検索結果 2,888 件中 1 件 〜 50 件 "西日本豪雨"
  1. 2020021500363

    「大型サイド」避難所アンケート 「雑魚寝」生活改善を  2018年7月、西日本豪雨で段ボールベッドが設置された避難所=岡山県倉敷市真備町地区

  2. 2020022504041

    「山陽新聞」 止まった学校の時計を後世に 西日本豪雨  川辺小に保管されている時計。西日本豪雨による被災で止まった。2018年7月の西日本豪雨から止まったままの時計が、被災した岡山県倉敷市真備町地区の3小中学校に残されている。「災害の記憶を後世に伝える資料にしたい」と、市教委は学校ごとに保管することを決めた。8時34分―。川辺小(同町川辺)の体育館外壁に掛けられていた時計(直径70センチ)は学校が浸水した「あの時」を示し続けている。=2020(令和2)年2月5日、岡山県倉敷市真備町川辺、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  3. 2020013102384

    ダム緊急放流で国と市提訴  提訴後、西日本豪雨で亡くなった両親の写真を持ち記者会見する女性=31日午前、松山市

  4. 2020010903493

    「大型サイド」被災外国人対策 進む国際化、平時から模索  西日本豪雨で外国人被災者を支援した、岡山県総社市人権・まちづくり課の譚俊偉主事

  5. 2020010703994

    「大型サイド」西日本豪雨1年半 浸水の脅威、伝承模索  西日本豪雨の浸水高を示す外壁に引かれたテープ(右)と守屋美雪さん=岡山県倉敷市真備町地区

  6. 2020010703990

    「大型サイド」西日本豪雨1年半 浸水の脅威、伝承模索  西日本豪雨を受け、集会所前に立てられた浸水高を示す約5㍍の竹=岡山県倉敷市真備町地区

  7. 2020010703823

    「大型サイド」西日本豪雨1年半 浸水の脅威、伝承模索  西日本豪雨を受け、集会所前に立てられた浸水高を示す約5㍍の竹=岡山県倉敷市真備町地区

  8. 2020010703272

    「大型サイド」西日本豪雨1年半 浸水の脅威、伝承模索  岡山県倉敷市真備町地区・守屋美雪さんが引いたライン、集会所の竹、まび記念病院

  9. 2020010703269

    「大型サイド」西日本豪雨1年半 浸水の脅威、伝承模索  岡山県倉敷市真備町地区・守屋美雪さんが引いたライン、集会所の竹、まび記念病院

  10. 2020010702044

    子ども学習企画「ニュースで解けた?」(296) 気象災害、日本が最悪国  西日本豪雨で被害を受けた岡山県倉敷(くらしき)市の様子=2018年7月

  11. 2020010603294

    「大型サイド」ダム事前放流、課題山積 のしかかる巨額費用  2018年の西日本豪雨と19年の台風19号で緊急放流したダム

  12. 2020010603291

    「大型サイド」ダム事前放流、課題山積 のしかかる巨額費用  2018年の西日本豪雨と19年の台風19号で緊急放流したダム

  13. 2020010600548

    亡き子思い、防災担い手へ  西日本豪雨で息子を失った植木富士子さん。「防災士」を目指す=広島市安芸区

  14. 2020010600547

    亡き子思い、防災担い手へ  西日本豪雨で息子を失った植木富士子さん。「防災士」を目指す=広島市安芸区

  15. 2020010600104

    仮住まい3県2900世帯  西日本豪雨被災者の仮設住宅=6日午前、広島県坂町

  16. 2020010600099

    仮住まい3県2900世帯  西日本豪雨被災者の仮設住宅=6日午前、広島県坂町

  17. 2020010500176

    被災集会所、復旧進まず  西日本豪雨で被災した宮田団地集会所を掃除する大重久誉さん=2019年12月、岡山県倉敷市真備町地区

  18. 2020010500175

    被災集会所、復旧進まず  西日本豪雨で被災した宮田団地集会所を掃除する大重久誉さん=2019年12月、岡山県倉敷市真備町地区

  19. 2020010500170

