検索結果 208 件中 1 件 〜 50 件 "貧困家庭"
  1. 2020073006143

    広大なウリ畑、貧困脱却と増収を後押し黒竜江省  23日、黒竜江省綏化市青岡県の老兵瓜菜栽培専業合作社(協同組合)が栽培したマクワウリ。中国黒竜江省綏化(すいか)市青岡県の民政鎮にある千ムー(約66ヘクタール)のウリ畑では、主にマクワウリとスイカを栽培しており、年間収入は500万元(1元=約15円)に上る。マクワウリ栽培には、貧困家庭150戸余りが参加しており、1戸当たり年平均5千元近くの増収につながっている。(ハルビン=新華社記者/徐凱鑫)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020073006167

    広大なウリ畑、貧困脱却と増収を後押し黒竜江省  23日、黒竜江省綏化市青岡県の老兵瓜菜栽培専業合作社(協同組合)のウリ畑で栽培されるスイカ。中国黒竜江省綏化(すいか)市青岡県の民政鎮にある千ムー(約66ヘクタール)のウリ畑では、主にマクワウリとスイカを栽培しており、年間収入は500万元(1元=約15円)に上る。マクワウリ栽培には、貧困家庭150戸余りが参加しており、1戸当たり年平均5千元近くの増収につながっている。(ハルビン=新華社記者/徐凱鑫)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020073006256

    広大なウリ畑、貧困脱却と増収を後押し黒竜江省  23日、黒竜江省綏化市青岡県の老兵瓜菜栽培専業合作社(協同組合)のウリ畑で栽培されるマクワウリ。中国黒竜江省綏化(すいか)市青岡県の民政鎮にある千ムー(約66ヘクタール)のウリ畑では、主にマクワウリとスイカを栽培しており、年間収入は500万元(1元=約15円)に上る。マクワウリ栽培には、貧困家庭150戸余りが参加しており、1戸当たり年平均5千元近くの増収につながっている。(ハルビン=新華社記者/徐凱鑫)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020073006263

    広大なウリ畑、貧困脱却と増収を後押し黒竜江省  23日、黒竜江省綏化市青岡県の老兵瓜菜栽培専業合作社(協同組合)でマクワウリを箱詰めする楊淑栄(よう・しゅくえい)さん。中国黒竜江省綏化(すいか)市青岡県の民政鎮にある千ムー(約66ヘクタール)のウリ畑では、主にマクワウリとスイカを栽培しており、年間収入は500万元(1元=約15円)に上る。マクワウリ栽培には、貧困家庭150戸余りが参加しており、1戸当たり年平均5千元近くの増収につながっている。(ハルビン=新華社記者/徐凱鑫)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020073006182

    広大なウリ畑、貧困脱却と増収を後押し黒竜江省  23日、黒竜江省綏化市青岡県のウリ畑で作業する老兵瓜菜栽培専業合作社(協同組合)の農民。中国黒竜江省綏化(すいか)市青岡県の民政鎮にある千ムー(約66ヘクタール)のウリ畑では、主にマクワウリとスイカを栽培しており、年間収入は500万元(1元=約15円)に上る。マクワウリ栽培には、貧困家庭150戸余りが参加しており、1戸当たり年平均5千元近くの増収につながっている。(ハルビン=新華社記者/徐凱鑫)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020073006191

    広大なウリ畑、貧困脱却と増収を後押し黒竜江省  23日、黒竜江省綏化市青岡県の老兵瓜菜栽培専業合作社(協同組合)のウリ畑の傍らに置かれた養蜂箱。中国黒竜江省綏化(すいか)市青岡県の民政鎮にある千ムー(約66ヘクタール)のウリ畑では、主にマクワウリとスイカを栽培しており、年間収入は500万元(1元=約15円)に上る。マクワウリ栽培には、貧困家庭150戸余りが参加しており、1戸当たり年平均5千元近くの増収につながっている。(ハルビン=新華社記者/徐凱鑫)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020072702432

