検索結果 79 件中 1 件 〜 50 件 "蒸しパン"
  1. 2020063002255

    北京動物園、ジャイアントパンダたちに特製ちまきを用意  25日、ナツメ餡の窩頭(トウモロコシ粉の蒸しパン)をアレンジしたちまきを堪能するジャイアントパンダ。旧暦5月5日の端午節(今年は6月25日)は中国の伝統的な節句で、ちまきを食べる習慣が現在まで続いている。北京動物園では飼育員らが、オランウータンやジャイアントパンダ、シロサイなどに、それぞれの好みに合わせた「特製ちまき」を制作して振る舞った。同園は25~27日の端午節連休期間中、新型コロナウイルス感染症対策として来園者の入場制限を行ったが、SNS(交流サイト)の微信(ウィーチャット)や微博(ウェイボー)、短編動画共有アプリ抖音(ドウイン)の公式アカウントにスペシャルコンテンツ「端午節オンライン旅行」を開設した。これにより視聴者は、飼育員らが特製ちまきを作って動物たちに与えるまでの全過程を、写真や動画で楽しめる。(北京=新華社配信/王漢琦)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020031801580

    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、できたての饅頭(中国風蒸しパン)を台所に運ぶ宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020030900785

    自宅待機生活でパン作りがブームに  5日、彭懿菲さんが家族と作った蒸しパン。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020030901007

    自宅待機生活でパン作りがブームに  5日、手作りの蒸しパンを見せる彭懿菲さんの息子。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020030900783

    自宅待機生活でパン作りがブームに  5日、蒸しパンを作る彭懿菲さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020030900786

    自宅待機生活でパン作りがブームに  5日、彭懿菲さんが家族と一緒に作った蒸しパン。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020030900766

    自宅待機生活でパン作りがブームに  5日、彭懿菲さんが家族で作った蒸しパン。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020030900788

    自宅待機生活でパン作りがブームに  5日、彭懿菲さんが家族と一緒に作った蒸しパン。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020030900794

    自宅待機生活でパン作りがブームに  5日、蒸しパンを作る彭懿菲さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020030900767

    自宅待機生活でパン作りがブームに  5日、子どもと一緒に蒸しパンを作る彭懿菲さん。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響から、中国では多くの人々が外出を控えている。自宅で過ごす時間が増えたことから人々は、酵母や小麦粉などを使って、料理の腕前を磨くようになった。江西省南昌市紅谷灘新区万達星城社区(コミュニティー)に暮らす彭懿菲(ほう・いひ)さん一家も自宅待機生活を送っているが、毎日、夫や子どもと一緒に料理することが彭さんの一番の楽しみとなっている。彭さんの手作りした料理がチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」の朋友圈(モーメンツ)で公開されると、友人から多くの「いいね!」が寄せられた。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020022602971

    中国でドライイーストの販売量が急増新型肺炎の影響を受け  23日、ネットショッピングプラットフォーム「美団外売」に出店しているコンビニのネットショップで、今月すでに409袋のイーストが販売された。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、ほとんどの中国人はこの1カ月間、外出を控えてきた。家で過ごす時間が長くなったことから、多くの人々は料理に凝り始め、通常はあまり使われない食材やドライイーストなどの販売量が急増している。中国ネット出前サービス大手の美団点評が19日「2020年春節(旧正月)在宅経済ビッグデータ」を発表した。それによると自宅で料理の腕前を磨くことが国民の楽しみになっており、普段からよく作っている総菜以外に、例えば饅頭(マントウ、中国風蒸しパン)やパン作りにもチャレンジしていることが見て取れる。ビッグデータによると、ベーカリー関連商品の検索数が前年同期の100倍、ドライイーストの販売量は約40倍、餃子の皮の販売量は7倍以上にそれぞれ増加した。(合肥=新華社記者/陳尚営)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020030203470

    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々  23日、山東省済南市で自宅待機中の趙小羽記者が焼いたメロンパン。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020022603026

