検索結果 94 件中 1 件 〜 50 件 "蚕糸"
  1. 2020062204948

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  12日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、絹織物の技法を子どもたちに紹介する王一士さん(左端)と妻の計金妹さん(右端)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020062204928

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  12日、浙江省湖州市の輯里シルク博物館で、シルクの布団づくりに使う素材を干す王一士さん(奥左)と妻の計金妹(けい・きんまい)さん(奥右)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020062204981

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  11日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、シルク製品の所蔵品の保護に関する説明を聞く王一士さん(右)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020062204984

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  11日、浙江省湖州市輯里村で、村の人たちと桑の木を剪定(せんてい)する王一士さん(右)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020062204909

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  11日、輯里シルク博物館で、1851年の「第1回ロンドン万国博覧会」で「輯里湖絲」が金賞を受賞した際に贈られたメダルを見せる王一士さん。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020062205035

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  11日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、所蔵品の絹糸を整理する王一士さん。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020062204907

    「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組む養蚕農家浙江省  11日、浙江省湖州市にある輯里シルク博物館で、国家級無形文化遺産プロジェクト、蚕糸絹織技法の伝承者、顧明琪(こ・めいき)さん(左端)から絹織り技術に関する説明を聞く王一士さん(右端)。中国浙江省湖州市南潯区輯里(しゅうり)村で生産される蚕糸(さんし)「輯里湖絲(しゅうりこし)」は、優れた品質で知られる。明代中期以降、皇帝が着る「竜袍(りゅうほう)」の素材に指定されてきた。1851年に英ロンドンのハイドパークで開かれた「第1回ロンドン万国博覧会」で中国初の金賞を受賞し、その名が世界中に知られることになった。2011年には、その生産技法が国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同村の養蚕農家、王一士(おう・いつし)さん(63)は、長年にわたって「輯里湖絲」の生産技法の継承に取り組んできた。日々、自身の養蚕場を管理しながら、「輯里シルク博物館」の運営に励んでいる。2018年7月から無料で一般開放されている同博物館には、シルクの関連製品300点余りが展示されている。(湖州=新華社記者/譚進)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060209330

    注射ロボットとして利用    ツマグロヨコバイの頭部に電線を刺して行動メカニズムを観察中=茨城県つくば市の蚕糸・昆虫農業技術研究所  元年国内 11626 企画「一寸の虫 されど—21世紀に向けた虫の利用」5ー5「予防」

  9. 2019091700770

    無形文化遺産の継承者「絨花」のブランド化・産業化に期待  14日、南京市無形文化遺産館のアトリエで、生地にブラシをかけ、繊維の流れを整える趙樹憲さんの弟子。今年65歳になる趙樹憲(ちょう・じゅけん)さんは、中国江蘇省の無形文化遺産「絨花(じゅうか、ベルベット生地で作った花や鳥などの工芸品を指す)」の代表的継承者で、40年余りにわたって絨花の制作に携わってきた。趙さんによると、絨花作りの主な材料は蚕糸で、その題材は多くの人に好まれている事物からとったものが多く、素晴らしい生活への願いが込められているという。伝統的な技法を守りながらも、ファッショナブルな要素が取り入れられた趙さんの作品は、幅広い人気を誇っている。趙さんは、より多くの若者が手工芸の仕事に就き、絨花のブランド化・産業化を通じて無形文化遺産の技術をよりよく継承し、発展させていくことに期待を寄せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019091700675

    無形文化遺産の継承者「絨花」のブランド化・産業化に期待  14日、南京市無形文化遺産館のアトリエで、絨花のパーツをアクセサリーに貼り付ける趙樹憲さん。今年65歳になる趙樹憲(ちょう・じゅけん)さんは、中国江蘇省の無形文化遺産「絨花(じゅうか、ベルベット生地で作った花や鳥などの工芸品を指す)」の代表的継承者で、40年余りにわたって絨花の制作に携わってきた。趙さんによると、絨花作りの主な材料は蚕糸で、その題材は多くの人に好まれている事物からとったものが多く、素晴らしい生活への願いが込められているという。伝統的な技法を守りながらも、ファッショナブルな要素が取り入れられた趙さんの作品は、幅広い人気を誇っている。趙さんは、より多くの若者が手工芸の仕事に就き、絨花のブランド化・産業化を通じて無形文化遺産の技術をよりよく継承し、発展させていくことに期待を寄せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019091700622