    編み物の技術で切り開く豊かさへの道黒竜江省  17日、服の編むための糸でいっぱいの李明鴿さんの自宅。中国黒竜江省綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村の李明鴿(り・めいこう)さんは有名な「編み物マスター」。もともと普通の専業主婦だった李さんは、2015年に県が企画した編み物技術研修に参加し、編み物に興味を持った。この数年懸命に研究を重ね、小さなかぎ針を使って色鮮やかで優美な服を1枚1枚作り出し、その作品は国内のみならず日本などの国にも販売されている。李さんは現在、オンラインで編み物技術を教え、村の貧困家庭が編み物によって増収への道を開拓できるよう指導している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020072702446

    編み物の技術で切り開く豊かさへの道黒竜江省  17日、黎明村の自宅の庭で自身手作りの服を見せる李明鴿さん。中国黒竜江省綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村の李明鴿(り・めいこう)さんは有名な「編み物マスター」。もともと普通の専業主婦だった李さんは、2015年に県が企画した編み物技術研修に参加し、編み物に興味を持った。この数年懸命に研究を重ね、小さなかぎ針を使って色鮮やかで優美な服を1枚1枚作り出し、その作品は国内のみならず日本などの国にも販売されている。李さんは現在、オンラインで編み物技術を教え、村の貧困家庭が編み物によって増収への道を開拓できるよう指導している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020072702491

    編み物の技術で切り開く豊かさへの道黒竜江省  17日、黎明村の自宅で服を編む李明鴿さん。中国黒竜江省綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村の李明鴿(り・めいこう)さんは有名な「編み物マスター」。もともと普通の専業主婦だった李さんは、2015年に県が企画した編み物技術研修に参加し、編み物に興味を持った。この数年懸命に研究を重ね、小さなかぎ針を使って色鮮やかで優美な服を1枚1枚作り出し、その作品は国内のみならず日本などの国にも販売されている。李さんは現在、オンラインで編み物技術を教え、村の貧困家庭が編み物によって増収への道を開拓できるよう指導している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020072702548

    編み物の技術で切り開く豊かさへの道黒竜江省  17日、黎明村の自宅で服を編む李明鴿さん。中国黒竜江省綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村の李明鴿(り・めいこう)さんは有名な「編み物マスター」。もともと普通の専業主婦だった李さんは、2015年に県が企画した編み物技術研修に参加し、編み物に興味を持った。この数年懸命に研究を重ね、小さなかぎ針を使って色鮮やかで優美な服を1枚1枚作り出し、その作品は国内のみならず日本などの国にも販売されている。李さんは現在、オンラインで編み物技術を教え、村の貧困家庭が編み物によって増収への道を開拓できるよう指導している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020072702533

    編み物の技術で切り開く豊かさへの道黒竜江省  17日、黎明村の自宅で服を編む李明鴿さんとその生徒たち。中国黒竜江省綏浜(すいひん)県忠仁鎮黎明村の李明鴿(り・めいこう)さんは有名な「編み物マスター」。もともと普通の専業主婦だった李さんは、2015年に県が企画した編み物技術研修に参加し、編み物に興味を持った。この数年懸命に研究を重ね、小さなかぎ針を使って色鮮やかで優美な服を1枚1枚作り出し、その作品は国内のみならず日本などの国にも販売されている。李さんは現在、オンラインで編み物技術を教え、村の貧困家庭が編み物によって増収への道を開拓できるよう指導している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020062508531

    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県  19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、ひよこ豆のパンをオーブンに入れる従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020062508534

    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県  19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司で、包装されたひよこ豆を運搬箱に入れる従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020062508487

    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県  19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、ひよこ豆のパンを作る従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020062508488

    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県  19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、ひよこ豆のパンを作る従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020062508526

    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県  19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司で、ひよこ豆粉の包装作業をする従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062508527

    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県  19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、忙しく働く貧困家庭の女性。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020062508515

