検索結果 204 件中 1 件 〜 50 件 "秦嶺山脈"
  1. 2020051502251

    秦嶺山脈の麓に広がるパンダの楽園  10日、秦嶺ジャイアントパンダ研究センターのスタッフに甘えるしぐさを見せるパンダ。中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは、美しい自然に恵まれている。秦嶺地域のパンダの保護や疾病対策、個体群の繁殖、飼育・栄養の研究などを展開する同センターはパンダたちの楽園となっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020051502220

    秦嶺山脈の麓に広がるパンダの楽園  10日、秦嶺ジャイアントパンダ研究センターでじゃれ合うパンダ。中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは、美しい自然に恵まれている。秦嶺地域のパンダの保護や疾病対策、個体群の繁殖、飼育・栄養の研究などを展開する同センターはパンダたちの楽園となっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051502206

    秦嶺山脈の麓に広がるパンダの楽園  10日、秦嶺ジャイアントパンダ研究センターでじゃれ合うパンダ。中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは、美しい自然に恵まれている。秦嶺地域のパンダの保護や疾病対策、個体群の繁殖、飼育・栄養の研究などを展開する同センターはパンダたちの楽園となっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051502284

    秦嶺山脈の麓に広がるパンダの楽園  9日、秦嶺ジャイアントパンダ研究センターで暮らす茶色のパンダ「七仔(チーザイ)」。中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは、美しい自然に恵まれている。秦嶺地域のパンダの保護や疾病対策、個体群の繁殖、飼育・栄養の研究などを展開する同センターはパンダたちの楽園となっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051502199

    秦嶺山脈の麓に広がるパンダの楽園  9日、秦嶺ジャイアントパンダ研究センターで遊ぶ「秦酷児(チンクール)」。中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは、美しい自然に恵まれている。秦嶺地域のパンダの保護や疾病対策、個体群の繁殖、飼育・栄養の研究などを展開する同センターはパンダたちの楽園となっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051502178

    秦嶺山脈の麓に広がるパンダの楽園  9日、秦嶺ジャイアントパンダ研究センター。(小型無人機から)中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは、美しい自然に恵まれている。秦嶺地域のパンダの保護や疾病対策、個体群の繁殖、飼育・栄養の研究などを展開する同センターはパンダたちの楽園となっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051502177

    秦嶺山脈の麓に広がるパンダの楽園  9日、秦嶺ジャイアントパンダ研究センター。(小型無人機から)中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省西安市周至県の秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは、美しい自然に恵まれている。秦嶺地域のパンダの保護や疾病対策、個体群の繁殖、飼育・栄養の研究などを展開する同センターはパンダたちの楽園となっている。(西安=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051102765

    秦嶺キンシコウの赤ちゃん2匹が誕生陝西省  8日、秦嶺キンシコウ「娜娜(ナナ)」と赤ちゃん。中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省林業科学院野生動物繁殖研究センターでは、今年に入り秦嶺キンシコウの赤ちゃん2匹が誕生した。それぞれ3月30日と4月27日に生まれ、共に健康に育っている。秦嶺キンシコウは秦嶺山脈に暮らすキンシコウの個体群を指す。主に寧陝(ねいせい)県や仏坪(ぶつへい)県などに分布しており、春に子を産むことが多い。同センターは3年間で累計17匹の秦嶺キンシコウを飼育しており、個体群の健康と安定した成長を確保している。(西安=新華社配信/徐光嵐)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051102808

    秦嶺キンシコウの赤ちゃん2匹が誕生陝西省  8日、秦嶺キンシコウ「娜娜(ナナ)」と赤ちゃん。中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省林業科学院野生動物繁殖研究センターでは、今年に入り秦嶺キンシコウの赤ちゃん2匹が誕生した。それぞれ3月30日と4月27日に生まれ、共に健康に育っている。秦嶺キンシコウは秦嶺山脈に暮らすキンシコウの個体群を指す。主に寧陝(ねいせい)県や仏坪(ぶつへい)県などに分布しており、春に子を産むことが多い。同センターは3年間で累計17匹の秦嶺キンシコウを飼育しており、個体群の健康と安定した成長を確保している。(西安=新華社配信/徐光嵐)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052802174

