検索結果 47 件中 1 件 〜 47 件 "突然変異"
  1. 2019091204991

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市にある「錦鯉の里」の一角。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019091204985

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市にある「錦鯉の里」の入り口。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019091204993

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市にある和泉屋養鯉場の野池で、自社ブランドの錦鯉「山吹黄金」に餌を与える同社の間野泉一社長。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019091204977

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市の「錦鯉の里」で、錦鯉を眺める来場者。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019091204988

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市の「錦鯉の里」で撮影した錦鯉。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019091204983

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  6日、新潟県小千谷市の「錦鯉の里」で撮影した錦鯉。錦鯉は周りの環境に合わせて成長する特性をもっている。庭の池はもちろん、まだ小さい錦鯉なら室内の水槽でも飼うことができる。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019091204984

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  5日、新潟県長岡市にある錦鯉新潟ダイレクトの養殖場で、錦鯉の成長をチェックする同社の田中誠社長。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019091204997

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  5日、新潟県長岡市にある錦鯉新潟ダイレクトの養殖場で、成長をチェックするため錦鯉を網ですくい上げる同社の田中誠社長。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019091204961

    「新華社」 「錦鯉を通して友情の輪を広げたい」錦鯉の里を訪ねて新潟県  5日、新潟県長岡市にある錦鯉の生産、販売などを手掛ける錦鯉新潟ダイレクトの養殖場で撮影した錦鯉の稚魚。「緑の生活、より良い生活」をテーマとする「2019年北京国際園芸博覧会」(北京園芸博)が4月29日~10月7日、中国北京市で開催されている。110の国と地域などが参加・出展しており、日本からは国土交通省と農林水産省が日本庭園を出展し、「JapaneseGreenLifestyle」をテーマに、園芸文化と日本の現在のライフスタイルを来場者に伝えている。12日に開催される園芸博の「ジャパンデー」を前に、錦鯉を出品する新潟県長岡市と小千谷市の養鯉業者および関係者を取材した。長岡市と小千谷市は錦鯉の発祥の地とされている。200年ほど前に突然変異で色のついた「変わりもの」が見つかり、交配によって様々な種類に改良されてきた。それらの鯉が観賞用錦鯉のはじまりといわれている。また、1914年に上野公園で開かれた東京大正博覧会に出品されたことで、国内だけでなく海外にも知られるようになったという。(新潟=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019021503716

    「DPA」 Rare white deer killed by car HANDOUT - 12 February 2019, Bavaria, Waffenbrunn: A dead white deer lies in the snow after an accident. The animal died in a wildlife accident in the Upper Palatinate. A 58-year-old motorist was on the road near Waffenbrunn in the district of Cham when the animal ran across the road at the edge of the forest. White deer are rare. Gene mutations and disturbed colour cells are responsible for the fact that both white and black deer occur in nature. Photo: -/Polizeipr舖idium Oberpfalz/dpa - ATTENTION: Only for editorial use and only with complete mention of the above credit、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  11. 2019011521575

    「スプートニク」 Russia White Lions 10.01.2019 A two-months-old white lion cub poses in the Sadgorod Zoo in Vladivostok, Russia. White colour is a rare lion‘s mutation that can be rarely found in the wild nature. Vitaliy Ankov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  12. 2019011521613

    「スプートニク」 Russia White Lions 10.01.2019 Two two-months-old white lion cubs play in the Sadgorod Zoo in Vladivostok, Russia. White colour is a rare lion‘s mutation that can be rarely found in the wild nature. Vitaliy Ankov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  13. 2019011521567

    「スプートニク」 Russia White Lions 10.01.2019 Two two-months-old white lion cubs play in the Sadgorod Zoo in Vladivostok, Russia. White colour is a rare lion‘s mutation that can be rarely found in the wild nature. Vitaliy Ankov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  14. 2019011521572

    「スプートニク」 Russia White Lions 10.01.2019 A two-months-old white lion cub poses in the Sadgorod Zoo in Vladivostok, Russia. White colour is a rare lion‘s mutation that can be rarely found in the wild nature. Vitaliy Ankov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  15. 2019011521576

    「スプートニク」 Russia White Lions 10.01.2019 A two-months-old white lion cub lies in the Sadgorod Zoo in Vladivostok, Russia. White colour is a rare lion‘s mutation that can be rarely found in the wild nature. Vitaliy Ankov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  16. 2019011521608

    「スプートニク」 Russia White Lions 10.01.2019 A two-months-old white lion cub poses in the Sadgorod Zoo in Vladivostok, Russia. White colour is a rare lion‘s mutation that can be rarely found in the wild nature. Vitaliy Ankov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  17. 2018101100599