    無形文化遺産の継承者「絨花」のブランド化・産業化に期待  14日、南京市無形文化遺産館のアトリエで、絨花を作る趙樹憲さん。今年65歳になる趙樹憲(ちょう・じゅけん)さんは、中国江蘇省の無形文化遺産「絨花(じゅうか、ベルベット生地で作った花や鳥などの工芸品を指す)」の代表的継承者で、40年余りにわたって絨花の制作に携わってきた。趙さんによると、絨花作りの主な材料は蚕糸で、その題材は多くの人に好まれている事物からとったものが多く、素晴らしい生活への願いが込められているという。伝統的な技法を守りながらも、ファッショナブルな要素が取り入れられた趙さんの作品は、幅広い人気を誇っている。趙さんは、より多くの若者が手工芸の仕事に就き、絨花のブランド化・産業化を通じて無形文化遺産の技術をよりよく継承し、発展させていくことに期待を寄せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019091700674

    無形文化遺産の継承者「絨花」のブランド化・産業化に期待  14日、南京市無形文化遺産館のアトリエで、弟子に絨花の制作技術を教える趙樹憲さん。今年65歳になる趙樹憲(ちょう・じゅけん)さんは、中国江蘇省の無形文化遺産「絨花(じゅうか、ベルベット生地で作った花や鳥などの工芸品を指す)」の代表的継承者で、40年余りにわたって絨花の制作に携わってきた。趙さんによると、絨花作りの主な材料は蚕糸で、その題材は多くの人に好まれている事物からとったものが多く、素晴らしい生活への願いが込められているという。伝統的な技法を守りながらも、ファッショナブルな要素が取り入れられた趙さんの作品は、幅広い人気を誇っている。趙さんは、より多くの若者が手工芸の仕事に就き、絨花のブランド化・産業化を通じて無形文化遺産の技術をよりよく継承し、発展させていくことに期待を寄せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019091700598

    無形文化遺産の継承者「絨花」のブランド化・産業化に期待  14日、南京市無形文化遺産館のアトリエで、絨花を作る趙樹憲さん。今年65歳になる趙樹憲(ちょう・じゅけん)さんは、中国江蘇省の無形文化遺産「絨花(じゅうか、ベルベット生地で作った花や鳥などの工芸品を指す)」の代表的継承者で、40年余りにわたって絨花の制作に携わってきた。趙さんによると、絨花作りの主な材料は蚕糸で、その題材は多くの人に好まれている事物からとったものが多く、素晴らしい生活への願いが込められているという。伝統的な技法を守りながらも、ファッショナブルな要素が取り入れられた趙さんの作品は、幅広い人気を誇っている。趙さんは、より多くの若者が手工芸の仕事に就き、絨花のブランド化・産業化を通じて無形文化遺産の技術をよりよく継承し、発展させていくことに期待を寄せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019091700627

    無形文化遺産の継承者「絨花」のブランド化・産業化に期待  14日、趙樹憲さんが制作した作品。今年65歳になる趙樹憲(ちょう・じゅけん)さんは、中国江蘇省の無形文化遺産「絨花(じゅうか、ベルベット生地で作った花や鳥などの工芸品を指す)」の代表的継承者で、40年余りにわたって絨花の制作に携わってきた。趙さんによると、絨花作りの主な材料は蚕糸で、その題材は多くの人に好まれている事物からとったものが多く、素晴らしい生活への願いが込められているという。伝統的な技法を守りながらも、ファッショナブルな要素が取り入れられた趙さんの作品は、幅広い人気を誇っている。趙さんは、より多くの若者が手工芸の仕事に就き、絨花のブランド化・産業化を通じて無形文化遺産の技術をよりよく継承し、発展させていくことに期待を寄せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019091700617

