検索結果 512 件中 1 件 〜 50 件 "貧困扶助"
  1. 2020112511815

    貧困扶助製品を地下鉄駅で紹介四川省成都市  20日、四川省成都市地下鉄1号線天府三街駅の「四川省貧困扶助」製品展示エリアで持参した特産品を紹介する同省達州市宣漢県竜泉トゥチャ族郷大坪村第一書記の屈徳勝(くつ・とくしょう)さん。中国四川省成都市地下鉄1号線の天府三街駅で20日、新華社四川支局、四川省扶貧(貧困扶助)開発局、成都軌道集団、中国鉄建崑崙投資集団、二更動画などが共同で主催する「四川省貧困扶助」製品の展示会が正式にスタートした。「四川省貧困扶助」の商標は、貧困地区の農産品販売システム刷新を目指し同省が進めている取り組みで、全国初の貧困扶助のための団体商標となる。商標発表から約2年の間に、省内企業2824社が6012製品に対する商標使用申請を行った。(成都=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020112511774

    貧困扶助製品を地下鉄駅で紹介四川省成都市  20日、四川省成都市地下鉄1号線天府三街駅の「四川省貧困扶助」製品展示エリアで動画を撮影する同省アバ・チベット族チャン族自治州小金県沃日鎮農村のインフルエンサー。中国四川省成都市地下鉄1号線の天府三街駅で20日、新華社四川支局、四川省扶貧(貧困扶助)開発局、成都軌道集団、中国鉄建崑崙投資集団、二更動画などが共同で主催する「四川省貧困扶助」製品の展示会が正式にスタートした。「四川省貧困扶助」の商標は、貧困地区の農産品販売システム刷新を目指し同省が進めている取り組みで、全国初の貧困扶助のための団体商標となる。商標発表から約2年の間に、省内企業2824社が6012製品に対する商標使用申請を行った。(成都=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020112511832

    貧困扶助製品を地下鉄駅で紹介四川省成都市  20日、四川省成都市地下鉄1号線天府三街駅の「四川省貧困扶助」製品展示エリアでライブ配信をする同省宜賓市屏山県錦屏鎮農村のインフルエンサー。中国四川省成都市地下鉄1号線の天府三街駅で20日、新華社四川支局、四川省扶貧(貧困扶助)開発局、成都軌道集団、中国鉄建崑崙投資集団、二更動画などが共同で主催する「四川省貧困扶助」製品の展示会が正式にスタートした。「四川省貧困扶助」の商標は、貧困地区の農産品販売システム刷新を目指し同省が進めている取り組みで、全国初の貧困扶助のための団体商標となる。商標発表から約2年の間に、省内企業2824社が6012製品に対する商標使用申請を行った。(成都=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020112511875

    貧困扶助製品を地下鉄駅で紹介四川省成都市  20日、四川省成都市地下鉄1号線天府三街駅の「四川省貧困扶助」製品展示エリアで地元特産の野生百合の球根を見せる同省涼山イ族自治州喜徳県光明鎮阿吼村第一書記の王小兵(おう・しょうへい)さん。中国四川省成都市地下鉄1号線の天府三街駅で20日、新華社四川支局、四川省扶貧(貧困扶助)開発局、成都軌道集団、中国鉄建崑崙投資集団、二更動画などが共同で主催する「四川省貧困扶助」製品の展示会が正式にスタートした。「四川省貧困扶助」の商標は、貧困地区の農産品販売システム刷新を目指し同省が進めている取り組みで、全国初の貧困扶助のための団体商標となる。商標発表から約2年の間に、省内企業2824社が6012製品に対する商標使用申請を行った。(成都=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020112511773

