検索結果 64 件中 1 件 〜 50 件 "立地条件"
  1. 2020052701062

    貧困扶助工場、製品の海外輸出で収入増もたらす貴州省玉屏トン族自治県  14日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある偉建家庭用品貧困扶助工場の生産ラインで働く従業員。中国南西部の貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県は、中国国内に五つあるトン族自治県の一つで、国が指定した武陵山広域特殊困難地区に位置する。同地ではここ数年、貧困扶助工場を設立し、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策「易地扶貧搬遷」により転居した人々を着実な収入増へ導いている。2019年に完成し操業を開始した「偉建家庭用品貧困扶助工場」は、ソファカバーや椅子カバーの製造を手掛け、製品を主に日本や韓国など海外に出荷している。李海浜(り・かいひん)工場長によると、生産ラインは現在5本に増え、地元住民110人余りの雇用問題を解決した。李さんは「今後は生産ライン拡充や従業員の熟練により、工場の1日当たりの生産能力が向上するだろう」と語った。(貴陽=新華社記者/李凡)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020052701108

    貧困扶助工場、製品の海外輸出で収入増もたらす貴州省玉屏トン族自治県  14日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある偉建家庭用品貧困扶助工場で生地を裁断する従業員。中国南西部の貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県は、中国国内に五つあるトン族自治県の一つで、国が指定した武陵山広域特殊困難地区に位置する。同地ではここ数年、貧困扶助工場を設立し、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策「易地扶貧搬遷」により転居した人々を着実な収入増へ導いている。2019年に完成し操業を開始した「偉建家庭用品貧困扶助工場」は、ソファカバーや椅子カバーの製造を手掛け、製品を主に日本や韓国など海外に出荷している。李海浜(り・かいひん)工場長によると、生産ラインは現在5本に増え、地元住民110人余りの雇用問題を解決した。李さんは「今後は生産ライン拡充や従業員の熟練により、工場の1日当たりの生産能力が向上するだろう」と語った。(貴陽=新華社記者/汪軍)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052700999

    貧困扶助工場、製品の海外輸出で収入増もたらす貴州省玉屏トン族自治県  14日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある偉建家庭用品貧困扶助工場で、製品の椅子カバーを見せる李海浜(り・かいひん)工場長。中国南西部の貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県は、中国国内に五つあるトン族自治県の一つで、国が指定した武陵山広域特殊困難地区に位置する。同地ではここ数年、貧困扶助工場を設立し、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策「易地扶貧搬遷」により転居した人々を着実な収入増へ導いている。2019年に完成し操業を開始した「偉建家庭用品貧困扶助工場」は、ソファカバーや椅子カバーの製造を手掛け、製品を主に日本や韓国など海外に出荷している。李海浜(り・かいひん)工場長によると、生産ラインは現在5本に増え、地元住民110人余りの雇用問題を解決した。李さんは「今後は生産ライン拡充や従業員の熟練により、工場の1日当たりの生産能力が向上するだろう」と語った。(貴陽=新華社記者/李凡)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020052700992

    貧困扶助工場、製品の海外輸出で収入増もたらす貴州省玉屏トン族自治県  14日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある偉建家庭用品貧困扶助工場で、製品の椅子カバーを見せる従業員。中国南西部の貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県は、中国国内に五つあるトン族自治県の一つで、国が指定した武陵山広域特殊困難地区に位置する。同地ではここ数年、貧困扶助工場を設立し、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策「易地扶貧搬遷」により転居した人々を着実な収入増へ導いている。2019年に完成し操業を開始した「偉建家庭用品貧困扶助工場」は、ソファカバーや椅子カバーの製造を手掛け、製品を主に日本や韓国など海外に出荷している。李海浜(り・かいひん)工場長によると、生産ラインは現在5本に増え、地元住民110人余りの雇用問題を解決した。李さんは「今後は生産ライン拡充や従業員の熟練により、工場の1日当たりの生産能力が向上するだろう」と語った。(貴陽=新華社記者/汪軍)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020042709356

    パミール高原の牧畜民、「自動車通勤者」に  20日、パミール高原にある「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)の移住地、紅新村。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県紅新村はパミール高原に位置し、地元の牧畜民は代々放牧で暮らしを立ててきた。牧畜民の定住化、貧困脱却の難関攻略を進める一連の政策に支えられ、同高原の牧畜民は次第に山を下りて定住するようになり、貧困に別れを告げ、より豊かな生活を手に入れた。中には自家用車を使って牛や羊の放牧をする人もいる。アイサン・トヘティさん一家は2012年、山から下りて移住先の紅新村に引っ越した。村に駐在する作業チームと地元幹部の積極的指導の下、アイサンさんの家畜と収入はともに増えた。昨年にはオフロード車を購入し、自ら運転して山に行き、羊を放牧するようになり、高原の牧畜民の暮らしに「通勤」という新たな要素が加わった。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051102836

    パミール高原の移住地を訪ねて  4月15日、ネクタリンの温室で草むしりをする農家。中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州ウルグチャト県ビョルトコイ郷アイガト村では、かつて山岳地帯で遊牧生活を営んでいた人々が暮らしている。最後の移住者が2019年に「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により新居へ移住し、村全体の転居が完了した。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051102864

