検索結果 91 件中 1 件 〜 50 件 "観光エリア"
  1. 2020100705822

    湖南省、国慶節連休前半の観光客数が回復傾向に  5日、多くの人が行き交う長沙市の黄興路歩行街。中国湖南省文化・観光庁は、国慶節連休(1~8日)の前半4日間で同省のA級観光地と農村観光エリア169カ所を訪れた観光客数が延べ462万8100人に達したと発表した。観光収入は6億5600万元(1元=約16円)だった。うちA級観光地99カ所の観光客数は延べ415万3千人で前年同期の74・9%まで回復、農村観光エリア70カ所では前年同期比3・42%増の延べ47万5千人だった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020100705815

    湖南省、国慶節連休前半の観光客数が回復傾向に  5日、多くの人が行き交う長沙市の黄興路歩行街。中国湖南省文化・観光庁は、国慶節連休(1~8日)の前半4日間で同省のA級観光地と農村観光エリア169カ所を訪れた観光客数が延べ462万8100人に達したと発表した。観光収入は6億5600万元(1元=約16円)だった。うちA級観光地99カ所の観光客数は延べ415万3千人で前年同期の74・9%まで回復、農村観光エリア70カ所では前年同期比3・42%増の延べ47万5千人だった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020100705779

    湖南省、国慶節連休前半の観光客数が回復傾向に  5日、多くの人が行き交う長沙市の黄興路歩行街。中国湖南省文化・観光庁は、国慶節連休(1~8日)の前半4日間で同省のA級観光地と農村観光エリア169カ所を訪れた観光客数が延べ462万8100人に達したと発表した。観光収入は6億5600万元(1元=約16円)だった。うちA級観光地99カ所の観光客数は延べ415万3千人で前年同期の74・9%まで回復、農村観光エリア70カ所では前年同期比3・42%増の延べ47万5千人だった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020100705790

    湖南省、国慶節連休前半の観光客数が回復傾向に  5日、多くの観光客でにぎわう長沙太平街。中国湖南省文化・観光庁は、国慶節連休(1~8日)の前半4日間で同省のA級観光地と農村観光エリア169カ所を訪れた観光客数が延べ462万8100人に達したと発表した。観光収入は6億5600万元(1元=約16円)だった。うちA級観光地99カ所の観光客数は延べ415万3千人で前年同期の74・9%まで回復、農村観光エリア70カ所では前年同期比3・42%増の延べ47万5千人だった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020100705805

    湖南省、国慶節連休前半の観光客数が回復傾向に  5日、地元の人気レストラン「文和友老長沙竜蝦館」で食事をする多くの観光客。中国湖南省文化・観光庁は、国慶節連休(1~8日)の前半4日間で同省のA級観光地と農村観光エリア169カ所を訪れた観光客数が延べ462万8100人に達したと発表した。観光収入は6億5600万元(1元=約16円)だった。うちA級観光地99カ所の観光客数は延べ415万3千人で前年同期の74・9%まで回復、農村観光エリア70カ所では前年同期比3・42%増の延べ47万5千人だった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020100705806

    湖南省、国慶節連休前半の観光客数が回復傾向に  5日、地元の人気レストラン「文和友老長沙竜蝦館」を訪れる多くの観光客。中国湖南省文化・観光庁は、国慶節連休(1~8日)の前半4日間で同省のA級観光地と農村観光エリア169カ所を訪れた観光客数が延べ462万8100人に達したと発表した。観光収入は6億5600万元(1元=約16円)だった。うちA級観光地99カ所の観光客数は延べ415万3千人で前年同期の74・9%まで回復、農村観光エリア70カ所では前年同期比3・42%増の延べ47万5千人だった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020100705809

    湖南省、国慶節連休前半の観光客数が回復傾向に  5日、多くの観光客でにぎわう長沙太平街。中国湖南省文化・観光庁は、国慶節連休(1~8日)の前半4日間で同省のA級観光地と農村観光エリア169カ所を訪れた観光客数が延べ462万8100人に達したと発表した。観光収入は6億5600万元(1元=約16円)だった。うちA級観光地99カ所の観光客数は延べ415万3千人で前年同期の74・9%まで回復、農村観光エリア70カ所では前年同期比3・42%増の延べ47万5千人だった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020100705789

