検索結果 20,199 件中 1 件 〜 50 件 "空撮"
  1. 2020102007151

    第4回中国緑化博覧会が開幕貴州省都匀市  18日、中国緑化博覧会の会場に設けられた展示エリア、江蘇園。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州都匀(といん)市で18日、第4回中国緑化博覧会が開幕した。同博覧会では国土緑化の成果の展示、庭園コンテスト、園芸の特別展示イベントが行われ、中国の生態保護や生態系修復の新理念、新技術などが多方面にわたって展示される。(都匀=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020101900874

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県で、コンバインを使ってイネを収穫する農家。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020101900809

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県の田んぼ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020101900800

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、収穫期を迎えた新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県の田んぼ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020101900987

    遼・金代の大規模な寺院遺跡見つかる内モンゴル自治区  遼上京遺跡で発見された寺院遺跡。(資料写真、小型無人機から)中国社会科学院考古研究所内モンゴル第2隊と内モンゴル文物考古研究所の合同チームがこのほど、内モンゴル自治区の遼上京遺跡で遼・金代の大規模な皇家寺院遺跡を発見した。これまで見つかった寺院の中で最大規模になるという。(フフホト=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020101900953

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、収穫期を迎えた新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県の田んぼ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020101900642

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、朝日に照らされた新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県の田んぼ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020101900750

    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市  16日、空から見た新葉古村。(小型無人機から)中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020101900829

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、収穫期を迎えた新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県の田んぼ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020101900860

    天山山麓に輝く黄金色の稲穂新疆ウイグル自治区  16日、収穫期を迎えた新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県の田んぼ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクス地区オンスー県は天山山脈南麓に位置し、同自治区のイネの主要生産地の一つとなっている。同県では11万8千ムー(約7900ヘクタール)以上の水田が次々と収穫期を迎え、稲穂が黄金色に輝く美しい景色が広がっている。地元では農家が稲刈りを行い、コメ加工企業が収穫したコメの買い取りや加工作業を進めている。(オンスー=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020101900857

    移動放牧で農牧業の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020101900785

    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化  15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行う自動運転コンバイン(右)。(小型無人機から)中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020101900786

    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化  15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行うコンバイン。(小型無人機から)中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020101900755

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020101901006

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県の移動先の放牧地で、収穫後のトウモロコシの茎や葉を食べる羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020101900630

    移動放牧で農牧業の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020101900933

    新疆初の揚水発電所建設、建屋と堤防施工の重要な段階へ  15日、建設が進む新疆阜康揚水発電所。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区初の揚水発電所、新疆阜康揚水発電所の建設プロジェクトでこのほど、地下建屋のロックアンカー梁打設が完了し、建屋と堤防を施工する重要な段階に入った。同発電所は昌吉回族自治州阜康市内の白楊河に建設され、総設備容量は120万キロワット、設計上の年間発電容量は24億1千万キロワット時、設計上の年間くみ上げ電力消費量は32億1300万キロワット時。最初のユニットは2024年の稼働を見込む。(昌吉=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020101901036

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、道路を渡る羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020101901013

    新疆初の揚水発電所建設、建屋と堤防施工の重要な段階へ  15日、建設が進む新疆阜康揚水発電所。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区初の揚水発電所、新疆阜康揚水発電所の建設プロジェクトでこのほど、地下建屋のロックアンカー梁打設が完了し、建屋と堤防を施工する重要な段階に入った。同発電所は昌吉回族自治州阜康市内の白楊河に建設され、総設備容量は120万キロワット、設計上の年間発電容量は24億1千万キロワット時、設計上の年間くみ上げ電力消費量は32億1300万キロワット時。最初のユニットは2024年の稼働を見込む。(昌吉=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020101901011

    新疆初の揚水発電所建設、建屋と堤防施工の重要な段階へ  15日、新疆阜康揚水発電所の「之」の字形のダム天端に続く道路。(小型無人機から)。中国新疆ウイグル自治区初の揚水発電所、新疆阜康揚水発電所の建設プロジェクトでこのほど、地下建屋のロックアンカー梁打設が完了し、建屋と堤防を施工する重要な段階に入った。同発電所は昌吉回族自治州阜康市内の白楊河に建設され、総設備容量は120万キロワット、設計上の年間発電容量は24億1千万キロワット時、設計上の年間くみ上げ電力消費量は32億1300万キロワット時。最初のユニットは2024年の稼働を見込む。(昌吉=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020101900607

