検索結果 771 件中 1 件 〜 50 件 "茶葉"
  1. 2020081204595

    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県  6日、紫陽県高坪鎮高坪村の茶園で、茶摘機で茶葉を摘み取る農家。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020081204711

    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県  6日、紫陽県高坪鎮高坪村の茶園で摘み取った茶葉を集める農家。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020081204734

    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県  5日、収穫した茶葉を天日干しする陝西省紫陽県の茶メーカー、康硒天茗茶業の従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020081204643

    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県  5日、紫陽県双橋鎮四坪村に広がる茶園風景。(小型無人機から)中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020081204568

    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県  5日、茶葉の状態を確認する陝西省紫陽県の茶メーカー、閩秦茶業の従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020081204601

    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県  5日、茶農家が収穫した茶葉を計量する陝西省紫陽県の茶メーカー、康硒天茗茶業の従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020081205345

    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県  5日、紫陽県双橋鎮四坪村の茶園で茶の摘採に励む農家。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020081204723

    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県  5日、陝西省紫陽県の茶メーカー、康硒天茗茶業の工場で、加工した固形タイプの白茶の状態を確認する従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020081204724

    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県  5日、陝西省紫陽県の茶メーカー、康硒天茗茶業の工場で、白茶の加工作業をする従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020081204591

    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県  4日、白茶の在庫を整理する陝西省紫陽県の茶メーカー、麻柳鼎竜茶葉の従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020081204645

    多様な茶製品で農家の増収を後押し陝西省紫陽県  4日、紅茶の在庫を整理する陝西省紫陽県の茶メーカー、麻柳鼎竜茶葉の従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地の奥地に位置する陝西省安康市紫陽県は、国内有数の茶葉生産地として知られる。同県は近年、セレンが多く含まれる富硒(ほうせい)紅茶、白茶、黒茶など多様な製品の開発に尽力。春に摘まれる新茶を主とする同地の伝統的な産業構造の夏茶、秋茶への転換を促進し、摘採期間と産業チェーンを延長することで、茶農家の増収を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020073006271

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  21日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村の薬茶文化体験館で、茶葉を炒る村の人。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020073006277

    文化と観光の融合郷村観光で生まれ変わった山西省飛嶺村  20日、山西省臨汾市安沢県飛嶺村で開かれた「闘茶(とうちゃ)文化」をテーマにしたイベントで、茶葉を炒る選手。闘茶とは茶の種類や産地を当てるゲームのこと。中国山西省臨汾(りんふん)市安沢県の飛嶺村は、かつて黄土高原の典型的な農村だった。貧しく立ち後れた様相を改めるため、同村は自然資源の優位性を生かし、2017年から郷村文化と観光産業の融合・発展を推進。農村インフラの高度化・改造を行い、特色ある民宿などのプロジェクトを打ち出した。2019年末時点で、同村を訪れた観光客は延べ10万人を突破し、村民の1人当たり年収は1万5千元(1元=約15円)を上回った。(臨汾=新華社記者/楊晨光)=2020(令和2)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020070814158

    入れる楽しみ、飲む楽しみ  「どの茶葉もそれぞれの茶畑の香りや育った環境によって異なる味わいを秘めているんです」と話す和多田喜さん 甲乙Aインタビュー企画「こんにち話」「シングルオリジン」

  15. 2020070600316

    成都博物館で伊万里焼展開催中国と日本の逸品を展示  「妍(けん)を競う・清代中日伊万里焼特別展」で展示される景徳鎮の「青花礬紅彩描金花卉文茶葉罐(せいかばんこうさいびょうきんかきもんちゃばかん)」。(資料写真)中国四川省の成都博物館で3日から「妍(けん)を競う-清代中日『伊万里』特別展」が開かれる。日本の伊万里焼とその影響を受けた中国の景徳鎮磁器が168点(組)展示される。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020070611388

