検索結果 1,353 件中 1 件 〜 50 件 "色とりどり"
  1. 2020091608691

    名古屋テレビ塔、一新 テレビ塔のライトアップ  色とりどりにライトアップされた「名古屋テレビ塔」=16日夜、名古屋市

  2. 2020091608682

    名古屋テレビ塔、一新 ライトアップのテレビ塔  色とりどりにライトアップされた「名古屋テレビ塔」=16日夜、名古屋市

  3. 2020091006372

    豪華  タイ中部チョンブリ県の動物園で、餌を食べるカバ。誕生日だそうで、色とりどりの野菜や果物が華やか。(ロイター=共同) 「海外フォト」

  4. 2020080900373

    不戦の火、物言わぬ語り部 折り鶴で彩られた灯火台  色とりどりの折り鶴で飾られた「長崎を最後の被爆地とする誓いの火」の灯火台=9日午後、長崎市 「核の75年」

  5. 2020080601894

    装飾  パキスタン・カラチの海辺でラクダに乗る観光客。色とりどりの装飾です。(ゲッティ=共同) 「海外フォト」

  6. 2020080100575

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  塔身に施された瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020080100556

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  飛虹塔は八角十三層で、高さ47・31メートル。塔身は青れんが造りで、各層に軒がある。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020080100515

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  そよ風に涼やかな音を奏でる軒隅の風鐸(ふうたく)。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020080100468

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  山西省臨汾市洪洞県の広勝寺にそびえる美しい瑠璃塔「飛虹塔」。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020080100602

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  美しい花の瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020080100506

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  長い年月を経てもなお、往時の彩りを残す瑠璃装飾。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020080100617

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  塔の最上部を飾る鉄製の相輪(そうりん)。風磨銅と呼ばれる銅の装飾をはめ込んでいる。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020080100586

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  精緻で美しい塔身の装飾。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020080100688

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  精緻を極める塔身の瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020080100548

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  精緻を極める塔身の瑠璃装飾。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020080100655

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  塔身が黄、緑、青色の瑠璃瓦で装飾された飛虹塔。(資料写真、小型無人機から)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020080100651

    世界一高い瑠璃塔広勝寺の飛虹塔  隅棟に施された仙人の瑠璃装飾。(資料写真)中国山西省臨汾(りんふん)市洪洞県から北東に17キロ離れた霍山(かくざん)の南麓に、楼閣式の仏塔「飛虹塔」で知られる広勝寺がある。飛虹塔は八角十三層で、高さは47・31メートル。全体が色とりどりの瑠璃瓦で装飾された中国を代表する瑠璃塔で、明の正徳10(1515)年から嘉靖6(1527)年にかけて建造された。2018年8月29日に世界記録認証機構(WRCA)から「世界一高い色彩豊かな瑠璃塔」に認定されている。(臨汾=新華社配信/付宇鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020073006232

    夏に映える色とりどりの張掖世界ジオパーク甘粛省  27日、張掖世界ジオパークにある七彩丹霞風景区の景観。(小型無人機から)本格的な夏となり、中国甘粛省張掖(ちょうえき)市にある張掖世界ジオパークは、最も美しい季節を迎えている。同パークの最も顕著な特徴は、色とりどりの褶曲(しゅうきょく)した泥岩と砂岩で構成される彩色丘陵地形の他に、自然浸食により山の上に形成された「格子状」で「宮殿式」の丹霞地形(赤い堆積岩からなる地形)と古代の海洋地殻の残骸、九個泉オフィオライト岩石群を有する点にある。同パークは7日、フランスのパリで開催された第209回国連教育科学文化機関(ユネスコ)執行委員会において、ユネスコ世界ジオパークに正式に認定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020073006226

    夏に映える色とりどりの張掖世界ジオパーク甘粛省  27日、張掖世界ジオパークにある七彩丹霞風景区の景観。(小型無人機から)本格的な夏となり、中国甘粛省張掖(ちょうえき)市にある張掖世界ジオパークは、最も美しい季節を迎えている。同パークの最も顕著な特徴は、色とりどりの褶曲(しゅうきょく)した泥岩と砂岩で構成される彩色丘陵地形の他に、自然浸食により山の上に形成された「格子状」で「宮殿式」の丹霞地形(赤い堆積岩からなる地形)と古代の海洋地殻の残骸、九個泉オフィオライト岩石群を有する点にある。同パークは7日、フランスのパリで開催された第209回国連教育科学文化機関(ユネスコ)執行委員会において、ユネスコ世界ジオパークに正式に認定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020073006156

