検索結果 56 件中 1 件 〜 50 件 "草原文化"
  1. 2020072804983

    持ち帰りできる草原の思い出を開発内モンゴル自治区  24日、モンゴル族の腰牌(古代の通行証)を模したラゲッジタグ。中国内モンゴル自治区は近年、文化クリエーティブ産業の発展を続けており、全国各地から訪れる観光客のために「持ち帰りできる草原の思い出」の開発に力を入れている。内蒙古蒙元智造文化創意は文化クリエーティブグッズの開発に特化した会社で、長年にわたり、内モンゴルの草原文化と実用品を融合させ、16の商品カテゴリーで56の商品を発表している。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020072804984

    持ち帰りできる草原の思い出を開発内モンゴル自治区  24日、モンゴル族の衣装をモチーフにしたマグネット。中国内モンゴル自治区は近年、文化クリエーティブ産業の発展を続けており、全国各地から訪れる観光客のために「持ち帰りできる草原の思い出」の開発に力を入れている。内蒙古蒙元智造文化創意は文化クリエーティブグッズの開発に特化した会社で、長年にわたり、内モンゴルの草原文化と実用品を融合させ、16の商品カテゴリーで56の商品を発表している。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020072804908

    持ち帰りできる草原の思い出を開発内モンゴル自治区  24日、名句を刻んだしおり。中国内モンゴル自治区は近年、文化クリエーティブ産業の発展を続けており、全国各地から訪れる観光客のために「持ち帰りできる草原の思い出」の開発に力を入れている。内蒙古蒙元智造文化創意は文化クリエーティブグッズの開発に特化した会社で、長年にわたり、内モンゴルの草原文化と実用品を融合させ、16の商品カテゴリーで56の商品を発表している。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020072805012

    持ち帰りできる草原の思い出を開発内モンゴル自治区  24日、モンゴル馬をモチーフにしたペーパークリップ。中国内モンゴル自治区は近年、文化クリエーティブ産業の発展を続けており、全国各地から訪れる観光客のために「持ち帰りできる草原の思い出」の開発に力を入れている。内蒙古蒙元智造文化創意は文化クリエーティブグッズの開発に特化した会社で、長年にわたり、内モンゴルの草原文化と実用品を融合させ、16の商品カテゴリーで56の商品を発表している。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020072804924

    持ち帰りできる草原の思い出を開発内モンゴル自治区  24日、金冠飾り「鷹頂金冠飾」の形をしたマグカップカバー。「鷹頂金冠飾」は1972年内モンゴル自治区オルドス市内で出土した貴重な文物。中国内モンゴル自治区は近年、文化クリエーティブ産業の発展を続けており、全国各地から訪れる観光客のために「持ち帰りできる草原の思い出」の開発に力を入れている。内蒙古蒙元智造文化創意は文化クリエーティブグッズの開発に特化した会社で、長年にわたり、内モンゴルの草原文化と実用品を融合させ、16の商品カテゴリーで56の商品を発表している。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020072804943

    持ち帰りできる草原の思い出を開発内モンゴル自治区  24日、モンゴル族の伝統模様を配した車用アロマディフューザー(拡散器)。中国内モンゴル自治区は近年、文化クリエーティブ産業の発展を続けており、全国各地から訪れる観光客のために「持ち帰りできる草原の思い出」の開発に力を入れている。内蒙古蒙元智造文化創意は文化クリエーティブグッズの開発に特化した会社で、長年にわたり、内モンゴルの草原文化と実用品を融合させ、16の商品カテゴリーで56の商品を発表している。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020072804960

    持ち帰りできる草原の思い出を開発内モンゴル自治区  24日、モンゴル馬の形をした磁器の置物。中国内モンゴル自治区は近年、文化クリエーティブ産業の発展を続けており、全国各地から訪れる観光客のために「持ち帰りできる草原の思い出」の開発に力を入れている。内蒙古蒙元智造文化創意は文化クリエーティブグッズの開発に特化した会社で、長年にわたり、内モンゴルの草原文化と実用品を融合させ、16の商品カテゴリーで56の商品を発表している。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020072804923