    パミール高原の移住地を訪ねて  4月15日、ビニールハウスでトマトの苗の手入れをする農家。中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州ウルグチャト県ビョルトコイ郷アイガト村では、かつて山岳地帯で遊牧生活を営んでいた人々が暮らしている。最後の移住者が2019年に「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により新居へ移住し、村全体の転居が完了した。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051102857

    パミール高原の移住地を訪ねて  4月15日、飼育合作社(協同組合)の近代的な小屋で集中飼育されている牛や馬などの家畜。中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州ウルグチャト県ビョルトコイ郷アイガト村では、かつて山岳地帯で遊牧生活を営んでいた人々が暮らしている。最後の移住者が2019年に「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により新居へ移住し、村全体の転居が完了した。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051102901

    パミール高原の移住地を訪ねて  4月15日、飼料用トウモロコシの種まきに備え、畑に自給肥料をまく農家。中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州ウルグチャト県ビョルトコイ郷アイガト村では、かつて山岳地帯で遊牧生活を営んでいた人々が暮らしている。最後の移住者が2019年に「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により新居へ移住し、村全体の転居が完了した。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020051102891

    パミール高原の移住地を訪ねて  4月14日、村の農家の庭で花をつけた桃の木。中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州ウルグチャト県ビョルトコイ郷アイガト村では、かつて山岳地帯で遊牧生活を営んでいた人々が暮らしている。最後の移住者が2019年に「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により新居へ移住し、村全体の転居が完了した。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020051102888

    パミール高原の移住地を訪ねて  4月14日、村のバザールでおしゃれに着飾って日用品を販売する店主。中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州ウルグチャト県ビョルトコイ郷アイガト村では、かつて山岳地帯で遊牧生活を営んでいた人々が暮らしている。最後の移住者が2019年に「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により新居へ移住し、村全体の転居が完了した。(アクト=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020040701626

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、工場内に整然と並ぶ完成した電動車両。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020040701697

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動三輪車を組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020040701683

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動バイクを組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020040701630

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、車両に配線を施す従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020040701652

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動三輪車を組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020040701662

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、梱包され全国の市場に次々と出荷される電動車両。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020040701673

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動三輪車を組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020040701692

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動三輪車を組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020040701695

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動三輪車を組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020040701631

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、工場棟内に整然と並ぶ完成した電動車両。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020040302619

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、ファスナーを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020040302598

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、フェイク芝生を組み立てる福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020040302602

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、フェイク芝生を作る福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020040302609

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困者支援作業場で、自動車用シートを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020040302538

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困者支援作業場で、自動車用シートを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020040302551

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、「盛酒皮囊」(酒器などを入れる革製の袋)を縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020040302610

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困者支援作業場で、自動車用シートを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020040302579

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困者支援作業場で、自動車用シートを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020011603164

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  9日、吉首市寨陽郷坪朗村にある「易地扶貧搬遷」によって建てられた住宅の全景。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020011603197

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  8日、坪朗村の豆腐工房で、出来上がった豆腐を並べる村民の時菊花(じ・きくか)さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020011603187

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  8日、坪朗村にあるミャオ族太鼓の稽古場で、太鼓の練習をする村の人。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020011603176

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  8日、坪朗村にあるミャオ族太鼓の稽古場で、太鼓の練習をする村の人たち。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020011603245

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  8日、坪朗村の豆腐工房で、豆腐の材料となる青大豆を選ぶ村民の時菊花(じ・きくか)さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020011603171

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、吉首市寨陽郷坪朗村にある「易地扶貧搬遷」によって建てられた住宅の一角。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020011603195

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、坪朗村の豆腐工房で、出来上がった豆腐製品を箱に入れる「坪朗豆腐」作りの無形文化遺産伝承者、石清香(せき・せいこう)さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020011603201

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、吉首市寨陽郷坪朗村にある「易地扶貧搬遷」によって建てられた住宅の一角。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020011603246

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、坪朗村の豆腐工房で、村の人と豆腐を作る「坪朗豆腐」作りの無形文化遺産伝承者、石清香(せき・せいこう)さん(左)。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020011603199

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、豆腐工房で豆腐作りに使う型枠を整理する坪朗村の人。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020011603232

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、吉首市寨陽郷坪朗村で、「易地扶貧搬遷」によって建てられた住宅とその横にある畑および果物を栽培するビニールハウス。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020011603208

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市矮寨鎮の坪朗村。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020011603202

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、坪朗村の人がミャオ族刺繍の製品を作っている。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019112701740

    貧困対策で新しい生活をスタート貴州省  21日、貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州貞豊(ていほう)県双峰(そうほう)街道弁事処(都市基層政府の出先機関)の「易地扶貧搬遷」移住地にある服飾工場で、プイ族の伝統的な布を織る女性たち。中国貴州省では、貧困農家を立地条件の良い場所へ移住させる貧困対策「易地扶貧搬遷建設」において、第13次五カ年計画(2016~20年)期間中に移住予定の188万人のうち、すでに184万人余りの移住が完了している。年内には全員の移住を終わらせる。これにより多くの貧困者が、劣悪な自然条件や経済的に後れをとっている山間部から、都市部の県城(県政府所在地)や町に移り、新しい生活を始めている。(貴州=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019112701699

