検索結果 51 件中 1 件 〜 50 件 "貧困状態"
  1. 2020031801516

    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、家にやってきた親戚をもてなす宋天柱さん(左)と妻(右)。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020031801496

    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、羊に牧草を食べさせる宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020031801560

    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、馬にくらを着ける宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020031801562

    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、煮込んだ肉を盛り付ける宋天柱さん(左)と妻。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020031801518

    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、馬の手綱を締める宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020031801581

    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、馬に乗って羊の群れを探す宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020031801580

    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、できたての饅頭(中国風蒸しパン)を台所に運ぶ宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020031801493

    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、白ヤクを畜舎へ帰るよう促す宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020031801494

    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、家にやってきた親戚をもてなす宋天柱さん(右)と妻(左)。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020031801559

    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、馬に乗って羊の群れを追う宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020031801503

    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省  12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、羊に牧草を食べさせる宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020011603164

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  9日、吉首市寨陽郷坪朗村にある「易地扶貧搬遷」によって建てられた住宅の全景。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020011603197

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  8日、坪朗村の豆腐工房で、出来上がった豆腐を並べる村民の時菊花(じ・きくか)さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020011603187

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  8日、坪朗村にあるミャオ族太鼓の稽古場で、太鼓の練習をする村の人。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020011603176

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  8日、坪朗村にあるミャオ族太鼓の稽古場で、太鼓の練習をする村の人たち。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020011603245

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  8日、坪朗村の豆腐工房で、豆腐の材料となる青大豆を選ぶ村民の時菊花(じ・きくか)さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020011603171

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、吉首市寨陽郷坪朗村にある「易地扶貧搬遷」によって建てられた住宅の一角。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020011603195

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、坪朗村の豆腐工房で、出来上がった豆腐製品を箱に入れる「坪朗豆腐」作りの無形文化遺産伝承者、石清香(せき・せいこう)さん。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020011603201

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、吉首市寨陽郷坪朗村にある「易地扶貧搬遷」によって建てられた住宅の一角。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020011603246

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、坪朗村の豆腐工房で、村の人と豆腐を作る「坪朗豆腐」作りの無形文化遺産伝承者、石清香(せき・せいこう)さん(左)。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020011603199

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、豆腐工房で豆腐作りに使う型枠を整理する坪朗村の人。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020011603232

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、吉首市寨陽郷坪朗村で、「易地扶貧搬遷」によって建てられた住宅とその横にある畑および果物を栽培するビニールハウス。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020011603208

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市矮寨鎮の坪朗村。(小型無人機から)中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020011603202

    豆腐作りに刺しゅう-移転した貧困農家の新たな暮らし湖南省  7日、坪朗村の人がミャオ族刺繍の製品を作っている。中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首(きっしゅ)市矮寨鎮坪朗村では2017年から「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅の建設および投入使用が始まり、矮寨鎮の辺鄙な貧困村・寨(集落)4カ所で、国務院貧困扶助弁公室貧困扶助システムに登録された貧困家庭35世帯の135人が住宅に入居し、貧困から脱却した人の割合は100%に達した。移転した家庭が再び貧困状態に陥るのを防ぐため、地元政府は移住者のためにトレーニングを行い、農家楽(アグリツーリズム)、坪朗豆腐、ミャオ族刺繍などの産業と効果的なマッチングを実施するとともに、民族文化と観光資源を融合させることで、民俗情緒あふれるツアーを打ち出している。(長沙=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019102102436