    地元の農畜産物のオンライン販売が好調四川省広元市  四川省広元市蒼渓県岫雲村の麦畑で豊作を喜ぶ村の人たち。(5月7日撮影)中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地の奥深くに位置する四川省広元市蒼渓(そうけい)県には、「岫雲(しゅううん)村」という名の村がある。近年、この村で飼育されている「時光鶏(ニワトリ)」「歳月鴨(アヒル)」「年華猪(ブタ)」などの農畜産物のオンライン販売が好調で、売り上げを伸ばしており、村の人たちを喜ばせている。(成都=新華社配信/李春元)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020051102668

    秦嶺キンシコウの赤ちゃん2匹が誕生陝西省  秦嶺キンシコウ「娜娜(ナナ)」と赤ちゃん。(4月29日撮影)中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省林業科学院野生動物繁殖研究センターでは、今年に入り秦嶺キンシコウの赤ちゃん2匹が誕生した。それぞれ3月30日と4月27日に生まれ、共に健康に育っている。秦嶺キンシコウは秦嶺山脈に暮らすキンシコウの個体群を指す。主に寧陝(ねいせい)県や仏坪(ぶつへい)県などに分布しており、春に子を産むことが多い。同センターは3年間で累計17匹の秦嶺キンシコウを飼育しており、個体群の健康と安定した成長を確保している。(西安=新華社配信/徐光嵐)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020051102741

    秦嶺キンシコウの赤ちゃん2匹が誕生陝西省  秦嶺キンシコウ「娜娜(ナナ)」と赤ちゃん。(4月29日撮影)中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省林業科学院野生動物繁殖研究センターでは、今年に入り秦嶺キンシコウの赤ちゃん2匹が誕生した。それぞれ3月30日と4月27日に生まれ、共に健康に育っている。秦嶺キンシコウは秦嶺山脈に暮らすキンシコウの個体群を指す。主に寧陝(ねいせい)県や仏坪(ぶつへい)県などに分布しており、春に子を産むことが多い。同センターは3年間で累計17匹の秦嶺キンシコウを飼育しており、個体群の健康と安定した成長を確保している。(西安=新華社配信/徐光嵐)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020050804500

    秦嶺地区の山の中、パンダと共に過ごす飼育員の静かな毎日  4月24日、陝西省西安市の林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターの活動エリアで遊ぶ「秦酷児」(上)と「佳佳」。中国陝西省西安市の林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで、飼育員として働く李蓉(り・よう)さんは午前8時に出勤すると、パンダたちにミルクや餌を与え、運動や遊びの相手をしながら体調や気分の変化を観察する。午後6時の退勤時間まで1日中、パンダたちと共に過ごす。同センターは秦嶺山脈の終南山の麓にあり、パンダの繁殖・飼育に関する多くの難題を克服してきた。人工繁殖・飼育の技術を確立し、これまでに18回の出産と20頭の繁殖に成功している。昨年は7月に「佳佳(ジャジャ)」と「園園(ユアンユアン)」の「竜鳳胎(雄と雌の双子)」、8月に「秦酷児(チンクール)」が生まれた。李さんによると、3頭の赤ちゃんパンダはそれぞれ全く違った性格で、双子の兄に当たる佳佳は甘えん坊、妹の園園は外向的で活発、秦酷児はおっとりしている。(西安=新華社記者/姜辰蓉)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020050804496

    秦嶺地区の山の中、パンダと共に過ごす飼育員の静かな毎日  4月24日、陝西省西安市の林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターの活動エリアで遊ぶ「園園」。中国陝西省西安市の林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで、飼育員として働く李蓉(り・よう)さんは午前8時に出勤すると、パンダたちにミルクや餌を与え、運動や遊びの相手をしながら体調や気分の変化を観察する。午後6時の退勤時間まで1日中、パンダたちと共に過ごす。同センターは秦嶺山脈の終南山の麓にあり、パンダの繁殖・飼育に関する多くの難題を克服してきた。人工繁殖・飼育の技術を確立し、これまでに18回の出産と20頭の繁殖に成功している。昨年は7月に「佳佳(ジャジャ)」と「園園(ユアンユアン)」の「竜鳳胎(雄と雌の双子)」、8月に「秦酷児(チンクール)」が生まれた。李さんによると、3頭の赤ちゃんパンダはそれぞれ全く違った性格で、双子の兄に当たる佳佳は甘えん坊、妹の園園は外向的で活発、秦酷児はおっとりしている。(西安=新華社記者/李亜楠)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020050804476

