検索結果 46 件中 1 件 〜 46 件 "荷馬"
  1. 2019121003256

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  7日、寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村で散策する観光客。(小型無人機から)中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(普洱=新華社記者/胡超)=2019(令和元)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019121003348

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  7日、寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村の風景。中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(普洱=新華社記者/胡超)=2019(令和元)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019121003270

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  6日、空から見た寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村の風景。(小型無人機から)中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(普洱=新華社記者/胡超)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019121003271

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  6日、空から見た寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村の風景。(小型無人機から)中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(普洱=新華社記者/胡超)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019121003302

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  6日、寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村の風景。中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(普洱=新華社記者/胡超)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019121003328

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  6日、寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村で散策する観光客。中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(普洱=新華社記者/胡超)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019121003346

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  6日、空から見た寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村の風景。(小型無人機から)中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(普洱=新華社記者/胡超)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019121003223

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  6日、空から見た寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村の風景。(小型無人機から)中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(普洱=新華社記者/胡超)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019121003319

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  6日、空から見た寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村の風景。(小型無人機から)中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(普洱=新華社記者/胡超)=2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019082100772

    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県  16日、輸送の途中でラバをいたわる余玉林さん。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019082100754

    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県  16日、荷馬隊を率いて進むリーダーの余玉林さん。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019082100720

    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県  16日、けがをしたラバに薬を塗る余玉林さん。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019082100679

    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県  16日、石を下ろして帰途につく荷馬隊。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019082100681

    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県  16日、餌を用意する余玉林さん(左)と荷馬隊のメンバー。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019082100777

    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県  16日、帰途につく荷馬隊。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019082100760

    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県  16日、帰途につく荷馬隊。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019082100756

    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県  16日、荷馬隊を率いて進むリーダーの余玉林さん(手前)。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019082100774

    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県  16日、餌を食べるラバ。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019082100766

    インフラ建設を支える荷馬隊江西省興国県  16日、ラバの背中に石を乗せる荷馬隊のメンバー。中国江西省興国県東村郷の丘陵地帯では最近、「西気東輸」(中国西部の天然ガスを東部沿岸地域に輸送するプロジェクト)で発生した土砂崩落の修復工事で使われる砂利の運搬を、荷馬隊が担当している。余玉林(よ・ぎょくりん)さん(47)率いるこの荷馬隊にはメンバー10人と、ラバと馬合わせて22匹が所属。約300メートルの険しい山道を1日10回以上往復し、1匹当たり約200キロの荷物を背負いながら、資材置き場と建設現場の間を奔走している。荷馬は古くから交通手段として利用されてきたが、現在では、交通手段がない山地で非常に重要な役割を果たしている。これらのラバや馬は、建設用のセメントや砂、石などの資材を山に運ぶことで、インフラ建設の順調な進展を後押ししている。(興国=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019041809322

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  14日、寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村で、製茶工程の一つ、茶葉に加圧蒸気を当てる作業の様子を観光客に披露する高仕興(こう・しこう)さん。中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(寧洱=新華社記者/胡超)=2019(平成31)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019041809374

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  14日、空から見た寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村の風景。(小型無人機から)中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(寧洱=新華社記者/胡超)=2019(平成31)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019041809384

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  14日、寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村で、自然の風景を楽しむ観光客。中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(寧洱=新華社記者/胡超)=2019(平成31)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019041809388

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  14日、寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村で、広西チワン族自治区から来た観光客にプーアル茶を入れるイ族の李天林(り・てんりん)さん(70)。中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(寧洱=新華社記者/胡超)=2019(平成31)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019041809390

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  14日、空から見た寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村の風景。(小型無人機から)中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(寧洱=新華社記者/胡超)=2019(平成31)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019041809392

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  14日、寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村で、古民家が立ち並ぶ路地を散策する観光客。中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(寧洱=新華社記者/胡超)=2019(平成31)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019041809351

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  14日、寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村で、馬の背にゆられながら農村の風景を楽しむ観光客。中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(寧洱=新華社記者/胡超)=2019(平成31)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019041809354

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  14日、寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村で、古民家の独特な美しさを堪能する観光客。中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(寧洱=新華社記者/胡超)=2019(平成31)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019041809327

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  14日、空から見た寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村の風景。(小型無人機から)中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(寧洱=新華社記者/胡超)=2019(平成31)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019041809328

    活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて  14日、寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村で、地元名物の炭火焼を買う観光客。中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。(寧洱=新華社記者/胡超)=2019(平成31)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2017081800419

