検索結果 143 件中 1 件 〜 50 件 "自然保護区内"
  1. 2020081204683

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子でボートに乗って水域の様子を見回るゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020081204694

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  鳥類を観察するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020081204482

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  望遠鏡を使って鳥類を観察するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020081204614

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区を見回る同保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020081204435

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の牧畜民に鳥類の生息状況を聞く同保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020081204559

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  鳥類の個体群数を把握するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020081204548

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子で餌を探す鳥たち。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020081204562

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  事務室でゴビズキンカモメに関する資料を調べるゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020081204384

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子でボートに乗って水域の様子を見回るゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020081204551

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子でボートに乗って水域の様子を見回るゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020081204390

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  事務室で図鑑で調べ物をするゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020081204477

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  鳥類を観察するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020081204600

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区を車で見回る同保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020081204377

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子でボートに乗って水域の様子を見回るゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020081204473

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  空から見た桃力廟-アルシャー湾海子。(7月28日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020081204571

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  桃力廟-アルシャー湾海子でボートに乗って鳥類の様子を観察するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020081204414

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  事務室でゴビズキンカモメに関する資料を調べるゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020081204578

    ゴビズキンカモメの楽園、オルドス自然保護区内モンゴル自治区  展望塔から鳥類を観察するゴビズキンカモメ国家級自然保護区・東勝区管理所の任永奇(じん・えいき)所長。(7月28日撮影)中国内モンゴル自治区オルドス市にあるゴビズキンカモメ国家級自然保護区の中心は「桃力廟・アルシャー湾海子」と呼ばれる湿地で、内陸性のカモメ「ゴビズキンカモメ」が市内で最も集中して分布し、繁殖するエリアとなっている。ゴビズキンカモメは世界で絶滅が危惧されており、中国でも国家1級保護動物に指定されている。同保護区ではここ数年、生態保護の取り組みを強化しており、湿地の水域面積も拡大を続けている。統計によると、今年に入り同地で生息が確認された鳥類は40種類以上1万5千羽余り。うちゴビズキンカモメは2千羽余りで、これほどの多くの数が戻ってきたのは13年ぶりだという。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020071000124

    吉林省の自然保護区でコウライアイサを撮影  7日、長白山国家級自然保護区内の水場で泳ぐコウライアイサ。中国吉林省の長白山国家級自然保護区で7日、絶滅の危機に瀕しているカモ科の鳥、コウライアイサの姿がカメラに捉えられた。(安図=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020071000197

    吉林省の自然保護区でコウライアイサを撮影  7日、長白山国家級自然保護区内の水場で泳ぐコウライアイサ。中国吉林省の長白山国家級自然保護区で7日、絶滅の危機に瀕しているカモ科の鳥、コウライアイサの姿がカメラに捉えられた。(安図=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020071303963

    湖北省の国家級自然保護区、スナメリの個体数が約80頭に  スナメリの「貝貝(ベイベイ)」を検査する、湖北長江天鵝洲ヨウスコウカワイルカ国家級自然保護区の職員。(6月21日撮影)中国湖北省石首市に位置する湖北長江天鵝洲ヨウスコウカワイルカ国家級自然保護区では長江スナメリの生息域外保全の取り組みを30年以上続けており、すでに個体群を80頭規模にまで増やすことに成功している。網いけすの中で生まれた最初のスナメリ「貝貝(ベイベイ)」はこの夏、繁殖可能な状態となり、個体群の繁殖に参加させるため、すでに同自然保護区内を流れる長江の分流「天鵝洲故道」の自然水域に放たれている。同自然保護区が8日に開いた「天鵝洲における長江スナメリの生息域外保全30年会議」でわかった。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020071304177

    湖北省の国家級自然保護区、スナメリの個体数が約80頭に  スナメリの「娥娥(オーオー)」(左)と6月10日に生まれたスナメリ(右)。(6月20日撮影)中国湖北省石首市に位置する湖北長江天鵝洲ヨウスコウカワイルカ国家級自然保護区では長江スナメリの生息域外保全の取り組みを30年以上続けており、すでに個体群を80頭規模にまで増やすことに成功している。網いけすの中で生まれた最初のスナメリ「貝貝(ベイベイ)」はこの夏、繁殖可能な状態となり、個体群の繁殖に参加させるため、すでに同自然保護区内を流れる長江の分流「天鵝洲故道」の自然水域に放たれている。同自然保護区が8日に開いた「天鵝洲における長江スナメリの生息域外保全30年会議」でわかった。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020061905165