    中国でドライイーストの販売量が急増新型肺炎の影響を受け  23日、安微省合肥市のスーパーですでに品切れ状態となったドライイーストの棚。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、ほとんどの中国人はこの1カ月間、外出を控えてきた。家で過ごす時間が長くなったことから、多くの人々は料理に凝り始め、通常はあまり使われない食材やドライイーストなどの販売量が急増している。中国ネット出前サービス大手の美団点評が19日「2020年春節(旧正月)在宅経済ビッグデータ」を発表した。それによると自宅で料理の腕前を磨くことが国民の楽しみになっており、普段からよく作っている総菜以外に、例えば饅頭(マントウ、中国風蒸しパン)やパン作りにもチャレンジしていることが見て取れる。ビッグデータによると、ベーカリー関連商品の検索数が前年同期の100倍、ドライイーストの販売量は約40倍、餃子の皮の販売量は7倍以上にそれぞれ増加した。(合肥=新華社記者/陳尚営)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020030203549

    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々  23日、山東省済南市で自宅待機中の趙小羽記者が焼いたメロンパン。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020030203369

    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々  22日、山東省済南市の自宅でパン作りを楽しむ趙小羽記者。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020022603042

    中国でドライイーストの販売量が急増新型肺炎の影響を受け  20日、山東省済南市の馮(ふう)さんが自宅で焼いたパン。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、ほとんどの中国人はこの1カ月間、外出を控えてきた。家で過ごす時間が長くなったことから、多くの人々は料理に凝り始め、通常はあまり使われない食材やドライイーストなどの販売量が急増している。中国ネット出前サービス大手の美団点評が19日「2020年春節(旧正月)在宅経済ビッグデータ」を発表した。それによると自宅で料理の腕前を磨くことが国民の楽しみになっており、普段からよく作っている総菜以外に、例えば饅頭(マントウ、中国風蒸しパン)やパン作りにもチャレンジしていることが見て取れる。ビッグデータによると、ベーカリー関連商品の検索数が前年同期の100倍、ドライイーストの販売量は約40倍、餃子の皮の販売量は7倍以上にそれぞれ増加した。(合肥=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020022124814

    CHINA HANGZHOU LIFE Masked people line up to buy steamed buns in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Thursday, Feb. 20, 2020. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  18. 2020022124777

    CHINA HANGZHOU LIFE Two masked women check phones beside a line for steamed buns in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Thursday, Feb. 20, 2020. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  19. 2020022124781

    CHINA HANGZHOU LIFE Masked people line up to buy steamed buns in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Thursday, Feb. 20, 2020. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  20. 2020022124782

    CHINA HANGZHOU LIFE Masked people line up to buy steamed buns in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Thursday, Feb. 20, 2020. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  21. 2020021800773

    CHINA HANGZHOU PRECAUTIONS AGAINST COVID-19 A worker checks the temperature of a buyer of braised food and steamed buns in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Monday, Feb. 17, 2020. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  22. 2020021800788

    CHINA HANGZHOU PRECAUTIONS AGAINST COVID-19 A worker looks at the queue of buyers for braised food and steamed buns in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Monday, Feb. 17, 2020. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  23. 2020021800745

    CHINA HANGZHOU PRECAUTIONS AGAINST COVID-19 People line up to buy braised food and steamed buns in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Monday, Feb. 17, 2020. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  24. 2020021800777

    CHINA HANGZHOU PRECAUTIONS AGAINST COVID-19 A worker checks the temperature of a buyer of braised food and steamed buns in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Monday, Feb. 17, 2020. Photo via Newscom、クレジット:Feature China/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  25. 2020020300452

    村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県  21日、竜をかたどった中国民間伝統芸術の一つ「面塑」(しん粉細工、もち米と小麦粉を練って作った人形)の作品。「花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)の里」と称される中国山西省運城市聞喜県の国家級無形文化遺産「聞喜花饃」は、千年以上の歴史を持つ。主に現地産の良質な小麦粉を練って作った生地をさまざまな手法で花や果物、人物、動物などの形に整え、それを蒸して乾燥させ、色付けして作られた作品は、生き生きとした魅力にあふれている。近年、「聞喜花饃」は一つの産業として確立しており、同県には18の企業と「専業合作社」(日本の協同組合にあたる組織)がある。現在、「聞喜花饃」作りに携わる職人は千人以上、関連業界の従業員は1万人以上に達し、年間売上高は2億元(1元=約16円)を上回る。「聞喜花饃」はすでに現地の人々に豊かさをもたらす「道」となっている。(運城=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020020300445