    湖南省、国慶節連休前半の観光客数が回復傾向に  5日、多くの観光客でにぎわう長沙太平街。中国湖南省文化・観光庁は、国慶節連休(1~8日)の前半4日間で同省のA級観光地と農村観光エリア169カ所を訪れた観光客数が延べ462万8100人に達したと発表した。観光収入は6億5600万元(1元=約16円)だった。うちA級観光地99カ所の観光客数は延べ415万3千人で前年同期の74・9%まで回復、農村観光エリア70カ所では前年同期比3・42%増の延べ47万5千人だった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020100705765

    湖南省、国慶節連休前半の観光客数が回復傾向に  5日、多くの観光客でにぎわう長沙太平街。中国湖南省文化・観光庁は、国慶節連休(1~8日)の前半4日間で同省のA級観光地と農村観光エリア169カ所を訪れた観光客数が延べ462万8100人に達したと発表した。観光収入は6億5600万元(1元=約16円)だった。うちA級観光地99カ所の観光客数は延べ415万3千人で前年同期の74・9%まで回復、農村観光エリア70カ所では前年同期比3・42%増の延べ47万5千人だった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020100705770

    湖南省、国慶節連休前半の観光客数が回復傾向に  5日、多くの観光客でにぎわう長沙太平街。中国湖南省文化・観光庁は、国慶節連休(1~8日)の前半4日間で同省のA級観光地と農村観光エリア169カ所を訪れた観光客数が延べ462万8100人に達したと発表した。観光収入は6億5600万元(1元=約16円)だった。うちA級観光地99カ所の観光客数は延べ415万3千人で前年同期の74・9%まで回復、農村観光エリア70カ所では前年同期比3・42%増の延べ47万5千人だった。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020090904652

    Vallon des Auffes illustration September 2, 2020, Marseille, Bouches-du-Rhone, France: Le Vallon des Auffes, port de peche pittoresque traditionnel sur la corniche Kennedy (Credit Image: © Yannick Neve/Le Pictorium Agency via ZUMA Press)、クレジット:©Yannick Neve/Le Pictorium Agency via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Belgium and France Rights OUT 「ZUMA Press」

  12. 2020090904603

    Vallon des Auffes illustration September 2, 2020, Marseille, Bouches-du-Rhone, France: Le Vallon des Auffes, port de peche pittoresque traditionnel sur la corniche Kennedy (Credit Image: © Yannick Neve/Le Pictorium Agency via ZUMA Press)、クレジット:©Yannick Neve/Le Pictorium Agency via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Belgium and France Rights OUT 「ZUMA Press」

  13. 2020090904748

    Vallon des Auffes illustration September 2, 2020, Marseille, Bouches-du-Rhone, France: Le Vallon des Auffes, port de peche pittoresque traditionnel sur la corniche Kennedy (Credit Image: © Yannick Neve/Le Pictorium Agency via ZUMA Press)、クレジット:©Yannick Neve/Le Pictorium Agency via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Belgium and France Rights OUT 「ZUMA Press」

  14. 2020090904171

    Illustration Marseille August 31, 2020, Marseille, Bouches-du-Rhone, France: View of the Mucem and the Cathedral of the Major in the background from the Pharo park (Credit Image: © Yannick Neve/Le Pictorium Agency via ZUMA Press)、クレジット:©Yannick Neve/Le Pictorium Agency via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Belgium and France Rights OUT 「ZUMA Press」

  15. 2020070900405

    活気戻り始めた上海外灘、文化・芸術や美食が呼び覚ます  観光客が徐々に戻りつつある南京東路の外灘近く。(6月29日撮影)中国上海市を代表する観光エリア外灘(バンド)は、新型コロナウイルス感染症の発生以降、一時は交通量が激減し、店舗も閑散としていた。感染症対策が日常化してしばらく経過した現在、市内では屋台・スタンドがにぎわいを見せ始め、外灘にも活気が次第に戻り始めた。(上海=新華社記者/許暁青)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020070900217

    活気戻り始めた上海外灘、文化・芸術や美食が呼び覚ます  上海外灘にある上海久事美術館で開催中の「2020浦江両岸風景展」。黄浦江両岸の美しい景色を描いた84点が展示。(6月19日撮影)中国上海市を代表する観光エリア外灘(バンド)は、新型コロナウイルス感染症の発生以降、一時は交通量が激減し、店舗も閑散としていた。感染症対策が日常化してしばらく経過した現在、市内では屋台・スタンドがにぎわいを見せ始め、外灘にも活気が次第に戻り始めた。(上海=新華社記者/許暁青)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020070900396

