検索結果 126 件中 1 件 〜 50 件 "脊椎動物"
  1. 2020092503426

    Footprint of a pareia 08 September 2020, Rhineland-Palatinate, Thallichtenberg: Sebastian Voigt, director of the Urweltmuseum Geoskop, sits in the Urweltmuseum Geoskop behind a sandstone on which the solidified footprint of a pareiaaur, also called cheek lizard, can be seen. The cheek lizards were the largest and, with a weight of half a ton, the heaviest terrestrial vertebrates of the end of the Palaeolithic period about 255 million years ago. (to dpa-KORR: “Hikers find dinosaur tracks - fossil tracks delight researchers“ from 21.09.20) Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  2. 2020092503249

    Footprint of a pareia 08 September 2020, Rhineland-Palatinate, Thallichtenberg: A footprint of a pareiasaur, also called cheek lizard, solidified in sandstone is lying on a table in the Geoskop primeval world museum. The cheek lizards were the largest and, with a weight of half a ton, the heaviest terrestrial vertebrates of the end of the Palaeolithic period about 255 million years ago. (to dpa-KORR: “Hikers find dinosaur tracks - fossil tracks delight researchers“ from 21.09.20) Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  3. 2020092503342

    Footprint of a pareia 08 September 2020, Rhineland-Palatinate, Thallichtenberg: Sebastian Voigt, director of the Urweltmuseum Geoskop, sits in the Urweltmuseum Geoskop behind a sandstone on which the solidified footprint of a pareiaaur, also called cheek lizard, can be seen. The cheek lizards were the largest and, with a weight of half a ton, the heaviest terrestrial vertebrates of the end of the Palaeolithic period about 255 million years ago. (to dpa-KORR: “Hikers find dinosaur tracks - fossil tracks delight researchers“ from 21.09.20) Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  4. 2020092503350

    Footprint of a pareia 08 September 2020, Rhineland-Palatinate, Thallichtenberg: Sebastian Voigt, director of the Urweltmuseum Geoskop, sits in the Urweltmuseum Geoskop behind a sandstone on which the solidified footprint of a pareiaaur, also called cheek lizard, can be seen. The cheek lizards were the largest and, with a weight of half a ton, the heaviest terrestrial vertebrates of the end of the Palaeolithic period about 255 million years ago. (to dpa-KORR: “Hikers find dinosaur tracks - fossil tracks delight researchers“ from 21.09.20) Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  5. 2020092503656

    Footprint of a pareia 08 September 2020, Rhineland-Palatinate, Thallichtenberg: A footprint of a pareiasaur, also called cheek lizard, solidified in sandstone is lying on a table in the Geoskop primeval world museum. The cheek lizards were the largest and, with a weight of half a ton, the heaviest terrestrial vertebrates of the end of the Palaeolithic period about 255 million years ago. (to dpa-KORR: “Hikers find dinosaur tracks - fossil tracks delight researchers“ from 21.09.20) Photo: Uwe Anspach/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  6. 2020081402275

    中国の研究者、古代野生植物の栽培化示す新証拠発見  広西チワン族自治区南寧市隆安県にある婭懐洞遺跡から出土した人骨や化石。(資料写真)中国科学院は、同院古脊椎動物古人類研究所や中国社会科学院考古研究所などの古生物学者らが、古代人類がどのようにして野生植物を栽培化したのかを示す新たな証拠を見つけたと発表した。この証拠は広西チワン族自治区の婭懐洞遺跡で見つかった。同遺跡ではこれまで、研究者が3万年前の植物の化石を調査してきた。(隆安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020081402345

    中国の研究者、古代野生植物の栽培化示す新証拠発見  広西チワン族自治区南寧市隆安県にある婭懐洞遺跡。(資料写真)中国科学院は、同院古脊椎動物古人類研究所や中国社会科学院考古研究所などの古生物学者らが、古代人類がどのようにして野生植物を栽培化したのかを示す新たな証拠を見つけたと発表した。この証拠は広西チワン族自治区の婭懐洞遺跡で見つかった。同遺跡ではこれまで、研究者が3万年前の植物の化石を調査してきた。(隆安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020080502325

    Squirrel cracks spruce cone 03 August 2020, Berlin: A Eurasian squirrel sits on a spruce branch and retrieves the seeds from a fresh spruce cone. Squirrels belong to the omnivores. Their diet varies according to the season. It consists primarily of berries, nuts and other fruits and seeds. They also eat buds, bark, tree sap, flowers, lichens, grains, mushrooms, fruit and invertebrates such as worms. Typically, the food is kept in the front paws during feeding. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  9. 2020072800943