    蘇る天津の記憶、工業展覧館を訪ねて  6月29日、百年天津工業展覧館で展示されている茶葉。中国天津市の中心部にある「イタリア風情区」と呼ばれるエリアに、「天津の記憶‐百年天津工業展覧館」という看板を掲げた洋館がある。1階には天津の工業製品を展示し、主に近代以降の同市の工業発展の歴史や、それを背景に誕生した麻花(こねた小麦粉を油で揚げた菓子)、鼻煙(嗅ぎたばこ)、自転車、サイダー、たばこ、インクなど多くの有名ブランドを紹介している。写真、文字、実物一点一点の資料が、同市の工業発展の歩みを生き生きと物語っている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020063002006

    茶葉とちまきが合体、個性的な「白茶ちまき」福建省南平市  24日、福建省南平市政和県外屯郷湖屯村でちまきの葉を水に漬ける村民。中国福建省南平市政和県外屯郷の湖屯村で作られる「白茶ちまき」は、ちまきの葉で白茶を包んで三角形にし、通常のちまきより小さめの形をしている。茶葉の香りとちまきの葉の香りが融け合った個性的な茶製品であるだけでなく、ちまき文化の概念を広げる役割も果たしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020063002248

    茶葉とちまきが合体、個性的な「白茶ちまき」福建省南平市  24日、竹の葉とちまきを鍋に入れて蒸す女性。中国福建省南平市政和県外屯郷の湖屯村で作られる「白茶ちまき」は、ちまきの葉で白茶を包んで三角形にし、通常のちまきより小さめの形をしている。茶葉の香りとちまきの葉の香りが融け合った個性的な茶製品であるだけでなく、ちまき文化の概念を広げる役割も果たしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020063002162

    茶葉とちまきが合体、個性的な「白茶ちまき」福建省南平市  24日、福建省南平市政和県外屯郷湖屯村で「白茶ちまき」を包む村民。中国福建省南平市政和県外屯郷の湖屯村で作られる「白茶ちまき」は、ちまきの葉で白茶を包んで三角形にし、通常のちまきより小さめの形をしている。茶葉の香りとちまきの葉の香りが融け合った個性的な茶製品であるだけでなく、ちまき文化の概念を広げる役割も果たしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020063002156

    茶葉とちまきが合体、個性的な「白茶ちまき」福建省南平市  24日、福建省南平市政和県外屯郷湖屯村で「白茶ちまき」を包む村民。中国福建省南平市政和県外屯郷の湖屯村で作られる「白茶ちまき」は、ちまきの葉で白茶を包んで三角形にし、通常のちまきより小さめの形をしている。茶葉の香りとちまきの葉の香りが融け合った個性的な茶製品であるだけでなく、ちまき文化の概念を広げる役割も果たしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020063002003

    茶葉とちまきが合体、個性的な「白茶ちまき」福建省南平市  24日、福建省南平市政和県外屯郷湖屯村で「白茶ちまき」を包む村民。中国福建省南平市政和県外屯郷の湖屯村で作られる「白茶ちまき」は、ちまきの葉で白茶を包んで三角形にし、通常のちまきより小さめの形をしている。茶葉の香りとちまきの葉の香りが融け合った個性的な茶製品であるだけでなく、ちまき文化の概念を広げる役割も果たしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020063002040

    茶葉とちまきが合体、個性的な「白茶ちまき」福建省南平市  24日、福建省南平市政和県外屯郷湖屯村で「白茶ちまき」を包む村民。中国福建省南平市政和県外屯郷の湖屯村で作られる「白茶ちまき」は、ちまきの葉で白茶を包んで三角形にし、通常のちまきより小さめの形をしている。茶葉の香りとちまきの葉の香りが融け合った個性的な茶製品であるだけでなく、ちまき文化の概念を広げる役割も果たしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020063002161

    茶葉とちまきが合体、個性的な「白茶ちまき」福建省南平市  24日、白茶を包んだ「ちまき」。中国福建省南平市政和県外屯郷の湖屯村で作られる「白茶ちまき」は、ちまきの葉で白茶を包んで三角形にし、通常のちまきより小さめの形をしている。茶葉の香りとちまきの葉の香りが融け合った個性的な茶製品であるだけでなく、ちまき文化の概念を広げる役割も果たしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020063002219