    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県  19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、ひよこ豆の皮の除去作業をする従業員。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020062508496

    ひよこ豆で貧困脱却を、新疆ウイグル自治区托里県  19日、新疆ウイグル自治区塔城地区托里県のひよこ豆製品製造会社、托里天山小哥農業科技有限公司の工場で、忙しく働く貧困家庭の女性。中国新疆ウイグル自治区塔城(タルバガタイ)地区托里(トリ)県は平均海抜1500メートル以上でひよこ豆栽培に適しており、2020年は1万3千ムー(約866・7ヘクタール)で契約栽培が行われている。托里県では433戸(うち200戸が貧困家庭)がひよこ豆を栽培しており、所得増と貧困脱却に向けた大きな力になっている。(托里=新華社記者/趙戈)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020061201886

    貧困地区児童の学ぶ権利守る、地方政府の取り組み湖南省  1日、学校の図書室で読書する寥(りょう)さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県は今年2月末に貧困脱却を果たしたばかり。これまで、県内の全ての子どもが9年間の義務教育を享受し、知識を生かして貧困家庭という運命から抜け出せるよう、県は奮闘を続けてきた。同県浦市鎮麻渓口村出身の寥(りょう)さん(15)の家は経済的に困窮しており、2015年に貧困世帯に登録された。小学校卒業後、寥さんは両親と共に東部沿海地域の浙江省に出稼ぎに行くため、学業を放棄した。これを知った瀘渓県の貧困救済事業責任者らは、1270キロ離れた浙江省紹興市に出向き寥さんの両親を説得し、瀘渓県の学校に戻れるよう取り計らった。(長沙=新華社記者/劉芳洲)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020061201881

    貧困地区児童の学ぶ権利守る、地方政府の取り組み湖南省  1日、教室で勉強する寥(りょう)さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県は今年2月末に貧困脱却を果たしたばかり。これまで、県内の全ての子どもが9年間の義務教育を享受し、知識を生かして貧困家庭という運命から抜け出せるよう、県は奮闘を続けてきた。同県浦市鎮麻渓口村出身の寥(りょう)さん(15)の家は経済的に困窮しており、2015年に貧困世帯に登録された。小学校卒業後、寥さんは両親と共に東部沿海地域の浙江省に出稼ぎに行くため、学業を放棄した。これを知った瀘渓県の貧困救済事業責任者らは、1270キロ離れた浙江省紹興市に出向き寥さんの両親を説得し、瀘渓県の学校に戻れるよう取り計らった。(長沙=新華社記者/劉芳洲)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020061201884

    貧困地区児童の学ぶ権利守る、地方政府の取り組み湖南省  1日、学校の図書室で読書する寥(りょう)さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県は今年2月末に貧困脱却を果たしたばかり。これまで、県内の全ての子どもが9年間の義務教育を享受し、知識を生かして貧困家庭という運命から抜け出せるよう、県は奮闘を続けてきた。同県浦市鎮麻渓口村出身の寥(りょう)さん(15)の家は経済的に困窮しており、2015年に貧困世帯に登録された。小学校卒業後、寥さんは両親と共に東部沿海地域の浙江省に出稼ぎに行くため、学業を放棄した。これを知った瀘渓県の貧困救済事業責任者らは、1270キロ離れた浙江省紹興市に出向き寥さんの両親を説得し、瀘渓県の学校に戻れるよう取り計らった。(長沙=新華社記者/劉芳洲)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020040701815

    湖南省、山間地帯の貧困家庭児童に「感染対策セット」を配布  3月30日、「感染対策グッズ」を受け取る山間地帯に住む貧困家庭の児童。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県武渓鎮紅岩村では登校再開を前に、子どもたちが安心して元気に登校できるよう、同省民政庁の村に常駐する貧困脱却支援の担当者と鎮・村の幹部が、山間地帯に住む貧困家庭の児童らに「感染対策セット」を配布した。セットには医療用マスクやアルコール消毒剤、ウエットティッシュ、牛乳などが入っている。(湘西=新華社配信/唐正海)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020040701820

