検索結果 18 件中 1 件 〜 18 件 "設計理念"
  1. 2019120200406

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019120200391

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019120200490

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型の一部。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019120200492

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019120200386

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城「銅雀三台」の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019120200389

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている曹魏鄴北城の平面プラン。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019120200423

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019120200476

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019120200437

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019120200471

    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  臨漳県の鄴城博物館で鄴城の復元模型を見学する児童ら。(8月7日撮影)中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019072202220

    ネットで人気、「江南水郷風」高速サービスエリア江蘇省蘇州市  14日、空から見た陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国の上海と南京を結ぶ滬寧高速道路の蘇州区間にある陽澄湖サービスエリアは今年5月のリニューアルオープン以来、インターネットで注目を集める庭園型サービスエリアになっている。同サービスエリアは敷地面積が5万平方メートルで、「中国一流、世界先端」を目指し、「夢の中の水郷、詩や絵画のように美しい江南」を設計理念として、2018年6月16日の着工から336日をかけて主要建築の改造を行った。(蘇州=新華社配信/王亭川)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019072202354

    ネットで人気、「江南水郷風」高速サービスエリア江蘇省蘇州市  14日、陽澄湖サービスエリアで記念撮影をする観光客。中国の上海と南京を結ぶ滬寧高速道路の蘇州区間にある陽澄湖サービスエリアは今年5月のリニューアルオープン以来、インターネットで注目を集める庭園型サービスエリアになっている。同サービスエリアは敷地面積が5万平方メートルで、「中国一流、世界先端」を目指し、「夢の中の水郷、詩や絵画のように美しい江南」を設計理念として、2018年6月16日の着工から336日をかけて主要建築の改造を行った。(蘇州=新華社配信/王亭川)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019072202251

    ネットで人気、「江南水郷風」高速サービスエリア江蘇省蘇州市  14日、陽澄湖サービスエリアの外観。中国の上海と南京を結ぶ滬寧高速道路の蘇州区間にある陽澄湖サービスエリアは今年5月のリニューアルオープン以来、インターネットで注目を集める庭園型サービスエリアになっている。同サービスエリアは敷地面積が5万平方メートルで、「中国一流、世界先端」を目指し、「夢の中の水郷、詩や絵画のように美しい江南」を設計理念として、2018年6月16日の着工から336日をかけて主要建築の改造を行った。(蘇州=新華社配信/王亭川)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019072202266

    ネットで人気、「江南水郷風」高速サービスエリア江蘇省蘇州市  14日、空から見た陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国の上海と南京を結ぶ滬寧高速道路の蘇州区間にある陽澄湖サービスエリアは今年5月のリニューアルオープン以来、インターネットで注目を集める庭園型サービスエリアになっている。同サービスエリアは敷地面積が5万平方メートルで、「中国一流、世界先端」を目指し、「夢の中の水郷、詩や絵画のように美しい江南」を設計理念として、2018年6月16日の着工から336日をかけて主要建築の改造を行った。(蘇州=新華社配信/王亭川)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019061403674

    ドローンのDJI、北京で教育用ロボットを発表  12日、製品発表会で教育用ロボットの設計理念を紹介する研究開発エンジニア。中国大手ドローンメーカーの大疆創新科技(DJI)は12日、北京市で同社初の教育用ロボット「RoboMasterS1」を発表した。同ロボットは31のセンサーと46のプログラミング可能な部品などで構成され、2種類のプログラミング言語に対応し、青少年と科学技術愛好家のために、人工知能(AI)技術が体験できるプラットフォームを構築している。(北京=新華社記者/王慶欽)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2018051800729

    巡回展「漢字」上海に登場  15日、上海市児童博物館で甲骨文で書かれた古体詩の穴埋めクイズを解く児童たち。中国上海市語言文字工作委員会弁公室と中国文字博物館共催の巡回展「漢字」が15日、上海児童博物館で開幕した。中心となる設計理念は「古書の文字に息を吹き込む」で、子どもたちは生き生きとした漢字文化を体験した。(上海=新華社記者/胥暁璇)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2018051800734

    巡回展「漢字」上海に登場  15日、上海市児童博物館で展示を見学する児童。中国上海市語言文字工作委員会弁公室と中国文字博物館共催の巡回展「漢字」が15日、上海児童博物館で開幕した。中心となる設計理念は「古書の文字に息を吹き込む」で、子どもたちは生き生きとした漢字文化を体験した。(上海=新華社記者/胥暁璇)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2018051800730

    巡回展「漢字」上海に登場  15日、上海市児童博物館で木版印刷を体験する児童。中国上海市語言文字工作委員会弁公室と中国文字博物館共催の巡回展「漢字」が15日、上海児童博物館で開幕した。中心となる設計理念は「古書の文字に息を吹き込む」で、子どもたちは生き生きとした漢字文化を体験した。(上海=新華社記者/胥暁璇)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像