検索結果 2,024 件中 1 件 〜 50 件 "緊急事態宣言"
  1. 2020071311347

    Dolph_Cleveland_AntiMaskProtest July 11, 2020, Cleveland, Ohio, USA: People are seen at the Cleveland Script Sign during a “Mask Mandate Protest,†hosted by TERESA MCINNIS WHITE (far left) and KEVIN FREEMAN (third from right) Saturday, July 11, 2020 at Edgewater Park, in Cleveland, Ohio. .The City of Cleveland and Cuyahoga County is currently under a red alert, according to the Ohio Public Health Advisory System, which advises wearing a mask while in public and other congregate areas. Governor Mike DeWine enacted the new map-based color coded alert system that helps highlight hot COVID hotspots on a county by county basis. On July 3 Cleveland Mayor Frank G. Jackson amended a Proclamation of State of Civil Emergency which among other things makes it mandatory for individuals to wear masks “out in public or in public spaces,“ and prohibits mass gathering of 10 or more people. (Credit Image: © Andrew Dolph/ZUMA Wire)、クレジット:©Andrew Dolph/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  2. 2020070307819

    緊急宣言への消極姿勢鮮明  緊急事態宣言解除以降の動き 「表層深層」コロナ再燃を巡る政府対応

  3. 2020070307813

    緊急宣言への消極姿勢鮮明  緊急事態宣言解除以降の動き 「表層深層」コロナ再燃を巡る政府対応

  4. 2020070207151

    菅氏は緊急事態宣言否定 記者会見する菅官房長官  記者会見する菅官房長官=2日午後、首相官邸

  5. 2020070207147

    菅氏は緊急事態宣言否定 記者会見に臨む菅官房長官  記者会見に臨む菅官房長官=2日午後、首相官邸

  6. 2020071401059

    ノックで仲間を盛り上げる倉敷商ナイン 岡山県倉敷市  ノックで仲間を盛り上げる倉敷商ナイン。集大成の舞台を前に、活気が戻ってきた=岡山県倉敷市の倉敷商高野球部グラウンド。新型コロナウイルス感染症がまん延し、緊急事態宣言は全国に拡大されていた。「夏は絶対に俺たちが勝つ。勝つための一日、一瞬を過ごしなさい」。休校前最後の練習となった4月17日、倉敷商の梶山和洋監督(33)はミーティングで説いた。今後への不安を胸の奥にしまい、選手たちは翌日から自主トレーニングに励んだ。野手はスイングの強さと速さを求めて素振りを重ね、投手陣は山道を走り込んで下半身を強化。それぞれが勝負の夏に備えた。しかし、1カ月後、悪夢は繰り返される。昨秋の中国大会を制し、出場切符を手にしていたセンバツに続き、全国選手権の戦後初となる中止が決まった。春以降、選手の気持ちをつなぎ留めていた夢舞台は、未知のウイルスによって地方大会もろとも奪われた。=2020(令和2)年7月2日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  7. 2020062912332

    接触8割削減に異論も  全国の感染者数と推定感染日の推移 「12段用」「表層深層」「検証 コロナ対策」緊急事態宣言

  8. 2020062912322

    接触8割削減に異論も  全国の感染者数と推定感染日の推移 「表層深層」「検証 コロナ対策」緊急事態宣言

  9. 2020062912312

    接触8割削減に異論も  全国の感染者数と推定感染日の推移 「12段用」「表層深層」「検証 コロナ対策」緊急事態宣言

  10. 2020062912305

    接触8割削減に異論も  全国の感染者数と推定感染日の推移 「表層深層」「検証 コロナ対策」緊急事態宣言

  11. 2020062912212

    接触8割削減に異論も 専門家会議メンバーら  新型コロナウイルス感染症について、人同士の接触を減らすよう訴える政府専門家会議のメンバーら=4月、厚労省 「表層深層」「検証 コロナ対策」緊急事態宣言

  12. 2020062711056

    選挙戦でも間隔を空けよう 距離を促すボード  27日、新型コロナウイルスの感染者が緊急事態宣言解除後では最多となった東京都。都内各所では、知事選の候補者が街頭演説で有権者に支持を訴えた。「間隔をあけよう」と書かれたボードを掲げた選挙スタッフの沢村恒美さん(70)は「みなさん意識して間隔を空けてくれている。とても協力的です」と話した。