    「DPA」 “Nuit Blanche“ - Long Art Night in Paris 05 December 2018, France, Paris: Headless sculptures belong to the installation “Mutation“ by Sadikou Oukpedjo, which can be seen in the garden of the Cité Internationale Des Arts during the “Nuit Blanche“, the long art night of Paris. (to dpa Lange Kunstnacht in Paris: Headless sculptures and eternally long snakes from 07.10.2018) Photo: Sabine Glaubitz/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  18. 2018060500738

    「山陽新聞」 白いナマコを捕獲  岡山市東区可知の遊漁船業河合利哉さん(49)が今月、玉野市で白いナマコ=写真=を捕獲した。突然変異で色素を作る能力がない個体とみられ、今の仕事をして10年の河合さんも初めて見たという変わり者に驚いている。=2018(平成30)年5月25日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  19. 2016081800111

    突然変異!真っ白なワニ  動物園「iZoo」で展示されている、白いミシシッピアリゲーター=静岡県河津町

  20. 2015041500112

    資料 93008 “珍獣”騒ぎ一段落?  “珍獣”をこわごわのぞき込む人たち。三重短大・角田保教授らの解剖で、キツネとイヌの特徴を持った珍獣で、キツネが突然変異したのか、イヌとキツネの交配種の可能性が高い−という=1978(昭和53)年2月6日、三重県度会郡大内山村(53年内地 1169)(*参考:53年内地 1071 大台山系で捕まったニホンオオカミらしい動物)

  21. 2015041500111

    資料 93008 “珍獣”騒ぎ一段落?  解剖の結果ニホンオオカミではないことが分かった“珍獣”。三重短大・角田保教授らの解剖で、キツネとイヌの特徴を持った珍獣で、キツネが突然変異したのか、イヌとキツネの交配種の可能性が高い−という(53年内地 1168)(*参考:53年内地 1071 大台山系で捕まったニホンオオカミらしい動物)

  22. 2014092300096

    「海外フォト」 仲良し親子  アルゼンチン沖の大西洋を並んで泳ぐ、突然変異の白いクジラ(右)と母クジラ。(ロイター=共同)

  23. 2013090900558

    突然変異の青いアマガエル  京都水族館が展示を始めた突然変異で青色になったアマガエル=9日午後、京都市下京区

  24. 2013052800343

    青いアマガエル公開  大分マリーンパレス水族館「うみたまご」で公開された青色のアマガエル=28日午後、大分市

  25. 2013052800342

    青いアマガエル公開  大分マリーンパレス水族館「うみたまご」で、梅雨入りに合わせて公開された、突然変異で青色になった2匹のアマガエル=28日午後、大分市

  26. 2012121100112

    50年内地 3994 光化学監視に新種ベゴニア  東京都アイソトープ総合研究所が開発した新種ベゴニア「ウィンター・クイン・ガンマ3号」の葉。オゾンに2日間さらしたため葉先に近い部分が茶色で半透明になっている。同研究所は、ベゴニアに放射線を当てて突然変異を起こさせた新しい公害指標植物を開発した。光化学スモッグに反応するアサガオに比べ、系統的に安定しており、反応にばらつきがないのが長所

  27. 2008040400112

    「海外フォト」【】  色白 全身隅から隅まで真っ白なワニがドイツのサファリパークにお目見え。突然変異でメラニン色素がないアルビノ(白化個体)です。おなかがいっぱいなのか、隣の男性には興味がないようです。(ロイター=共同)

  28. 2007111600121

    【】  抗がん期待の成分10倍分泌 開発したサナギタケの突然変異体を持つ福井大学大学院の榊原三樹男教授

  29. 2005040600167

    【】  鳥取の水族館に白いナマコ 「とっとり賀露かにっこ館」に展示されている突然変異の白いナマコ=6日午後、鳥取市

  30. 2005020200200

    【】  デコポンの突然変異種発見 宮崎県で見つかったデコポンの突然変異種=2日午後、宮崎県庁

  31. 2003020300221

    【】  左の羽は雄、右は雌  兵庫県伊丹市昆虫館で羽化した左の羽が雄、右の羽が雌の突然変異で雌雄合体したチョウ「ツマグロヒョウモン」

  32. 2002020700168

    【】  遺伝子の突然変異2倍に  1965年のセミパラチンスクの核実験でできた深さ80メートルのクレーターは、水がたまって“原子の湖”=1991年10月、カザフスタン(共同) (セメイ)

  33. 2002020700166

    【】  遺伝子の突然変異2倍に  旧セミパラチンスク核実験場=1991年10月、カザフスタン(共同)

