検索結果 130 件中 1 件 〜 50 件 "自然保護区管理"
  1. 2020080507876

    蛇島を訪ねて遼寧省大連市  マムシについて説明する遼寧省蛇島老鉄山国家級自然保護区管理局科学研究科の王小平(おう・しょうへい)科長。(6月16日撮影)中国遼寧省大連市旅順口区の北西、渤海に浮かぶ蛇島は、最寄りの陸地から7カイリ離れた地点にある。島は全長約1500メートル、幅約800メートルで、200種余りの植物が生い茂っている。(大連=新華社記者/竜雷)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020062204649

    ユキヒョウ観測、全生息地をカバー四川省臥竜自然保護区  赤外線カメラで撮影したユキヒョウ。(資料写真)中国四川省の臥竜国家級自然保護区管理局がこのほど、2020年の最新のユキヒョウ観測状況を発表した。同保護区は赤外線カメラ120台を新たに追加、それによりカバーする観測地の面積は1200平方キロメートルに達した。潜在的なものも含めたユキヒョウの生息地を網羅しており、観測と調査の程度は全国上位となっている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020062204689

    ユキヒョウ観測、全生息地をカバー四川省臥竜自然保護区  赤外線カメラで撮影したユキヒョウ。(資料写真)中国四川省の臥竜国家級自然保護区管理局がこのほど、2020年の最新のユキヒョウ観測状況を発表した。同保護区は赤外線カメラ120台を新たに追加、それによりカバーする観測地の面積は1200平方キロメートルに達した。潜在的なものも含めたユキヒョウの生息地を網羅しており、観測と調査の程度は全国上位となっている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020062204659

    ユキヒョウ観測、全生息地をカバー四川省臥竜自然保護区  赤外線カメラで撮影したユキヒョウ。(資料写真)中国四川省の臥竜国家級自然保護区管理局がこのほど、2020年の最新のユキヒョウ観測状況を発表した。同保護区は赤外線カメラ120台を新たに追加、それによりカバーする観測地の面積は1200平方キロメートルに達した。潜在的なものも含めたユキヒョウの生息地を網羅しており、観測と調査の程度は全国上位となっている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020062204664

    ユキヒョウ観測、全生息地をカバー四川省臥竜自然保護区  赤外線カメラで撮影したユキヒョウ。(資料写真)中国四川省の臥竜国家級自然保護区管理局がこのほど、2020年の最新のユキヒョウ観測状況を発表した。同保護区は赤外線カメラ120台を新たに追加、それによりカバーする観測地の面積は1200平方キロメートルに達した。潜在的なものも含めたユキヒョウの生息地を網羅しており、観測と調査の程度は全国上位となっている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020062204678

    ユキヒョウ観測、全生息地をカバー四川省臥竜自然保護区  赤外線カメラで撮影したユキヒョウ。(資料写真)中国四川省の臥竜国家級自然保護区管理局がこのほど、2020年の最新のユキヒョウ観測状況を発表した。同保護区は赤外線カメラ120台を新たに追加、それによりカバーする観測地の面積は1200平方キロメートルに達した。潜在的なものも含めたユキヒョウの生息地を網羅しており、観測と調査の程度は全国上位となっている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020062204711

    ユキヒョウ観測、全生息地をカバー四川省臥竜自然保護区  赤外線カメラで撮影したユキヒョウ。(資料写真)中国四川省の臥竜国家級自然保護区管理局がこのほど、2020年の最新のユキヒョウ観測状況を発表した。同保護区は赤外線カメラ120台を新たに追加、それによりカバーする観測地の面積は1200平方キロメートルに達した。潜在的なものも含めたユキヒョウの生息地を網羅しており、観測と調査の程度は全国上位となっている。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020061503184

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  岳陽市内の洞庭湖エリアでシフゾウの個体数などを調査するシフゾウ調査・パトロール小分隊のメンバー。(5月27日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020061503224

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  望遠鏡でシフゾウの姿を探すシフゾウ調査・パトロール小分隊のメンバー。(5月27日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020061503173

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  望遠鏡でシフゾウの姿を探すシフゾウ調査・パトロール小分隊のメンバー。(5月27日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020061503229