    無形文化遺産の継承者「絨花」のブランド化・産業化に期待  14日、南京市無形文化遺産館のアトリエで、絨花を作る趙樹憲さん。今年65歳になる趙樹憲(ちょう・じゅけん)さんは、中国江蘇省の無形文化遺産「絨花(じゅうか、ベルベット生地で作った花や鳥などの工芸品を指す)」の代表的継承者で、40年余りにわたって絨花の制作に携わってきた。趙さんによると、絨花作りの主な材料は蚕糸で、その題材は多くの人に好まれている事物からとったものが多く、素晴らしい生活への願いが込められているという。伝統的な技法を守りながらも、ファッショナブルな要素が取り入れられた趙さんの作品は、幅広い人気を誇っている。趙さんは、より多くの若者が手工芸の仕事に就き、絨花のブランド化・産業化を通じて無形文化遺産の技術をよりよく継承し、発展させていくことに期待を寄せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019091700624

    無形文化遺産の継承者「絨花」のブランド化・産業化に期待  14日、南京市無形文化遺産館のアトリエで、絨花のパーツをハサミで切りそろえる趙樹憲さん。今年65歳になる趙樹憲(ちょう・じゅけん)さんは、中国江蘇省の無形文化遺産「絨花(じゅうか、ベルベット生地で作った花や鳥などの工芸品を指す)」の代表的継承者で、40年余りにわたって絨花の制作に携わってきた。趙さんによると、絨花作りの主な材料は蚕糸で、その題材は多くの人に好まれている事物からとったものが多く、素晴らしい生活への願いが込められているという。伝統的な技法を守りながらも、ファッショナブルな要素が取り入れられた趙さんの作品は、幅広い人気を誇っている。趙さんは、より多くの若者が手工芸の仕事に就き、絨花のブランド化・産業化を通じて無形文化遺産の技術をよりよく継承し、発展させていくことに期待を寄せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019091700702

    無形文化遺産の継承者「絨花」のブランド化・産業化に期待  14日、南京市無形文化遺産館のアトリエで、趙樹憲さんが絨花のパーツをハサミで切りそろえている。今年65歳になる趙樹憲(ちょう・じゅけん)さんは、中国江蘇省の無形文化遺産「絨花(じゅうか、ベルベット生地で作った花や鳥などの工芸品を指す)」の代表的継承者で、40年余りにわたって絨花の制作に携わってきた。趙さんによると、絨花作りの主な材料は蚕糸で、その題材は多くの人に好まれている事物からとったものが多く、素晴らしい生活への願いが込められているという。伝統的な技法を守りながらも、ファッショナブルな要素が取り入れられた趙さんの作品は、幅広い人気を誇っている。趙さんは、より多くの若者が手工芸の仕事に就き、絨花のブランド化・産業化を通じて無形文化遺産の技術をよりよく継承し、発展させていくことに期待を寄せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019091700703

    無形文化遺産の継承者「絨花」のブランド化・産業化に期待  14日、趙樹憲さんが制作した作品。今年65歳になる趙樹憲(ちょう・じゅけん)さんは、中国江蘇省の無形文化遺産「絨花(じゅうか、ベルベット生地で作った花や鳥などの工芸品を指す)」の代表的継承者で、40年余りにわたって絨花の制作に携わってきた。趙さんによると、絨花作りの主な材料は蚕糸で、その題材は多くの人に好まれている事物からとったものが多く、素晴らしい生活への願いが込められているという。伝統的な技法を守りながらも、ファッショナブルな要素が取り入れられた趙さんの作品は、幅広い人気を誇っている。趙さんは、より多くの若者が手工芸の仕事に就き、絨花のブランド化・産業化を通じて無形文化遺産の技術をよりよく継承し、発展させていくことに期待を寄せた。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019053004373

    養蚕農家、シルク文化博物館を設立浙江省湖州市  27日、湖州市南潯区にある輯里湖糸博物館で、同博物館のホームページに載せる写真を撮影する王一士さん(中央)、息子の王華(おう・か)さん(右端)とその嫁の楊英(よう・えい)さん。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区輯里(しゅうり)村でこのほど、養蚕農家の王一士(おう・いつし)さんが設立した民間博物館「輯里湖糸博物館」が無料で一般公開された。「生産、鑑賞、体験」を一体化した同博物館には、王さんが30年余りにわたって収集してきた「輯里湖糸」(湖州産の蚕糸)関連の物品や農具が展示されている。来場者は現地のシルク文化を知るだけでなく、中国江南地域(長江下流の南側に広がる肥沃な地域)の農業にまつわる風習や習慣を体験することもできる。(湖州=新華社記者/譚進)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019053004417

