検索結果 191 件中 1 件 〜 50 件 "貧困支援"
  1. 2020051102620

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村にある牛舎で、牛の成長状況をチェックする鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020051102516

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村にある鄭富平さんの牛舎で、牛の成長状況をチェックしながら鄭さんと飼育について語り合う農家の人。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051102505

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村で、牛を連れて散歩に出かける鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051102506

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  4月22日、江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村で、牛やヤギに与える飼い葉を運ぶ鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051102507

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村で、牛を連れて散歩する鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051102536

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村にある牛舎で、牛に餌を与える鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051102523

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  江西省宜春市袁州区天台鎮環渓村の林の中でヤギを放牧する鄭富平さん。鄭さんは牛だけでなくクロヤギも飼育している。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051102524

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村で、牛やヤギに与える飼い葉を準備する鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051102637

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  江西省宜春市袁州区天台鎮環渓村の林の中でヤギを放牧する鄭富平さん。鄭さんは牛だけでなくクロヤギも飼育している。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020040302619

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、ファスナーを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020040302598

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、フェイク芝生を組み立てる福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020040302602

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、フェイク芝生を作る福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020040302551

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、「盛酒皮囊」(酒器などを入れる革製の袋)を縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020041002015

    農村観光の発展に力、トゥチャ族の集落湖南省  保存状態のよい桐花寨のトゥチャ族の民家。(3月26日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州竜山県咱果郷脉竜村にある桐花寨(とうかさい)は、トゥチャ族の集落の一つで、春になると周囲一面にサトザクラや桐の花が咲き、アシ、チガヤなどが茂り、草花も咲き誇る。裏山には金絲楠(クスノキの一種)やスギ、コナラ、クサギなど多数の古木が見られる。集落の中には跑馬楼、転角楼、吊脚楼などトゥチャ族特有の木造建築がほぼ完全な形で保存されている。桐花寨は現在、農村観光の発展に全力を挙げている。風光明媚(めいび)な環境、豊かなトゥチャ族の伝統文化を生かす一方、ここ数年は的確な貧困支援を推進し、集落内に全長4キロの観光産業道路を建設。観光客用トイレや駐車場を設置した。これによりレジャー、観光、写真撮影を目的に大量の人が訪れるようになり、昨年は集落を訪れた観光客が延べ5万人に達した。(湘西=新華社記者/周楠)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020041002016

    農村観光の発展に力、トゥチャ族の集落湖南省  保存状態のよい桐花寨のトゥチャ族の民家。(3月26日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州竜山県咱果郷脉竜村にある桐花寨(とうかさい)は、トゥチャ族の集落の一つで、春になると周囲一面にサトザクラや桐の花が咲き、アシ、チガヤなどが茂り、草花も咲き誇る。裏山には金絲楠(クスノキの一種)やスギ、コナラ、クサギなど多数の古木が見られる。集落の中には跑馬楼、転角楼、吊脚楼などトゥチャ族特有の木造建築がほぼ完全な形で保存されている。桐花寨は現在、農村観光の発展に全力を挙げている。風光明媚(めいび)な環境、豊かなトゥチャ族の伝統文化を生かす一方、ここ数年は的確な貧困支援を推進し、集落内に全長4キロの観光産業道路を建設。観光客用トイレや駐車場を設置した。これによりレジャー、観光、写真撮影を目的に大量の人が訪れるようになり、昨年は集落を訪れた観光客が延べ5万人に達した。(湘西=新華社記者/周楠)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020041001957

    農村観光の発展に力、トゥチャ族の集落湖南省  大工仕事をする桐花寨の住民。(3月26日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州竜山県咱果郷脉竜村にある桐花寨(とうかさい)は、トゥチャ族の集落の一つで、春になると周囲一面にサトザクラや桐の花が咲き、アシ、チガヤなどが茂り、草花も咲き誇る。裏山には金絲楠(クスノキの一種)やスギ、コナラ、クサギなど多数の古木が見られる。集落の中には跑馬楼、転角楼、吊脚楼などトゥチャ族特有の木造建築がほぼ完全な形で保存されている。桐花寨は現在、農村観光の発展に全力を挙げている。風光明媚(めいび)な環境、豊かなトゥチャ族の伝統文化を生かす一方、ここ数年は的確な貧困支援を推進し、集落内に全長4キロの観光産業道路を建設。観光客用トイレや駐車場を設置した。これによりレジャー、観光、写真撮影を目的に大量の人が訪れるようになり、昨年は集落を訪れた観光客が延べ5万人に達した。(湘西=新華社記者/周楠)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020041403112