    秦嶺地区の山の中、パンダと共に過ごす飼育員の静かな毎日  4月24日、陝西省西安市の林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターの活動エリアで遊ぶ「秦酷児」(上)と「佳佳」。中国陝西省西安市の林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで、飼育員として働く李蓉(り・よう)さんは午前8時に出勤すると、パンダたちにミルクや餌を与え、運動や遊びの相手をしながら体調や気分の変化を観察する。午後6時の退勤時間まで1日中、パンダたちと共に過ごす。同センターは秦嶺山脈の終南山の麓にあり、パンダの繁殖・飼育に関する多くの難題を克服してきた。人工繁殖・飼育の技術を確立し、これまでに18回の出産と20頭の繁殖に成功している。昨年は7月に「佳佳(ジャジャ)」と「園園(ユアンユアン)」の「竜鳳胎(雄と雌の双子)」、8月に「秦酷児(チンクール)」が生まれた。李さんによると、3頭の赤ちゃんパンダはそれぞれ全く違った性格で、双子の兄に当たる佳佳は甘えん坊、妹の園園は外向的で活発、秦酷児はおっとりしている。(西安=新華社記者/姜辰蓉)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020050104623

    陝西長青自然保護区のパトロール隊員、近距離でヒョウと出合う  23日、陝西長青国家級自然保護区のパトロール隊員が撮影した野生のヒョウ。中国陝西省の秦嶺山脈中腹南斜面に位置する陝西長青国家級自然保護区の野外パトロール隊員がこのほど、定期モニタリング中に、30メートルほどの近距離で野生の亜成体のヒョウと偶然出合い、一眼レフカメラで貴重な高精細画像を撮影した。同保護区の職員がこれほどの近距離で野生のヒョウを観察し、手動で撮影したのは今回が初めて。パンダ国家公園管理局が明らかにした。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020050104603

    陝西長青自然保護区のパトロール隊員、近距離でヒョウと出合う  23日、陝西長青国家級自然保護区のパトロール隊員が撮影した野生のヒョウ。中国陝西省の秦嶺山脈中腹南斜面に位置する陝西長青国家級自然保護区の野外パトロール隊員がこのほど、定期モニタリング中に、30メートルほどの近距離で野生の亜成体のヒョウと偶然出合い、一眼レフカメラで貴重な高精細画像を撮影した。同保護区の職員がこれほどの近距離で野生のヒョウを観察し、手動で撮影したのは今回が初めて。パンダ国家公園管理局が明らかにした。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020042302054

    秦嶺山脈でヒョウの撮影に成功  カメラが捉えた野生のヒョウ。(資料写真)中国陝西省の竜草坪林業局と動物研究所はこのほど、赤外線カメラによる野生動物のモニタリング映像の整理を行った際、一部の映像に野生のヒョウが映っているのを見つけた。秦嶺山脈奥地のヒョウ個体群の生息地、興隆嶺と天華山をつなぐ回廊(コリドー)エリアに設置したカメラが撮影した。秦嶺山脈に安定したヒョウの個体群が存在し、活動範囲が絶えず拡大していることを示すという。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020042302069

    秦嶺山脈でヒョウの撮影に成功  カメラが捉えた野生のヒョウ。(資料写真)中国陝西省の竜草坪林業局と動物研究所はこのほど、赤外線カメラによる野生動物のモニタリング映像の整理を行った際、一部の映像に野生のヒョウが映っているのを見つけた。秦嶺山脈奥地のヒョウ個体群の生息地、興隆嶺と天華山をつなぐ回廊(コリドー)エリアに設置したカメラが撮影した。秦嶺山脈に安定したヒョウの個体群が存在し、活動範囲が絶えず拡大していることを示すという。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020042301920