    養蚕農家、シルク文化博物館を設立浙江省湖州市  27日、湖州市南潯区にある輯里湖糸博物館の前で、収集したばかりの旧型の糸繰り機を博物館に運ぶ王一士さん(右)と妻の計金妹(けい・きんまい)さん。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区輯里(しゅうり)村でこのほど、養蚕農家の王一士(おう・いつし)さんが設立した民間博物館「輯里湖糸博物館」が無料で一般公開された。「生産、鑑賞、体験」を一体化した同博物館には、王さんが30年余りにわたって収集してきた「輯里湖糸」(湖州産の蚕糸)関連の物品や農具が展示されている。来場者は現地のシルク文化を知るだけでなく、中国江南地域(長江下流の南側に広がる肥沃な地域)の農業にまつわる風習や習慣を体験することもできる。(湖州=新華社記者/譚進)=2019(令和元)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019053004424

    養蚕農家、シルク文化博物館を設立浙江省湖州市  23日、湖州市南潯区にある輯里湖糸博物館で、ドイツ人中学生に手織りの技を披露する王一士さん。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区輯里(しゅうり)村でこのほど、養蚕農家の王一士(おう・いつし)さんが設立した民間博物館「輯里湖糸博物館」が無料で一般公開された。「生産、鑑賞、体験」を一体化した同博物館には、王さんが30年余りにわたって収集してきた「輯里湖糸」(湖州産の蚕糸)関連の物品や農具が展示されている。来場者は現地のシルク文化を知るだけでなく、中国江南地域(長江下流の南側に広がる肥沃な地域)の農業にまつわる風習や習慣を体験することもできる。(湖州=新華社記者/譚進)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019053004453

    養蚕農家、シルク文化博物館を設立浙江省湖州市  22日、湖州市南潯区にある輯里湖糸博物館の蚕室(さんしつ)で育てられている熟蚕(じゅくさん、繭をつくる直前の蚕)。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区輯里(しゅうり)村でこのほど、養蚕農家の王一士(おう・いつし)さんが設立した民間博物館「輯里湖糸博物館」が無料で一般公開された。「生産、鑑賞、体験」を一体化した同博物館には、王さんが30年余りにわたって収集してきた「輯里湖糸」(湖州産の蚕糸)関連の物品や農具が展示されている。来場者は現地のシルク文化を知るだけでなく、中国江南地域(長江下流の南側に広がる肥沃な地域)の農業にまつわる風習や習慣を体験することもできる。(湖州=新華社記者/譚進)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019053004478

    養蚕農家、シルク文化博物館を設立浙江省湖州市  21日、湖州市南潯区にある輯里湖糸博物館の蚕室(さんしつ)で、金色の春繭(はるまゆ)の写真を撮る外国人観光客。中国浙江省湖州市南潯(なんじん)区輯里(しゅうり)村でこのほど、養蚕農家の王一士(おう・いつし)さんが設立した民間博物館「輯里湖糸博物館」が無料で一般公開された。「生産、鑑賞、体験」を一体化した同博物館には、王さんが30年余りにわたって収集してきた「輯里湖糸」(湖州産の蚕糸)関連の物品や農具が展示されている。来場者は現地のシルク文化を知るだけでなく、中国江南地域(長江下流の南側に広がる肥沃な地域)の農業にまつわる風習や習慣を体験することもできる。(湖州=新華社記者/譚進)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2018122820638