  13. 2020062512414

    東京で新たに48人感染 羽田空港第2ターミナル  4月29日の羽田空港第2ターミナル(左)と、緊急事態宣言解除から1カ月が経過した25日の同ターミナル

  14. 2020062512198

    東京で新たに48人感染 羽田空港の旅行客  緊急事態宣言の解除から1カ月。マスク姿の旅行客が増えた羽田空港第2ターミナル=25日午後

  15. 2020062512196

    東京で新たに48人感染 羽田空港の旅行客  緊急事態宣言の解除から1カ月。マスク姿の旅行客が増えた羽田空港第2ターミナル=25日午後

  16. 2020062409117

    東京中心に感染継続 にぎわう渋谷の交差点  緊急事態宣言の解除から1カ月を迎える東京・渋谷のスクランブル交差点。人通りが戻り、多くの人たちでにぎわっていた24日、東京都では新型コロナウイルスの新たな感染者が50人を上回った。

  17. 2020062409037

    目立つ往来、増える旅行客 那覇市の国際通り  緊急事態宣言が全面解除されてから1カ月を迎える那覇市の国際通り=24日午後

  18. 2020062409036

    目立つ往来、増える旅行客 人通りの少ない国際通り  緊急事態宣言が全面解除されてから1カ月を迎える那覇市の国際通り=24日午後

  19. 2020062408943

    在宅浸透、事務所需要減も 閑散とするオフィス街  緊急事態宣言後、閑散とする東京・丸の内のオフィス街=4月 「大型サイド」新型コロナで地価下落

  20. 2020062408677

    屋形船から感謝を込めて 屋形船で作られる天丼  緊急事態宣言解除から25日で1カ月。利用客が激減したままの屋形船業界が、医療従事者への食事支援を行った。屋形船東京都協同組合の加盟社が協力し、24日から3日間にわたり昼食を提供する。初日はエビやアナゴなどをふんだんに使用した天丼50食を隅田川に停泊した船の上で用意。地元の小学生が記した感謝のメッセージも添えて都内の病院に届けた。屋形船は換気や消毒など感染防止対策をとって5月26日に営業を再開したが客足は戻っていない。本格的な設備や板前の技術を活用して社会貢献しようと同組合の平井実企画部長らが発案した。「日々大変な思いをして医療現場で働く皆さまに熟練の味を届け、少しでも励みにしてもらえたら」と話した。

  21. 2020062408665

    屋形船から感謝を込めて 屋形船で作られる天丼  緊急事態宣言解除から25日で1カ月。利用客が激減したままの屋形船業界が、医療従事者への食事支援を行った。屋形船東京都協同組合の加盟社が協力し、24日から3日間にわたり昼食を提供する。初日はエビやアナゴなどをふんだんに使用した天丼50食を隅田川に停泊した船の上で用意。地元の小学生が記した感謝のメッセージも添えて都内の病院に届けた。屋形船は換気や消毒など感染防止対策をとって5月26日に営業を再開したが客足は戻っていない。本格的な設備や板前の技術を活用して社会貢献しようと同組合の平井実企画部長らが発案した。「日々大変な思いをして医療現場で働く皆さまに熟練の味を届け、少しでも励みにしてもらえたら」と話した。

  22. 2020062408631

    屋形船から感謝を込めて 屋形船で用意される天丼  緊急事態宣言解除から25日で1カ月。利用客が激減したままの屋形船業界が、医療従事者への食事支援を行った。屋形船東京都協同組合の加盟社が協力し、24日から3日間にわたり昼食を提供する。初日はエビやアナゴなどをふんだんに使用した天丼50食を隅田川に停泊した船の上で用意。地元の小学生が記した感謝のメッセージも添えて都内の病院に届けた。屋形船は換気や消毒など感染防止対策をとって5月26日に営業を再開したが客足は戻っていない。本格的な設備や板前の技術を活用して社会貢献しようと同組合の平井実企画部長らが発案した。「日々大変な思いをして医療現場で働く皆さまに熟練の味を届け、少しでも励みにしてもらえたら」と話した。

  23. 2020062006114

    移動自粛解除、最初の週末 奈良・東大寺周辺のシカ  都道府県境をまたぐ移動の自粛要請が全て解除され、初の週末を迎えた奈良・東大寺周辺。多くの人でにぎわい、土産物店の女性は「緊急事態宣言が解除されてから、人も売り上げも一番多い」と話した=20日午後3時43分

  24. 2020062006110

    移動自粛解除、最初の週末 奈良・東大寺周辺  都道府県境をまたぐ移動の自粛要請が全て解除され、初の週末を迎えた奈良・東大寺周辺。多くの人でにぎわい、土産物店の女性は「緊急事態宣言が解除されてから、人も売り上げも一番多い」と話した=20日午後3時52分

  25. 2020062006108

    移動自粛解除、最初の週末 奈良・東大寺周辺  都道府県境をまたぐ移動の自粛要請が全て解除され、初の週末を迎えた奈良・東大寺周辺。多くの人でにぎわい、土産物店の女性は「緊急事態宣言が解除されてから、人も売り上げも一番多い」と話した=20日午後3時10分