    疾走  アフガニスタンで荷馬車に乗る男性。荒れ地を勢いよく進みます。(ロイター=共同) 「海外フォト」

  31. 2017050800558

    天馬、街を行く スケッチ15018  荷馬車で街を運ばれ中央郵便局前に飾られた天馬像=1953(昭和28)年11月14日、撮影場所不明

  32. 2017122100696

    海外(荷馬車) 荷馬車  サンパウロ州郊外フランカ=1983(昭和58)年3月15日、ブラジル、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [1016] 「日本農業新聞」「海外」

  33. 2018032800176

    海外(荷馬車) 荷馬車  サンパウロ州郊外フランカ=1983(昭和58)年3月15日、ブラジル、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [1016] 「日本農業新聞」「海外」

  34. 2018032800162

    海外(セラードへの途中) セラードへの途中  セラードへの途中=1983(昭和58)年3月14日、ブラジル、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [985] 「日本農業新聞」「海外」

  35. 2018121821533

    荷馬車がゆく   そこのけ、そこのけお馬が通る。戦後の高度経済成長とともに増え続けた交通死者が史上最悪を記録したこの年、車の洪水の中を馬車がゆうゆうと進んでいる。当時のおもな仕事は、長さ12、3メートルのコンクリート製電柱の運搬。多いときには一日に10本も運び、「近距離ならクレーン車より能率的」と重宝がられていた。岡山市内では唯一の馬車だったらしく、警察官も「こんなのどかな光景があっても…」と話し、すでに郷愁を呼ぶ存在だった。=1970(昭和45)年2月10日、岡山市南方、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  36. 1929090100007

    日本電報通信社資料  関東大震災から丸6年。震災時、市電に代わって活躍した荷馬車を使った乗り合い馬車が当時のままの姿で登場。看板には「上野-品川間」1円と書いてある=1929(昭和4)年9月1日(日本電報通信社撮影) DC0662

  37. 2018073100504

    関東大震災の浅草  キーワード:東京浅草、関東大震災、災害、焼跡、地震、荷馬車、自転車、荷車、浅草方面焼跡=1923(大正12)年9月1日、東京、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 「イマジンネット画廊」「古写真」

  38. 2018083100152

    材木運搬する馬  キーワード:材木運搬する馬、馬を引く男性、荷馬、大八車=大正期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 「イマジンネット画廊」「古写真」「日本の職業・仕事」

  39. 2017120101266

    農家の風景  キーワード:農家の風景、荷物を運ぶ馬、荷馬=明治後期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 「イマジンネット画廊」「古写真」「日本の職業・仕事」

  40. 2017081502058

    茂木への道  明治時代の茂木は居留外国人の保養地として、また、雲仙や熊本方面への港として賑わった。そのために茂木街道は、明治18年(1885)、人力車や荷馬車が通行できる近代的な道路に改修された。写真は田上峠に向かう途中。平地の少ない長崎の食料を賄うために、愛宕山の山頂まで耕し尽くされた畑が特徴的な明治後半(1895頃)の写真。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号107‐12‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  41. 2019031401776

    Mule wagon passing through the Cumberland Gap Mule wagon passing through the Cumberland Gap, Kentucky. Wood engraving, ‘Harper‘s Magazine‘, 1886 .、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。 「Newscom」「ワールドヒストリー」

  42. 2019011810918

    元箱根  キーワード:東海道、神奈川、元箱根、馬、積荷、荷馬、運搬、ステレオ写真=撮影年月日不明、箱根、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 「イマジンネット画廊」「古写真」

  43. 2017081400759

    江ノ島  撮影者未詳。明治時代の写真か。‘Yenoshima'のタイトルがある。鎌倉七里ヶ浜からの眺めで、手前に馬子(まご)と荷馬車が写り、右側に小動岬(こゆるぎみさき)と腰越(こしごえ)の集落がある。ところで、江戸時代後期には近海に出没する外国船を監視するため、小動岬に遠見番所が置かれていた。=撮影年月日不明、江ノ島、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号87‐28‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  44. 2019020712050

    荷馬  キーワード:農家、風景、男性、馬、積荷、荷馬、運搬=明治中期、撮影場所不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 「イマジンネット画廊」「古写真」

  45. 2019010701596

    甲州猿橋街道の水車  キーワード:甲州猿橋街道、水車、馬、荷馬=撮影年月日不明、山梨、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 「イマジンネット画廊」「古写真」

  46. 2018101832406

    相生橋から見た神戸市街  キーワード:相生橋から見た神戸市街と線路、蒸気機関車、荷馬車=撮影年月日不明、兵庫、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 「イマジンネット画廊」「古写真」「交通」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像