    貧困の子どもに支援を 青森銀行による説明  貧困状態で暮らす子どもへの支援について説明する青森銀行の担当者(左奥)=21日午後、東京都千代田区

  26. 2019081608033

    エコツーリズムがチベット族住民の暮らしを豊かに甘粛省  14日、甘粛省甘南チベット族自治州の香告村の民宿施設「蔵家楽」。(小型無人機から)中国甘粛省の「千村美麗」(美しい千の村)建設計画でモデル村に指定されている香告(シャンガオ)村は、甘南チベット族自治州夏河県の北東部に位置し、「甘南第一村」とも呼ばれている。美しい村を作り上げるため、香告村は立地・自然条件という二つの強みを生かし、エコツーリズム(生態観光)などの産業を主軸として、チベット族の暮らしを体験する民宿「蔵家楽」の立ち上げを村民に促し、居住にも観光にも適したエコ文明モデル村の建設に取り組んできた。エコツーリズムの発展は、貧しかった香告村の様子を一新させ、村の景観を向上させると同時に、村全体で特定貧困扶助家庭29戸を貧困状態から脱却させた。(夏河=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019081607994

    エコツーリズムがチベット族住民の暮らしを豊かに甘粛省  14日、甘粛省甘南チベット族自治州の香告村の民宿施設「蔵家楽」で遊ぶ子どもたち。中国甘粛省の「千村美麗」(美しい千の村)建設計画でモデル村に指定されている香告(シャンガオ)村は、甘南チベット族自治州夏河県の北東部に位置し、「甘南第一村」とも呼ばれている。美しい村を作り上げるため、香告村は立地・自然条件という二つの強みを生かし、エコツーリズム(生態観光)などの産業を主軸として、チベット族の暮らしを体験する民宿「蔵家楽」の立ち上げを村民に促し、居住にも観光にも適したエコ文明モデル村の建設に取り組んできた。エコツーリズムの発展は、貧しかった香告村の様子を一新させ、村の景観を向上させると同時に、村全体で特定貧困扶助家庭29戸を貧困状態から脱却させた。(夏河=新華社記者/王化娟)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019081607987

    エコツーリズムがチベット族住民の暮らしを豊かに甘粛省  14日、甘粛省甘南チベット族自治州の香告村の民宿施設「蔵家楽」で客室のベッドメークをするスタッフ。中国甘粛省の「千村美麗」(美しい千の村)建設計画でモデル村に指定されている香告(シャンガオ)村は、甘南チベット族自治州夏河県の北東部に位置し、「甘南第一村」とも呼ばれている。美しい村を作り上げるため、香告村は立地・自然条件という二つの強みを生かし、エコツーリズム(生態観光)などの産業を主軸として、チベット族の暮らしを体験する民宿「蔵家楽」の立ち上げを村民に促し、居住にも観光にも適したエコ文明モデル村の建設に取り組んできた。エコツーリズムの発展は、貧しかった香告村の様子を一新させ、村の景観を向上させると同時に、村全体で特定貧困扶助家庭29戸を貧困状態から脱却させた。(夏河=新華社記者/馬晶)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019081607991

    エコツーリズムがチベット族住民の暮らしを豊かに甘粛省  14日、甘粛省甘南チベット族自治州の香告村の民宿施設「蔵家楽」を清掃するスタッフ。中国甘粛省の「千村美麗」(美しい千の村)建設計画でモデル村に指定されている香告(シャンガオ)村は、甘南チベット族自治州夏河県の北東部に位置し、「甘南第一村」とも呼ばれている。美しい村を作り上げるため、香告村は立地・自然条件という二つの強みを生かし、エコツーリズム(生態観光)などの産業を主軸として、チベット族の暮らしを体験する民宿「蔵家楽」の立ち上げを村民に促し、居住にも観光にも適したエコ文明モデル村の建設に取り組んできた。エコツーリズムの発展は、貧しかった香告村の様子を一新させ、村の景観を向上させると同時に、村全体で特定貧困扶助家庭29戸を貧困状態から脱却させた。(夏河=新華社記者/王化娟)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019081608065