    貧困扶助製品を地下鉄駅で紹介四川省成都市  20日、四川省成都市地下鉄1号線天府三街駅の「四川省貧困扶助」製品展示エリアで小金蜜入りりんごを紹介する同省アバ・チベット族チャン族自治州小金県沃日鎮農村のインフルエンサー。中国四川省成都市地下鉄1号線の天府三街駅で20日、新華社四川支局、四川省扶貧(貧困扶助)開発局、成都軌道集団、中国鉄建崑崙投資集団、二更動画などが共同で主催する「四川省貧困扶助」製品の展示会が正式にスタートした。「四川省貧困扶助」の商標は、貧困地区の農産品販売システム刷新を目指し同省が進めている取り組みで、全国初の貧困扶助のための団体商標となる。商標発表から約2年の間に、省内企業2824社が6012製品に対する商標使用申請を行った。(成都=新華社記者/胥氷潔)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020112601394

    地域の雇用支える貧困扶助工場湖南省桃源県  18日、インダクターに接着剤を塗布する従業員。中国湖南省常徳市桃源県の西安鎮にある貧困扶助工場では、顧客からの注文に応じるため従業員たちが急ピッチで作業を進めている。同工場はさまざまな種類のインダクターを製造しており、周辺住民約150人を雇用している。(桃源=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020112601552

    地域の雇用支える貧困扶助工場湖南省桃源県  18日、インダクターをテストする従業員。中国湖南省常徳市桃源県の西安鎮にある貧困扶助工場では、顧客からの注文に応じるため従業員たちが急ピッチで作業を進めている。同工場はさまざまな種類のインダクターを製造しており、周辺住民約150人を雇用している。(桃源=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020112600878

    地域の雇用支える貧困扶助工場湖南省桃源県  18日、インダクターを検査する従業員。中国湖南省常徳市桃源県の西安鎮にある貧困扶助工場では、顧客からの注文に応じるため従業員たちが急ピッチで作業を進めている。同工場はさまざまな種類のインダクターを製造しており、周辺住民約150人を雇用している。(桃源=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020112600787

    地域の雇用支える貧困扶助工場湖南省桃源県  18日、急ピッチで作業を進める従業員。中国湖南省常徳市桃源県の西安鎮にある貧困扶助工場では、顧客からの注文に応じるため従業員たちが急ピッチで作業を進めている。同工場はさまざまな種類のインダクターを製造しており、周辺住民約150人を雇用している。(桃源=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020112600803

    地域の雇用支える貧困扶助工場湖南省桃源県  18日、インダクターを検査する従業員。中国湖南省常徳市桃源県の西安鎮にある貧困扶助工場では、顧客からの注文に応じるため従業員たちが急ピッチで作業を進めている。同工場はさまざまな種類のインダクターを製造しており、周辺住民約150人を雇用している。(桃源=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020112600892

    地域の雇用支える貧困扶助工場湖南省桃源県  18日、急ピッチで作業を進める従業員。中国湖南省常徳市桃源県の西安鎮にある貧困扶助工場では、顧客からの注文に応じるため従業員たちが急ピッチで作業を進めている。同工場はさまざまな種類のインダクターを製造しており、周辺住民約150人を雇用している。(桃源=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020112601554

    地域の雇用支える貧困扶助工場湖南省桃源県  18日、急ピッチで作業を進める従業員。中国湖南省常徳市桃源県の西安鎮にある貧困扶助工場では、顧客からの注文に応じるため従業員たちが急ピッチで作業を進めている。同工場はさまざまな種類のインダクターを製造しており、周辺住民約150人を雇用している。(桃源=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020112601565

    地域の雇用支える貧困扶助工場湖南省桃源県  18日、インダクターを焼成炉に入れる従業員。中国湖南省常徳市桃源県の西安鎮にある貧困扶助工場では、顧客からの注文に応じるため従業員たちが急ピッチで作業を進めている。同工場はさまざまな種類のインダクターを製造しており、周辺住民約150人を雇用している。(桃源=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020112601527

    地域の雇用支える貧困扶助工場湖南省桃源県  18日、資材を準備する従業員。中国湖南省常徳市桃源県の西安鎮にある貧困扶助工場では、顧客からの注文に応じるため従業員たちが急ピッチで作業を進めている。同工場はさまざまな種類のインダクターを製造しており、周辺住民約150人を雇用している。(桃源=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020112601260