  34. 2002020700167

    【】  遺伝子の突然変異2倍に  血液の染色体異常の検査を受けるセミパラチンスク核実験場近くの村の住民(左)=1998年9月、カザフスタン(共同)

  35. 2002012900102

    「海外フォト」【】  難解な百面相  にらめっこ、それとも何かのおまじない?いえ、ドイツの現代美術館に登場した写真の芸術作品で、テーマは「突然変異」。門外漢には理解するのも難解そうだけど、あなたは何かメッセージを感じる?(ロイター=共同)

  36. 2001062600095

      オレンジ色のモグラ公開へ  突然変異で体毛がオレンジ色になったモグラ=26日午後、広島市安佐動物公園

  37. 1998042300164

      日比谷公園で茶色のカラス  日比谷公園でカラスにえさをやり続けている金子修さんが、20日ごろから群れの中に茶色のカラスが交じっているのに気がついた。色以外はまったく普通のカラスと同じだが、群れになじんでいないのか、えさがもらえるのを遠まきに待っている。東大農学部の樋口広芳教授は「茶色のカラスは遺伝的に黒色色素のメラニンを持たない突然変異個体ではないか。自然界ではまれにみられる」と言う。 「髪はカラスのぬれ羽色」というが、カラスの世界では茶羽?はまだトレンドではなさそうだ。

  38. 1998021900139

      巨大なバッタの素顔  バッタが突然変異で巨大化するとこんな姿に? オランダ・ロッテルダムのクンスタル博物館の昆虫展で近く披露される、600倍に拡大されたバッタの模型です。博物館員が最後の仕上げをするその素顔は、まさに迫力満点です。(ロイター=共同)

  39. 1996032300040

    「列島・北から南から」(九州) 長崎水族館に白いサメ )、企画26S、25日付朝刊以降使用  突然変異で体の色素がなく全身が真っ白のナヌカザメ。奥は普通のナヌカザメ=長崎市宿町の長崎水族館

  40. 1995062000093

    テツギョはフナの突然変異  フナの突然変異で生まれた可能性が高い国の天然記念物テツギョ

  41. 1995052700054

    突然変異で発がん率推定  放射線影響研究所の秋山実利放射線生物学部長

  42. 1994012900004

    平6国内 1112 遺伝子突然変異で肺がんに  井内康輝・広島大教授

  43. 1994011400028

    平6国内 397 神秘的な白いサメ  突然変異で白色化したナヌカザメの雄=長崎水族館(生物)

  44. 2019060300461

    「Mary Evans」「映画」 THE MUTATIONS THE MUTATIONS COLUMBIA PICTURES TOM BAKER Date: 1973、クレジット:Ronald Grant Archive/Mary Evans/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

  45. 2019070903526

    「Newscom」「ワールドヒストリー」 Hugo Marie de Vries (1848 1935). Hugo Marie de Vries (1848 1935). Dutch botanist and one of the first geneticists. He is known chiefly for suggesting the concept of genes; rediscovering the laws of heredity in the 1890s while unaware of Gregor Mendel‘s work; for introducing the term ‘mutation‘; and for developing a mutation theory of evolution.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

  46. 2020020609515

    「UIG」 Nero Pauses for a Drink during the Mutilation of His Mother‘s Bo Nero Pauses for a Drink during the Mutilation of His Mother‘s Body; Unknown; Paris, France, Europe; about 1413 - 1415; Tempera colors, gold leaf, gold paint, and ink on parchment; Leaf: 42 x 29.6 cm (16 9/16 x 11 5/8 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

  47. 2020032602898

    「ALBUM」「アート」 TORSO. Torso. Artist: Auguste Rodin (French, Paris 1840-1917 Meudon). Culture: French. Dimensions: wt. confirmed: 20 1/2 x 10 x 6 3/8 in., 31.1 lb. (52.1 x 25.4 x 16.2 cm, 14.1 kg)Height (with base): 23 in. (58.4 cm). Founder: Coubertin Foundry. Date: modeled ca. 1877-78, cast 1979.This bronze cast preserves the aggressiveness with which Rodin could attack his clay figures. He tore and gouged the torso with his hands and sliced at its arms and thigh with wire. Contemporary critics often decried these acts as “mutilations“ of the human body and considered them direct assaults on artistic ideals. But in such fragments Rodin sought to achieve an aesthetic beauty that was heroic and complete, saying of another work, “Don‘t you see I left it in that state intentionally?“ Rodin displayed a large-scale plaster cast of this composition at his 1889 joint exhibition with Monet at Galerie Georges Petit.クレジット:Album/Metropolitan Museum of Art,NY/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像