    持持ち帰りできる草原の思い出を開発内モンゴル自治区  24日、砂でできた動物の置物。中国内モンゴル自治区は近年、文化クリエーティブ産業の発展を続けており、全国各地から訪れる観光客のために「持ち帰りできる草原の思い出」の開発に力を入れている。内蒙古蒙元智造文化創意は文化クリエーティブグッズの開発に特化した会社で、長年にわたり、内モンゴルの草原文化と実用品を融合させ、16の商品カテゴリーで56の商品を発表している。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020072804989

    持ち帰りできる草原の思い出を開発内モンゴル自治区  24日、木製の馬型の置物。中国内モンゴル自治区は近年、文化クリエーティブ産業の発展を続けており、全国各地から訪れる観光客のために「持ち帰りできる草原の思い出」の開発に力を入れている。内蒙古蒙元智造文化創意は文化クリエーティブグッズの開発に特化した会社で、長年にわたり、内モンゴルの草原文化と実用品を融合させ、16の商品カテゴリーで56の商品を発表している。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020072804972

    持ち帰りできる草原の思い出を開発内モンゴル自治区  24日、馬にまたがったモンゴル族の勇士をモチーフにした線香立て。中国内モンゴル自治区は近年、文化クリエーティブ産業の発展を続けており、全国各地から訪れる観光客のために「持ち帰りできる草原の思い出」の開発に力を入れている。内蒙古蒙元智造文化創意は文化クリエーティブグッズの開発に特化した会社で、長年にわたり、内モンゴルの草原文化と実用品を融合させ、16の商品カテゴリーで56の商品を発表している。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020072700894

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  23日、元上都遺跡のゲルと星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020072700964

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  23日、元上都遺跡上空の星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020072701004

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  23日、元上都遺跡のオボーと星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020072700642

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  23日、元上都遺跡上空の星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020072700884

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  23日、元上都遺跡上空の星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020072701115

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、元上都遺跡の大安閣遺構に置かれた漢白玉の竜文柱礎レプリカ。大安閣は正殿として利用され、南西角から高さ2・1メートル、幅0・53メートル、厚さ0・52メートルの竜文柱礎が完全な形で出土した。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020072700953

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020072701105

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020072700985

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、元上都遺跡を見学する観光客。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020072701019

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、元上都遺跡を見学する観光客。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020072701002

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、元上都遺跡内の風景。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020072700885

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020072701040

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、元上都遺跡に残る遺構。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020051402436

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画の制作に取り組む革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020051402440

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革絵師の烏日罕(ウ・リハン)さんが革彫刻画に色をつけている。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/貝赫)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020051402444

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で作品を見つめる革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020051402425

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で観光客に革彫刻画の作品を紹介する革絵師の烏日罕(ウ・リハン)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020051402430

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画の制作に取り組む革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020051402516

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画に色をつける革絵師の烏日罕(ウ・リハン)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020051402529

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画に色をつける革絵師の烏日罕(ウ・リハン)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020051402455

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で作品を紹介する革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020051402432

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画の制作に取り組む革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020051402475

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、スマートフォンで革彫刻画を撮影する観光客。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/貝赫)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020051402441

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、湿らせたスポンジで軽く拭き、革彫刻画に潤いを与える革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/貝赫)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020051402454

    草原文化を発揚躍動感あふれる革彫刻画内モンゴル自治区  9日、工房で革彫刻画の制作に取り組む革彫刻師の李鵬(り・ほう)さん。中国内モンゴル自治区フフホト市の莫尼山非遺(無形文化遺産)小鎮にある革彫刻画の工房で、革彫刻師が作品の制作に取り組んでいる。革彫刻画は現在、同自治区級無形文化遺産に登録されており、彫刻、彩色、重ね染め、研磨、整形などの工程を経て、すべて手作りで作られる。生き生きとした躍動感あふれる作品は、モンゴル族の特色ある芸術を体現している。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020012320336