    住友商事による奨学金の授与式開催雲南省麻栗坡県  16日、住友商事奨学金授与式に出席した貧困扶助関連部門の幹部たち。日本の大手商社、住友商事による奨学金の授与式が16日、中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州麻栗坡(まりつは)県の民族中学で行われた。授与された奨学金は総額32万元(1元=約16円)余りで、県内の経済的に困難な学生に支給される。(文山=新華社配信)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。 「新華社」

  16. 2020110604826

    貧困支援イベントで熱演披露湖南省長沙市  3日、湖南省株洲(しゅしゅう)市戯劇伝承センターの劇団員による作品「美しい農村」。中国湖南省長沙市の湖南戯曲演出センターで3日、優秀な文芸作品を公演するイベント「歓楽瀟湘」が行われた。同省の文化観光庁と貧困扶助弁公室が的確な貧困支援の一環として共催した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020110604792

    貧困支援イベントで熱演披露湖南省長沙市  3日、湖南省瀏陽(りゅうよう)市の劇団員による作品「新しい道を踏み出そう」。中国湖南省長沙市の湖南戯曲演出センターで3日、優秀な文芸作品を公演するイベント「歓楽瀟湘」が行われた。同省の文化観光庁と貧困扶助弁公室が的確な貧困支援の一環として共催した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020110604883

    貧困支援イベントで熱演披露湖南省長沙市  3日、湖南省文化館の劇団員による演劇作品。中国湖南省長沙市の湖南戯曲演出センターで3日、優秀な文芸作品を公演するイベント「歓楽瀟湘」が行われた。同省の文化観光庁と貧困扶助弁公室が的確な貧困支援の一環として共催した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020110605120

    貧困支援イベントで熱演披露湖南省長沙市  3日、湖南省炎陵(えんりょう)県文化館のパフォーマーによるダンスパフォーマンス「甘甘了」。中国湖南省長沙市の湖南戯曲演出センターで3日、優秀な文芸作品を公演するイベント「歓楽瀟湘」が行われた。同省の文化観光庁と貧困扶助弁公室が的確な貧困支援の一環として共催した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020110604943

    貧困支援イベントで熱演披露湖南省長沙市  3日、張家界市永定区文化館の溜子(民間器楽合奏)隊メンバーによる楽器パフォーマンス「田園交響曲」。中国湖南省長沙市の湖南戯曲演出センターで3日、優秀な文芸作品を公演するイベント「歓楽瀟湘」が行われた。同省の文化観光庁と貧困扶助弁公室が的確な貧困支援の一環として共催した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020110500128

    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省  10月25日、榕江県興華郷擺貝村にある「貧困扶助工房」で、自身が制作したミャオ族の民族衣装「百鳥衣」を見せる省級無形文化遺産の伝承者、姜老本(きょう・ろうほん)さん(左)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020110500137

    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省  10月25日、榕江県興華郷擺貝村にある「貧困扶助工房」で、刺しゅうに励む省級無形文化遺産の伝承者、姜老本(きょう・ろうほん)さん(右)とミャオ族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020110500249

    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省  10月25日、榕江県興華郷擺貝村にある「貧困扶助工房」で、ろう画の制作に励む省級無形文化遺産の伝承者、姜老本(きょう・ろうほん)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020110500304

    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省  10月25日、榕江県興華郷擺貝村にある「貧困扶助工房」で、ろう画を染める前の下準備をする省級無形文化遺産の伝承者、姜老本(きょう・ろうほん)さん(右)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020110500153

    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省  10月25日、榕江県興華郷擺貝村にある「貧困扶助工房」で、ミャオ族の民族衣装「百鳥衣」の制作過程について話し合う省級無形文化遺産の伝承者、姜老本(きょう・ろうほん)さん(右)とミャオ族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020110500174