    カモの背中に矢が刺さる 背中に矢が刺さったカモ  「蚕糸の森公園」の池で見つかった背中に矢のようなものが刺さったカモ=28日午後、東京都杉並区

  25. 2018122820637

    カモの背中に矢が刺さる 矢が刺さったカモ  「蚕糸の森公園」の池で見つかった背中に矢のようなものが刺さったカモ=28日午後、東京都杉並区

  26. 2018122820635

    カモの背中に矢が刺さる 蚕糸の森公園のカモ  「蚕糸の森公園」の池で見つかった背中に矢のようなものが刺さったカモ=28日午後、東京都杉並区

  27. 2018112119671

    美術刀剣の継承と革新に挑む河北省行唐  14日、石家荘市行唐(こうとう)県鉄匠荘村の作業場で、美術刀剣の完成品を披露する李住軍さん。中国河北省石家荘市行唐(こうとう)県の鉄匠荘村は鍛冶業が盛んで、同村の鍛造技術は数百年にわたり途切れることなく受け継がれてきた。今年47歳になる李住軍(り・じゅうぐん)さんは鉄匠荘村を代表する鍛冶職人だ。同じく鍛冶職人の父親を師とし、伝統技術を守る情熱により十数年にわたって美術刀剣の制作に打ち込み、「百錬花紋鋼」(制作工程の「折り返し鍛錬法」で鍛えられた鋼の一種)」の鍛造技術を身につけた。これらの刀剣の鍛造技術は、石家荘市の市級無形文化遺産に指定されている。近年、李さんは技術革新を続け、「蚕糸(さんし)模様」や「流水模様」といった十種類余りの美しい模様や図案を編み出した。鋼(はがね)を何度も折り返して鍛えることで浮き出させたきめ細かい文様は、美術工芸品としての刀剣の美しさと質を高めており、同地の独特な無形文化遺産の名刺的存在になっている。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018112119587

    美術刀剣の継承と革新に挑む河北省行唐  14日、石家荘市行唐(こうとう)県鉄匠荘村の作業場で、刀剣表面の文様を見つめる李住軍さん。中国河北省石家荘市行唐(こうとう)県の鉄匠荘村は鍛冶業が盛んで、同村の鍛造技術は数百年にわたり途切れることなく受け継がれてきた。今年47歳になる李住軍(り・じゅうぐん)さんは鉄匠荘村を代表する鍛冶職人だ。同じく鍛冶職人の父親を師とし、伝統技術を守る情熱により十数年にわたって美術刀剣の制作に打ち込み、「百錬花紋鋼」(制作工程の「折り返し鍛錬法」で鍛えられた鋼の一種)」の鍛造技術を身につけた。これらの刀剣の鍛造技術は、石家荘市の市級無形文化遺産に指定されている。近年、李さんは技術革新を続け、「蚕糸(さんし)模様」や「流水模様」といった十種類余りの美しい模様や図案を編み出した。鋼(はがね)を何度も折り返して鍛えることで浮き出させたきめ細かい文様は、美術工芸品としての刀剣の美しさと質を高めており、同地の独特な無形文化遺産の名刺的存在になっている。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2018112119454

    美術刀剣の継承と革新に挑む河北省行唐  14日、石家荘市行唐(こうとう)県鉄匠荘村の作業場で、伝統的な刀剣作りに励む李住軍さん。中国河北省石家荘市行唐(こうとう)県の鉄匠荘村は鍛冶業が盛んで、同村の鍛造技術は数百年にわたり途切れることなく受け継がれてきた。今年47歳になる李住軍(り・じゅうぐん)さんは鉄匠荘村を代表する鍛冶職人だ。同じく鍛冶職人の父親を師とし、伝統技術を守る情熱により十数年にわたって美術刀剣の制作に打ち込み、「百錬花紋鋼」(制作工程の「折り返し鍛錬法」で鍛えられた鋼の一種)」の鍛造技術を身につけた。これらの刀剣の鍛造技術は、石家荘市の市級無形文化遺産に指定されている。近年、李さんは技術革新を続け、「蚕糸(さんし)模様」や「流水模様」といった十種類余りの美しい模様や図案を編み出した。鋼(はがね)を何度も折り返して鍛えることで浮き出させたきめ細かい文様は、美術工芸品としての刀剣の美しさと質を高めており、同地の独特な無形文化遺産の名刺的存在になっている。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2018112119595