    エコツーリズムがチベット族住民の暮らしを豊かに甘粛省  14日、甘粛省甘南チベット族自治州の香告村を散策する観光客。中国甘粛省の「千村美麗」(美しい千の村)建設計画でモデル村に指定されている香告(シャンガオ)村は、甘南チベット族自治州夏河県の北東部に位置し、「甘南第一村」とも呼ばれている。美しい村を作り上げるため、香告村は立地・自然条件という二つの強みを生かし、エコツーリズム(生態観光)などの産業を主軸として、チベット族の暮らしを体験する民宿「蔵家楽」の立ち上げを村民に促し、居住にも観光にも適したエコ文明モデル村の建設に取り組んできた。エコツーリズムの発展は、貧しかった香告村の様子を一新させ、村の景観を向上させると同時に、村全体で特定貧困扶助家庭29戸を貧困状態から脱却させた。(夏河=新華社記者/趙丁喆)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019081608010

    エコツーリズムがチベット族住民の暮らしを豊かに甘粛省  14日、甘粛省甘南チベット族自治州の香告村の民宿施設「蔵家楽」。(小型無人機から)中国甘粛省の「千村美麗」(美しい千の村)建設計画でモデル村に指定されている香告(シャンガオ)村は、甘南チベット族自治州夏河県の北東部に位置し、「甘南第一村」とも呼ばれている。美しい村を作り上げるため、香告村は立地・自然条件という二つの強みを生かし、エコツーリズム(生態観光)などの産業を主軸として、チベット族の暮らしを体験する民宿「蔵家楽」の立ち上げを村民に促し、居住にも観光にも適したエコ文明モデル村の建設に取り組んできた。エコツーリズムの発展は、貧しかった香告村の様子を一新させ、村の景観を向上させると同時に、村全体で特定貧困扶助家庭29戸を貧困状態から脱却させた。(夏河=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019081608006

    エコツーリズムがチベット族住民の暮らしを豊かに甘粛省  14日、甘粛省甘南チベット族自治州の香告村の民宿施設「蔵家楽」でくつろぐ観光客。中国甘粛省の「千村美麗」(美しい千の村)建設計画でモデル村に指定されている香告(シャンガオ)村は、甘南チベット族自治州夏河県の北東部に位置し、「甘南第一村」とも呼ばれている。美しい村を作り上げるため、香告村は立地・自然条件という二つの強みを生かし、エコツーリズム(生態観光)などの産業を主軸として、チベット族の暮らしを体験する民宿「蔵家楽」の立ち上げを村民に促し、居住にも観光にも適したエコ文明モデル村の建設に取り組んできた。エコツーリズムの発展は、貧しかった香告村の様子を一新させ、村の景観を向上させると同時に、村全体で特定貧困扶助家庭29戸を貧困状態から脱却させた。(夏河=新華社記者/趙丁喆)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019081608055

    エコツーリズムがチベット族住民の暮らしを豊かに甘粛省  14日、甘粛省甘南チベット族自治州の香告村の民宿施設「蔵家楽」。(小型無人機から)中国甘粛省の「千村美麗」(美しい千の村)建設計画でモデル村に指定されている香告(シャンガオ)村は、甘南チベット族自治州夏河県の北東部に位置し、「甘南第一村」とも呼ばれている。美しい村を作り上げるため、香告村は立地・自然条件という二つの強みを生かし、エコツーリズム(生態観光)などの産業を主軸として、チベット族の暮らしを体験する民宿「蔵家楽」の立ち上げを村民に促し、居住にも観光にも適したエコ文明モデル村の建設に取り組んできた。エコツーリズムの発展は、貧しかった香告村の様子を一新させ、村の景観を向上させると同時に、村全体で特定貧困扶助家庭29戸を貧困状態から脱却させた。(夏河=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019071005921