    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省  10月25日、榕江県興華郷擺貝村にある「貧困扶助工房」で、ろう画を制作する省級無形文化遺産の伝承者、姜老本(きょう・ろうほん)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020110500140

    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省  10月25日、榕江県興華郷擺貝村にある「貧困扶助工房」で、ろう画を制作する省級無形文化遺産の伝承者、姜老本(きょう・ろうほん)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020111006076

    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省  10月25日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020102601792

    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省  23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、同市の伝統手工芸品「泥塑兎子王」の制作実演をする職人。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020102601732

    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省  23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで出演の準備をする伝統芸能「粤劇(えつげき)」の俳優。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020102601787

    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省  23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、世界最長の叙事詩とされる「ケサル王伝」を歌う内モンゴル自治区赤峰市の無形文化遺産伝承者。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020102601790

    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省  23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで伝統手工芸品「広州彩磁」の制作実演をする職人。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020102601833

    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省  23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、世界最長の叙事詩とされる「ケサル王伝」を歌う内モンゴル自治区赤峰市の無形文化遺産伝承者。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020102601496

    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省  23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、同省の伝統織物「魯錦」の制作実演をする職人。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020102601585

    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省  23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、陝西省華陰市の伝統演劇「華陰老腔」を披露する俳優。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020102601837

    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省  23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、少数民族ミャオ族に伝わる刺しゅう「松桃苗繍」の制作実演をする貴州省の職人。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020102601839

    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省  23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、プミ族に伝わる四弦の楽器「羊頭琴」の演奏を披露する雲南省の演奏家。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020102601818

    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省  23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、陝西省渭南市澄城県の伝統工芸品「澄城刺しゅう」の作品を整理する職人。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020102601804

    済南市で中国無形文化遺産博覧会開催山東省  23日、山東省済南市の国際ファッション創意センターで、少数民族ユーグ族の民族衣装を制作する甘粛省の職人。中国山東省済南市の国際ファッション創意センターでは現在、第6回中国無形文化遺産博覧会が開かれている。博覧会は23日に実際の会場とオンラインで開幕した。会場内では84の無形文化遺産と46の貧困扶助のための工房を紹介している。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020102703320

    義烏国際小商品博覧会、開発途上地域の市場開拓を支援  22日、吉林省四平市伊通満族自治県の展示ブースで製品の状況を尋ねる外国人のビジネス関係者。第26回中国義烏国際小商品(標準)博覧会が21~25日、浙江省義烏市の国際博覧センターで開催された。会場には貧困扶助を目的とした展示エリアが設けられ、開発途上地域の企業約100社の市場開拓を支援した。(義烏=新華社記者/魏董華)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020102703325

    義烏国際小商品博覧会、開発途上地域の市場開拓を支援  22日、「チャン族刺しゅう」の装飾画をバイヤーに紹介する四川省汶川県のチャン族の女性。第26回中国義烏国際小商品(標準)博覧会が21~25日、浙江省義烏市の国際博覧センターで開催された。会場には貧困扶助を目的とした展示エリアが設けられ、開発途上地域の企業約100社の市場開拓を支援した。(義烏=新華社記者/魏董華)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020102703330

    義烏国際小商品博覧会、開発途上地域の市場開拓を支援  22日、四川省汶川県の出展者に下着製品の価格を尋ねる外国人のビジネス関係者。第26回中国義烏国際小商品(標準)博覧会が21~25日、浙江省義烏市の国際博覧センターで開催された。会場には貧困扶助を目的とした展示エリアが設けられ、開発途上地域の企業約100社の市場開拓を支援した。(義烏=新華社記者/魏董華)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020102703332

    義烏国際小商品博覧会、開発途上地域の市場開拓を支援  22日、「チャン族刺しゅう」の製品をバイヤーに紹介する四川省汶川県のチャン族の女性。第26回中国義烏国際小商品(標準)博覧会が21~25日、浙江省義烏市の国際博覧センターで開催された。会場には貧困扶助を目的とした展示エリアが設けられ、開発途上地域の企業約100社の市場開拓を支援した。(義烏=新華社記者/魏董華)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020102703291