    夏に映える色とりどりの張掖世界ジオパーク甘粛省  27日、張掖世界ジオパークにある七彩丹霞風景区の景観。(小型無人機から)本格的な夏となり、中国甘粛省張掖(ちょうえき)市にある張掖世界ジオパークは、最も美しい季節を迎えている。同パークの最も顕著な特徴は、色とりどりの褶曲(しゅうきょく)した泥岩と砂岩で構成される彩色丘陵地形の他に、自然浸食により山の上に形成された「格子状」で「宮殿式」の丹霞地形(赤い堆積岩からなる地形)と古代の海洋地殻の残骸、九個泉オフィオライト岩石群を有する点にある。同パークは7日、フランスのパリで開催された第209回国連教育科学文化機関(ユネスコ)執行委員会において、ユネスコ世界ジオパークに正式に認定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020073006210

    夏に映える色とりどりの張掖世界ジオパーク甘粛省  27日、張掖世界ジオパークにある七彩丹霞風景区の景観。(小型無人機から)本格的な夏となり、中国甘粛省張掖(ちょうえき)市にある張掖世界ジオパークは、最も美しい季節を迎えている。同パークの最も顕著な特徴は、色とりどりの褶曲(しゅうきょく)した泥岩と砂岩で構成される彩色丘陵地形の他に、自然浸食により山の上に形成された「格子状」で「宮殿式」の丹霞地形(赤い堆積岩からなる地形)と古代の海洋地殻の残骸、九個泉オフィオライト岩石群を有する点にある。同パークは7日、フランスのパリで開催された第209回国連教育科学文化機関(ユネスコ)執行委員会において、ユネスコ世界ジオパークに正式に認定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020073006273

    夏に映える色とりどりの張掖世界ジオパーク甘粛省  27日、張掖世界ジオパークにある七彩丹霞風景区の景観。本格的な夏となり、中国甘粛省張掖(ちょうえき)市にある張掖世界ジオパークは、最も美しい季節を迎えている。同パークの最も顕著な特徴は、色とりどりの褶曲(しゅうきょく)した泥岩と砂岩で構成される彩色丘陵地形の他に、自然浸食により山の上に形成された「格子状」で「宮殿式」の丹霞地形(赤い堆積岩からなる地形)と古代の海洋地殻の残骸、九個泉オフィオライト岩石群を有する点にある。同パークは7日、フランスのパリで開催された第209回国連教育科学文化機関(ユネスコ)執行委員会において、ユネスコ世界ジオパークに正式に認定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020073006227

    夏に映える色とりどりの張掖世界ジオパーク甘粛省  27日、張掖世界ジオパークにある七彩丹霞風景区の景観。本格的な夏となり、中国甘粛省張掖(ちょうえき)市にある張掖ジオパークは、最も美しい季節を迎えている。同パークの最も顕著な特徴は、色とりどりの褶曲(しゅうきょく)した泥岩と砂岩で構成される彩色丘陵地形の他に、自然浸食により山の上に形成された「格子状」で「宮殿式」の丹霞地形(赤い堆積岩からなる地形)と古代の海洋地殻の残骸、九個泉オフィオライト岩石群を有する点にある。同パークは7日、フランスのパリで開催された第209回国連教育科学文化機関(ユネスコ)執行委員会において、ユネスコ世界ジオパークに正式に認定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020073006269

    夏に映える色とりどりの張掖世界ジオパーク甘粛省  27日、張掖世界ジオパークにある七彩丹霞風景区の景観。(小型無人機から)本格的な夏となり、中国甘粛省張掖(ちょうえき)市にある張掖世界ジオパークは、最も美しい季節を迎えている。同パークの最も顕著な特徴は、色とりどりの褶曲(しゅうきょく)した泥岩と砂岩で構成される彩色丘陵地形の他に、自然浸食により山の上に形成された「格子状」で「宮殿式」の丹霞地形(赤い堆積岩からなる地形)と古代の海洋地殻の残骸、九個泉オフィオライト岩石群を有する点にある。同パークは7日、フランスのパリで開催された第209回国連教育科学文化機関(ユネスコ)執行委員会において、ユネスコ世界ジオパークに正式に認定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020073006266