    習近平氏、陝西省幹部は秦嶺の生態系を守る「番人」  20日、陜西省商洛市柞水県の秦嶺牛背梁国家級自然保護区で生態系保全の状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は20日、陜西省商洛市柞水県にある秦嶺牛背梁国家級自然保護区を訪れ、現地の生態系保全に関する状況を視察した。習近平氏は秦嶺山脈北側の麓に違法に建てられた別荘は大きな教訓であり、今後、陝西省の幹部を務める者は、まずこの教訓をくみ取り、同じ過ちを繰り返さず、秦嶺の生態系を守る「番人」にならなければならないと強調した。(商洛=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020042002958

    秦嶺山脈北麓で1万株超の野生のラン発見陝西省  13日、秦嶺国家植物園に自生するイッケイキュウカ。中国陝西省西安市郊外にある秦嶺国家植物園でこのほど、園内保護区の実地調査を行っていた研究員が1万株を超えるイッケイキュウカ(一茎九花、学名:CymbidiumfaberiRolfe)が自生しているのを発見した。生育状態は良好で、約40ムー(約2・7ヘクタール)にわたる群生地の環境も整っている。同省林業局が14日、明らかにした。イッケイキュウカは中国に分布するラン科シュンラン属の地生多年草で、観賞用に鉢植えで栽培されることもある。(西安=新華社配信/邢小宇)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020042003018

    秦嶺山脈北麓で1万株超の野生のラン発見陝西省  13日、秦嶺国家植物園に自生するイッケイキュウカ。中国陝西省西安市郊外にある秦嶺国家植物園でこのほど、園内保護区の実地調査を行っていた研究員が1万株を超えるイッケイキュウカ(一茎九花、学名CymbidiumfaberiRolfe)が自生しているのを発見した。生育状態は良好で、約40ムー(約2・7ヘクタール)にわたる群生地の環境も整っている。同省林業局が14日、明らかにした。イッケイキュウカは中国に分布するラン科シュンラン属の地生多年草で、観賞用に鉢植えで栽培されることもある。(西安=新華社配信/邢小宇)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020041403238

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、洛南県にある錦繍大地花博園。(小型無人機から)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020041403249

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るホンカイドウとチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020041403224

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、洛南県にある錦繍大地花博園。(小型無人機から)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020041403193

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020041403251

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、色鮮やかな花々が咲き誇る洛南県の錦繍大地花博園。(小型無人機から)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020041403242

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020041403240

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020041403194

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。(小型無人機から)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020041403183

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、洛南県にある錦繍大地花博園。(小型無人機から)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020041403189

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020041403247

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020041403254

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020041403235

    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省  11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020051102803

    秦嶺キンシコウの赤ちゃん2匹が誕生陝西省  秦嶺キンシコウ「娜娜(ナナ)」と赤ちゃん。(4月7日撮影)中国の秦嶺山脈北麓に位置する陝西省林業科学院野生動物繁殖研究センターでは、今年に入り秦嶺キンシコウの赤ちゃん2匹が誕生した。それぞれ3月30日と4月27日に生まれ、共に健康に育っている。秦嶺キンシコウは秦嶺山脈に暮らすキンシコウの個体群を指す。主に寧陝(ねいせい)県や仏坪(ぶつへい)県などに分布しており、春に子を産むことが多い。同センターは3年間で累計17匹の秦嶺キンシコウを飼育しており、個体群の健康と安定した成長を確保している。(西安=新華社配信/徐光嵐)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020041501197

    野生チュウゴクイチイの一大群生地を発見陝西省  1日、陝西省漢中市鎮巴県で発見されたチュウゴクイチイ。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地の奥地に位置する陝西省漢中市鎮巴県でこのほど、林業作業員が世界絶滅危惧植物であるチュウゴクイチイの大規模群生地を発見した。同省林業部門によると、この野生チュウゴクイチイの群生地は300ムー(約20ヘクタール)余りに広がる林の中にあり、生育状況は良好で、全て手つかずの自然の状態だという。また初期段階の調査と統計では、この群落にはチュウゴクイチイが200本以上生育しており、今回発見された中で最大の木は直径が約20センチメートル、樹齢は200年以上であることが分かった。同県でチュウゴクイチイが発見されたのは今回が初めて。(西安=新華社配信/張富栄)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020041501193