    退去者8割、地元で再起  西日本豪雨で自宅が全壊、同じ場所で再建中の黒木ともこさん=2019年12月、岡山県倉敷市真備町地区

  20. 2020010500169

    退去者8割、地元で再起  西日本豪雨で被災した自宅を修繕した中西冨美子さん=2019年12月、岡山県倉敷市真備町地区

  21. 2020010500167

    退去者8割、地元で再起  西日本豪雨で被災した自宅を修繕した中西冨美子さん=2019年12月、岡山県倉敷市真備町地区

  22. 2020021800150

    「山陽新聞」 廉塾の保存事業20年度再開へ  老朽化の進む廉塾。講堂の屋根にシートがかけられている。老朽化が進む国特別史跡・廉塾(広島県福山市神辺町川北)で、保存整備事業の本格再開に向け、福山市などが準備を進めている。2018年度に着手したものの、同年7月の西日本豪雨で全ての建物が床下浸水し、復旧を優先したため、保存整備の方はほとんど行われていないからだ。19年に市民グループによる支援の募金活動が始まるなど機運も高まっており、20年度からの再開を目指す。=2019(令和元)年12月14日、広島県福山市神辺町川北、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  23. 2019121700145

    「山陽新聞」 竹にともした復興の光 倉敷市真備町  復興への願いを込め、竹を使ったイルミネーションで彩られた会場。奧が浸水深と同じ高さのツリー。昨年の西日本豪雨で甚大な被害を受けた倉敷市真備町地区の復興を願い、特産の竹を使ったイルミネーションが13日、マービーふれあいセンター(同町箭田)で始まった。約300本の竹(高さ30~130センチ)に大小の穴を開け、内側からLED(発光ダイオード)で照らし出した。竹はオブジェのように並び、柔らかな光で会場を包んだ。中央に立ったツリーの高さは、市真備支所(同所)の浸水深と同じ約4・5メートルで「水害の記憶を継承し、復興に向かって歩んでいく」思いを込めた。=2019(令和元)年12月13日、岡山県倉敷市真備町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  24. 2019121122537

    「@山陰山陽」 ノートでつなぐ復興の鉄路  西日本豪雨で被災した路線を巡る旅で、参加者らが思いを書き込んだノート

  25. 2019121122531

    「@山陰山陽」 ノートでつなぐ復興の鉄路  西日本豪雨で被災した路線を巡る旅を企画し、JR福山駅でゴールした小椋将史さん(右から2人目)ら=10月

  26. 2019120503591

    気象災害、日本が最悪  西日本豪雨で冠水した岡山県倉敷市真備町地区=2018年7月8日

  27. 2019122700331

    「山陽新聞」 伝統の金時ニンジン守る 倉敷・船穂  金時ニンジンの収穫風景。付近では高梁川と小田川の合流地点の付け替え工事が行われ、作付けが減っているという。おせち料理などで煮物を彩る金時ニンジンの収穫が、倉敷市船穂町柳井原地区で続いている。かつては全国有数の生産量を誇った産地だが、農家の高齢化に加え、昨夏の西日本豪雨の影響で作付面積が減少。残った生産者が「肌の滑らかな特産のニンジンを届けたい」と作業に精を出している。=2019(令和元)年12月3日、岡山県倉敷市船穂町柳井原地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  28. 2020011401933

    「山陽新聞」 真備町地区の仮設住宅 西日本豪雨1年半  倉敷市真備町地区に並ぶ仮設住宅。岡山県内では今なお2千世帯4970人が仮設暮らしを余儀なくされている。岡山県に戦後最大級の水害をもたらした西日本豪雨は6日で発生から1年半。県内の被災地では、住宅改修や店舗再開など復興に向けた懸命な取り組みが続くが、甚大な被害の傷跡はいまだ癒えない。なおも2000世帯4970人が仮設住宅での暮らしを余儀なくされており、生活再建への歩みは格差が広がりつつある。=2019(令和元)年11月21日、岡山県倉敷市真備町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  29. 2020011401942