    夏に映える色とりどりの張掖世界ジオパーク甘粛省  27日、張掖世界ジオパークにある七彩丹霞風景区の景観。本格的な夏となり、中国甘粛省張掖(ちょうえき)市にある張掖世界ジオパークは、最も美しい季節を迎えている。同パークの最も顕著な特徴は、色とりどりの褶曲(しゅうきょく)した泥岩と砂岩で構成される彩色丘陵地形の他に、自然浸食により山の上に形成された「格子状」で「宮殿式」の丹霞地形(赤い堆積岩からなる地形)と古代の海洋地殻の残骸、九個泉オフィオライト岩石群を有する点にある。同パークは7日、フランスのパリで開催された第209回国連教育科学文化機関(ユネスコ)執行委員会において、ユネスコ世界ジオパークに正式に認定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020080601657

    企画/わがまち空中散歩 ドローンで見るとちぎ 鹿沼市花木センター(鹿沼)/傘の花「見頃」 心晴らす  広場を飾る色とりどりの傘[下野新聞掲載日:2020(令和2)年8月3日特集7面]=2020(令和2)年7月22日、栃木県鹿沼市茂呂、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  27. 2020072000875

    山形花笠アーチ大通り彩る アーチとちょうちん  山形市中心部の大通りを彩る「山形花笠まつり」のイルミネーションアーチと色とりどりのちょうちん=20日夕

  28. 2020072000874

    山形花笠アーチ大通り彩る イルミネーションアーチ  山形市中心部の大通りを彩る「山形花笠まつり」のイルミネーションアーチと色とりどりのちょうちん=20日夕

  29. 2020071303953

    吉林省の高山花園で楽しむ色とりどりの「花の海」  9日、長白山西風景区にある高山花園に広がる「花の海」。「空中庭園」と称される中国吉林省白山(はくさん)市撫松(ぶしょう)県松江河鎮の長白山西風景区にある高山花園ではこのところ、数千ヘクタールにわたって色とりどりの花々が咲き誇り、訪れる観光客を魅了している。(撫松=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020071304105

    吉林省の高山花園で楽しむ色とりどりの「花の海」  9日、長白山西風景区にある高山花園を散策する観光客。「空中庭園」と称される中国吉林省白山(はくさん)市撫松(ぶしょう)県松江河鎮の長白山西風景区にある高山花園ではこのところ、数千ヘクタールにわたって色とりどりの花々が咲き誇り、訪れる観光客を魅了している。(撫松=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020071304121

    吉林省の高山花園で楽しむ色とりどりの「花の海」  9日、長白山西風景区にある高山花園に咲き誇るイチハツ。「空中庭園」と称される中国吉林省白山(はくさん)市撫松(ぶしょう)県松江河鎮の長白山西風景区にある高山花園ではこのところ、数千ヘクタールにわたって色とりどりの花々が咲き誇り、訪れる観光客を魅了している。(撫松=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020071304035

    吉林省の高山花園で楽しむ色とりどりの「花の海」  9日、長白山西風景区にある高山花園に咲き誇るイチハツ。「空中庭園」と称される中国吉林省白山(はくさん)市撫松(ぶしょう)県松江河鎮の長白山西風景区にある高山花園ではこのところ、数千ヘクタールにわたって色とりどりの花々が咲き誇り、訪れる観光客を魅了している。(撫松=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020071304176

    吉林省の高山花園で楽しむ色とりどりの「花の海」  9日、長白山西風景区にある高山花園に可憐に咲くイチハツ。「空中庭園」と称される中国吉林省白山(はくさん)市撫松(ぶしょう)県松江河鎮の長白山西風景区にある高山花園ではこのところ、数千ヘクタールにわたって色とりどりの花々が咲き誇り、訪れる観光客を魅了している。(撫松=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020071304137

    吉林省の高山花園で楽しむ色とりどりの「花の海」  9日、長白山西風景区にある高山花園に咲き誇るハクチョウゲ(白丁花)。「空中庭園」と称される中国吉林省白山(はくさん)市撫松(ぶしょう)県松江河鎮の長白山西風景区にある高山花園ではこのところ、数千ヘクタールにわたって色とりどりの花々が咲き誇り、訪れる観光客を魅了している。(撫松=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020071304141