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  蒸し暑く太陽が照り付ける中、シフゾウ調査に取り組む専門家ら。(5月27日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/王昕怡)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020061503253

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  小川のほとりを歩く雄のシフゾウ。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/王昕怡)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020061503196

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  東洞庭湖シフゾウ・鳥類救助避難センターで暮らす雄のシフゾウ。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/史衛燕)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020061503297

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  東洞庭湖シフゾウ・鳥類救助避難センターの敷地内の小川で水を飲む雄のシフゾウ。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020061503170

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  東洞庭湖シフゾウ・鳥類救助避難センターで、シフゾウと共に暮らすダチョウのひな。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/王昕怡)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020061503186

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  東洞庭湖シフゾウ・鳥類救助避難センターの敷地内で餌を探すシフゾウの群れ。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020061503276

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  東洞庭湖シフゾウ・鳥類救助避難センターで暮らす雄のシフゾウ。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/王昕怡)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020061503249

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  東洞庭湖シフゾウ・鳥類救助避難センターの入り口。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020061503240

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  東洞庭湖シフゾウ・鳥類救助避難センターで暮らす雄のシフゾウ。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020061503293

    洞庭湖周辺で進むシフゾウ保護湖南省岳陽市  東洞庭湖シフゾウ・鳥類救助避難センターで水を飲む雄のシフゾウ。(5月26日撮影)中国湖南省岳陽市の東洞庭湖国家級自然保護区管理局はこのほど、東洞庭湖シフゾウ保護協会などの民間組織と共同で、今年2回目のシフゾウ調査・パトロール活動を実施した。シフゾウは国家1級保護動物に指定されたシカ科の動物で、今回の活動は主に、湿地に生息するシフゾウの個体数や繁殖状況、個体群の成長状況を調査することを目的とした。(長沙=新華社配信/王昕怡)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020033100801

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  20日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020033100741

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  20日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020033100743

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  20日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020032425667

    希少なイヌガヤの野生群落を発見湖南省綏寧県  19日、雨露を受け、勢いよく成長する篦子三尖杉。中国湖南省邵陽市綏寧(すいねい)県にある黄桑国家級自然保護区管理処の職員がこのほど、希少植物資源を調査した際に、絶滅の危機が高まっている希少なイヌガヤ属の篦子三尖杉(学名:CephalotaxusoliveriMast)の野生群落を初めて発見した。(邵陽=新華社配信/劉宗平)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020032425750

    希少なイヌガヤの野生群落を発見湖南省綏寧県  19日、野生群落で最大の篦子三尖杉。高さ約6メートル、胸高直径約14センチとなっている。中国湖南省邵陽市綏寧(すいねい)県にある黄桑国家級自然保護区管理処の職員がこのほど、希少植物資源を調査した際に、絶滅の危機が高まっている希少なイヌガヤ属の篦子三尖杉(学名:CephalotaxusoliveriMast)の野生群落を初めて発見した。(邵陽=新華社配信/竜景波)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020032425761

    希少なイヌガヤの野生群落を発見湖南省綏寧県  19日、開花した篦子三尖杉。中国湖南省邵陽市綏寧(すいねい)県にある黄桑国家級自然保護区管理処の職員がこのほど、希少植物資源を調査した際に、絶滅の危機が高まっている希少なイヌガヤ属の篦子三尖杉(学名:CephalotaxusoliveriMast)の野生群落を初めて発見した。(邵陽=新華社配信/竜景波)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020032425687

    希少なイヌガヤの野生群落を発見湖南省綏寧県  19日、希少な危急種の植物である篦子三尖杉の野生群落を調査する黄桑国家級自然保護区管理処の職員。中国湖南省邵陽市綏寧(すいねい)県にある黄桑国家級自然保護区管理処の職員がこのほど、希少植物資源を調査した際に、絶滅の危機が高まっている希少なイヌガヤ属の篦子三尖杉(学名:CephalotaxusoliveriMast)の野生群落を初めて発見した。(邵陽=新華社配信/劉宗平)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020032425595