    湖南省、山間地帯の貧困家庭児童に「感染対策セット」を配布  3月30日、山間地帯に住む貧困家庭の児童らに「感染対策セット」を配布する湖南省民政庁の貧困脱却支援の担当者と鎮・村の幹部。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県武渓鎮紅岩村では登校再開を前に、子どもたちが安心して元気に登校できるよう、同省民政庁の村に常駐する貧困脱却支援の担当者と鎮・村の幹部が、山間地帯に住む貧困家庭の児童らに「感染対策セット」を配布した。セットには医療用マスクやアルコール消毒剤、ウエットティッシュ、牛乳などが入っている。(湘西=新華社配信/唐正海)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020040701817

    湖南省、山間地帯の貧困家庭児童に「感染対策セット」を配布  3月30日、感染対策物資の使い方を丁寧に児童に教える湖南省民政庁の貧困脱却支援業務の担当者。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州瀘渓(ろけい)県武渓鎮紅岩村では登校再開を前に、子どもたちが安心して元気に登校できるよう、同省民政庁の村に常駐する貧困脱却支援の担当者と鎮・村の幹部が、山間地帯に住む貧困家庭の児童らに「感染対策セット」を配布した。セットには医療用マスクやアルコール消毒剤、ウエットティッシュ、牛乳などが入っている。(湘西=新華社配信/唐正海)=2020(令和2)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020033004628

    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県  25日、スイ族の女性に馬尾繍を指導する伝承者。中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020033004587

    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県  25日、スイ族の女性に馬尾繍を指導する伝承者。中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020032601599

    豊かな暮らしを実現貧困脱却の道歩む茶農家湖北省  19日、秭帰県九畹渓鎮峡口村にある絲綿茶の工場で、李成華さんが毛茶(荒茶)を選別している。茶農家の李成華(り・せいか)さんは4人家族。かつて中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県九畹渓鎮の峡口村で認定登録された貧困家庭だったが、2016年に地元の茶葉専業合作社(協同組合)に加入し、2017年からは同鎮の特産、「九畹絲綿茶」の製造技法の無形文化遺産伝承者、龔万祥(きょう・まんしょう)さんから茶作りの指導を受けるようになった。2019年には、茶の栽培、製造、販売などによる李さん一家の収入は10万元(1元=約15円)以上に達し、自ら建てた洋風建築の3階建ての新居へ引越しすることもできた。秭帰県農業農村部門の統計によると、同県では10万人余りの茶農家が、李さんのように貧困脱却の道を歩んでいるという。(宜昌=新華社配信/王罡)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020032601640

    豊かな暮らしを実現貧困脱却の道歩む茶農家湖北省  19日、秭帰県九畹渓鎮峡口村で、家族と春の新茶を摘みに出かける李成華さん。茶農家の李成華(り・せいか)さんは4人家族。かつて中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県九畹渓鎮の峡口村で認定登録された貧困家庭だったが、2016年に地元の茶葉専業合作社(協同組合)に加入し、2017年からは同鎮の特産、「九畹絲綿茶」の製造技法の無形文化遺産伝承者、龔万祥(きょう・まんしょう)さんから茶作りの指導を受けるようになった。2019年には、茶の栽培、製造、販売などによる李さん一家の収入は10万元(1元=約15円)以上に達し、自ら建てた洋風建築の3階建ての新居へ引越しすることもできた。秭帰県農業農村部門の統計によると、同県では10万人余りの茶農家が、李さんのように貧困脱却の道を歩んでいるという。(宜昌=新華社配信/王罡)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020032601562