    村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県  21日、生き生きとした魅力にあふれる「面塑」(しん粉細工、もち米と小麦粉を練って作った人形)作品の数々。「花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)の里」と称される中国山西省運城市聞喜県の国家級無形文化遺産「聞喜花饃」は、千年以上の歴史を持つ。主に現地産の良質な小麦粉を練って作った生地をさまざまな手法で花や果物、人物、動物などの形に整え、それを蒸して乾燥させ、色付けして作られた作品は、生き生きとした魅力にあふれている。近年、「聞喜花饃」は一つの産業として確立しており、同県には18の企業と「専業合作社」(日本の協同組合にあたる組織)がある。現在、「聞喜花饃」作りに携わる職人は千人以上、関連業界の従業員は1万人以上に達し、年間売上高は2億元(1元=約16円)を上回る。「聞喜花饃」はすでに現地の人々に豊かさをもたらす「道」となっている。(運城=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020020300521

    村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県  21日、「花饃」に飾る果物をかたどった細工物。「花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)の里」と称される中国山西省運城市聞喜県の国家級無形文化遺産「聞喜花饃」は、千年以上の歴史を持つ。主に現地産の良質な小麦粉を練って作った生地をさまざまな手法で花や果物、人物、動物などの形に整え、それを蒸して乾燥させ、色付けして作られた作品は、生き生きとした魅力にあふれている。近年、「聞喜花饃」は一つの産業として確立しており、同県には18の企業と「専業合作社」(日本の協同組合にあたる組織)がある。現在、「聞喜花饃」作りに携わる職人は千人以上、関連業界の従業員は1万人以上に達し、年間売上高は2億元(1元=約16円)を上回る。「聞喜花饃」はすでに現地の人々に豊かさをもたらす「道」となっている。(運城=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020012322717

    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市  19日、年越し市で、スマホで蒸しパンで作った飾り物の写真を撮る買い物客。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020012322177

    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市  10日、陝西省西安市碑林区文化館で自作の花饃を手に持つ「関中花饃」伝承者の党亜賢(とう・あけん)さん。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020012320625

    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市  10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020012322437

    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市  10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020012322172

    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市  10日、陝西省西安市碑林区文化館で子どもたちに花饃の作り方を紹介する「関中花饃」伝承者の党亜賢(とう・あけん)さん(中央)。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020012322438

    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市  10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020012322407

    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市  10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020012322323

    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市  10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、旧正月を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節(旧正月)のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020012322451

    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市  10日、陝西省西安市碑林区文化館でネズミの形をした「関中花饃」を手にする子どもたち。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020012322462

    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市  10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020012322468

    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市  10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020012322416

    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市  10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」を鑑賞する子どもたち。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020012322200

    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市  10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」を鑑賞する子どもたち。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020012322431

    春節ムードを盛り上げる「花饃」陝西省西安市  10日、陝西省西安市碑林区文化館で展示された「関中花饃」。中国陝西省西安市の碑林区文化館で10日、春節(旧正月)を迎える風習を体験するイベントが行われた。招かれた無形文化遺産の伝承者は、同省関中地区に広まった「関中花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)」の歴史や作り方を紹介、子どもたちは中国の伝統文化に触れながら、間もなくやって来る春節のお祝いムードを満喫した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019111104381

    【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、山東省膠東(こうとう)地域の農家が作った食べられる芸術品「饃饃」(モモ、蒸しパンの一種)。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019051600208

    民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭  10日、中国花饃芸術祭で展示された花饃を撮影する来場者。中国陝西省渭南(いなん)市の臨渭(りんい)区でこのほど、「大美民間」中国花饃芸術祭が開催された。花饃は装飾を施した中国式蒸しパンを指す。全国11省から集まった民間の花饃職人50人以上が、自慢の作品を出展。さまざまな特徴を持つ花饃600点以上が民間芸術の魅力をアピールした。(渭南=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019051600195