    野生チュウゴクイチイの一大群生地を発見陝西省  1日、陝西省漢中市鎮巴県で発見されたチュウゴクイチイ。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地の奥地に位置する陝西省漢中市鎮巴県でこのほど、林業作業員が世界絶滅危惧植物であるチュウゴクイチイの大規模群生地を発見した。同省林業部門によると、この野生チュウゴクイチイの群生地は300ムー(約20ヘクタール)余りに広がる林の中にあり、生育状況は良好で、全て手つかずの自然の状態だという。また初期段階の調査と統計では、この群落にはチュウゴクイチイが200本以上生育しており、今回発見された中で最大の木は直径が約20センチメートル、樹齢は200年以上であることが分かった。同県でチュウゴクイチイが発見されたのは今回が初めて。(西安=新華社配信/張富栄)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020033004371

    春を彩る桃の花が満開陝西省西安市  24日、陝西省西安市長安区王莽街道の桃園を散策する観光客。中国秦嶺山脈の北麓に位置する陝西省西安市長安区王莽街道の「万畝桃園」ではこのほど、桃の花が満開となり、訪れた観光客を魅了している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020033004377

    春を彩る桃の花が満開陝西省西安市  24日、陝西省西安市長安区王莽街道の桃園で自撮りを楽しむ観光客。中国秦嶺山脈の北麓に位置する陝西省西安市長安区王莽街道の「万畝桃園」ではこのほど、桃の花が満開となり、訪れた観光客を魅了している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020033004379

    春を彩る桃の花が満開陝西省西安市  24日、陝西省西安市長安区王莽街道の桃園で楽しむ家族。中国秦嶺山脈の北麓に位置する陝西省西安市長安区王莽街道の「万畝桃園」ではこのほど、桃の花が満開となり、訪れた観光客を魅了している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020033004519

    春を彩る桃の花が満開陝西省西安市  24日、陝西省西安市長安区王莽街道の桃園で自撮りを楽しむ観光客。中国秦嶺山脈の北麓に位置する陝西省西安市長安区王莽街道の「万畝桃園」ではこのほど、桃の花が満開となり、訪れた観光客を魅了している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020033004424

    春を彩る桃の花が満開陝西省西安市  24日、陝西省西安市長安区王莽街道の桃園で満開となった桃の花。中国秦嶺山脈の北麓に位置する陝西省西安市長安区王莽街道の「万畝桃園」ではこのほど、桃の花が満開となり、訪れた観光客を魅了している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020033004374

    春を彩る桃の花が満開陝西省西安市  24日、陝西省西安市長安区王莽街道の桃園で満開となった桃の花。中国秦嶺山脈の北麓に位置する陝西省西安市長安区王莽街道の「万畝桃園」ではこのほど、桃の花が満開となり、訪れた観光客を魅了している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020030900886

    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行  2月24日、重慶市城口(じょうこう)県修斉鎮の花どんこ貧困扶助産業生産拠点のビニールハウス内で、高温消毒後の菌床に種菌を注入するスタッフ。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020030900954

    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行  2月24日、重慶市城口県修斉鎮の花どんこ貧困扶助産業生産拠点で花どんこを摘み取るスタッフ。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020030900838

    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行  2月24日、重慶市城口県修斉鎮の花どんこ貧困扶助産業生産拠点で菌床を製造するスタッフ。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020030900891

    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行  2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県菱角(りょうかく)鎮桂花村で地元特産の柑橘類「沃柑」を収穫する村民。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020030900897

    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行  2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県の薯光農業科技開発無病化ジャガイモ栽培センターで、ジャガイモの無病化(ウイルスフリー化)苗の挿し木をする村民。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020030901022

    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行  2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県菱角(りょうかく)鎮桂花村で地元特産の柑橘類「沃柑」を収穫する村民。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像