    豊かな暮らしを実現貧困脱却の道歩む茶農家湖北省  19日、秭帰県九畹渓鎮峡口村にある絲綿茶の加工工場で、茶葉を乾かす製茶師。茶農家の李成華(り・せいか)さんは4人家族。かつて中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県九畹渓鎮の峡口村で認定登録された貧困家庭だったが、2016年に地元の茶葉専業合作社(協同組合)に加入し、2017年からは同鎮の特産、「九畹絲綿茶」の製造技法の無形文化遺産伝承者、龔万祥(きょう・まんしょう)さんから茶作りの指導を受けるようになった。2019年には、茶の栽培、製造、販売などによる李さん一家の収入は10万元(1元=約15円)以上に達し、自ら建てた洋風建築の3階建ての新居へ引越しすることもできた。秭帰県農業農村部門の統計によると、同県では10万人余りの茶農家が、李さんのように貧困脱却の道を歩んでいるという。(宜昌=新華社配信/王罡)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020032601595

    豊かな暮らしを実現貧困脱却の道歩む茶農家湖北省  19日、秭帰県九畹渓鎮峡口村の「九畹絲綿茶」製造技法無形文化遺産伝承室で、無形文化遺産伝承者の龔万祥から伝統的な茶作りの指導を受ける李成華さん(左)。茶農家の李成華(り・せいか)さんは4人家族。かつて中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県九畹渓鎮の峡口村で認定登録された貧困家庭だったが、2016年に地元の茶葉専業合作社(協同組合)に加入し、2017年からは同鎮の特産、「九畹絲綿茶」の製造技法の無形文化遺産伝承者、龔万祥(きょう・まんしょう)さんから茶作りの指導を受けるようになった。2019年には、茶の栽培、製造、販売などによる李さん一家の収入は10万元(1元=約15円)以上に達し、自ら建てた洋風建築の3階建ての新居へ引越しすることもできた。秭帰県農業農村部門の統計によると、同県では10万人余りの茶農家が、李さんのように貧困脱却の道を歩んでいるという。(宜昌=新華社配信/王罡)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020032601636

    豊かな暮らしを実現貧困脱却の道歩む茶農家湖北省  19日、秭帰県九畹渓鎮峡口村の「九畹絲綿茶」製造技法無形文化遺産伝承室で、無形文化遺産伝承者の龔万祥さんから伝統的な茶作りの指導を受ける李成華さん(奥右)。茶農家の李成華(り・せいか)さんは4人家族。かつて中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県九畹渓鎮の峡口村で認定登録された貧困家庭だったが、2016年に地元の茶葉専業合作社(協同組合)に加入し、2017年からは同鎮の特産、「九畹絲綿茶」の製造技法の無形文化遺産伝承者、龔万祥(きょう・まんしょう)さんから茶作りの指導を受けるようになった。2019年には、茶の栽培、製造、販売などによる李さん一家の収入は10万元(1元=約15円)以上に達し、自ら建てた洋風建築の3階建ての新居へ引越しすることもできた。秭帰県農業農村部門の統計によると、同県では10万人余りの茶農家が、李さんのように貧困脱却の道を歩んでいるという。(宜昌=新華社配信/王罡)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020032601615

    豊かな暮らしを実現貧困脱却の道歩む茶農家湖北省  19日、秭帰県九畹渓鎮峡口村の自家茶園で春茶摘みをする李成華さん(左)と妻(中央)、娘。茶農家の李成華(り・せいか)さんは4人家族。かつて中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県九畹渓鎮の峡口村で認定登録された貧困家庭だったが、2016年に地元の茶葉専業合作社(協同組合)に加入し、2017年からは同鎮の特産、「九畹絲綿茶」の製造技法の無形文化遺産伝承者、龔万祥(きょう・まんしょう)さんから茶作りの指導を受けるようになった。2019年には、茶の栽培、製造、販売などによる李さん一家の収入は10万元(1元=約15円)以上に達し、自ら建てた洋風建築の3階建ての新居へ引越しすることもできた。秭帰県農業農村部門の統計によると、同県では10万人余りの茶農家が、李さんのように貧困脱却の道を歩んでいるという。(宜昌=新華社配信/王罡)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020032601565