    民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭  10日、中国花饃芸術祭で自身の作品を見せる花饃職人、王文娟(おう・ぶんけん)さん。中国陝西省渭南(いなん)市の臨渭(りんい)区でこのほど、「大美民間」中国花饃芸術祭が開催された。花饃は装飾を施した中国式蒸しパンを指す。全国11省から集まった民間の花饃職人50人以上が、自慢の作品を出展。さまざまな特徴を持つ花饃600点以上が民間芸術の魅力をアピールした。(渭南=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019051600213

    民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭  10日、中国花饃芸術祭で花饃作りを実演する職人。中国陝西省渭南(いなん)市の臨渭(りんい)区でこのほど、「大美民間」中国花饃芸術祭が開催された。花饃は装飾を施した中国式蒸しパンを指す。全国11省から集まった民間の花饃職人50人以上が、自慢の作品を出展。さまざまな特徴を持つ花饃600点以上が民間芸術の魅力をアピールした。(渭南=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019051600183

    民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭  10日、中国花饃芸術祭で展示された色彩豊かな花饃。吉祥の願いが込められている。中国陝西省渭南(いなん)市の臨渭(りんい)区でこのほど、「大美民間」中国花饃芸術祭が開催された。花饃は装飾を施した中国式蒸しパンを指す。全国11省から集まった民間の花饃職人50人以上が、自慢の作品を出展。さまざまな特徴を持つ花饃600点以上が民間芸術の魅力をアピールした。(渭南=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019051600227

    民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭  10日、中国花饃芸術祭で展示された花饃。中国陝西省渭南(いなん)市の臨渭(りんい)区でこのほど、「大美民間」中国花饃芸術祭が開催された。花饃は装飾を施した中国式蒸しパンを指す。全国11省から集まった民間の花饃職人50人以上が、自慢の作品を出展。さまざまな特徴を持つ花饃600点以上が民間芸術の魅力をアピールした。(渭南=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019051600162

    民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭  10日、中国花饃芸術祭で展示された花饃。中国陝西省渭南(いなん)市の臨渭(りんい)区でこのほど、「大美民間」中国花饃芸術祭が開催された。花饃は装飾を施した中国式蒸しパンを指す。全国11省から集まった民間の花饃職人50人以上が、自慢の作品を出展。さまざまな特徴を持つ花饃600点以上が民間芸術の魅力をアピールした。(渭南=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019051600194

    民間の知恵の結晶「花饃」、陝西省で芸術祭  10日、中国花饃芸術祭で来場者に自身の作品を紹介する花饃職人、王利貞(おう・りてい)さん。中国陝西省渭南(いなん)市の臨渭(りんい)区でこのほど、「大美民間」中国花饃芸術祭が開催された。花饃は装飾を施した中国式蒸しパンを指す。全国11省から集まった民間の花饃職人50人以上が、自慢の作品を出展。さまざまな特徴を持つ花饃600点以上が民間芸術の魅力をアピールした。(渭南=新華社記者/蔡馨逸)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019050901326

    砂漠化対策に16年間取り組む留学経験者内モンゴル自治区  2日、アルシャー左旗に位置するトングリ砂漠東端の事務所で、砂漠化対策のボランティアに講義する呉向栄さん。中国内モンゴル自治区アルシャー左旗出身の呉向栄(ご・こうえい)さんは2003年、日本留学から帰国した。研究の継続と外資系企業への就職という選択肢があったが、呉さんが最終的に選んだのは、故郷に戻ってトングリ砂漠の砂漠化対策に携わることだった。トングリ砂漠と賀蘭山に挟まれた地域は、風による砂の移動が速く、砂丘が延々と続いている。砂漠が賀蘭山に迫るように東に向かって拡大する際の砂の通り道でもある。呉さんは、砂のくぼみで寝泊まりしながら饅頭(蒸しパン)をかじるといった苦労や、一面の苗木が枯死するという絶望も味わったが、あきらめることはなかった。呉さんは長い時間を費やして、砂を囲い、固定するなど科学的な砂漠化対策法を考案しただけでなく、植樹や管理、メンテナンスなど一連の砂漠化防止に有効な経験も積んできた。呉さんと仲間たちは青年期の16年間を費やして、防砂林6万ムー(4千ヘクタール)以上を造成し、全長40キロ近くの生態林区域を形成することで、トングリ砂漠の東への拡張を効果的に阻止している。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像