検索結果 11 件中 1 件 〜 11 件 "臨城県西竪"
  1. 2020070705380

    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県  4日、テントの中で話し合う陳紹輝さんと合作社の組合員。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020070705416

    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県  4日、巣箱を作る陳紹輝さんと合作社の組合員。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020070705434

    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県  4日、濃度計を使って蜂蜜の濃度を測る陳紹輝さん。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070705408

    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県  4日、採蜜する陳紹輝さん。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070705415

    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県  4日、ミツバチの巣を巣箱に戻す陳紹輝さん。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070705374

    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県  4日、ミツバチの飼育状況を確認する陳紹輝さんと合作社の組合員。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070705394

    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県  4日、インターネットのライブ配信サイトで蜂蜜を販売する陳紹輝さんと合作社の組合員。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070705446

    太行山脈の奥地で花と蜂蜜を追う養蜂家河北省臨城県  4日、蜂蜜の出来具合を確認する陳紹輝さん。中国河北省邢台市臨城県西竪鎮の山南頭村に暮らす陳紹輝(ちん・しょうき)さん(39)は、16歳からミツバチの飼育を開始した。2009年に天恋養蜂合作社(協同組合)を率先して立ち上げると、地元の人たちに無料で養蜂技術を伝え、ミツバチが入った巣箱を提供し、採取された蜂蜜を最低保証価格で買い取った。合作社では現在、150世帯以上の組合員が加入し、巣箱1万個超のミツバチを育てている。今では合作社が生産する蜂蜜は、オンラインと実体店舗の両方で販売を行い、全国各地に販路を拡大している。陳さんの養蜂事業は、周辺の20世帯余りに貧困脱却と富をもたらした。(邢台=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020031200902

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県西竪鎮のアスパラガス栽培ハウスで農作業に励む「潤遠農作物栽培専業合作社」の職員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020031200795

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020031200798

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像