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な畜産業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの葉や皮などが残る土地へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の草木を休ませることで、農民の増収を推進。また、家畜のふんやわらを有効的に利用することで、生産の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020101900825

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020101900954

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020101900949

    新疆初の揚水発電所建設、建屋と堤防施工の重要な段階へ  15日、建設が進む新疆阜康揚水発電所。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区初の揚水発電所、新疆阜康揚水発電所の建設プロジェクトでこのほど、地下建屋のロックアンカー梁打設が完了し、建屋と堤防を施工する重要な段階に入った。同発電所は昌吉回族自治州阜康市内の白楊河に建設され、総設備容量は120万キロワット、設計上の年間発電容量は24億1千万キロワット時、設計上の年間くみ上げ電力消費量は32億1300万キロワット時。最初のユニットは2024年の稼働を見込む。(昌吉=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020101900947

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県の移動先の放牧地で、収穫後のトウモロコシの茎や葉を食べる羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020101900952

    中国国産の超大直径シールドマシン「騏躍」、調整を終えラインオフ上海  15日、隧道股份上海隧道工程の機械製造分公司(支社)の生産現場で、超大直径シールドマシン「騏躍」の溶接作業を行う従業員。(小型無人機から)中国のインフラ関連エンジニアリング企業、隧道股份上海隧道工程が独自に研究開発、製造した超大直径シールドマシン(掘削機)「騏躍」がこのほど、上海市浦東新区で無事調整を終えラインオフした。「騏躍」は総重量約3200トン、全長は約99メートルで、うち本体の長さは約16メートル、カッターヘッドの直径は14・05メートルとなっている。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020101900805

    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化  15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行うコンバイン。(小型無人機から)中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020101900832

    移動放牧で農業生産の発展と生態系保護を後押し甘粛省  15日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県で、放牧地へ移動する羊の群れ。(小型無人機から)中国の祁連(きれん)山脈北麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県は近年、地元の農牧民を導き、「夏~秋の自然放牧、冬~春の舎飼いまたは移動放牧」を組み合わせた近代的な農牧業の発展推進に取り組んでいる。毎年10月中旬~翌年3月中旬にかけて、50ほどの村に住む300余世帯の農牧民と10万頭(匹)余りの牛・羊が、数十キロ離れたトウモロコシの幹などが残る畑へ移動する。同自治県は、移動放牧により草原の植生を回復させ、家畜のふんや作物の茎を利用することで、農牧業の発展と生態系保護を後押ししている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020101900918

    サンザシが収穫期に天津市薊州区  15日、天津市薊州区官荘鎮梁後荘村の景色。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区官荘鎮の「サンザシの村」として有名な梁後荘村ではこのところ、サンザシが収穫の時期を迎えており、村民が作業に追われている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020101900920

    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化  15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行うコンバイン。(小型無人機から)中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020101900597

    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化  15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行うコンバイン。(小型無人機から)中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020101900614

    新疆初の揚水発電所建設、建屋と堤防施工の重要な段階へ  15日、建設が進む新疆阜康揚水発電所。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区初の揚水発電所、新疆阜康揚水発電所の建設プロジェクトでこのほど、地下建屋のロックアンカー梁打設が完了し、建屋と堤防を施工する重要な段階に入った。同発電所は昌吉回族自治州阜康市内の白楊河に建設され、総設備容量は120万キロワット、設計上の年間発電容量は24億1千万キロワット時、設計上の年間くみ上げ電力消費量は32億1300万キロワット時。最初のユニットは2024年の稼働を見込む。(昌吉=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020101900578

