りに  リモートセンシングによる測量が行われた関嶺遺跡。(資料写真)中国陝西省文物局は4月28日、これまでの調査で同省秦嶺地区の文化遺産資源が1万5千カ所余りになったことを明らかにした。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020050804649

    陝西省秦嶺地区の文化遺産資源、1万5千カ所余りに  調査対象となった秦嶺古代塩道遺跡。(資料写真)中国陝西省文物局は4月28日、これまでの調査で同省秦嶺地区の文化遺産資源が1万5千カ所余りになったことを明らかにした。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020050804500

    秦嶺地区の山の中、パンダと共に過ごす飼育員の静かな毎日  4月24日、陝西省西安市の林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターの活動エリアで遊ぶ「秦酷児」(上)と「佳佳」。中国陝西省西安市の林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで、飼育員として働く李蓉(り・よう)さんは午前8時に出勤すると、パンダたちにミルクや餌を与え、運動や遊びの相手をしながら体調や気分の変化を観察する。午後6時の退勤時間まで1日中、パンダたちと共に過ごす。同センターは秦嶺山脈の終南山の麓にあり、パンダの繁殖・飼育に関する多くの難題を克服してきた。人工繁殖・飼育の技術を確立し、これまでに18回の出産と20頭の繁殖に成功している。昨年は7月に「佳佳(ジャジャ)」と「園園(ユアンユアン)」の「竜鳳胎(雄と雌の双子)」、8月に「秦酷児(チンクール)」が生まれた。李さんによると、3頭の赤ちゃんパンダはそれぞれ全く違った性格で、双子の兄に当たる佳佳は甘えん坊、妹の園園は外向的で活発、秦酷児はおっとりしている。(西安=新華社記者/姜辰蓉)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020050804496

    秦嶺地区の山の中、パンダと共に過ごす飼育員の静かな毎日  4月24日、陝西省西安市の林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターの活動エリアで遊ぶ「園園」。中国陝西省西安市の林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで、飼育員として働く李蓉(り・よう)さんは午前8時に出勤すると、パンダたちにミルクや餌を与え、運動や遊びの相手をしながら体調や気分の変化を観察する。午後6時の退勤時間まで1日中、パンダたちと共に過ごす。同センターは秦嶺山脈の終南山の麓にあり、パンダの繁殖・飼育に関する多くの難題を克服してきた。人工繁殖・飼育の技術を確立し、これまでに18回の出産と20頭の繁殖に成功している。昨年は7月に「佳佳(ジャジャ)」と「園園(ユアンユアン)」の「竜鳳胎(雄と雌の双子)」、8月に「秦酷児(チンクール)」が生まれた。李さんによると、3頭の赤ちゃんパンダはそれぞれ全く違った性格で、双子の兄に当たる佳佳は甘えん坊、妹の園園は外向的で活発、秦酷児はおっとりしている。(西安=新華社記者/李亜楠)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020050804476

    秦嶺地区の山の中、パンダと共に過ごす飼育員の静かな毎日  4月24日、陝西省西安市の林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターの活動エリアで遊ぶ「秦酷児」(上)と「佳佳」。中国陝西省西安市の林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで、飼育員として働く李蓉(り・よう)さんは午前8時に出勤すると、パンダたちにミルクや餌を与え、運動や遊びの相手をしながら体調や気分の変化を観察する。午後6時の退勤時間まで1日中、パンダたちと共に過ごす。同センターは秦嶺山脈の終南山の麓にあり、パンダの繁殖・飼育に関する多くの難題を克服してきた。人工繁殖・飼育の技術を確立し、これまでに18回の出産と20頭の繁殖に成功している。昨年は7月に「佳佳(ジャジャ)」と「園園(ユアンユアン)」の「竜鳳胎(雄と雌の双子)」、8月に「秦酷児(チンクール)」が生まれた。李さんによると、3頭の赤ちゃんパンダはそれぞれ全く違った性格で、双子の兄に当たる佳佳は甘えん坊、妹の園園は外向的で活発、秦酷児はおっとりしている。(西安=新華社記者/姜辰蓉)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020010602088

    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市  28日、雪の彫刻の前で写真を撮る観光客。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020010602103

    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市  28日、甘粛省定西市渭源県渭河源風景区で、雪景色を楽しむ観光客。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020010602394

    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市  28日、氷雪に覆われた樹木の前で写真を撮る観光客。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020010602283

    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市  28日、甘粛省定西市渭源県渭河源風景区で、雪景色を楽しむ観光客。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020010602244

    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市  28日、雪が降り、一面の銀世界となった甘粛省定西市渭源県の渭河源風景区。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020010602186

    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市  28日、甘粛省定西市渭源県渭河源風景区で、雪景色を楽しむ観光客。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020010602083

    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市  28日、甘粛省定西市渭源県渭河源風景区で、雪景色を楽しむ観光客。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020010602259

    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市  28日、雪が降り、一面の銀世界となった甘粛省定西市渭源県の渭河源風景区。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020010602287

    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市  28日、甘粛省定西市渭源県渭河源風景区で、雪景色を楽しむ観光客。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020010602393

    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市  28日、甘粛省定西市渭源県渭河源風景区で、雪景色を楽しむ観光客。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019120900706

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  4日、世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」。中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019120900658

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  4日、世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」。中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019120900678

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  森を歩くゴールデンターキンの群れ。(6月27日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019120900699

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  森を歩くゴールデンターキンの群れ。(6月27日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019120900660

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  陝西省洋県のトキ生態園で撮影したトキ。(3月20日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019120900685

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  陝西省洋県のトキ生態園で撮影したトキ。(3月20日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019120900703

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  陝西省仏坪県のパンダ谷で撮影した秦嶺キンシコウ。(2018年8月3日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019120900716

    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加  陝西省仏坪県のパンダ谷で撮影した秦嶺キンシコウ。(2018年8月3日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像