    吉林省の高山花園で楽しむ色とりどりの「花の海」  9日、長白山西風景区にある高山花園を散策する観光客。「空中庭園」と称される中国吉林省白山(はくさん)市撫松(ぶしょう)県松江河鎮の長白山西風景区にある高山花園ではこのところ、数千ヘクタールにわたって色とりどりの花々が咲き誇り、訪れる観光客を魅了している。(撫松=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020071304154

    吉林省の高山花園で楽しむ色とりどりの「花の海」  9日、長白山西風景区にある高山花園に咲き誇るイチハツ。「空中庭園」と称される中国吉林省白山(はくさん)市撫松(ぶしょう)県松江河鎮の長白山西風景区にある高山花園ではこのところ、数千ヘクタールにわたって色とりどりの花々が咲き誇り、訪れる観光客を魅了している。(撫松=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020070815450

    Tanabata Festival 2020 in Japan July 7, 2020, Tokyo, Japan: Colorful papers (Tanzaku) with the wishes of visitors on display during the Tanabata festival near to Tokyo Tower. Every year, people write their wishes on colorful papers (Tanzaku) to hang it on bamboo branches as a tradition of the Tanabata Festival. The annual celebration commemorates the legend of two lovers separated by the Milky Way who only meet once a year on the seventh day of the seventh month. The festival has been held since the Edo era. This year, some messages are written in Japanese wishing good health to everybody amid the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  38. 2020070815389

    Tanabata Festival 2020 in Japan July 7, 2020, Tokyo, Japan: Colorful papers (Tanzaku) with the wishes of visitors on display during the Tanabata festival near to Tokyo Tower. Every year, people write their wishes on colorful papers (Tanzaku) to hang it on bamboo branches as a tradition of the Tanabata Festival. The annual celebration commemorates the legend of two lovers separated by the Milky Way who only meet once a year on the seventh day of the seventh month. The festival has been held since the Edo era. This year, some messages are written in Japanese wishing good health to everybody amid the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  39. 2020070815500

    Tanabata Festival 2020 in Japan July 7, 2020, Tokyo, Japan: A woman wearing a face mask hangs a wish card on a bamboo branch as part of the Tanabata festival in Zojoji Temple. Every year, people write their wishes on colorful papers (Tanzaku) to hang it on bamboo branches as a tradition of the Tanabata Festival. The annual celebration commemorates the legend of two lovers separated by the Milky Way who only meet once a year on the seventh day of the seventh month. The festival has been held since the Edo era. This year, some messages are written in Japanese wishing good health to everybody amid the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  40. 2020070815343

    Tanabata Festival 2020 in Japan July 7, 2020, Tokyo, Japan: Visitors wearing face masks hang their wishes on bamboo branches as part of the Tanabata festival in Zojoji Temple. Every year, people write their wishes on colorful papers (Tanzaku) to hang it on bamboo branches as a tradition of the Tanabata Festival. The annual celebration commemorates the legend of two lovers separated by the Milky Way who only meet once a year on the seventh day of the seventh month. The festival has been held since the Edo era. This year, some messages are written in Japanese wishing good health to everybody amid the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  41. 2020070815393

    Tanabata Festival 2020 in Japan July 7, 2020, Tokyo, Japan: Visitors wearing face masks hang their wishes on bamboo branches as part of the Tanabata festival in Zojoji Temple. Every year, people write their wishes on colorful papers (Tanzaku) to hang it on bamboo branches as a tradition of the Tanabata Festival. The annual celebration commemorates the legend of two lovers separated by the Milky Way who only meet once a year on the seventh day of the seventh month. The festival has been held since the Edo era. This year, some messages are written in Japanese wishing good health to everybody amid the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  42. 2020070815451

    Tanabata Festival 2020 in Japan July 7, 2020, Tokyo, Japan: Colorful papers (Tanzaku) with the wishes of visitors on display during the Tanabata festival in Zojoji Temple. Every year, people write their wishes on colorful papers (Tanzaku) to hang it on bamboo branches as a tradition of the Tanabata Festival. The annual celebration commemorates the legend of two lovers separated by the Milky Way who only meet once a year on the seventh day of the seventh month. The festival has been held since the Edo era. This year, some messages are written in Japanese wishing good health to everybody amid the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  43. 2020070815353