    貴州省の貧困扶助工場、「メード・イン・チャイナ」を世界へ  国と貴州省が貧困世帯向けに無償で提供する住居。貧困扶助工場が隣接するので、移住・転居してきた人々は歩いて出勤できる。(2月26日撮影)中国貴州省沿河トゥチャ族自治県では、貧困対策の一環で移住・転居してきた人々の雇用安定と地元の産業振興のため、衣料品のデザインから加工、輸出までを手掛けるアパレルメーカー「恒泰源(こうたいげん)服装」を育成している。同社は衣料品製品の大半を韓国と米国に輸出し、約200人の就業問題を解決した。うち7割を貧困支援ネットワークシステムに登録された貧困世帯が占める。(貴陽=新華社記者/呉思)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020041403213

    貴州省の貧困扶助工場、「メード・イン・チャイナ」を世界へ  恒泰源服装の工場で働く従業員。(2月26日撮影)中国貴州省沿河トゥチャ族自治県では、貧困対策の一環で移住・転居してきた人々の雇用安定と地元の産業振興のため、衣料品のデザインから加工、輸出までを手掛けるアパレルメーカー「恒泰源(こうたいげん)服装」を育成している。同社は衣料品製品の大半を韓国と米国に輸出し、約200人の就業問題を解決した。うち7割を貧困支援ネットワークシステムに登録された貧困世帯が占める。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020041001944

    農村観光の発展に力、トゥチャ族の集落湖南省  トゥチャ族の民家に暮らす子どもたち。(3月26日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州竜山県咱果郷脉竜村にある桐花寨(とうかさい)は、トゥチャ族の集落の一つで、春になると周囲一面にサトザクラや桐の花が咲き、アシ、チガヤなどが茂り、草花も咲き誇る。裏山には金絲楠(クスノキの一種)やスギ、コナラ、クサギなど多数の古木が見られる。集落の中には跑馬楼、転角楼、吊脚楼などトゥチャ族特有の木造建築がほぼ完全な形で保存されている。桐花寨は現在、農村観光の発展に全力を挙げている。風光明媚(めいび)な環境、豊かなトゥチャ族の伝統文化を生かす一方、ここ数年は的確な貧困支援を推進し、集落内に全長4キロの観光産業道路を建設。観光客用トイレや駐車場を設置した。これによりレジャー、観光、写真撮影を目的に大量の人が訪れるようになり、昨年は集落を訪れた観光客が延べ5万人に達した。(湘西=新華社記者/周楠)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020041001981

    農村観光の発展に力、トゥチャ族の集落湖南省  建設された観光産業道路。桐花寨の裏山には古木林が広がっている。(3月26日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州竜山県咱果郷脉竜村にある桐花寨(とうかさい)は、トゥチャ族の集落の一つで、春になると周囲一面にサトザクラや桐の花が咲き、アシ、チガヤなどが茂り、草花も咲き誇る。裏山には金絲楠(クスノキの一種)やスギ、コナラ、クサギなど多数の古木が見られる。集落の中には跑馬楼、転角楼、吊脚楼などトゥチャ族特有の木造建築がほぼ完全な形で保存されている。桐花寨は現在、農村観光の発展に全力を挙げている。風光明媚(めいび)な環境、豊かなトゥチャ族の伝統文化を生かす一方、ここ数年は的確な貧困支援を推進し、集落内に全長4キロの観光産業道路を建設。観光客用トイレや駐車場を設置した。これによりレジャー、観光、写真撮影を目的に大量の人が訪れるようになり、昨年は集落を訪れた観光客が延べ5万人に達した。(湘西=新華社記者/周楠)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020040104028

    貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でナイロン製の袋を縫うウランチャブ市商都県十八頃鎮泉脳子村の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020040104082

    貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でスリッパを生産するウランチャブ市チャハル右翼前旗平地泉鎮の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020040104077

    貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でナイロン製の袋を縫うウランチャブ市商都県十八頃鎮泉脳子村の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020040104078

    貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でスリッパを生産するウランチャブ市チャハル右翼前旗平地泉鎮の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020040104103

    貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でナイロン製の袋を縫うウランチャブ市商都県十八頃鎮泉脳子村の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020040104089

    貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でスリッパを生産するウランチャブ市チャハル右翼前旗平地泉鎮の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020040104111

    貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でナイロン製の袋を縫うウランチャブ市商都県十八頃鎮泉脳子村の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020040300482

    貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でスリッパを生産するウランチャブ市チャハル右翼前旗平地泉鎮の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020040104113

    貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でスリッパを生産するウランチャブ市チャハル右翼前旗平地泉鎮の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020040104059

    貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でスリッパを生産するウランチャブ市チャハル右翼前旗平地泉鎮の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020040104155

    貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でナイロン製の袋を縫うウランチャブ市商都県十八頃鎮泉脳子村の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020040104145

    貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でスリッパを生産するウランチャブ市チャハル右翼前旗平地泉鎮の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020040104032

    貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でナイロン製の袋を縫うウランチャブ市商都県十八頃鎮泉脳子村の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020040104037

    貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でナイロン製の袋を縫うウランチャブ市商都県十八頃鎮泉脳子村の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020040104025

    貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でスリッパを生産するウランチャブ市チャハル右翼前旗平地泉鎮の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020040104041

    貧困支援作業場が操業再開内モンゴル自治区ウランチャブ市  25日、貧困支援作業場でスリッパを生産するウランチャブ市チャハル右翼前旗平地泉鎮の村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はこのところ、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を徹底した上で、貧困支援作業場の操業再開を積極的に秩序よく進めている。市内に96カ所ある作業場のうち、既に70カ所が操業を再開しており、操業率は73%に上っている。同作業場で働く従業員は1086人、うち貧困世帯の従業員は348人となっている。(ウランチャブ=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020041002008

    農村観光の発展に力、トゥチャ族の集落湖南省  観光客に人気の高い、桐花寨の住民が作った干し豚。(3月25日撮影)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州竜山県咱果郷脉竜村にある桐花寨(とうかさい)は、トゥチャ族の集落の一つで、春になると周囲一面にサトザクラや桐の花が咲き、アシ、チガヤなどが茂り、草花も咲き誇る。裏山には金絲楠(クスノキの一種)やスギ、コナラ、クサギなど多数の古木が見られる。集落の中には跑馬楼、転角楼、吊脚楼などトゥチャ族特有の木造建築がほぼ完全な形で保存されている。桐花寨は現在、農村観光の発展に全力を挙げている。風光明媚(めいび)な環境、豊かなトゥチャ族の伝統文化を生かす一方、ここ数年は的確な貧困支援を推進し、集落内に全長4キロの観光産業道路を建設。観光客用トイレや駐車場を設置した。これによりレジャー、観光、写真撮影を目的に大量の人が訪れるようになり、昨年は集落を訪れた観光客が延べ5万人に達した。(湘西=新華社記者/周楠)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020032601592

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、仕事を終えて、帰宅の途に就く黄章友さん(左)と妻の羅光菊(ら・こうきく)さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020032601571

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、仕事を終えて、帰宅の途に就く黄章友さん(左)と妻の羅光菊(ら・こうきく)さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020032601572

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、社区にある工場で、運動靴の材料を運ぶ黄章友さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020032601626

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、安康市寧陝県城関鎮八畝村の貧困支援住宅と社区にある工場。(小型無人機から)中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020032601614

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、社区にある工場で、革靴の品質をチェックする黄章友さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020032601563

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、安康市寧陝県城関鎮八畝村にある貧困支援住宅の自宅で、テレビを見る黄章友さん(左から2人目)と妻、娘。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020032601568

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、社区にある工場で、靴の製造技法について話し合う黄章友さん(左)と妻の羅光菊(ら・こうきく)さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020032601579

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、社区にある工場で、作業に励む黄章友さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020032601574

    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省  19日、社区にある工場で、運動靴の縫製作業をする黄章友さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020032314843

    山西省、貧困支援企業の秩序ある操業・生産再開を推進  18日、山西省晋中市楡社(ゆしゃ)県にある「農業貧困支援企業」の温室で、育苗作業をする農家の人。中国山西省晋中(しんちゅう)市政府はこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、「農業貧困支援企業」と貧困支援工場の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めることで、地元の村民と貧困世帯の雇用・増収を後押ししている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020032315174

    雇用安定へ、貧困支援作業場が再開寧夏回族自治区  18日、涇源県六盤山鎮什字村の泉祥貧困支援作業場で、ハンドバッグを縫製する村民。中国寧夏回族自治区固原市涇源(けいげん)県はこのところ、新型コロナウイルスの感染予防・抑制に万全を期した上で、貧困支援作業場の秩序ある再開のため、積極的な調整を進めている。県内に33カ所ある貧困支援作業場のうち、既に27カ所が業務を再開しており、周辺の農村の余剰労働力、特に国務院の貧困扶助システムに登録されている人々を受け入れ、農民が自宅の近くで就業し、収入増を図れるよう後押ししている。(固原=新華社記者/馮開華)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020032314932

    山西省、貧困支援企業の秩序ある操業・生産再開を推進  18日、山西省晋中市楡社(ゆしゃ)県にある「農業貧困支援企業」の温室。(小型無人機から)中国山西省晋中(しんちゅう)市政府はこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、「農業貧困支援企業」と貧困支援工場の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めることで、地元の村民と貧困世帯の雇用・増収を後押ししている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020032314769

    山西省、貧困支援企業の秩序ある操業・生産再開を推進  18日、山西省晋中市楡社(ゆしゃ)県にある「農業貧困支援企業」の畑をトラクターで耕す農家の人。(小型無人機から)中国山西省晋中(しんちゅう)市政府はこのほど、新型コロナウイルスの感染予防・抑制を徹底しながら、「農業貧困支援企業」と貧困支援工場の秩序ある操業・生産再開を積極的に進めることで、地元の村民と貧困世帯の雇用・増収を後押ししている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像