    活気戻り始めた上海外灘、文化・芸術や美食が呼び覚ます  上海市「外灘楓径」の週末マーケットに設置されたイルミネーション。(6月6日撮影)中国上海市を代表する観光エリア外灘(バンド)は、新型コロナウイルス感染症の発生以降、一時は交通量が激減し、店舗も閑散としていた。感染症対策が日常化してしばらく経過した現在、市内では屋台・スタンドがにぎわいを見せ始め、外灘にも活気が次第に戻り始めた。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020070900400

    活気戻り始めた上海外灘、文化・芸術や美食が呼び覚ます  上海市「外灘楓径」の週末マーケットで散策する市民。(6月6日撮影)中国上海市を代表する観光エリア外灘(バンド)は、新型コロナウイルス感染症の発生以降、一時は交通量が激減し、店舗も閑散としていた。感染症対策が日常化してしばらく経過した現在、市内では屋台・スタンドがにぎわいを見せ始め、外灘にも活気が次第に戻り始めた。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020041001996

    春の行楽スポット、青銅峡黄河大峡谷を遊覧寧夏回族自治区  5日、青銅峡黄河大峡谷の観光エリアにある大禹文化園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の青銅峡市青銅峡鎮にある青銅峡黄河大峡谷ではこのところ、峡谷の雄大な景観を味わおうと大勢の観光客が訪れている。同峡谷は全長10キロ以上、石灰岩と砂質頁岩(けつがん)でできた黄河峡谷の一部となる景勝地で、寧夏引黄古灌区(古代、黄河の水を引き入れたかんがい区域)や青銅峡水利施設、仏教遺跡の「108塔」、大禹文化園など多くの観光スポットがある。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020041001879

    春の行楽スポット、青銅峡黄河大峡谷を遊覧寧夏回族自治区  5日、青銅峡黄河大峡谷の観光エリアにある仏教遺跡「108塔」を散策する観光客。中国寧夏回族自治区の青銅峡市青銅峡鎮にある青銅峡黄河大峡谷ではこのところ、峡谷の雄大な景観を味わおうと大勢の観光客が訪れている。同峡谷は全長10キロ以上、石灰岩と砂質頁岩(けつがん)でできた黄河峡谷の一部となる景勝地で、寧夏引黄古灌区(古代、黄河の水を引き入れたかんがい区域)や青銅峡水利施設、仏教遺跡の「108塔」、大禹文化園など多くの観光スポットがある。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020041001959

    春の行楽スポット、青銅峡黄河大峡谷を遊覧寧夏回族自治区  5日、青銅峡黄河大峡谷の観光エリアにある大禹文化園。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の青銅峡市青銅峡鎮にある青銅峡黄河大峡谷ではこのところ、峡谷の雄大な景観を味わおうと大勢の観光客が訪れている。同峡谷は全長10キロ以上、石灰岩と砂質頁岩(けつがん)でできた黄河峡谷の一部となる景勝地で、寧夏引黄古灌区(古代、黄河の水を引き入れたかんがい区域)や青銅峡水利施設、仏教遺跡の「108塔」、大禹文化園など多くの観光スポットがある。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020041001991

    春の行楽スポット、青銅峡黄河大峡谷を遊覧寧夏回族自治区  5日、青銅峡黄河大峡谷の観光エリアにある大禹文化園を散策する観光客。中国寧夏回族自治区の青銅峡市青銅峡鎮にある青銅峡黄河大峡谷ではこのところ、峡谷の雄大な景観を味わおうと大勢の観光客が訪れている。同峡谷は全長10キロ以上、石灰岩と砂質頁岩(けつがん)でできた黄河峡谷の一部となる景勝地で、寧夏引黄古灌区(古代、黄河の水を引き入れたかんがい区域)や青銅峡水利施設、仏教遺跡の「108塔」、大禹文化園など多くの観光スポットがある。(銀川=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020040700800

    Coronavirus - Mallorca 01 April 2020, Spain, Palma: The pub Chucca in the tourist area El Arenal is closed during curfew. Photo: Clara Margais/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  24. 2020031801475