    Tanabata Festival 2020 in Japan July 7, 2020, Tokyo, Japan: Colorful papers (Tanzaku) with the wishes of visitors on display during the Tanabata festival in Zojoji Temple. Every year, people write their wishes on colorful papers (Tanzaku) to hang it on bamboo branches as a tradition of the Tanabata Festival. The annual celebration commemorates the legend of two lovers separated by the Milky Way who only meet once a year on the seventh day of the seventh month. The festival has been held since the Edo era. This year, some messages are written in Japanese wishing good health to everybody amid the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  44. 2020070815387

    Tanabata Festival 2020 in Japan July 7, 2020, Tokyo, Japan: Colorful papers (Tanzaku) with the wishes of visitors on display during the Tanabata festival in Zojoji Temple. Every year, people write their wishes on colorful papers (Tanzaku) to hang it on bamboo branches as a tradition of the Tanabata Festival. The annual celebration commemorates the legend of two lovers separated by the Milky Way who only meet once a year on the seventh day of the seventh month. The festival has been held since the Edo era. This year, some messages are written in Japanese wishing good health to everybody amid the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  45. 2020070815499

    Tanabata Festival 2020 in Japan July 7, 2020, Tokyo, Japan: Visitors wearing face masks look at the wish cards hanged on bamboo branches as part of the Tanabata festival in Zojoji Temple. Every year, people write their wishes on colorful papers (Tanzaku) to hang it on bamboo branches as a tradition of the Tanabata Festival. The annual celebration commemorates the legend of two lovers separated by the Milky Way who only meet once a year on the seventh day of the seventh month. The festival has been held since the Edo era. This year, some messages are written in Japanese wishing good health to everybody amid the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  46. 2020070815336

    Tanabata Festival 2020 in Japan July 7, 2020, Tokyo, Japan: Colorful papers (Tanzaku) with the wishes of visitors on display during the Tanabata festival in Zojoji Temple. Every year, people write their wishes on colorful papers (Tanzaku) to hang it on bamboo branches as a tradition of the Tanabata Festival. The annual celebration commemorates the legend of two lovers separated by the Milky Way who only meet once a year on the seventh day of the seventh month. The festival has been held since the Edo era. This year, some messages are written in Japanese wishing good health to everybody amid the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  47. 2020070815433

    Tanabata Festival 2020 in Japan July 7, 2020, Tokyo, Japan: A woman wearing a face mask hangs a wish card on a bamboo branch as part of the Tanabata festival in Zojoji Temple. Every year, people write their wishes on colorful papers (Tanzaku) to hang it on bamboo branches as a tradition of the Tanabata Festival. The annual celebration commemorates the legend of two lovers separated by the Milky Way who only meet once a year on the seventh day of the seventh month. The festival has been held since the Edo era. This year, some messages are written in Japanese wishing good health to everybody amid the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  48. 2020070815447

    Tanabata Festival 2020 in Japan July 7, 2020, Tokyo, Japan: Colorful papers (Tanzaku) with the wishes of visitors on display during the Tanabata festival in Zojoji Temple. Every year, people write their wishes on colorful papers (Tanzaku) to hang it on bamboo branches as a tradition of the Tanabata Festival. The annual celebration commemorates the legend of two lovers separated by the Milky Way who only meet once a year on the seventh day of the seventh month. The festival has been held since the Edo era. This year, some messages are written in Japanese wishing good health to everybody amid the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  49. 2020070815421

    Tanabata Festival 2020 in Japan July 7, 2020, Tokyo, Japan: Colorful papers (Tanzaku) with the wishes of visitors on display during the Tanabata festival in Zojoji Temple. Every year, people write their wishes on colorful papers (Tanzaku) to hang it on bamboo branches as a tradition of the Tanabata Festival. The annual celebration commemorates the legend of two lovers separated by the Milky Way who only meet once a year on the seventh day of the seventh month. The festival has been held since the Edo era. This year, some messages are written in Japanese wishing good health to everybody amid the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

  50. 2020070815385

    Tanabata Festival 2020 in Japan July 7, 2020, Tokyo, Japan: Colorful papers (Tanzaku) with the wishes of visitors on display during the Tanabata festival in Zojoji Temple. Every year, people write their wishes on colorful papers (Tanzaku) to hang it on bamboo branches as a tradition of the Tanabata Festival. The annual celebration commemorates the legend of two lovers separated by the Milky Way who only meet once a year on the seventh day of the seventh month. The festival has been held since the Edo era. This year, some messages are written in Japanese wishing good health to everybody amid the coronavirus pandemic. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ 「ZUMA Press」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像