    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省  11日、大豊麋鹿国家級自然保護区内を移動するシフゾウの群れ。中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020061905276

    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省  10日、大豊麋鹿国家級自然保護区内のシフゾウの群れ。(小型無人機から)中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020061905128

    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省  10日、大豊麋鹿国家級自然保護区内を移動するシフゾウの群れ。(小型無人機から)中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020061503915

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  4日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区内を走るアジアノロバ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020061503934

    カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を訪ねて新疆ウイグル自治区  3日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区内を歩くモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部に位置するカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど絶滅の危機にある希少な野生有蹄類などの保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなど国家1級重点保護動物9種、コウジョウセンガゼルなど国家2級重点保護動物29種が生息している。中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では珍しい大型有蹄類野生動物自然保護区で、他に例のない生態的地位や種の多様性を備えており、乾燥地帯の遺伝子保護、生態、科学研究において高い価値を持つ。(アルタイ=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020061503903

    空から見たチョモランマチベット自治区  珠峰(チョモランマ)自然保護区内の湿地。(5月16日、小型無人機から)中国チベット自治区に位置するチョモランマ北稜では、生命の息を感じさせる麓の高原湿地、つづら折りの道、静かな村落、壮麗な絨布氷河、雪や氷の世界のようなべースキャンプなど、他にはない特別な風景を見ることができる。(ラサ=新華社記者/孫非)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020042709263

    「世界で最も神秘的な鳥」ハイナンミゾゴイ、広東省で確認  広東省で確認されたハイナンミゾゴイ。(4月撮影)中国広東省林業局は20日、同局職員が広東南嶺国家級自然保護区内の赤外線監視カメラで絶滅危惧種の鳥類、ハイナンミゾゴイ(Gorsachiusmagnificus)を確認したと発表した。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020042709218

    「世界で最も神秘的な鳥」ハイナンミゾゴイ、広東省で確認  広東省で確認されたハイナンミゾゴイ。(4月撮影)中国広東省林業局は20日、同局職員が広東南嶺国家級自然保護区内の赤外線監視カメラで絶滅危惧種の鳥類、ハイナンミゾゴイ(Gorsachiusmagnificus)を確認したと発表した。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020042709239

    「世界で最も神秘的な鳥」ハイナンミゾゴイ、広東省で確認  広東省で確認されたハイナンミゾゴイ。(4月撮影)中国広東省林業局は20日、同局職員が広東南嶺国家級自然保護区内の赤外線監視カメラで絶滅危惧種の鳥類、ハイナンミゾゴイ(Gorsachiusmagnificus)を確認したと発表した。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020042709240

    「世界で最も神秘的な鳥」ハイナンミゾゴイ、広東省で確認  広東省で確認されたハイナンミゾゴイ。(4月撮影)中国広東省林業局は20日、同局職員が広東南嶺国家級自然保護区内の赤外線監視カメラで絶滅危惧種の鳥類、ハイナンミゾゴイ(Gorsachiusmagnificus)を確認したと発表した。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年4月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020041403619

    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県  9日、吉林省白城市にある莫莫格国家級自然保護区内の湿地で羽を休める2羽のソリハシセイタカシギ。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020011603392

    優雅な冬の使者、オオハクチョウの群れが飛来山東省栄成市  11日、栄成大天鵝国家級自然保護区内の湖でエサを探すオオハクチョウの群れ。中国山東省栄成市には毎年10月から翌年3月にかけて、数千羽のオオハクチョウがシベリアなどから越冬のために次々と飛来する。同市は近年、オオハクチョウの生息地の環境を保護するため、湿地生態系の質的向上に取り組み続けてきた。今では中国におけるオオハクチョウの重要な越冬地および生息地となり、人と自然が調和的に共存する都市生態系を作り出している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020011603524