    広西猫児山自然保護区で、稀少な野生動物多数確認  14日、広西猫児山国家級自然保護区の雲海。中国広西チワン族自治区桂林市北部に位置する猫児山(びょうじさん)国家級自然保護区の管理処はこのほど、保護区内の赤外線カメラ映像と目撃情報により、ヒョウ、ウンピョウ、コビトジャコウジカ、ツキノワグマなど国の重点保護動物が頻繁に姿を現し、保護活動の成果が出始めていることを明らかにした。同保護区の総面積は1万7千ヘクタール余り、森林面積1万5千ヘクタール余り。標高2141・5メートルの主峰、猫児山は越城嶺山脈の最高峰で「華南の頂」とたたえられる。現在、保護区内では345種の野生脊椎動物、3300種以上の昆虫、2484種の維管束植物が確認されている。(興安=新華社配信)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020072800938

    広西猫児山自然保護区で、稀少な野生動物多数確認  14日、広西猫児山国家級自然保護区の雲海。中国広西チワン族自治区桂林市北部に位置する猫児山(びょうじさん)国家級自然保護区の管理処はこのほど、保護区内の赤外線カメラ映像と目撃情報により、ヒョウ、ウンピョウ、コビトジャコウジカ、ツキノワグマなど国の重点保護動物が頻繁に姿を現し、保護活動の成果が出始めていることを明らかにした。同保護区の総面積は1万7千ヘクタール余り、森林面積1万5千ヘクタール余り。標高2141・5メートルの主峰、猫児山は越城嶺山脈の最高峰で「華南の頂」とたたえられる。現在、保護区内では345種の野生脊椎動物、3300種以上の昆虫、2484種の維管束植物が確認されている。(興安=新華社配信)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020072800928

    広西猫児山自然保護区で、稀少な野生動物多数確認  14日、広西猫児山国家級自然保護区の景勝地。中国広西チワン族自治区桂林市北部に位置する猫児山(びょうじさん)国家級自然保護区の管理処はこのほど、保護区内の赤外線カメラ映像と目撃情報により、ヒョウ、ウンピョウ、コビトジャコウジカ、ツキノワグマなど国の重点保護動物が頻繁に姿を現し、保護活動の成果が出始めていることを明らかにした。同保護区の総面積は1万7千ヘクタール余り、森林面積1万5千ヘクタール余り。標高2141・5メートルの主峰、猫児山は越城嶺山脈の最高峰で「華南の頂」とたたえられる。現在、保護区内では345種の野生脊椎動物、3300種以上の昆虫、2484種の維管束植物が確認されている。(興安=新華社配信)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020070705313

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘された「趙氏扶綏竜(ちょうしふすいりゅう)」の右上腕骨の化石。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020070705439

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘された竜脚類恐竜の肋骨の化石。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020070705440

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘された竜脚類恐竜の椎骨椎体の化石。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020070705406

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘された竜脚類恐竜の仙椎の化石。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020070705435

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘されたイグアノドンの大腿骨の化石。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020070705414

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘された竜脚類恐竜の肩甲骨の化石。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020070705422

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘された竜脚類恐竜の尺骨の化石。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020070705462

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘作業が行われている古生物化石層。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020070705333

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘された竜脚類恐竜の大腿骨の化石。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020070705310

    那派盆地で恐竜の4種の化石広西チワン族自治区  2日、発掘作業を終えた古生物化石発掘地点。中国広西チワン族自治区崇左市扶綏(ふすい)県山圩(さんう)鎮の那派盆地でこれまでに見つかった恐竜の化石は、竜脚類、獣脚類、鳥脚類、角竜類の4種の骨格の一部だったことが判明している。同盆地にある古生物化石産地は、白亜紀前期の脊椎動物の化石の主要産地の一つで、中国の「重点保護古生物化石集中産地」に指定されている。これまでに恐竜の肋骨や大腿骨、腓骨(ひこつ)、尾椎(びつい)などの化石数百点が見つかった。軟骨魚類や硬骨魚類、カメ類、ワニ類の骨や歯など、他の脊椎動物の化石も発掘されている。(南寧=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020070305362

    Mantis Clings to a Tree Branch July 1, 2020, Asuncion, Paraguay: A praying mantis clings to the branch of a sugar-apple (Annona squamosa) tree at backyard during a sunny winter day with temperatures around 16 degrees Celsius (61 degrees Fahrenheit) in Asuncion, Paraguay. (Credit Image: © Andre M. Chang/ZUMA Wire)、クレジット:©Andre M. Chang/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  23. 2020070305267

