検索結果 311 件中 1 件 〜 50 件 "貧困対策"
  1. 2020070111171

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウスで農作業に励む村の人たち。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020070111173

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の「農光互補」(農業と太陽光発電の協業)プロジェクトエリアにあるソーラーパネルの下に植えられた薬用植物の生育状況をチェックする村民の徐亜茹(じょ・あじょ)さん。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020070111119

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070111120

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070111125

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070111138

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを点検する電力技術者。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070111079

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070111050

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020070111074

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020070111077

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村に立ち並ぶ住宅。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020070111080

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の花畑で働く作業員。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020070111128

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の花壇で花の手入れをする作業員。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020070111130

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、自宅前の畑に植えた野菜の手入れをする徳勝村の村民。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020070111103

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  上:かつての徳勝村。(2017年1月24日撮影、小型無人機から)。下:23日、住宅が立ち並ぶ徳勝村。(小型無人機から、組み合わせ写真)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2017(平成29)年1月24日、2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020070111109

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、自身が経営する「老王微民宿(王さんの小さな民宿)」で、「福」の字が書かれた飾りを整える徳勝村の村民、孫桂英(そん・けいえい)さん(右)。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020070111110

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウスで農作業に励む村の人。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020070111097

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、住宅が立ち並ぶ徳勝村の風景。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020070111121

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村のジャガイモのビニールハウス。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020070111075

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、自身が経営する「老王微民宿(王さんの小さな民宿)」のベランダで、シーツを干す徳勝村の村民、孫桂英(そん・けいえい)さん。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020070111082

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  23日、徳勝村の太陽光発電施設。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020060908432

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  江西省修水県上奉鎮にある移住者向け居住地の一角。(5月21日撮影、小型無人機から)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020060908075

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  江西省修水県上奉鎮の移住者向け居住地で、昼食の準備をする麻洞村の住民、胡尚海(こ・しょうかい)さんと妻。一家は2017年に引っ越してきた。(5月21日撮影)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020060908514

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  江西省修水県上奉鎮の移住者向け居住地で、子どもたちと遊ぶ麻洞村の住民、胡尚海(こ・しょうかい)さんと妻。一家は2017年にここに引っ越してきた。(5月21日撮影)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020060908540

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  江西省修水県上奉鎮の移住地域で、息子と一緒に外の景色を眺める麻洞村の住民、胡尚海(こ・しょうかい)さんの妻。一家は2017年にここへ引っ越し、楼房(2階建て以上の建物)で暮らすようになった。(5月21日撮影)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020060908083

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  上:江西省修水県上奉鎮麻洞村の旧居前で息子や父親と共に記念撮影する住民の胡尚海(こ・しょうかい)さん。(2017年11月撮影、資料写真)下:江西省修水県上奉鎮の移住者向け居住地にある新居の部屋で、記念撮影する胡尚海さん一家。一家は2017年に引っ越し、村は胡さんに「森林保護員」という公共性のある仕事を用意し土地も仲介、有機稲作栽培に乗り出す後押しをした。胡さん一家は2018年に貧困から脱却した。(5月21日撮影、組み合わせ写真)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020060908066

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  江西省修水県黄沙鎮湯橋村にある移住者向け居住地で、コウシンバラ畑の除草や施肥作業をする住民。(5月20日撮影)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020060908079

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  江西省修水県黄沙鎮湯橋村にある菊栽培合作社(協同組合)で働く村の人々。(5月20日撮影)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020060908080

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  江西省修水県黄沙鎮湯橋村にある移住者向け居住地。(5月20日撮影、小型無人機から)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020060908474

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  上:江西省修水県黄沙鎮湯橋村の山奥にある村民の旧居。この家の住民は外出や就業、通学や医者にかかるのが困難だった。(2015年撮影、資料写真)下:江西省修水県黄沙鎮湯橋村の移住者向け居住地で、村の薬材産業合作社での仕事を終え、バイクで帰宅する林英華(りん・えいか)さん。林さんは2018年に同地に引っ越した。同村の貧困発生率は当初の9%から現在は1・1%まで低下した。村に建設された山間部からの移住者向け居住地には53世帯の村民が相次いで入居し、村に菊や茶、水産物、生薬、果樹などの専業合作社(協同組合)を設立。産業を育成し、人々を豊かさへけん引するリーダーを養成し、2016年に貧困から脱却した。(5月20日撮影、組み合わせ写真)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020060908507

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  江西省修水県黄沙鎮湯橋村の自宅前でスイカズラを干す住民の林英華(りん・えいか)さん(右)と隣人。林さんは普段は村の薬材産業合作社(協同組合)で働いている。(5月20日撮影)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020060908518

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  江西省修水県黄沙鎮湯橋村の家の前でスイカズラを干す住民の林英華(りん・えいか)さん(中央)と隣人。林さんは普段は村の薬材産業合作社(協同組合)で働いている。(5月20日撮影)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020060908427

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  江西省修水県古市鎮楊坊村にある移住者向け居住地で、農業用トラックを運転して合作社(協同組合)に出勤する村民の冷清柳(れい・せいりゅう)さんと胡愛花(ご・あいか)さん夫婦。(5月20日撮影)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020060908441