    豊かな暮らしを実現貧困脱却の道歩む茶農家湖北省  19日、秭帰県九畹渓鎮峡口村にある絲綿茶の加工工場で、製茶師と茶葉を乾かす李成華さん(手前右)。茶農家の李成華(り・せいか)さんは4人家族。かつて中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県九畹渓鎮の峡口村で認定登録された貧困家庭だったが、2016年に地元の茶葉専業合作社(協同組合)に加入し、2017年からは同鎮の特産、「九畹絲綿茶」の製造技法の無形文化遺産伝承者、龔万祥(きょう・まんしょう)さんから茶作りの指導を受けるようになった。2019年には、茶の栽培、製造、販売などによる李さん一家の収入は10万元(1元=約15円)以上に達し、自ら建てた洋風建築の3階建ての新居へ引越しすることもできた。秭帰県農業農村部門の統計によると、同県では10万人余りの茶農家が、李さんのように貧困脱却の道を歩んでいるという。(宜昌=新華社配信/王罡)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020030300002

    給食代わりにラーメンを 生ラーメンなど  NPO法人「みらくる」が貧困家庭に送る生ラーメンと真空パックの炒め野菜

  36. 2020011603164

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  9日、吉首市寨陽郷坪朗村にある「易地扶貧搬遷」によって建てられた住宅の全景。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020011603197

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  8日、坪朗村の豆腐工房で、出来上がった豆腐を並べる村民の時菊花(じ・きくか)さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020011603187

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  8日、坪朗村にあるミャオ族太鼓の稽古場で、太鼓の練習をする村の人。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020011603176

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  8日、坪朗村にあるミャオ族太鼓の稽古場で、太鼓の練習をする村の人たち。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020011603245

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  8日、坪朗村の豆腐工房で、豆腐の材料となる青大豆を選ぶ村民の時菊花(じ・きくか)さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020011603171

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、吉首市寨陽郷坪朗村にある「易地扶貧搬遷」によって建てられた住宅の一角。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020011603195

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、坪朗村の豆腐工房で、出来上がった豆腐製品を箱に入れる「坪朗豆腐」作りの無形文化遺産伝承者、石清香(せき・せいこう)さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020011603201

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、吉首市寨陽郷坪朗村にある「易地扶貧搬遷」によって建てられた住宅の一角。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020011603246

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、坪朗村の豆腐工房で、村の人と豆腐を作る「坪朗豆腐」作りの無形文化遺産伝承者、石清香(せき・せいこう)さん(左)。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020011603199

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、豆腐工房で豆腐作りに使う型枠を整理する坪朗村の人。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020011603232

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、吉首市寨陽郷坪朗村で、「易地扶貧搬遷」によって建てられた住宅とその横にある畑および果物を栽培するビニールハウス。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020011603208

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市矮寨鎮の坪朗村。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020011603202

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、坪朗村の人がミャオ族刺繍の製品を作っている。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020033004573

    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県  スイ族の馬尾繍。(2019年12月24日撮影)中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020033004568

    家庭博物館の無形文化財「馬尾繍」貴州省三都スイ族自治県  スイ族の馬尾繍。(2019年12月24日撮影)中国貴州省三都スイ族自治県は、中国唯一のスイ族自治県で、中国刺繍の「生きた化石」とも言われる昔ながらの刺繍法「馬尾繍」が伝わっている。馬の尻尾の毛を芯にして絹糸で包み、模様の輪郭に縫い付け、輪郭に従い様々な図案を刺繍していく。工程は複雑で、芸術的価値が高い。現在、同自治県にはスイ族馬尾繍協会が2つ、伝習所5カ所、刺繍職人2万人以上を有し、馬尾繍の生産・開発を行う小企業は80社以上に上っている。雇用や商品販売を通じて、これまでに累計千戸以上の貧困家庭の増収や貧困脱却を後押ししている。(三都=新華社配信/蒙鴿)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像