    800年の古村で秋恒例の天日干し「晒秋」浙江省建徳市  15日、空から見た新葉古村。(小型無人機から)中国浙江省建徳市大慈岩(だいじがん)鎮の新葉古村でこのほど、収穫した農作物を屋外に並べて天日干しする「晒秋節」が行われ、トウモロコシやカボチャ、トウガラシ、甘栗など色とりどりの農作物が、軒先や中庭、池のほとり、路上に並べられた。同村は800年余りの歴史があり、村内には祠堂や塔、寺などの歴史的建築物16カ所と古民家200棟余りが良好な状態で保存されている。これらの建築物は歴史が古く、種類も豊富なため、同村は「中国明清代建築物の野外博物館」と呼ばれている。(建徳=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020101900613

    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化  15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行う自動運転コンバイン。(小型無人機から)中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020101901026

    中国国産の超大直径シールドマシン「騏躍」、調整を終えラインオフ上海  15日、隧道股份上海隧道工程の機械製造分公司(支社)の生産現場で、超大直径シールドマシン「騏躍」の溶接作業を行う従業員。(小型無人機から)中国のインフラ関連エンジニアリング企業、隧道股份上海隧道工程が独自に研究開発、製造した超大直径シールドマシン(掘削機)「騏躍」がこのほど、上海市浦東新区で無事調整を終えラインオフした。「騏躍」は総重量約3200トン、全長は約99メートルで、うち本体の長さは約16メートル、カッターヘッドの直径は14・05メートルとなっている。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020101704722

    長春の夜空彩る千機のドローン吉林省  14日、吉林省長春市の友誼公園で行われたドローンのショー。中国吉林省長春市の友誼公園で14日、小型無人機(ドローン)千機が空を舞うショーが行われ、多くの市民を魅了した。ショーは2020長春(国際)ドローン産業博覧会の一環で、16日まで毎晩午後7時に行われる。(長春=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020101704745

    長春の夜空彩る千機のドローン吉林省  14日、吉林省長春市の友誼公園でドローンのショーを楽しむ市民。中国吉林省長春市の友誼公園で14日、小型無人機(ドローン)千機が空を舞うショーが行われ、多くの市民を魅了した。ショーは2020長春(国際)ドローン産業博覧会の一環で、16日まで毎晩午後7時に行われる。(長春=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020101900702

    ハヤトウリの収穫作業に勤しむ農家の人々貴州省恵水県  14日、恵水県弄苑村に広がるハヤトウリ畑の風景。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州恵水県はここ数年、農業の産業構造を調整し、ハヤトウリ産業の発展に力を入れている。現在、同県のハヤトウリの栽培面積は5万2千ムー(約3467ヘクタール)に上り、約1万2千世帯の農家に増収をもたらしている。(恵水=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020101900753

    秋の気配深まる「黄河三湾」甘粛省臨夏回族自治州  14日、甘粛省臨夏回族自治州永靖県三塬鎮にある「黄河三湾」の風景。(小型無人機から)本格的な秋を迎た中国甘粛省臨夏回族自治州永靖(えいせい)県三塬鎮の「黄河三湾」には、すがすがしい独特な風景が一面に広がっている。(永靖=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020101900571

    秋の気配深まる「黄河三湾」甘粛省臨夏回族自治州  14日、甘粛省臨夏回族自治州永靖県三塬鎮にある「黄河三湾」の風景。(小型無人機から)本格的な秋を迎た中国甘粛省臨夏回族自治州永靖(えいせい)県三塬鎮の「黄河三湾」には、すがすがしい独特な風景が一面に広がっている。(永靖=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020101900534

    ハヤトウリの収穫作業に勤しむ農家の人々貴州省恵水県  14日、恵水県弄苑村に広がるハヤトウリ畑の風景。(小型無人機から)中国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州恵水県はここ数年、農業の産業構造を調整し、ハヤトウリ産業の発展に力を入れている。現在、同県のハヤトウリの栽培面積は5万2千ムー(約3467ヘクタール)に上り、約1万2千世帯の農家に増収をもたらしている。(恵水=新華社記者/陶亮)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020101900916

    秋の気配深まる「黄河三湾」甘粛省臨夏回族自治州  14日、甘粛省臨夏回族自治州永靖県三塬鎮にある「黄河三湾」の風景。(小型無人機から)本格的な秋を迎た中国甘粛省臨夏回族自治州永靖(えいせい)県三塬鎮の「黄河三湾」には、すがすがしい独特な風景が一面に広がっている。(永靖=新華社記者/馬希平)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020101704702