    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景  8日、内モンゴル美術館で作品を鑑賞する子ども。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020012321251

    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景  8日、内モンゴル美術館で作品を撮影する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020012321243

    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景  8日、内モンゴル美術館で作品を撮影する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020012321100

    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景  8日、内モンゴル美術館で作品を撮影する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/安路蒙)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020012321050

    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景  8日、内モンゴル美術館で作品を鑑賞する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/王靖)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020012320463

    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景  8日、内モンゴル美術館で展示された油絵作品。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/安路蒙)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020012320733

    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景  8日、内モンゴル美術館で作品を背景に記念撮影する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/安路蒙)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020012321167

    ロシアの美術家が描く内モンゴルの風景  8日、内モンゴル美術館で作品を鑑賞する来場者。中国内モンゴル自治区フフホト市の内モンゴル美術館で開催中の「ロシア美術家が見た蒼天のようなアルシャーとフルンボイル大草原-油絵作品展覧会」では、ロシアの美術家10人が同自治区アルシャー盟やフルンボイル市などで創作した風景油絵100点が展示されている。これらの作品は、内モンゴル自治区の自然や人と文化を生き生きと反映しており、草原文化が持つ独特の魅力を伝えている。会期は12日まで。(フフホト=新華社記者/安路蒙)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019091003226

    秋を迎えたナラティ風景区  7日、ナラティ草原で羊を放牧する牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州新源県に位置し、3方を山に囲まれたナラティ(那拉提)風景区には、キュネス(鞏乃斯)川が蛇行しながらゆったりと流れる。同地には色濃い民俗情緒と豊かな草原文化が残っている。(新源=新華社記者/程麗)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019091003230

    秋を迎えたナラティ風景区  7日、ナラティ草原で羊を放牧する牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州新源県に位置し、3方を山に囲まれたナラティ(那拉提)風景区には、キュネス(鞏乃斯)川が蛇行しながらゆったりと流れる。同地には色濃い民俗情緒と豊かな草原文化が残っている。(新源=新華社記者/鄒予)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019091003178

    秋を迎えたナラティ風景区  7日、ナラティ風景区の景色。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州新源県に位置し、3方を山に囲まれたナラティ(那拉提)風景区には、キュネス(鞏乃斯)川が蛇行しながらゆったりと流れる。同地には色濃い民俗情緒と豊かな草原文化が残っている。(新源=新華社記者/鄒予)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019091003274

    秋を迎えたナラティ風景区  7日、ナラティ草原で撮影した牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州新源県に位置し、3方を山に囲まれたナラティ(那拉提)風景区には、キュネス(鞏乃斯)川が蛇行しながらゆったりと流れる。同地には色濃い民俗情緒と豊かな草原文化が残っている。(新源=新華社記者/程麗)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019091003250

    秋を迎えたナラティ風景区  7日、ナラティ風景区で撮影した牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州新源県に位置し、3方を山に囲まれたナラティ(那拉提)風景区には、キュネス(鞏乃斯)川が蛇行しながらゆったりと流れる。同地には色濃い民俗情緒と豊かな草原文化が残っている。(新源=新華社記者/安希雅)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019091003228

    秋を迎えたナラティ風景区  7日、ナラティ風景区の景色。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州新源県に位置し、3方を山に囲まれたナラティ(那拉提)風景区には、キュネス(鞏乃斯)川が蛇行しながらゆったりと流れる。同地には色濃い民俗情緒と豊かな草原文化が残っている。(新源=新華社記者/鄒予)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019091003265

    秋を迎えたナラティ風景区  7日、ナラティ風景区の景色。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州新源県に位置し、3方を山に囲まれたナラティ(那拉提)風景区には、キュネス(鞏乃斯)川が蛇行しながらゆったりと流れる。同地には色濃い民俗情緒と豊かな草原文化が残っている。(新源=新華社記者/沙達堤)=2019(令和元)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像