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  江西省修水県黄沙鎮湯橋村にある村の果樹合作社(協同組合)で、モモの成長をチェックする村の住民。(5月20日撮影)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020060908411

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  江西省修水県古市鎮楊坊村の養蚕合作社で働く移住者の冷清柳(れい・せいりゅう)さん。(5月20日撮影)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020060908470

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  江西省修水県黄沙鎮湯橋村にある菊栽培合作社(協同組合)で働く村の人々。(5月20日撮影)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020060908081

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  上:江西省修水県古市鎮楊坊村老崖沖の旧居前で記念撮影する冷清柳(れい・せいりゅう)さんと妻の胡愛花(こ・あいか)さん。(2017年撮影、資料写真)下:江西省修水県古市鎮楊坊村の移住者向け居住地に用意された新居の前で記念撮影する冷清柳さんと妻の胡愛花さん。以前は辺鄙な山あいの老崖冲で暮らしていた。2017年に夫婦そろって村の移住者向け居住地に引っ越し、清潔でさっぱりした新居で暮らし始めた。(5月20日撮影、組み合わせ写真)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020060908416

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  江西省修水県黄沙鎮湯橋村で、水産合作社(協同組合)の職員とヨシエビの種苗の放流準備をする李平(り・へい)さん(右)。李さんが大学を出て故郷で起業した水産合作社は周辺地域の移住者を雇用し、年間1万キロ以上のヨシエビを生産している。(5月20日撮影)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020060908423

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  江西省修水県黄竜郷の移住者向け居住地で、夕食の準備をする都嶺村の住民、冷芬満(れい・ふんまん)さんと妻。一家は2017年に辺ぴな地域から引っ越してきた。(5月19日撮影)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020060908472

    山間部の人々、移住で安定した豊かな暮らしへ江西省修水県  江西省修水県黄竜郷の移住者向け居住地で、テレビを見る都嶺村の住民、冷芬満(れい・ふんまん)さん(右端)家族。一家は2017年に辺ぴな地域から引っ越してきた。冷さんは村の生態森林保護員の職に就き、毎月2千元(1元=約15円)以上の収入を得られるようになった。(5月19日撮影)中国江西省北西部に位置する修水県は山間部の広大な県で、面積の8割を山地が占め、貧困対策の難易度が高く、効果が上がりにくい地域だった。地元では長年、移住・転居による貧困救済事業とその後の産業就労支援を精力的に進め、山間部の貧困層の貧困脱却を後押ししてきた。第13次5カ年計画(2016~20年)期間に、同県は移住者向け居住地を計141カ所建設し、人々の希望に応じて県城(県政府所在地)園区、中心集鎮、中心村と3種類の地域への移住を実施。合計2953世帯1万844人の山間部の人々が貧しい山奥の村から通院や就学、就業に便利な土地へと移り住み、生活環境は大きく改善された。これまでに、移住者向け居住地の近くに121カ所の産業基地と20カ所の貧困者支援作業場が設置され、2746世帯1万370人の支援対象者が移住・転居による貧困救済を通じて着実な貧困脱却を果たしている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020052701062

    貧困扶助工場、製品の海外輸出で収入増もたらす貴州省玉屏トン族自治県  14日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある偉建家庭用品貧困扶助工場の生産ラインで働く従業員。中国南西部の貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県は、中国国内に五つあるトン族自治県の一つで、国が指定した武陵山広域特殊困難地区に位置する。同地ではここ数年、貧困扶助工場を設立し、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策「易地扶貧搬遷」により転居した人々を着実な収入増へ導いている。2019年に完成し操業を開始した「偉建家庭用品貧困扶助工場」は、ソファカバーや椅子カバーの製造を手掛け、製品を主に日本や韓国など海外に出荷している。李海浜(り・かいひん)工場長によると、生産ラインは現在5本に増え、地元住民110人余りの雇用問題を解決した。李さんは「今後は生産ライン拡充や従業員の熟練により、工場の1日当たりの生産能力が向上するだろう」と語った。(貴陽=新華社記者/李凡)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020052701108

    貧困扶助工場、製品の海外輸出で収入増もたらす貴州省玉屏トン族自治県  14日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある偉建家庭用品貧困扶助工場で生地を裁断する従業員。中国南西部の貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県は、中国国内に五つあるトン族自治県の一つで、国が指定した武陵山広域特殊困難地区に位置する。同地ではここ数年、貧困扶助工場を設立し、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策「易地扶貧搬遷」により転居した人々を着実な収入増へ導いている。2019年に完成し操業を開始した「偉建家庭用品貧困扶助工場」は、ソファカバーや椅子カバーの製造を手掛け、製品を主に日本や韓国など海外に出荷している。李海浜(り・かいひん)工場長によると、生産ラインは現在5本に増え、地元住民110人余りの雇用問題を解決した。李さんは「今後は生産ライン拡充や従業員の熟練により、工場の1日当たりの生産能力が向上するだろう」と語った。(貴陽=新華社記者/汪軍)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020052700999