    貧困対策で新しい生活をスタート貴州省  21日、貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州貞豊(ていほう)県双峰(そうほう)街道弁事処(都市基層政府の出先機関)の「易地扶貧搬遷」移住地。中国貴州省では、貧困農家を立地条件の良い場所へ移住させる貧困対策「易地扶貧搬遷建設」において、第13次五カ年計画(2016~20年)期間中に移住予定の188万人のうち、すでに184万人余りの移住が完了している。年内には全員の移住を終わらせる。これにより多くの貧困者が、劣悪な自然条件や経済的に後れをとっている山間部から、都市部の県城(県政府所在地)や町に移り、新しい生活を始めている。(貴州=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019112701646

    貧困対策で新しい生活をスタート貴州省  21日、貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州貞豊(ていほう)県双峰(そうほう)街道事務所の「易地扶貧搬遷」移住地で、近所の服飾工場で働けるようになった女性たち。中国貴州省では、貧困農家を立地条件の良い場所へ移住させる貧困対策「易地扶貧搬遷建設」において、第13次五カ年計画(2016~20年)期間中に移住予定の188万人のうち、すでに184万人余りの移住が完了している。年内には全員の移住を終わらせる。これにより多くの貧困者が、劣悪な自然条件や経済的に後れをとっている山間部から、都市部の県城(県政府所在地)や町に移り、新しい生活を始めている。(貴州=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019112701659

    貧困対策で新しい生活をスタート貴州省  21日、貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州貞豊(ていほう)県双峰(そうほう)街道弁事処(都市基層政府の出先機関)の「易地扶貧搬遷」移住地。中国貴州省では、貧困農家を立地条件の良い場所へ移住させる貧困対策「易地扶貧搬遷建設」において、第13次五カ年計画(2016~20年)期間中に移住予定の188万人のうち、すでに184万人余りの移住が完了している。年内には全員の移住を終わらせる。これにより多くの貧困者が、劣悪な自然条件や経済的に後れをとっている山間部から、都市部の県城(県政府所在地)や町に移り、新しい生活を始めている。(貴州=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019112701664

    貧困対策で新しい生活をスタート貴州省  21日、貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州貞豊(ていほう)県竜場(りゅうじょう)鎮の「易地扶貧搬遷」移住地で伝統的な刺しゅう技術を学ぶ移住者。中国貴州省では、貧困農家を立地条件の良い場所へ移住させる貧困対策「易地扶貧搬遷建設」において、第13次五カ年計画(2016~20年)期間中に移住予定の188万人のうち、すでに184万人余りの移住が完了している。年内には全員の移住を終わらせる。これにより多くの貧困者が、劣悪な自然条件や経済的に後れをとっている山間部から、都市部の県城(県政府所在地)や町に移り、新しい生活を始めている。(貴州=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019112701666

    貧困対策で新しい生活をスタート貴州省  14日、貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州興義(こうぎ)市洒金(さいきん)街道弁事処(都市基層政府の出先機関)の「易地扶貧搬遷」移住地にあるグラウンドで遊ぶ学生たち。中国貴州省では、貧困農家を立地条件の良い場所へ移住させる貧困対策「易地扶貧搬遷建設」において、第13次五カ年計画(2016~20年)期間中に移住予定の188万人のうち、すでに184万人余りの移住が完了している。年内には全員の移住を終わらせる。これにより多くの貧困者が、劣悪な自然条件や経済的に後れをとっている山間部から、都市部の県城(県政府所在地)や町に移り、新しい生活を始めている。(貴州=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019112701675

    貧困対策で新しい生活をスタート貴州省  14日、貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州興義(こうぎ)市洒金(さいきん)街道弁事処(都市基層政府の出先機関)の「易地扶貧搬遷」移住地にある家で休む高齢者。中国貴州省では、貧困農家を立地条件の良い場所へ移住させる貧困対策「易地扶貧搬遷建設」において、第13次五カ年計画(2016~20年)期間中に移住予定の188万人のうち、すでに184万人余りの移住が完了している。年内には全員の移住を終わらせる。これにより多くの貧困者が、劣悪な自然条件や経済的に後れをとっている山間部から、都市部の県城(県政府所在地)や町に移り、新しい生活を始めている。(貴州=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019112701717

    貧困対策で新しい生活をスタート貴州省  13日、貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州義竜新区の「易地扶貧搬遷」移住地に建設された小学校。中国貴州省では、貧困農家を立地条件の良い場所へ移住させる貧困対策「易地扶貧搬遷建設」において、第13次五カ年計画(2016~20年)期間中に移住予定の188万人のうち、すでに184万人余りの移住が完了している。年内には全員の移住を終わらせる。これにより多くの貧困者が、劣悪な自然条件や経済的に後れをとっている山間部から、都市部の県城(県政府所在地)や町に移り、新しい生活を始めている。(貴州=新華社記者/施銭貴)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像