    優雅な冬の使者、オオハクチョウの群れが飛来山東省栄成市  11日、栄成大天鵝国家級自然保護区内の湖でエサを探すオオハクチョウの群れ。中国山東省栄成市には毎年10月から翌年3月にかけて、数千羽のオオハクチョウがシベリアなどから越冬のために次々と飛来する。同市は近年、オオハクチョウの生息地の環境を保護するため、湿地生態系の質的向上に取り組み続けてきた。今では中国におけるオオハクチョウの重要な越冬地および生息地となり、人と自然が調和的に共存する都市生態系を作り出している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020011603470

    優雅な冬の使者、オオハクチョウの群れが飛来山東省栄成市  11日、栄成大天鵝国家級自然保護区内の湖でエサを探すオオハクチョウの群れ。中国山東省栄成市には毎年10月から翌年3月にかけて、数千羽のオオハクチョウがシベリアなどから越冬のために次々と飛来する。同市は近年、オオハクチョウの生息地の環境を保護するため、湿地生態系の質的向上に取り組み続けてきた。今では中国におけるオオハクチョウの重要な越冬地および生息地となり、人と自然が調和的に共存する都市生態系を作り出している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020011603435

    優雅な冬の使者、オオハクチョウの群れが飛来山東省栄成市  11日、栄成大天鵝国家級自然保護区内の湖でエサを探すオオハクチョウの群れ。中国山東省栄成市には毎年10月から翌年3月にかけて、数千羽のオオハクチョウがシベリアなどから越冬のために次々と飛来する。同市は近年、オオハクチョウの生息地の環境を保護するため、湿地生態系の質的向上に取り組み続けてきた。今では中国におけるオオハクチョウの重要な越冬地および生息地となり、人と自然が調和的に共存する都市生態系を作り出している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020011005886

    水中の天使、スナメリの生息地を訪ねて安徽省銅陵市  水の中で戯れるスナメリ。(資料写真)長江の中・下流域に生息する水生哺乳動物スナメリは、中国では「長江江豚」と呼ばれ、「国家2級重点保護野生動物」に指定されており、長江の淡水生態系を代表する動物の一つ。現在、長江の安徽省銅陵市内水域では、比較的安定したスナメリの個体群が維持されている。最新のデータによると、「銅陵淡水豚国家級自然保護区」内の水域では、スナメリの個体数が長期にわたり40~50頭に保たれている。(銅陵=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020011005888

    水中の天使、スナメリの生息地を訪ねて安徽省銅陵市  安徽省の「銅陵淡水豚国家級自然保護区」で、スナメリ親子の泳ぐ姿を眺める観光客。(2019年11月28日撮影)長江の中・下流域に生息する水生哺乳動物スナメリは、中国では「長江江豚」と呼ばれ、「国家2級重点保護野生動物」に指定されており、長江の淡水生態系を代表する動物の一つ。現在、長江の安徽省銅陵市内水域では、比較的安定したスナメリの個体群が維持されている。最新のデータによると、「銅陵淡水豚国家級自然保護区」内の水域では、スナメリの個体数が長期にわたり40~50頭に保たれている。(銅陵=新華社配信/過仕寧)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019102304894

    秋深まる黄河河口に広がる自然の美山東省  17日、黄河河口の自然景観。(小型無人機から)中国山東省の黄河三角洲国家級自然保護区内に位置する黄河の河口では晩秋を迎え、水草が豊かに生い茂る水辺に渡り鳥の大群が訪れ始めており、河口付近に群生するマツナが真っ赤に色づいた様子はまるで赤いビーチのようで、独特の景観を見せている。(東営=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019102305045

    秋深まる黄河河口に広がる自然の美山東省  17日、黄河河口の自然景観。(小型無人機から)中国山東省の黄河三角洲国家級自然保護区内に位置する黄河の河口では晩秋を迎え、水草が豊かに生い茂る水辺に渡り鳥の大群が訪れ始めており、河口付近に群生するマツナが真っ赤に色づいた様子はまるで赤いビーチのようで、独特の景観を見せている。(東営=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019102304621