    貧困扶助工場、製品の海外輸出で収入増もたらす貴州省玉屏トン族自治県  14日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある偉建家庭用品貧困扶助工場で、製品の椅子カバーを見せる李海浜(り・かいひん)工場長。中国南西部の貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県は、中国国内に五つあるトン族自治県の一つで、国が指定した武陵山広域特殊困難地区に位置する。同地ではここ数年、貧困扶助工場を設立し、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策「易地扶貧搬遷」により転居した人々を着実な収入増へ導いている。2019年に完成し操業を開始した「偉建家庭用品貧困扶助工場」は、ソファカバーや椅子カバーの製造を手掛け、製品を主に日本や韓国など海外に出荷している。李海浜(り・かいひん)工場長によると、生産ラインは現在5本に増え、地元住民110人余りの雇用問題を解決した。李さんは「今後は生産ライン拡充や従業員の熟練により、工場の1日当たりの生産能力が向上するだろう」と語った。(貴陽=新華社記者/李凡)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020052700992

    貧困扶助工場、製品の海外輸出で収入増もたらす貴州省玉屏トン族自治県  14日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある偉建家庭用品貧困扶助工場で、製品の椅子カバーを見せる従業員。中国南西部の貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県は、中国国内に五つあるトン族自治県の一つで、国が指定した武陵山広域特殊困難地区に位置する。同地ではここ数年、貧困扶助工場を設立し、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策「易地扶貧搬遷」により転居した人々を着実な収入増へ導いている。2019年に完成し操業を開始した「偉建家庭用品貧困扶助工場」は、ソファカバーや椅子カバーの製造を手掛け、製品を主に日本や韓国など海外に出荷している。李海浜(り・かいひん)工場長によると、生産ラインは現在5本に増え、地元住民110人余りの雇用問題を解決した。李さんは「今後は生産ライン拡充や従業員の熟練により、工場の1日当たりの生産能力が向上するだろう」と語った。(貴陽=新華社記者/汪軍)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020060209260

    太陽光発電で貧困脱出サポート山西省  発電パネルをチェックする山西省吉県屯里鎮窯渠村の幹部、劉創立さん。(2015年5月13日撮影)中国黄河の上・中流域に広がる黄土高原の東部に位置する山西省は、太陽光発電建設の自然条件に恵まれている。2014年には、国務院扶貧開発領導小組弁公室(貧困対策開発指導グループ事務室)と国家能源(エネルギー)局により、太陽光発電による貧困対策の第1期実証省の一つに選出された。すでに完成して系統連系を果たした貧困対策向け太陽光発電規模は295万400キロワットに達し、うち281万3100キロワットは財政補助リストに収められている。(太原=新華社記者/王飛航)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020060209285

    太陽光発電で貧困脱出サポート山西省  山西省吉県屯里鎮にある集中型太陽光発電所。(5月11日撮影、小型無人機から)中国黄河の上・中流域に広がる黄土高原の東部に位置する山西省は、太陽光発電建設の自然条件に恵まれている。2014年には、国務院扶貧開発領導小組弁公室(貧困対策開発指導グループ事務室)と国家能源(エネルギー)局により、太陽光発電による貧困対策の第1期実証省の一つに選出された。すでに完成して系統連系を果たした貧困対策向け太陽光発電規模は295万400キロワットに達し、うち281万3100キロワットは財政補助リストに収められている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020060209319

    太陽光発電で貧困脱出サポート山西省  山西省吉県屯里鎮桑峨村にある農業太陽光発電所。(5月11日撮影)中国黄河の上・中流域に広がる黄土高原の東部に位置する山西省は、太陽光発電建設の自然条件に恵まれている。2014年には、国務院扶貧開発領導小組弁公室(貧困対策開発指導グループ事務室)と国家能源(エネルギー)局により、太陽光発電による貧困対策の第1期実証省の一つに選出された。すでに完成して系統連系を果たした貧困対策向け太陽光発電規模は295万400キロワットに達し、うち281万3100キロワットは財政補助リストに収められている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020070111123

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  徳勝村にある民宿旅館。(5月7日撮影)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020070111095

    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区  徳勝村にあるジャガイモの種芋の生産・販売を手がける大農種業の無菌培養室で、ビーカー内のジャガイモの苗の生育状況をチェックする技術スタッフ。(5月7日撮影)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020050804539

    貧困脱却を実現チベット族自治州の写真家が捉えた「幸せな一家」  4月23日、四川省甘孜チベット族自治州理塘県戈郷芒康村で、同村の村民、白瑪達吉さん一家を撮影する陶軍さん。写真家の陶軍(とう・ぐん)さんは、中国四川省甘孜(カンゼ)チベット族自治州理塘(りとう)県戈郷芒康村で貧困対策に取り組む幹部であり、写真愛好家でもある。2年に及ぶ村の日進月歩の変化を目の当たりにしてから、貧困脱却を果たした村民たちの「幸せな一家の写真」を撮りたいという考えが脳裏に浮かんだという。(甘孜=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020042302078

    習近平氏、陝西省平利県で貧困対策を視察  習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は21日、陝西省安康市平利県老県鎮を訪れ、小学校で貧困脱却に向けた取り組みを視察した。(安康=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像