    Mantis Clings to a Tree Branch July 1, 2020, Asuncion, Paraguay: A praying mantis clings to the branch of a sugar-apple (Annona squamosa) tree at backyard during a sunny winter day with temperatures around 16 degrees Celsius (61 degrees Fahrenheit) in Asuncion, Paraguay. (Credit Image: © Andre M. Chang/ZUMA Wire)、クレジット:©Andre M. Chang/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  24. 2020070305408

    Mantis Clings to a Tree Branch July 1, 2020, Asuncion, Paraguay: A praying mantis clings to the branch of a sugar-apple (Annona squamosa) tree at backyard during a sunny winter day with temperatures around 16 degrees Celsius (61 degrees Fahrenheit) in Asuncion, Paraguay. (Credit Image: © Andre M. Chang/ZUMA Wire)、クレジット:©Andre M. Chang/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  25. 2020070305321

    Mantis Clings to a Tree Branch July 1, 2020, Asuncion, Paraguay: A praying mantis clings to the branch of a sugar-apple (Annona squamosa) tree at backyard during a sunny winter day with temperatures around 16 degrees Celsius (61 degrees Fahrenheit) in Asuncion, Paraguay. (Credit Image: © Andre M. Chang/ZUMA Wire)、クレジット:©Andre M. Chang/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  26. 2020070305465

    Mantis Clings to a Tree Branch July 1, 2020, Asuncion, Paraguay: A praying mantis clings to the branch of a sugar-apple (Annona squamosa) tree at backyard during a sunny winter day with temperatures around 16 degrees Celsius (61 degrees Fahrenheit) in Asuncion, Paraguay. (Credit Image: © Andre M. Chang/ZUMA Wire)、クレジット:©Andre M. Chang/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  27. 2020070305460

    Mantis Clings to a Tree Branch July 1, 2020, Asuncion, Paraguay: A praying mantis clings to the branch of a sugar-apple (Annona squamosa) tree at backyard during a sunny winter day with temperatures around 16 degrees Celsius (61 degrees Fahrenheit) in Asuncion, Paraguay. (Credit Image: © Andre M. Chang/ZUMA Wire)、クレジット:©Andre M. Chang/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  28. 2020070305326

    Mantis Clings to a Tree Branch July 1, 2020, Asuncion, Paraguay: A praying mantis clings to the branch of a sugar-apple (Annona squamosa) tree at backyard during a sunny winter day with temperatures around 16 degrees Celsius (61 degrees Fahrenheit) in Asuncion, Paraguay. (Credit Image: © Andre M. Chang/ZUMA Wire)、クレジット:©Andre M. Chang/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  29. 2020080303589

    野生の陸生脊椎動物、500種以上に増加北京市  北京市延慶区の松山国家級自然保護区で、赤外線カメラが捉えたイノシシ。(6月10日撮影)中国北京市ではここ数年、生態環境が継続的に改善するにつれ、野生動物の種類と数が増加している。同市園林緑化局が発表した最新のデータによると、野生の陸生脊椎動物の種類は500種以上にまで増加している。この中には、ミミキジやナベコウなど国家1級保護動物15種と、ゴーラルやクロヅル、オシドリといった国家2級保護動物66種が含まれている。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020080303715

    野生の陸生脊椎動物、500種以上に増加北京市  北京市延慶区の松山国家級自然保護区で、赤外線カメラが捉えたノロジカ。(6月9日撮影)中国北京市ではここ数年、生態環境が継続的に改善するにつれ、野生動物の種類と数が増加している。同市園林緑化局が発表した最新のデータによると、野生の陸生脊椎動物の種類は500種以上にまで増加している。この中には、ミミキジやナベコウなど国家1級保護動物15種と、ゴーラルやクロヅル、オシドリといった国家2級保護動物66種が含まれている。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020051800379

    Ixodes ricinus, European Castor Bean Tick An engorged tick is seen after it dropped off from a cat, May 14, 2020. The tick is a parasite that feeds on the blood of numerous vertebrates. When the tick sucks blood, its weight increases. When the tick is soaked, it drops off from the host. (CTK Photo/Libor Sojka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  32. 2020051800423

    Ixodes ricinus, European Castor Bean Tick An engorged tick is seen after it dropped off from a cat, May 14, 2020. The tick is a parasite that feeds on the blood of numerous vertebrates. When the tick sucks blood, its weight increases. When the tick is soaked, it drops off from the host. (CTK Photo/Libor Sojka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  33. 2020051101554

    Ixodes ricinus, European Castor Bean Tick An engorged tick is seen after it dropped off from a cat, May 5, 2020. The tick is a parasite that feeds on the blood of numerous vertebrates. When the tick sucks blood, its weight increases. When the tick is soaked, it drops off from the host. (CTK Photo/Libor Sojka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  34. 2020051101429