    美術刀剣の継承と革新に挑む河北省行唐  14日、石家荘市行唐(こうとう)県鉄匠荘村の作業場で、伝統的な刀剣作りに励む李住軍さん。中国河北省石家荘市行唐(こうとう)県の鉄匠荘村は鍛冶業が盛んで、同村の鍛造技術は数百年にわたり途切れることなく受け継がれてきた。今年47歳になる李住軍(り・じゅうぐん)さんは鉄匠荘村を代表する鍛冶職人だ。同じく鍛冶職人の父親を師とし、伝統技術を守る情熱により十数年にわたって美術刀剣の制作に打ち込み、「百錬花紋鋼」(制作工程の「折り返し鍛錬法」で鍛えられた鋼の一種)」の鍛造技術を身につけた。これらの刀剣の鍛造技術は、石家荘市の市級無形文化遺産に指定されている。近年、李さんは技術革新を続け、「蚕糸(さんし)模様」や「流水模様」といった十種類余りの美しい模様や図案を編み出した。鋼(はがね)を何度も折り返して鍛えることで浮き出させたきめ細かい文様は、美術工芸品としての刀剣の美しさと質を高めており、同地の独特な無形文化遺産の名刺的存在になっている。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2018112119602

    美術刀剣の継承と革新に挑む河北省行唐  14日、石家荘市行唐(こうとう)県鉄匠荘村で撮影した李住軍さん製作の美術刀剣の完成品の一部分。中国河北省石家荘市行唐(こうとう)県の鉄匠荘村は鍛冶業が盛んで、同村の鍛造技術は数百年にわたり途切れることなく受け継がれてきた。今年47歳になる李住軍(り・じゅうぐん)さんは鉄匠荘村を代表する鍛冶職人だ。同じく鍛冶職人の父親を師とし、伝統技術を守る情熱により十数年にわたって美術刀剣の制作に打ち込み、「百錬花紋鋼」(制作工程の「折り返し鍛錬法」で鍛えられた鋼の一種)」の鍛造技術を身につけた。これらの刀剣の鍛造技術は、石家荘市の市級無形文化遺産に指定されている。近年、李さんは技術革新を続け、「蚕糸(さんし)模様」や「流水模様」といった十種類余りの美しい模様や図案を編み出した。鋼(はがね)を何度も折り返して鍛えることで浮き出させたきめ細かい文様は、美術工芸品としての刀剣の美しさと質を高めており、同地の独特な無形文化遺産の名刺的存在になっている。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2018112119461

    美術刀剣の継承と革新に挑む河北省行唐  14日、石家荘市行唐(こうとう)県鉄匠荘村の作業場で、伝統的な刀剣作りに励む李住軍さん。中国河北省石家荘市行唐(こうとう)県の鉄匠荘村は鍛冶業が盛んで、同村の鍛造技術は数百年にわたり途切れることなく受け継がれてきた。今年47歳になる李住軍(り・じゅうぐん)さんは鉄匠荘村を代表する鍛冶職人だ。同じく鍛冶職人の父親を師とし、伝統技術を守る情熱により十数年にわたって美術刀剣の制作に打ち込み、「百錬花紋鋼」(制作工程の「折り返し鍛錬法」で鍛えられた鋼の一種)」の鍛造技術を身につけた。これらの刀剣の鍛造技術は、石家荘市の市級無形文化遺産に指定されている。近年、李さんは技術革新を続け、「蚕糸(さんし)模様」や「流水模様」といった十種類余りの美しい模様や図案を編み出した。鋼(はがね)を何度も折り返して鍛えることで浮き出させたきめ細かい文様は、美術工芸品としての刀剣の美しさと質を高めており、同地の独特な無形文化遺産の名刺的存在になっている。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2018112119457