  26. 2020062006107

    移動自粛解除、最初の週末 奈良・東大寺周辺  都道府県境をまたぐ移動の自粛要請が全て解除され、初の週末を迎えた奈良・東大寺周辺。多くの人でにぎわい、土産物店の女性は「緊急事態宣言が解除されてから、人も売り上げも一番多い」と話した=20日午後3時30分

  27. 2020061907982

    県境移動解禁、人出まだ 解除前後の新幹線ホーム  県境を越える移動が全面解禁となり、利用客の姿が戻った19日午後の東海道新幹線ホーム。下は緊急事態宣言発令中の4月26日の同ホーム=JR東京駅

  28. 2020061604770

    科学は公開の自由を求める 安倍首相と尾身会長  緊急事態宣言の一部解除を表明し、質問に答える安倍首相。左は諮問委員会の尾身茂会長=5月14日、首相官邸 大型評論「新型コロナと文明」(オピニオン欄用)

  29. 2020060803747

    シャルウィディスタンス? マスク姿でレッスン  緊急事態宣言の解除を受け、東京都内の社交ダンス教室では2カ月ぶりにレッスンが再開している。東京都新宿区の石原ダンスクラブではマスクの着用やペアでの接触を避けるなど、感染対策をしながら練習に励む姿が見られた。石原吉皓代表は「密と思われがちだからこそ、安心できる環境づくりをこれからも進めたい」と話した=8日 アングル

  30. 2020060803746

    シャルウィディスタンス? マスク姿のレッスン  緊急事態宣言の解除を受け、東京都内の社交ダンス教室では2カ月ぶりにレッスンが再開している。東京都新宿区の石原ダンスクラブではマスクの着用やペアでの接触を避けるなど、感染対策をしながら練習に励む姿が見られた。石原吉皓代表は「密と思われがちだからこそ、安心できる環境づくりをこれからも進めたい」と話した=8日

  31. 2020060803745

    シャルウィディスタンス? 石原ダンスクラブ  緊急事態宣言の解除を受け、東京都内の社交ダンス教室では2カ月ぶりにレッスンが再開している。東京都新宿区の石原ダンスクラブではマスクの着用やペアでの接触を避けるなど、感染対策をしながら練習に励む姿が見られた。フェースシールドで指導した石原吉皓代表(手前)は「密と思われがちだからこそ、安心できる環境づくりをこれからも進めたい」と話した=8日

  32. 2020060803744

    シャルウィディスタンス? ダンスクラブのレッスン  緊急事態宣言の解除を受け、東京都内の社交ダンス教室では2カ月ぶりにレッスンが再開している。東京都新宿区の石原ダンスクラブではマスクの着用やペアでの接触を避けるなど、感染対策をしながら練習に励む姿が見られた。フェースシールドで指導した石原吉皓代表(手前)は「密と思われがちだからこそ、安心できる環境づくりをこれからも進めたい」と話した=8日

  33. 2020060601642

    使用禁止、必要だった? 開放でも感染確認されず  緊急事態宣言の解除後も、使用できないようテープが巻かれた公園の遊具=5月28日、大阪府豊中市 「大型サイド」公園閉鎖

  34. 2020060601636

    使用禁止、必要だった? 大阪府豊中市の公園  緊急事態宣言の解除後も、使用できないようテープが巻かれた公園の滑り台=5月28日、大阪府豊中市 「大型サイド」公園閉鎖

  35. 2020060601599

    使用禁止、必要だった? 大阪市の公園  緊急事態宣言中、大阪市内の公園で遊ぶ子どもたち=4月10日 「大型サイド」公園閉鎖

  36. 2020061207255

    赤くライトアップされたレインボーブリッジ  新型コロナウイルスの再感染警戒のため、20年6月2日に発令された「東京アラート」。レインボーブリッジは赤くライトアップされた。=2020(令和2)年6月5日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  37. 2020061207261

    赤くライトアップされたレインボーブリッジ  新型コロナウイルスの再感染警戒のため、20年6月2日に発令された「東京アラート」。レインボーブリッジは赤くライトアップされた。=2020(令和2)年6月5日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  38. 2020061207237

    赤くライトアップされたレインボーブリッジ  新型コロナウイルスの再感染警戒のため、20年6月2日に発令された「東京アラート」。レインボーブリッジは赤くライトアップされた。=2020(令和2)年6月5日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  39. 2020061207240

    赤くライトアップされたレインボーブリッジ  新型コロナウイルスの再感染警戒のため、20年6月2日に発令された「東京アラート」。レインボーブリッジは赤くライトアップされた。=2020(令和2)年6月5日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  40. 2020061207256