    秋深まる黄河河口に広がる自然の美山東省  17日、黄河河口の「赤いビーチ」の自然景観。(小型無人機から)中国山東省の黄河三角洲国家級自然保護区内に位置する黄河の河口では晩秋を迎え、水草が豊かに生い茂る水辺に渡り鳥の大群が訪れ始めており、河口付近に群生するマツナが真っ赤に色づいた様子はまるで赤いビーチのようで、独特の景観を見せている。(東営=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019102304946

    秋深まる黄河河口に広がる自然の美山東省  17日、黄河河口の「赤いビーチ」の自然景観。(小型無人機から)中国山東省の黄河三角洲国家級自然保護区内に位置する黄河の河口では晩秋を迎え、水草が豊かに生い茂る水辺に渡り鳥の大群が訪れ始めており、河口付近に群生するマツナが真っ赤に色づいた様子はまるで赤いビーチのようで、独特の景観を見せている。(東営=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019102304959

    秋深まる黄河河口に広がる自然の美山東省  17日、黄河河口の「赤いビーチ」の自然景観。(小型無人機から)中国山東省の黄河三角洲国家級自然保護区内に位置する黄河の河口では晩秋を迎え、水草が豊かに生い茂る水辺に渡り鳥の大群が訪れ始めており、河口付近に群生するマツナが真っ赤に色づいた様子はまるで赤いビーチのようで、独特の景観を見せている。(東営=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019102304563

    秋深まる黄河河口に広がる自然の美山東省  17日、黄河河口の自然景観。中国山東省の黄河三角洲国家級自然保護区内に位置する黄河の河口では晩秋を迎え、水草が豊かに生い茂る水辺に渡り鳥の大群が訪れ始めており、河口付近に群生するマツナが真っ赤に色づいた様子はまるで赤いビーチのようで、独特の景観を見せている。(東営=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019102304861

    秋深まる黄河河口に広がる自然の美山東省  17日、黄河河口の自然景観。中国山東省の黄河三角洲国家級自然保護区内に位置する黄河の河口では晩秋を迎え、水草が豊かに生い茂る水辺に渡り鳥の大群が訪れ始めており、河口付近に群生するマツナが真っ赤に色づいた様子はまるで赤いビーチのようで、独特の景観を見せている。(東営=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019102304876

    秋深まる黄河河口に広がる自然の美山東省  17日、黄河河口の自然景観。中国山東省の黄河三角洲国家級自然保護区内に位置する黄河の河口では晩秋を迎え、水草が豊かに生い茂る水辺に渡り鳥の大群が訪れ始めており、河口付近に群生するマツナが真っ赤に色づいた様子はまるで赤いビーチのようで、独特の景観を見せている。(東営=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019102305037

    秋深まる黄河河口に広がる自然の美山東省  17日、黄河河口の「赤いビーチ」の自然景観。(小型無人機から)中国山東省の黄河三角洲国家級自然保護区内に位置する黄河の河口では晩秋を迎え、水草が豊かに生い茂る水辺に渡り鳥の大群が訪れ始めており、河口付近に群生するマツナが真っ赤に色づいた様子はまるで赤いビーチのようで、独特の景観を見せている。(東営=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019102305044

    秋深まる黄河河口に広がる自然の美山東省  17日、黄河河口の自然景観。(小型無人機から)中国山東省の黄河三角洲国家級自然保護区内に位置する黄河の河口では晩秋を迎え、水草が豊かに生い茂る水辺に渡り鳥の大群が訪れ始めており、河口付近に群生するマツナが真っ赤に色づいた様子はまるで赤いビーチのようで、独特の景観を見せている。(東営=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019102104077

    豊かな自然を活かした産業で貧困脱却湖南省常徳市  15日、烏雲界国家級自然保護区内にあるキウイフルーツモデル基地。(小型無人機から)中国湖南省常徳市桃源県楊渓橋鎮煌山(こうざん)村は、烏雲界国家級自然保護区に位置する。村には百年以上にわたる金採掘の歴史があるが、生態環境保護のため、近年は坑道が閉鎖され樹木の伐採や放牧が一定期間禁止されている。貧困問題を解決するため、同村では地元の美しい環境、豊かな自然を生かし、キウイフルーツの栽培、養蜂、黄牛の繁殖といった産業を積極的に展開することで、村人の収入を大幅に増加させ、貧困救済の道を切り開いている。(常徳=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像