検索結果 146 件中 1 件 〜 50 件 "自治区フルンボイル"
  1. 2020091006255

    フルンボイル市で光の輪「日暈」が出現内モンゴル自治区  8日、内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の上空に出現した日暈。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区で8日早朝、太陽を囲む巨大な光の輪「日暈(にちうん)」が現れた。日暈は「白虹(はっこう)」ともいい、大気光学現象の一種。太陽の光が巻層雲を通り抜ける際、氷晶により屈折または反射することで発生する。今回の日暈は20分余り続いた。(フルンボイル=新華社記者/哈麗娜)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020091006272

    フルンボイル市で光の輪「日暈」が出現内モンゴル自治区  8日、内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の上空に出現した日暈。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区で8日早朝、太陽を囲む巨大な光の輪「日暈(にちうん)」が現れた。日暈は「白虹(はっこう)」ともいい、大気光学現象の一種。太陽の光が巻層雲を通り抜ける際、氷晶により屈折または反射することで発生する。今回の日暈は20分余り続いた。(フルンボイル=新華社記者/哈麗娜)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020091006220

    フルンボイル市で光の輪「日暈」が出現内モンゴル自治区  8日、内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区の上空に出現した日暈。中国内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区で8日早朝、太陽を囲む巨大な光の輪「日暈(にちうん)」が現れた。日暈は「白虹(はっこう)」ともいい、大気光学現象の一種。太陽の光が巻層雲を通り抜ける際、氷晶により屈折または反射することで発生する。今回の日暈は20分余り続いた。(フルンボイル=新華社記者/哈麗娜)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070900409

    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区  6日、特別列車K5117便の外で受験生の乗車を待つ鉄道スタッフ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080602024

    豊かな生命にあふれる夏の草原内モンゴル自治区  内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル(海拉爾)で、子馬を見守る母馬。(7月6日撮影)盛夏を迎えた中国内モンゴル自治区に広がる広大な草原では、子羊に乳を飲ませる母羊や、子馬と共に走る母馬などの姿があちこちで見られ、生命の輝きと活力にあふれている。(フフホト=新華社記者/賈立君)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070900211

    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区  6日、特別列車K5117便の車内でポーズを取る受験生。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070900359

    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区  6日、特別列車K5117便の車内から記念乗車券を見せる受験生。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070900362

    受験生運ぶ「高考」特別列車、18年連続運行内モンゴル自治区  6日、特別列車K5117便の記念乗車券。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗にある大楊樹駅から6日午前9時30分、検温と健康コードの読み取りを終えた500人以上の「高考(全国統一大学入試)」受験生を乗せた特別列車K5117便が出発、100キロ余り先、試験会場のある阿里河鎮へと向かった。中国鉄路ハルビン局集団は18年連続で特別列車を運行している。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060402122

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060402150

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品加工用の糸を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060402165

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(左)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060402092

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、制作技術について話し合うオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020060402152

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020060402164

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020060402172

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020060402081

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020060402160

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、毛皮・革製品を制作するオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020060402179

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、オロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さんが制作した作品。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020060402170

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020060402134

    伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020060508864

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020060508893

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスで栽培されているサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020060508843

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元の作業場でサケツバタケを加工する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020060508869

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/王雪氷)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020060508899

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020060508859

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020060508863

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元の加工工場に積まれたサケツバタケ。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/趙沢輝)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020060508822

    サケツバタケ栽培で貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  5月29日、地元のハウスでサケツバタケを収穫する従業員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市の杜克塔爾村で昨年から、食用きのこのサケツバタケを栽培することで貧困世帯の増収を後押ししている。村民の孟玲桃(もう・れいとう)さんによると、1ムー(約667平方メートル)当たりの生産量は年間2500キロ以上で、利益も従来栽培していたキクラゲの10倍になる。(フルンボイル=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019122603160

    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区  23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式で出し物を披露する人々。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019122603161

    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区  23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式で出し物を披露する人々。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019122603118

    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区  23日、開幕式後に格闘技「ブフ」の試合に参加した選手ら。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019122603112

    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区  23日、開幕式後に格闘技「ブフ」の試合に参加した選手ら。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019122603109

    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区  23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式で出し物を披露する人々。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019122603169

    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区  23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式で踊る人々。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019122603163

    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区  23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式で出し物を披露する人々。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019122603137

    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区  23日、開幕式終了後、記念写真に納まる出演者ら。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019122603134

    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区  23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式の火を祭る儀式。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019122603098

    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区  23日、開幕式後に格闘技「ブフ」の試合に参加した選手ら。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019122603097

    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区  23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式で出し物を披露する人々。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019122603113

    フルンボイル冬季ナーダム開幕内モンゴル自治区  23日、フルンボイル冬季ナーダム開幕式で出し物を披露する人々。中国内モンゴル自治区フルンボイル市陳バルグ旗で23日、2019フルンボイル冬季ナーダムが開幕した。ナーダムはモンゴル語で娯楽やゲームを意味する。開幕式では民族的な特色を持つ10演目が広々とした純白の雪原で披露され、人々の目を楽しませた。ナーダムは歴史ある伝統的な祭日で、モンゴル族の生活において重要な位置を占めている。(フルンボイル=新華社記者/徐欽)=2019(令和元)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019121702269

    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  11日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム外観。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019121702436

    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  11日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム外観。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019121702268

    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  11日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会のメインスタジアム外観。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019121600831

    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて  10日、無形文化遺産伝習所で皮でできた靴を見せるオロチョン族の男性。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019121600871

    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて  10日、無形文化遺産伝習所に展示されたオロチョン族の特色を持った帽子。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019121702440

    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019121600867

    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて  10日、無形文化遺産伝習所でオロチョン族の特色ある帽子をかぶせる同族の男性。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019121600868

    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて  10日、無形文化遺産伝習所で皮の加工技術を伝授するオロチョン族の老人(左)。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019121600827

    狩猟民の必需品を観光土産にオロチョン族の集落を訪ねて  10日、無形文化遺産伝習所で撮影した革の服に施された刺しゅう。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗の古里郷は、オロチョン族の狩猟民が暮らす集落の一つ。同地の無形文化遺産伝習所には、かつてオロチョン族が狩猟の際に冬の防寒具として着用していた毛皮の衣服や帽子が並び、今では観光客が買い求める手工芸品となっている。オロチョン族の人々が猟銃を手放し定住化するようになると、古里郷には無形文化遺産伝習所が設けられた。オロチョン族の老人が毛皮加工の技術を若い世代に伝え、また文化観光に活力を与える場所にもなっている。(オロチョン自治旗=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019121702267

    全国冬季スポーツ大会メインスタジアムが完成内モンゴル自治区  10日に撮影した第14回全国冬季スポーツ大会メインスタジアムのアイスホッケー会場。中国内モンゴル自治区で開催される第14回全国冬季スポーツ大会は、来年2月16日の開幕まであと60日余りとなった。同自治区フルンボイル市ハイラル区で建設中のメインスタジアムがこのほど完成した。建築スタイルは、万事めでたく順調に運ぶことを意味する「巻雲」とモンゴル族が歓迎や敬意を示す帯状の絹布「哈達(ハタ)」の二つの要素を強調し、際立った特徴と時代の息吹にあふれている。大会開幕式および全ての氷上競技が、このスタジアムで開催される予定。(フルンボイル=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像