    茶葉とちまきが合体、個性的な「白茶ちまき」福建省南平市  24日、白茶の燻蒸処理にばらつきがないか蒸し器の中を確認する女性。中国福建省南平市政和県外屯郷の湖屯村で作られる「白茶ちまき」は、ちまきの葉で白茶を包んで三角形にし、通常のちまきより小さめの形をしている。茶葉の香りとちまきの葉の香りが融け合った個性的な茶製品であるだけでなく、ちまき文化の概念を広げる役割も果たしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020063002233

    茶葉とちまきが合体、個性的な「白茶ちまき」福建省南平市  24日、福建省南平市政和県外屯郷の湖屯村で作られる「白茶ちまき」。中国福建省南平市政和県外屯郷の湖屯村で作られる「白茶ちまき」は、ちまきの葉で白茶を包んで三角形にし、通常のちまきより小さめの形をしている。茶葉の香りとちまきの葉の香りが融け合った個性的な茶製品であるだけでなく、ちまき文化の概念を広げる役割も果たしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020063001991

    茶葉とちまきが合体、個性的な「白茶ちまき」福建省南平市  24日、福建省南平市政和県外屯郷湖屯村で白茶ちまきを包む村民。中国福建省南平市政和県外屯郷の湖屯村で作られる「白茶ちまき」は、ちまきの葉で白茶を包んで三角形にし、通常のちまきより小さめの形をしている。茶葉の香りとちまきの葉の香りが融け合った個性的な茶製品であるだけでなく、ちまき文化の概念を広げる役割も果たしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020063002071

    茶葉とちまきが合体、個性的な「白茶ちまき」福建省南平市  24日、包んだ「白茶ちまき」を乾燥機に入れる製茶師。中国福建省南平市政和県外屯郷の湖屯村で作られる「白茶ちまき」は、ちまきの葉で白茶を包んで三角形にし、通常のちまきより小さめの形をしている。茶葉の香りとちまきの葉の香りが融け合った個性的な茶製品であるだけでなく、ちまき文化の概念を広げる役割も果たしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020063002176

    茶葉とちまきが合体、個性的な「白茶ちまき」福建省南平市  24日、包んだ「白茶ちまき」を手にする女性。中国福建省南平市政和県外屯郷の湖屯村で作られる「白茶ちまき」は、ちまきの葉で白茶を包んで三角形にし、通常のちまきより小さめの形をしている。茶葉の香りとちまきの葉の香りが融け合った個性的な茶製品であるだけでなく、ちまき文化の概念を広げる役割も果たしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020063002184

    茶葉とちまきが合体、個性的な「白茶ちまき」福建省南平市  24日、「白茶ちまき」を乾燥機から取り出す製茶師。中国福建省南平市政和県外屯郷の湖屯村で作られる「白茶ちまき」は、ちまきの葉で白茶を包んで三角形にし、通常のちまきより小さめの形をしている。茶葉の香りとちまきの葉の香りが融け合った個性的な茶製品であるだけでなく、ちまき文化の概念を広げる役割も果たしている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020062804782

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020062804873

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、茶の表面にできた泡に文字を書く茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020062804923

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020062804918

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺の曲橋。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020062804937

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020062804946

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020062804796

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶を入れる際に必要な道具を紹介する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020062804874

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020062804781

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺の山門。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020062804783

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、杭州市余杭区径山鎮に広がる茶畑。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020062804876

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020062804916

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、自身の茶園を紹介する周方林(しゅう・ほうりん)さん。周さんは省級無形文化遺産に指定されている径山茶の釜炒り技術の伝承者。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020062804925

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020062804948

    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山寺で写真を撮る観光客。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020062204719

    農民・職人がライブ配信研修の成果を披露湖南省長沙市  12日、湖南省長沙市の望城銅官創新創客センターで茶葉販売のライブ配信を行う受講生。中国湖南省長沙市でこのほど、同市望城区委員会の網信弁(サイバーセキュリティー・情報化委員会弁公室)と総工会(労働組合)が共同で主催したショート動画・ライブ配信制作電子商取引研修の修了審査が行われた。審査はライブ配信の実演を評価する形式で行われ、受講生20人が参加した。研修の対象は同区の農民や職人など。デジタル化による発展の流れへの人々の順応を促し、「クラウド経済」による起業や変革、就業、収入増を目指すため、ライブ配信やショート動画制作の「達人」を招いて無料で10日間行われたという。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020061809386