    Ixodes ricinus, European Castor Bean Tick An engorged tick is seen after it dropped off from a cat, May 5, 2020. The tick is a parasite that feeds on the blood of numerous vertebrates. When the tick sucks blood, its weight increases. When the tick is soaked, it drops off from the host. (CTK Photo/Libor Sojka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  35. 2020051101425

    Ixodes ricinus, European Castor Bean Tick An engorged tick is seen after it dropped off from a cat, May 5, 2020. The tick is a parasite that feeds on the blood of numerous vertebrates. When the tick sucks blood, its weight increases. When the tick is soaked, it drops off from the host. (CTK Photo/Libor Sojka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  36. 2020051101528

    Ixodes ricinus, European Castor Bean Tick An engorged tick is seen after it dropped off from a cat, May 5, 2020. The tick is a parasite that feeds on the blood of numerous vertebrates. When the tick sucks blood, its weight increases. When the tick is soaked, it drops off from the host. (CTK Photo/Libor Sojka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  37. 2020051101484

    Ixodes ricinus, European Castor Bean Tick An engorged tick is seen after it dropped off from a cat, May 5, 2020. The tick is a parasite that feeds on the blood of numerous vertebrates. When the tick sucks blood, its weight increases. When the tick is soaked, it drops off from the host. (CTK Photo/Libor Sojka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ 「CTK」

  38. 2020051103167

    「2019年北京市生態環境状況公報」発表重度大気汚染日はわずか4日  2013~19年の北京市におけるPM2・5(微小粒子状物質)の大気質レベルを示すカレンダー。各行は1年を表し、一番上の行が2013年、一番下の行が2019年を示す。大気質指数(AQI)の六つのレベルに基づき、緑が「1級」の「優」を表す。重度大気汚染日は、AQIが「5級」の「重度汚染」(赤)または「6級」の「深刻な汚染」(紫)を示す。(4月27日撮影)中国の北京市生態環境局は27日、「2019年北京市生態環境状況公報」を発表した。同公報によると、2019年の同市における重度の大気汚染を記録した日数は2013年から54日減少してわずか4日となり、大気質基準達成日数は同年から64日増加して240日となった。同局生態環境モニタリング処の劉煒(りゅう・い)処長によると、標高の高低差が2千メートルを超え、複雑な地形を有する同市は生物多様性に富んだ大都市で、これまでに497種の鳥類、198科1115属2917種の高等植物、4305種の脊椎動物と昆虫が確認されているという。(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020080303435

    野生の陸生脊椎動物、500種以上に増加北京市  北京市頤和園の昆明湖で羽を休めるコクチョウ。(4月11日撮影)中国北京市ではここ数年、生態環境が継続的に改善するにつれ、野生動物の種類と数が増加している。同市園林緑化局が発表した最新のデータによると、野生の陸生脊椎動物の種類は500種以上にまで増加している。この中には、ミミキジやナベコウなど国家1級保護動物15種と、ゴーラルやクロヅル、オシドリといった国家2級保護動物66種が含まれている。(北京=新華社記者/魏夢佳)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020080303633

    野生の陸生脊椎動物、500種以上に増加北京市  北京市延慶区の松山国家級自然保護区で、赤外線カメラが捉えたブタハナアナグマ。(3月23日撮影)中国北京市ではここ数年、生態環境が継続的に改善するにつれ、野生動物の種類と数が増加している。同市園林緑化局が発表した最新のデータによると、野生の陸生脊椎動物の種類は500種以上にまで増加している。この中には、ミミキジやナベコウなど国家1級保護動物15種と、ゴーラルやクロヅル、オシドリといった国家2級保護動物66種が含まれている。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020080303481

    野生の陸生脊椎動物、500種以上に増加北京市  北京市亜運村にある小さな湿地で撮影したマガモ。(3月23日撮影)中国北京市ではここ数年、生態環境が継続的に改善するにつれ、野生動物の種類と数が増加している。同市園林緑化局が発表した最新のデータによると、野生の陸生脊椎動物の種類は500種以上にまで増加している。この中には、ミミキジやナベコウなど国家1級保護動物15種と、ゴーラルやクロヅル、オシドリといった国家2級保護動物66種が含まれている。(北京=新華社配信/何建勇)=2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020051402412