    長沙国際会議センター、10月末に竣工  14日、建設工事の最終段階に入った長沙国際会議センター。(小型無人機から)中国湖南省長沙市高鉄会展新城で建設中の長沙国際会議センターは現在、工事の最終段階に入っており、今月末には竣工引渡しが行われる予定となっている。完成後には同市でさまざまな会議が開催される。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020101704726

    長春の夜空彩る千機のドローン吉林省  14日、吉林省長春市の友誼公園で行われたドローンのショー。中国吉林省長春市の友誼公園で14日、小型無人機(ドローン)千機が空を舞うショーが行われ、多くの市民を魅了した。ショーは2020長春(国際)ドローン産業博覧会の一環で、16日まで毎晩午後7時に行われる。(長春=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020101704806

    長沙国際会議センター、10月末に竣工  14日、建設工事の最終段階に入った長沙国際会議センター。(小型無人機から)中国湖南省長沙市高鉄会展新城で建設中の長沙国際会議センターは現在、工事の最終段階に入っており、今月末には竣工引渡しが行われる予定となっている。完成後には同市でさまざまな会議が開催される。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020101900557

    秋の気配深まる「黄河三湾」甘粛省臨夏回族自治州  14日、甘粛省臨夏回族自治州永靖県三塬鎮にある「黄河三湾」の風景。(小型無人機から)本格的な秋を迎た中国甘粛省臨夏回族自治州永靖(えいせい)県三塬鎮の「黄河三湾」には、すがすがしい独特な風景が一面に広がっている。(永靖=新華社記者/郎兵兵)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020101900707

    衛生環境の悪い村が居住環境改善モデル村に天津市薊州区  14日、空から見た天津市薊州区韓家筏村。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区東施古鎮韓家筏村は、養豚業が盛んな村だが、地元では衛生環境の悪さで有名だった。同村はこの2年間、居住環境改善事業を実施。現在では農村本来の風景を守りながら、文化的な要素を増やし、道路と観光スポットを一体化させており、薊州区の居住環境改善モデル村となっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020101901010

    飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し河北省唐山市  14日、唐山市豊潤区大鄭荘村の飼料用トウモロコシ買い付け所で、梱包された飼料用トウモロコシを点検する従業員。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区ではここ数年、農業の構造調整を進めながら、企業と農家を結び付けた経営管理モデルを取り入れ、地元農家の飼料用トウモロコシ栽培を後押しするとともに、市場ニーズに合わせた注文栽培モデルを普及させ、農家に収入増をもたらす新たな道を切り開いている。区内の飼料用トウモロコシの栽培面積は現在、4万ムー(約2700ヘクタール)以上で、農家3千世帯以上が収入増を実現している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020101900925

    飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し河北省唐山市  14日、唐山市豊潤区大鄭荘村の飼料用トウモロコシ買い付け所で、作業する従業員。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区ではここ数年、農業の構造調整を進めながら、企業と農家を結び付けた経営管理モデルを取り入れ、地元農家の飼料用トウモロコシ栽培を後押しするとともに、市場ニーズに合わせた注文栽培モデルを普及させ、農家に収入増をもたらす新たな道を切り開いている。区内の飼料用トウモロコシの栽培面積は現在、4万ムー(約2700ヘクタール)以上で、農家3千世帯以上が収入増を実現している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020101900924

    自転車部品産業クラスター形成を推進、生産額50億元に河北省唐山市  14日、蘆台経済開発区にある唐山金亨通車料の生産ラインで働く従業員。(小型無人機から)中国河北省唐山市の蘆台経済開発区はここ数年、地域の自転車部品生産企業の高度化を積極的に指導、産業クラスターの強みを発揮することで、優れた効果を上げている。同区には現在、40社余りの自転車部品生産企業があり、年間生産額は50億元(1元=約16円)に達し、製品は国内市場だけでなく米国、イタリア、日本などの国や地域に販売されている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像