    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村の民家を改装した中薬(漢方薬)茶館前で写真撮影する村の住民。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020031801477

    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村に新たに登場した中薬茶館の様子。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020031801510

    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、地元で作られた製品を整理する長征村の郝銀剛(かく・ぎんごう)主任。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020031801551

    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村に残された数少ない未改装の民家。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020031801473

    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村の様子。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020031801484

    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村に滞在中の観光客。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020031801515

    太岳山奥深くの村、中薬材で目を見張る変化山西省  10日、長征村の手作り薬用せっけんの型入れ作業の様子。中国山西省長治市沁源県にある長征村は、省南東部の太岳山の奥深くに位置している。2017年に初めて取材に訪れた時、村は貧困脱却を果たしたばかりだった。貧困脱却堅塁攻略の戦いで、村の幹部は人々を率いて中薬材(中国伝統医薬の原料となる生薬)を植えた。数日前、3度目の訪問をしたところ、村はなんと「観光名所」に変わっていた。2019年に同村を訪れた観光客は2万人を数える。村に新たに出現した「薬王文化園」を見て回ると、上党道地薬材体験館や中薬茶館、手工薬材館などのほかに、民宿や中薬材観光エリアもあった。(長治=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020010901709

    泥人形と石の融合を堪能天津市の拝石博物館  拝石博物館に展示された作品「遠上寒山石径斜」。(2019年12月12日撮影)中国天津市の五大道文化観光エリアには「石」をテーマとした博物館「拝石博物館」がある。館内に展示された泥人形作品が人々の労働の様子や生活の情景、収穫の喜びなどを表現しており、来場者は大自然が生み出した石と泥人形の見事な融合を楽しむことができる。(天津=新華社配信/劉惟真)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020010901666

    泥人形と石の融合を堪能天津市の拝石博物館  拝石博物館に展示された作品「品石」。(2019年12月12日撮影)中国天津市の五大道文化観光エリアには「石」をテーマとした博物館「拝石博物館」がある。館内に展示された泥人形作品が人々の労働の様子や生活の情景、収穫の喜びなどを表現しており、来場者は大自然が生み出した石と泥人形の見事な融合を楽しむことができる。(天津=新華社配信/劉惟真)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020010901887

    泥人形と石の融合を堪能天津市の拝石博物館  拝石博物館に展示された作品「海浪奔涌」。(2019年12月12日撮影)中国天津市の五大道文化観光エリアには「石」をテーマとした博物館「拝石博物館」がある。館内に展示された泥人形作品が人々の労働の様子や生活の情景、収穫の喜びなどを表現しており、来場者は大自然が生み出した石と泥人形の見事な融合を楽しむことができる。(天津=新華社配信/劉惟真)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020010901889

    泥人形と石の融合を堪能天津市の拝石博物館  拝石博物館に展示された作品「シナモンを売る人」。(2019年12月12日撮影)中国天津市の五大道文化観光エリアには「石」をテーマとした博物館「拝石博物館」がある。館内に展示された泥人形作品が人々の労働の様子や生活の情景、収穫の喜びなどを表現しており、来場者は大自然が生み出した石と泥人形の見事な融合を楽しむことができる。(天津=新華社配信/劉惟真)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020010901851

    泥人形と石の融合を堪能天津市の拝石博物館  拝石博物館に展示された作品「干しキノコを売りに行く」。(2019年12月12日撮影)中国天津市の五大道文化観光エリアには「石」をテーマとした博物館「拝石博物館」がある。館内に展示された泥人形作品が人々の労働の様子や生活の情景、収穫の喜びなどを表現しており、来場者は大自然が生み出した石と泥人形の見事な融合を楽しむことができる。(天津=新華社配信/劉惟真)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020010901866

    泥人形と石の融合を堪能天津市の拝石博物館  拝石博物館の展示ホール。(2019年12月12日撮影)中国天津市の五大道文化観光エリアには「石」をテーマとした博物館「拝石博物館」がある。館内に展示された泥人形作品が人々の労働の様子や生活の情景、収穫の喜びなどを表現しており、来場者は大自然が生み出した石と泥人形の見事な融合を楽しむことができる。(天津=新華社配信/劉惟真)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019100700551