    義烏国際小商品博覧会、開発途上地域の市場開拓を支援  22日、自社製品をバイヤーに紹介する安徽省阜陽市阜南県のバッグ製造企業の関係者。第26回中国義烏国際小商品(標準)博覧会が21~25日、浙江省義烏市の国際博覧センターで開催された。会場には貧困扶助を目的とした展示エリアが設けられ、開発途上地域の企業約100社の市場開拓を支援した。(義烏=新華社記者/魏董華)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020102703311

    義烏国際小商品博覧会、開発途上地域の市場開拓を支援  21日、四川省汶川県の出展者に下着製品の価格を尋ねるロシア人のビジネス関係者。第26回中国義烏国際小商品(標準)博覧会が21~25日、浙江省義烏市の国際博覧センターで開催された。会場には貧困扶助を目的とした展示エリアが設けられ、開発途上地域の企業約100社の市場開拓を支援した。(義烏=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020102007173

    ASEAN向け食品、酒類が一堂に広西チワン族自治区  16日、内モンゴル自治区の展示品を品定めする業者。中国広西チワン族自治区南寧市で16~18日の日程で、第18回中国(広西)-ASEAN食品飲料・酒類博覧会および2020広西チワン族自治区貧困扶助製品発注大会が開幕し、2663種類に上る特色のある食品や名酒、オーガニック食材を購入しに訪れた大勢の市民や企業でにぎわった。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020102007138

    ASEAN向け食品、酒類が一堂に広西チワン族自治区  16日、会場で地元の特産品を購入する市民。中国広西チワン族自治区南寧市で16~18日の日程で、第18回中国(広西)-ASEAN食品飲料・酒類博覧会および2020広西チワン族自治区貧困扶助製品発注大会が開幕し、2663種類に上る特色のある食品や名酒、オーガニック食材を購入しに訪れた大勢の市民や企業でにぎわった。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020102007141

    ASEAN向け食品、酒類が一堂に広西チワン族自治区  16日、広西チワン族自治区柳州市融水ミャオ族自治県の特産品展示コーナーを見学する来場者。中国広西チワン族自治区南寧市で16~18日の日程で、第18回中国(広西)-ASEAN食品飲料・酒類博覧会および2020広西チワン族自治区貧困扶助製品発注大会が開幕し、2663種類に上る特色のある食品や名酒、オーガニック食材を購入しに訪れた大勢の市民や企業でにぎわった。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020102206375

    産業による貧困脱却支援が奏功黒竜江省  黒竜江省五常市にある巾幗野菜栽培農民専業合作社(協同組合)のスイートコーン貧困扶助産業プロジェクト生産現場で、これから梱包するスイートコーンを手にする興隆郷新立村の貧困世帯の村民。(9月21日撮影)中国黒竜江省では収穫の最盛期を迎え、至る所に豊作の喜びがあふれている。同省はここ数年、貧困脱却支援産業の発展に力を入れ、省を挙げて農業の優位性を生かした特色ある産業プロジェクト4千件近くを実行に移した。2017~19年末までに、同省の現行基準で累計61万3千人が貧困から脱却し、貧困発生率は0・07%まで低下。省内の国家級貧困県20県、省級貧困県8県全てが貧困指定から外れ、貧困村1778村全てが貧困脱却を果たし、地域全体の貧困解決を1年前倒しで達成した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020090100706

    広東省で第28回広州博覧会が開催中  28日、第28回広州博覧会に出展された自動運転車。中国広東省広州市の中国輸出入商品交易会展示館で、第28回広州博覧会(GUANGZHOUFAIR)が28日から開かれている。今年の展示面積は約9万平方メートルで、国内各地の発展成果や貧困扶助、健康・養老、食品・飲食、感染症対策などの製品を展示する。各省(自治区、直轄市)から30余りの代表団が出展している。会期は31日まで。(広州=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像