    希少なイヌガヤの野生群落を発見湖南省綏寧県  19日、水辺で枝葉を茂らせる篦子三尖杉。中国湖南省邵陽市綏寧(すいねい)県にある黄桑国家級自然保護区管理処の職員がこのほど、希少植物資源を調査した際に、絶滅の危機が高まっている希少なイヌガヤ属の篦子三尖杉(学名:CephalotaxusoliveriMast)の野生群落を初めて発見した。(邵陽=新華社配信/竜景波)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020032000490

    Expert meeting of the representatives of the tourism authorities of the BRICS countries 18.03.2020 Demyan Smilevets, Deputy Director of the Nature Reserve Management Information and Analytics Center, at the expert meeting of the representatives of the tourism authorities of the BRICS countries. Evgeny Biyatov / Photohost agency brics-russia2020.ru、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  30. 2020032000432

    Expert meeting of the representatives of the tourism authorities of the BRICS countries 18.03.2020 Demyan Smilevets, Deputy Director of the Nature Reserve Management Information and Analytics Center, at the expert meeting of the representatives of the tourism authorities of the BRICS countries. Evgeny Biyatov / Photohost agency brics-russia2020.ru、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  31. 2020033100745

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  14日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020033100717

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  14日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020033100709

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  14日、洞庭湖の上空を舞う水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020033100760

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  11日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020033100766

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  11日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020033100728

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  11日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020033100642

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  10日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020033100658

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  10日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020033100749

    洞庭湖で11万羽以上の渡り鳥を確認  10日、洞庭湖で撮影した水鳥。中国湖南省の洞庭湖畔は3月、同地で越冬した渡り鳥が北へ飛び立つ季節を迎える。同省東洞庭湖国家級自然保護区管理局などによると、洞庭湖を囲む地域の春期渡り鳥調査がこのほど終了し、洞庭湖地区で越冬する水鳥が計11万5942羽確認された。このうち絶滅危惧種のカリガネは1万2428羽で、昨年の同じ時期と比べて明らかに増加した。(長沙=新華社配信/石述威)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019120604410

    雲南省で絶滅危惧植物のアラカシ2種の群落を発見  11月9日、今回の調査で見つかった盈江青岡の枝葉と成熟前の果実。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の銅壁関省級自然保護区管理保護局と中国科学院上海辰山植物科学研究センターによると、同自治州内でブナ科植物の調査を行った研究員が、保護区の大娘山片区と蘇典片区で比較的数が多く保存状態も良好で、原生に近い生息環境で自然更新しているブナ科コナラ属アラカシ亜属の希少種、毛脈青岡(Cyclobalanopsistomentosinervis)と盈江青岡(Cyclobalanopsisyingjiangensis)の野生群落を発見した。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019120604484

    雲南省で絶滅危惧植物のアラカシ2種の群落を発見  11月7日、今回の調査で見つかった毛脈青岡の果実。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の銅壁関省級自然保護区管理保護局と中国科学院上海辰山植物科学研究センターによると、同自治州内でブナ科植物の調査を行った研究員が、保護区の大娘山片区と蘇典片区で比較的数が多く保存状態も良好で、原生に近い生息環境で自然更新しているブナ科コナラ属アラカシ亜属の希少種、毛脈青岡(Cyclobalanopsistomentosinervis)と盈江青岡(Cyclobalanopsisyingjiangensis)の野生群落を発見した。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019120604401

    雲南省で絶滅危惧植物のアラカシ2種の群落を発見  11月7日、今回の調査で見つかった毛脈青岡の枝と葉。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の銅壁関省級自然保護区管理保護局と中国科学院上海辰山植物科学研究センターによると、同自治州内でブナ科植物の調査を行った研究員が、保護区の大娘山片区と蘇典片区で比較的数が多く保存状態も良好で、原生に近い生息環境で自然更新しているブナ科コナラ属アラカシ亜属の希少種、毛脈青岡(Cyclobalanopsistomentosinervis)と盈江青岡(Cyclobalanopsisyingjiangensis)の野生群落を発見した。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019120604426

    雲南省で絶滅危惧植物のアラカシ2種の群落を発見  11月6日、今回の調査で見つかった毛脈青岡。中国雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州の銅壁関省級自然保護区管理保護局と中国科学院上海辰山植物科学研究センターによると、同自治州内でブナ科植物の調査を行った研究員が、保護区の大娘山片区と蘇典片区で比較的数が多く保存状態も良好で、原生に近い生息環境で自然更新しているブナ科コナラ属アラカシ亜属の希少種、毛脈青岡(Cyclobalanopsistomentosinervis)と盈江青岡(Cyclobalanopsisyingjiangensis)の野生群落を発見した。(昆明=新華社配信)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019100101738