    「山陽新聞」 水害低減へ「田んぼダム」倉敷市検討  雨量計(中央)を設置し、「田んぼダム」の実証実験を行った水田=倉敷市真備町地区。西日本豪雨で甚大な浸水被害に見舞われた倉敷市は、水田に雨をためることで水害を抑える「田んぼダム」の導入を検討している。大規模なハード整備を必要とせず、比較的すぐに始められるのがメリットで、他県では効果を上げている自治体もある。一方、長期間にわたって大勢の農家に取り組んでもらうことが不可欠で、実現にはハードルもある。=2019(令和元)年11月11日、岡山県倉敷市真備町地区、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  30. 2019112604055

    「山陽新聞」 プラごみ散乱 岡山市の百間川河口  プラスチック類などの多くのごみが回収された百間川河口。プラスチック類などの多くのごみが回収された百間川河口。岡山市中区沖元の百間川河口付近に、昨夏の西日本豪雨で流れ着いたとみられるプラスチック類などのごみがたまっている。環境への悪影響が指摘されるマイクロプラスチックになることも懸念され、一部は市民団体などが回収した。=2019(令和元)年11月10日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  31. 2019110804403

    「12段用」 融資相談、西日本豪雨並み  台風19号による主な企業被害

  32. 2019110804401

    「12段用」 融資相談、西日本豪雨並み  台風19号による主な企業被害

  33. 2019110804399

    融資相談、西日本豪雨並み  台風19号による主な企業被害

  34. 2019110804397

    融資相談、西日本豪雨並み  台風19号による主な企業被害

  35. 2019103101036

    「12段用」 ボランティア不足深刻  台風19号と西日本豪雨のボランティア数の比較

  36. 2019103101035

    「12段用」 ボランティア不足深刻  台風19号と西日本豪雨のボランティア数の比較

  37. 2019103101034

    ボランティア不足深刻  台風19号と西日本豪雨のボランティア数の比較

  38. 2019103101033

    ボランティア不足深刻  台風19号と西日本豪雨のボランティア数の比較

  39. 2019102903032

    「山陽新聞」 真備復興願い ランタン350個放つ  倉敷市真備町地区の復興を願い、夜空に放たれたランタン=26日午後7時8分。昨年の西日本豪雨で被災した倉敷市真備町地区の復興を願い、メッセージ入りの和紙製ランタンで夜空を彩るイベントが26日、倉敷芸術科学大(同市連島町西之浦)であった。「頑張ろう真備」「ファイト」「笑顔」。同地区をはじめ、市内外から参加した家族連れらがそれぞれの思いを記した約350個のランタン(高さ50センチ、幅・奥行き各35センチ)。約600人が同大グラウンドに集まり、午後7時すぎ、カウントダウンの後、一斉に放った。=2019(令和元)年10月26日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  40. 2019102300639

    JR芸備線が全線で再開  西日本豪雨で流され、復旧された広島市安佐北区の橋を通過するJR芸備線の車両=23日午前(共同通信社ヘリから)

  41. 2019101608596

    浸水面積、西日本豪雨超え  主な河川の浸水面積

  42. 2019101608594

    浸水面積、西日本豪雨超え  主な河川の浸水面積

  43. 2019101608591

    「12段用」 浸水面積、西日本豪雨超え  主な河川の浸水面積

  44. 2019101608589

    「12段用」 浸水面積、西日本豪雨超え  主な河川の浸水面積

  45. 2019101400181

    巨人高橋前監督が野球教室  西日本豪雨の復興イベントで開かれた野球教室で、子どもたちにノックをするプロ野球巨人の高橋由伸前監督=14日、愛媛県砥部町

  46. 2019101400180

    巨人高橋前監督が野球教室  西日本豪雨の復興イベントで取材に応じるプロ野球巨人の高橋由伸前監督=14日、愛媛県砥部町

  47. 2019092100596

    温暖化被害回避へ変革を  西日本豪雨による川の堤防決壊で浸水した学校。温暖化が進むと豪雨が増えると予測されている=2018年7月、岡山県倉敷市真備町地区

  48. 2019091809523

    積乱雲の広域多発続く  西日本豪雨の気象イメージ

  49. 2019091809521

    積乱雲の広域多発続く  西日本豪雨の気象イメージ

  50. 2019091808386

    インフラ対策着実に進める  昨年の西日本豪雨による被災箇所を視察する赤羽国交相(中央)=18日午後、岡山県倉敷市真備町地区

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像