    浙江省安吉県で準絶滅危惧種のアジアアナグマの撮影に成功  浙江省湖州市安吉県で、林の中を通り抜けるアジアアナグマ。(2019年10月16日、赤外線カメラによる撮影)中国浙江省湖州市の安吉県自然資源・計画局は、同県の野生動物資源基礎調査プロジェクトチームがこのほど、赤外線カメラの撮影データを整理したところ、アジアアナグマの写真と動画を確認したことを明らかにした。同省で二十年以上にわたって「失踪」していたアジアアナグマが、安吉県に姿を現した。今回が同省初となる野生のアジアアナグマの映像記録になるという。中国の南部各省に分布するアジアアナグマの個体数はすでに楽観できない状況にあり、旧環境保護部と中国科学院による2015年版「中国生物多様性レッドリスト―脊椎動物篇」では近危急種(NT、準絶滅危惧)に指定されている。(湖州=新華社配信)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020082001364

    Indonesia October 1, 2019, Indonesia: Close-up of an octopus, Octopus sp., Komodo National Park, Indonesia (Credit Image: © Andre Seale/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Andre Seale/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  44. 2020051402390

    浙江省安吉県で準絶滅危惧種のアジアアナグマの撮影に成功  浙江省湖州市安吉県で、林の中を通り抜けるアジアアナグマ。(2019年9月27日、赤外線カメラによる撮影)中国浙江省湖州市の安吉県自然資源・計画局は、同県の野生動物資源基礎調査プロジェクトチームがこのほど、赤外線カメラの撮影データを整理したところ、アジアアナグマの写真と動画を確認したことを明らかにした。同省で二十年以上にわたって「失踪」していたアジアアナグマが、安吉県に姿を現した。今回が同省初となる野生のアジアアナグマの映像記録になるという。中国の南部各省に分布するアジアアナグマの個体数はすでに楽観できない状況にあり、旧環境保護部と中国科学院による2015年版「中国生物多様性レッドリスト―脊椎動物篇」では近危急種(NT、準絶滅危惧)に指定されている。(湖州=新華社配信)=2019(令和元)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020070312694

    樹皮にとまるカブトムシ  キーワード:カエデ、カブトムシ、屋外、甲虫、昆虫、止まる、自然、樹皮、停まる、動物、日本、無人、無脊椎動物、雄、風景メイン写真=2019(令和元)年7月12日、神奈川県相模原市、クレジット:MASAHIRO_TSURUGI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ 「アマナイメージズ」

  46. 2020051103127

    「2019年北京市生態環境状況公報」発表重度大気汚染日はわずか4日  シフゾウの群れと湿地に生息するサギ科の鳥類。(2019年7月3日撮影)中国の北京市生態環境局は27日、「2019年北京市生態環境状況公報」を発表した。同公報によると、2019年の同市における重度の大気汚染を記録した日数は2013年から54日減少してわずか4日となり、大気質基準達成日数は同年から64日増加して240日となった。同局生態環境モニタリング処の劉煒(りゅう・い)処長によると、標高の高低差が2千メートルを超え、複雑な地形を有する同市は生物多様性に富んだ大都市で、これまでに497種の鳥類、198科1115属2917種の高等植物、4305種の脊椎動物と昆虫が確認されているという。(北京=新華社記者/倪元錦)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020070312652

    真竹の穂先にとまるササキリ  キーワード:ササキリ、バッタ、マダケ、メス、屋外、昆虫、止まる、自然、停まる、日本、穂先、無人、無脊椎動物、動植物メイン写真=2019(令和元)年6月29日、神奈川県相模原市、クレジット:MASAHIRO_TSURUGI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ 「アマナイメージズ」

  48. 2020070312783

    真竹の穂先にとまるトノサマバッタの幼虫  キーワード:トノサマバッタ、バッタ、マダケ、屋外、昆虫、止まる、自然、水滴、停まる、日本、穂先、無人、無脊椎動物、幼虫、動植物メイン写真=2019(令和元)年6月29日、神奈川県相模原市、クレジット:MASAHIRO_TSURUGI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ 「アマナイメージズ」

  49. 2020070312925

    竹(真竹)の穂先にとまるトノサマバッタの幼虫  キーワード:タケ、トノサマバッタ、バッタ、マダケ、屋外、昆虫、止まる、自然、水滴、停まる、動物、日本、穂先、無人、無脊椎動物、幼虫、動植物メイン写真=2019(令和元)年6月29日、神奈川県相模原市、クレジット:MASAHIRO_TSURUGI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ 「アマナイメージズ」

  50. 2020081903515

    Malaysia May 18, 2019, Malaysia: Flamboyant cuttlefish, Metasepia pfefferi, Kapalai House Reef, Kapalai, Malaysia (Credit Image: © Andre Seale/VW Pics via ZUMA Wire)、クレジット:©Andre Seale/VW Pics via ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像