    赤くライトアップされたレインボーブリッジ  新型コロナウイルスの再感染警戒のため、20年6月2日に発令された「東京アラート」。レインボーブリッジは赤くライトアップされた。=2020(令和2)年6月5日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ 「日刊工業新聞」

  41. 2020060507945

    試合がしたい 疾走する三宅諒選手  「ウーバーイーツ」の黒い箱形リュックを背負い、緊急事態宣言が解除された街を疾走する三宅諒選手=5月28日、東京都新宿区 写真連載企画「コロナで変わる日常」第2部5回続きの(2)

  42. 2020061207243

    緊急事態宣言解除後の伊丹空港の様子  緊急事態宣言解除後、便数も増え始めた伊丹空港。ANAのチェックインカウンターでは、飛沫感染防止のためのビニールシートを設置した。スタッフは全員マスクを着用し、フェースシールドを着用するスタッフも見受けられる。=2020(令和2年)6月4日、伊丹空港の国内線ターミナル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、撮影の時点では伊丹空港は国内線のみ運航 「日刊工業新聞」

  43. 2020061207245

    緊急事態宣言解除後の伊丹空港の様子  緊急事態宣言解除後、便数も増え始めた伊丹空港。ANAのチェックインカウンターでは、飛沫感染防止のためのビニールシートを設置した。スタッフは全員マスクを着用し、フェースシールドを着用するスタッフも見受けられる。=2020(令和2年)6月4日、伊丹空港の国内線ターミナル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、撮影の時点では伊丹空港は国内線のみ運航 「日刊工業新聞」

  44. 2020061207242

    緊急事態宣言解除後の伊丹空港の様子  緊急事態宣言解除後、便数も増え始めた伊丹空港。ANAのチェックインカウンターでは、飛沫感染防止のためのビニールシートを設置した。スタッフは全員マスクを着用し、フェースシールドを着用するスタッフも見受けられる。=2020(令和2年)6月4日、伊丹空港の国内線ターミナル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、撮影の時点では伊丹空港は国内線のみ運航 「日刊工業新聞」

  45. 2020061207247

    緊急事態宣言解除後の伊丹空港の様子  緊急事態宣言解除後、便数も増え始めた伊丹空港。ANAのチェックインカウンターでは、飛沫感染防止のためのビニールシートを設置した。スタッフは全員マスクを着用し、フェースシールドを着用するスタッフも見受けられる。=2020(令和2年)6月4日、伊丹空港の国内線ターミナル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、撮影の時点では伊丹空港は国内線のみ運航 「日刊工業新聞」

  46. 2020061207249

    緊急事態宣言解除後の伊丹空港の様子  緊急事態宣言解除後、便数も増え始めた伊丹空港。JALのチェックインカウンターでは、飛沫感染防止のためのビニールシートを設置した。スタッフは全員マスクを着用し、搭乗客の対応にあたる。=2020(令和2年)6月4日、伊丹空港の国内線ターミナル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、撮影の時点では伊丹空港は国内線のみ運航 「日刊工業新聞」

  47. 2020061207248

    緊急事態宣言解除後の伊丹空港の様子  緊急事態宣言解除後、便数も増え始めた伊丹空港。JALのチェックインカウンターでは、飛沫感染防止のためのビニールシートを設置した。スタッフは全員マスクを着用し、搭乗客の対応にあたる。=2020(令和2年)6月4日、伊丹空港の国内線ターミナル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、撮影の時点では伊丹空港は国内線のみ運航 「日刊工業新聞」

  48. 2020061207246

    緊急事態宣言解除後の伊丹空港の様子  伊丹空港の保安検査場では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため。サーモグラフィーを導入し、搭乗客の検温を実施している。2020(令和2)年6月4日、伊丹空港の国内線ターミナル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、撮影の時点では伊丹空港は国内線のみ運行 「日刊工業新聞」

  49. 2020061207233

    緊急事態宣言解除後の伊丹空港の様子  伊丹空港の保安検査場では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため。サーモグラフィーを導入し、搭乗客の検温を実施している。2020(令和2)年6月4日、伊丹空港の国内線ターミナル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、撮影の時点では伊丹空港は国内線のみ運行 「日刊工業新聞」

  50. 2020061207244

    緊急事態宣言解除後の伊丹空港の様子  伊丹空港の保安検査場では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため。サーモグラフィーを導入し、搭乗客の検温を実施している。2020(令和2)年6月4日、伊丹空港の国内線ターミナル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ、撮影の時点では伊丹空港は国内線のみ運行 「日刊工業新聞」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像