    美術刀剣の継承と革新に挑む河北省行唐  14日、石家荘市行唐(こうとう)県鉄匠荘村の作業場で、伝統的な刀剣作りに励む李住軍さん。中国河北省石家荘市行唐(こうとう)県の鉄匠荘村は鍛冶業が盛んで、同村の鍛造技術は数百年にわたり途切れることなく受け継がれてきた。今年47歳になる李住軍(り・じゅうぐん)さんは鉄匠荘村を代表する鍛冶職人だ。同じく鍛冶職人の父親を師とし、伝統技術を守る情熱により十数年にわたって美術刀剣の制作に打ち込み、「百錬花紋鋼」(制作工程の「折り返し鍛錬法」で鍛えられた鋼の一種)」の鍛造技術を身につけた。これらの刀剣の鍛造技術は、石家荘市の市級無形文化遺産に指定されている。近年、李さんは技術革新を続け、「蚕糸(さんし)模様」や「流水模様」といった十種類余りの美しい模様や図案を編み出した。鋼(はがね)を何度も折り返して鍛えることで浮き出させたきめ細かい文様は、美術工芸品としての刀剣の美しさと質を高めており、同地の独特な無形文化遺産の名刺的存在になっている。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2017072000971

    蚕糸 富岡製糸場  クワ畑=2009(平成21)年10月6日、群馬県富岡市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [2002081400002318−04] 「日本農業新聞」

  35. 2017072000969

    蚕糸 富岡製糸場  蚕繭の出荷作業=2009(平成21)年10月6日、群馬県富岡市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [200208140000231−08] 「日本農業新聞」

  36. 2017072000968

    蚕糸 富岡製糸場  蚕繭の出荷作業、富岡製糸場=2009(平成21)年10月6日、群馬県富岡市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [2002081400002318−07] 「日本農業新聞」

  37. 2017072000967

    蚕糸 富岡製糸場  蚕繭の出荷作業=2009(平成21)年10月6日、群馬県富岡市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [2002081400002318−06] 「日本農業新聞」

  38. 2017072000966

    蚕糸 富岡製糸場  富岡製糸場=2009(平成21)年10月6日、群馬県富岡市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [2002081400002318−03] 「日本農業新聞」

  39. 2017072000965

    蚕糸 富岡製糸場  蚕繭の出荷作業、富岡製糸場=2009(平成21)年10月6日、群馬県富岡市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [2002081400002318−02] 「日本農業新聞」

  40. 2017072000964

    蚕糸 富岡製糸場  蚕繭の出荷作業=2009(平成21)年10月6日、群馬県富岡市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [2002081400002318−10] 「日本農業新聞」

  41. 2017072000963

    蚕糸 富岡製糸場  蚕繭の出荷作業=2009(平成21)年10月6日、群馬県富岡市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [2002081400002318−09] 「日本農業新聞」

  42. 2017072000962

    蚕糸 富岡製糸場  蚕繭の出荷作業=2009(平成21)年10月6日、群馬県富岡市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [2002081400002318−05] 「日本農業新聞」

  43. 2017072000961

    蚕糸 富岡製糸場  蚕繭の出荷作業=2009(平成21)年10月6日、群馬県富岡市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [2002081400002318−01] 「日本農業新聞」

  44. 2017050800748

    江戸の昔は桃の名所 蚕糸の森公園の門  蚕糸試験場時代にも使われていた蚕糸の森公園の門=東京都杉並区 「東京おでかけ日和」

  45. 2017050800747

    江戸の昔は桃の名所 モニュメント  蚕糸の森公園のカイコガと繭のモニュメント=東京都杉並区 「東京おでかけ日和」

  46. 2017050800746

    江戸の昔は桃の名所 プラタナス  蚕糸の森公園の広場で枝を広げるプラタナスの巨木=東京都杉並区 「東京おでかけ日和」

  47. 2017050800745

    江戸の昔は桃の名所 大滝  勢いよく流れ落ちる蚕糸の森公園の大滝=東京都杉並区 「東京おでかけ日和」

  48. 2012120100187

    生糸用カイコの開発断念 保存されている卵  群馬県蚕糸技術センターが保存しているカイコの卵=11月28日、前橋市の同センター

  49. 2012120100186

    生糸用カイコ開発から撤退 保存されているカイコ  群馬県蚕糸技術センターが保存しているカイコ=11月28日、前橋市の同センター

  50. 2012081000799

    宮中御養蚕所見学    SK22-19 ◎宮中楓山御養蚕所の見学に向かう高等蚕糸学校の男女学生たち=1930(昭和5)年5月(日本電報通信社撮影) SK22-19

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像