    よみがえった幻の紅茶の香り江西省浮梁県  11日、茶葉をもむ王永峰さん。中国江西省景徳鎮市浮梁(ふりょう)県で作られる「孚釘(ふてい)」紅茶は、こだわりの製法ときめ細かく艶やかな黒色をした外観を特徴とする。1950年代に有名になったものの、歴史的な原因により徐々に人々から忘れられてしまった。茶人の王永峰(おう・えいほう)さんは、この幻の紅茶を復活させようと、ベテランの専門家を何度も訪ねて紅茶の製法を学んだ。長年努力を積み重ねた結果、失われていた「孚釘」紅茶は2012年に再び人々の前に姿を現した。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020061809346

    よみがえった幻の紅茶の香り江西省浮梁県  11日、炒った茶葉を選別する作業員。中国江西省景徳鎮市浮梁(ふりょう)県で作られる「孚釘(ふてい)」紅茶は、こだわりの製法ときめ細かく艶やかな黒色をした外観を特徴とする。1950年代に有名になったものの、歴史的な原因により徐々に人々から忘れられてしまった。茶人の王永峰(おう・えいほう)さんは、この幻の紅茶を復活させようと、ベテランの専門家を何度も訪ねて紅茶の製法を学んだ。長年努力を積み重ねた結果、失われていた「孚釘」紅茶は2012年に再び人々の前に姿を現した。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020061809322

    よみがえった幻の紅茶の香り江西省浮梁県  11日、茶葉をもむ王永峰さん。中国江西省景徳鎮市浮梁(ふりょう)県で作られる「孚釘(ふてい)」紅茶は、こだわりの製法ときめ細かく艶やかな黒色をした外観を特徴とする。1950年代に有名になったものの、歴史的な原因により徐々に人々から忘れられてしまった。茶人の王永峰(おう・えいほう)さんは、この幻の紅茶を復活させようと、ベテランの専門家を何度も訪ねて紅茶の製法を学んだ。長年努力を積み重ねた結果、失われていた「孚釘」紅茶は2012年に再び人々の前に姿を現した。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020061503992

    貴州省で「茶産業発展大会」開催  9日、貴州省湄潭県で開かれた茶産業発展大会。中国貴州省遵義市湄潭(びたん)県でこのほど、貴州省茶産業発展大会が開催された。同省の5月末までの茶葉生産量は前年同期比7・5%増の16万8800トン、生産額は前年同期比11・8%増の319億400万元(1元=約15円)で、茶葉販売量は13万6400トン、売上高は262億7600万元だった。4月末までの茶葉輸出額は前年同期比90・7%増の8523万1千元だった。(遵義=新華社配信)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020061504025

    貴州省で「茶産業発展大会」開催  9日、貴州省湄潭県の茶園病虫害エコ対策統合技術モデル拠点。中国貴州省遵義市湄潭(びたん)県でこのほど、貴州省茶産業発展大会が開催された。同省の5月末までの茶葉生産量は前年同期比7・5%増の16万8800トン、生産額は前年同期比11・8%増の319億400万元(1元=約15円)で、茶葉販売量は13万6400トン、売上高は262億7600万元だった。4月末までの茶葉輸出額は前年同期比90・7%増の8523万1千元だった。(遵義=新華社配信)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020060508790

    福建省の茶葉輸出量、1~4月は前年同期比8・7%増の7726トン  5月30日、福州ジャスミン茶を製造する福建春倫集団の従業員。中国福建省福州税関の統計によると、同省の今年1~4月の茶葉輸出量は前年同期比8・7%増の7726・1トンだった。輸出品種はウーロン茶、緑茶などで、輸出先は主に日本、東南アジア諸国連合(ASEAN)、香港特別行政区などだった。福建省は中国有数の茶産地で、茶産業は同省の特色ある産業となっており、主にウーロン茶や緑茶、白茶、花茶などを生産している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像