    色鮮やかな海中世界海南省・分界洲島  5日、分界洲島沖のオトヒメエビとウニ。中国海南省陵水リー族自治県の分界洲島観光エリアの海域ではここ数年取り組んできたサンゴ礁の生態系保全が成果を上げ、多くの海洋生物が生息するようになり、色鮮やかな海中世界が広がっている。(陵水=新華社記者/楊冠宇)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019101604931

    かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区にある朱砂古鎮観光エリアの桟道を訪れた観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019101604798

    かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区朱砂古鎮の観光エリアで、廃棄された鉱洞を生かして開発されたトンネルを散策する観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019101604790

    かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区にある朱砂古鎮観光エリアのガラスの桟道を訪れた観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019100700557

    色鮮やかな海中世界海南省・分界洲島  5日、分界洲島沖でサンゴの周辺を泳ぎ餌を探す魚たち。中国海南省陵水リー族自治県の分界洲島観光エリアの海域ではここ数年取り組んできたサンゴ礁の生態系保全が成果を上げ、多くの海洋生物が生息するようになり、色鮮やかな海中世界が広がっている。(陵水=新華社記者/楊冠宇)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019101604873

    かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区朱砂古鎮の観光エリアで、廃棄された鉱洞を生かして開発されたトンネルを散策する観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019101604887

    かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  5日、貴州省銅仁市万山区にある朱砂古鎮観光エリアの桟道を訪れた観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019100700476

    色鮮やかな海中世界海南省・分界洲島  4日、分界洲島沖の海中の様子。中国海南省陵水リー族自治県の分界洲島観光エリアの海域ではここ数年取り組んできたサンゴ礁の生態系保全が成果を上げ、多くの海洋生物が生息するようになり、色鮮やかな海中世界が広がっている。(陵水=新華社記者/楊冠宇)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019100700523

    色鮮やかな海中世界海南省・分界洲島  4日、分界洲島沖に生息するミノカサゴ。中国海南省陵水リー族自治県の分界洲島観光エリアの海域ではここ数年取り組んできたサンゴ礁の生態系保全が成果を上げ、多くの海洋生物が生息するようになり、色鮮やかな海中世界が広がっている。(陵水=新華社記者/楊冠宇)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019100700531

    色鮮やかな海中世界海南省・分界洲島  4日、分界洲島沖でサンゴの周辺を泳ぎ餌を探す魚たち。中国海南省陵水リー族自治県の分界洲島観光エリアの海域ではここ数年取り組んできたサンゴ礁の生態系保全が成果を上げ、多くの海洋生物が生息するようになり、色鮮やかな海中世界が広がっている。(陵水=新華社記者/楊冠宇)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019100700566

    色鮮やかな海中世界海南省・分界洲島  4日、分界洲島沖のサンゴ。中国海南省陵水リー族自治県の分界洲島観光エリアの海域ではここ数年取り組んできたサンゴ礁の生態系保全が成果を上げ、多くの海洋生物が生息するようになり、色鮮やかな海中世界が広がっている。(陵水=新華社記者/楊冠宇)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019100700485

    色鮮やかな海中世界海南省・分界洲島  4日、分界洲島沖のサンゴ。中国海南省陵水リー族自治県の分界洲島観光エリアの海域ではここ数年取り組んできたサンゴ礁の生態系保全が成果を上げ、多くの海洋生物が生息するようになり、色鮮やかな海中世界が広がっている。(陵水=新華社記者/楊冠宇)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019100700526

    色鮮やかな海中世界海南省・分界洲島  4日、分界洲島沖でサンゴの周辺を泳ぎ餌を探す魚たち。中国海南省陵水リー族自治県の分界洲島観光エリアの海域ではここ数年取り組んできたサンゴ礁の生態系保全が成果を上げ、多くの海洋生物が生息するようになり、色鮮やかな海中世界が広がっている。(陵水=新華社記者/楊冠宇)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019100700528

    色鮮やかな海中世界海南省・分界洲島  4日、分界洲島沖でイソギンチャクの中を泳ぐクマノミ。中国海南省陵水リー族自治県の分界洲島観光エリアの海域ではここ数年取り組んできたサンゴ礁の生態系保全が成果を上げ、多くの海洋生物が生息するようになり、色鮮やかな海中世界が広がっている。(陵水=新華社記者/楊冠宇)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像