    中国最大の塩水湖、生態環境が改善青海湖  25日、青海湖北岸の青海省海北チベット族自治州海晏県甘子河郷にある褡褳湖湿地。中国最大の塩水湖、青海湖ではここ数年、降水量の増加と一連の生態環境修復プロジェクトにより、水位が上昇し続け、生態系が改善されている。青海湖国家級自然保護区管理局のスタッフがこのほど、鳥類に対する秋期巡回モニタリングを実施し、「魚と鳥が共生する」湖の美しい自然景観を確認した。(西寧=新華社記者/李琳海)=2019(令和元)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019100101744

    中国最大の塩水湖、生態環境が改善青海湖  24日、青海湖鳥島から撮影した海西皮山。中国最大の塩水湖、青海湖ではここ数年、降水量の増加と一連の生態環境修復プロジェクトにより、水位が上昇し続け、生態系が改善されている。青海湖国家級自然保護区管理局のスタッフがこのほど、鳥類に対する秋期巡回モニタリングを実施し、「魚と鳥が共生する」湖の美しい自然景観を確認した。(西寧=新華社記者/李琳海)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019100101745

    中国最大の塩水湖、生態環境が改善青海湖  23日、青海省海南チベット族自治州共和県の青海湖畔。中国最大の塩水湖、青海湖ではここ数年、降水量の増加と一連の生態環境修復プロジェクトにより、水位が上昇し続け、生態系が改善されている。青海湖国家級自然保護区管理局のスタッフがこのほど、鳥類に対する秋期巡回モニタリングを実施し、「魚と鳥が共生する」湖の美しい自然景観を確認した。(西寧=新華社記者/李琳海)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019100101747

    中国最大の塩水湖、生態環境が改善青海湖  23日、青海省海南チベット族自治州共和県の青海湖畔で草を食べる馬。中国最大の塩水湖、青海湖ではここ数年、降水量の増加と一連の生態環境修復プロジェクトにより、水位が上昇し続け、生態系が改善されている。青海湖国家級自然保護区管理局のスタッフがこのほど、鳥類に対する秋期巡回モニタリングを実施し、「魚と鳥が共生する」湖の美しい自然景観を確認した。(西寧=新華社記者/李琳海)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019100101857

    中国最大の塩水湖、生態環境が改善青海湖  23日、水位の上昇により水没した青海湖鳥島の船着き場。中国最大の塩水湖、青海湖ではここ数年、降水量の増加と一連の生態環境修復プロジェクトにより、水位が上昇し続け、生態系が改善されている。青海湖国家級自然保護区管理局のスタッフがこのほど、鳥類に対する秋期巡回モニタリングを実施し、「魚と鳥が共生する」湖の美しい自然景観を確認した。(西寧=新華社記者/李琳海)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019100101750

    中国最大の塩水湖、生態環境が改善青海湖  23日、青海湖畔で鳥類を観測する青海湖国家級自然保護区管理局のスタッフ。中国最大の塩水湖、青海湖ではここ数年、降水量の増加と一連の生態環境修復プロジェクトにより、水位が上昇し続け、生態系が改善されている。青海湖国家級自然保護区管理局のスタッフがこのほど、鳥類に対する秋期巡回モニタリングを実施し、「魚と鳥が共生する」湖の美しい自然景観を確認した。(西寧=新華社記者/李琳海)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019100101713

    中国最大の塩水湖、生態環境が改善青海湖  23日、青海湖鳥島から撮影した鸕鷀(ろじ)島。中国最大の塩水湖、青海湖ではここ数年、降水量の増加と一連の生態環境修復プロジェクトにより、水位が上昇し続け、生態系が改善されている。青海湖国家級自然保護区管理局のスタッフがこのほど、鳥類に対する秋期巡回モニタリングを実施し、「魚と鳥が共生する」湖の美しい自然景観を確認した。(西寧=新華社記者/李琳海)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像