    瀋陽税関、海外からの慈善医療物資の迅速な通関を実現  23日、瀋陽桃仙国際空港で医療物資の通関手続きを行う税関職員。15人の専門スタッフで構成される韓国の医療チームがこのほど、23箱の医療物資を携えて中国遼寧省瀋陽市の桃仙国際空港に到着、スムーズな通関手続きを経て速やかに入国した。医療チームは入国後、極度貧困状態の白内障患者100人に対し無料で手術を行う予定。(瀋陽=新華社配信/瀋陽桃仙国際空港税関提供)=2019(令和元)年6月23日、クレジット:瀋陽桃仙国際空港税関/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2018092825734

    ミャオ族男性の施六金さん、貧困と独身からの脱却に成功  24日、婚礼が終わり、入り口で出席者を見送る呉春霞(ご・しゅんか)さんと施六金さん。ミャオ族の男性、施六金(し・ろくきん)さんは中国の伝統行事「中秋節」(旧暦8月15日)の日に、花轎(かきょう、婚礼の日に花嫁を乗せる美しく飾られたかご)の列の前から進み出て、興奮した様子で同郷の人々に「独身から抜け出した!」と宣言した。武陵山(ぶりょうさん)の奥地に位置する湖南省花垣(かえん)県双竜(そうりゅう)鎮の十八洞(じゅうはちどう)村は、かつて深刻な貧困状態に陥り、2013年の全村の一人あたり平均純収入はわずか1668元。しかも、225戸のうち136戸が貧困世帯で、40歳以上の独身者が30人以上に達していたため、他地域の女性たちは十八洞村には嫁ぎたがらなかった。しかし、2014年以降、貧困を的確に支援・管理する政策の「本拠地」となった十八洞村に、少しづつ変化が見られるようになった。ぬかるむ山道はアスファルトの道路に変わり、村には水道が引かれ、村の出入り口にはATMも現れた。出稼ぎを終えた施六金さんは2015年に村へ戻り、十八洞村に新たに建てられた湧水工場で働き始め、それから間もなく結婚の殿堂入りを果たした。(花垣=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2018092825721

    ミャオ族男性の施六金さん、貧困と独身からの脱却に成功  24日、婚礼が始まる前に、花嫁の呉春霞(ご・しゅんか)さんと会場の入り口で出席者を迎える施六金さん。ミャオ族の男性、施六金(し・ろくきん)さんは中国の伝統行事「中秋節」(旧暦8月15日)の日に、花轎(かきょう、婚礼の日に花嫁を乗せる美しく飾られたかご)の列の前から進み出て、興奮した様子で同郷の人々に「独身から抜け出した!」と宣言した。武陵山(ぶりょうさん)の奥地に位置する湖南省花垣(かえん)県双竜(そうりゅう)鎮の十八洞村(じゅうはちどうむら)は、かつて深刻な貧困状態に陥り、2013年の全村の一人あたり平均純収入はわずか1668元。しかも、225戸のうち136戸が貧困世帯で、40歳以上の独身者が30人以上に達していたため、他地域の女性たちは十八洞村には嫁ぎたがらなかった。しかし、2014年以降、貧困を的確に支援・管理する政策の「本拠地」となった十八洞村に、少しづつ変化が見られるようになった。ぬかるむ山道はアスファルトの道路に変わり、村には水道が引かれ、村の出入り口にはATMも現れた。出稼ぎを終えた施六金さんは2015年に村へ戻り、十八洞村に新たに建てられた湧水工場で働き始め、それから間もなく結婚の殿堂入りを果たした。(花垣=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2018092825776

    ミャオ族男性の施六金さん、貧困と独身からの脱却に成功  24日、花轎の隊列とともに十八洞村の婚礼会場へ向かう施六金さん。ミャオ族の男性、施六金(し・ろくきん)さんは中国の伝統行事「中秋節」(旧暦8月15日)の日に、花轎(かきょう、婚礼の日に花嫁を乗せる美しく飾られたかご)の列の前から進み出て、興奮した様子で同郷の人々に「独身から抜け出した!」と宣言した。武陵山(ぶりょうさん)の奥地に位置する湖南省花垣(かえん)県双竜(そうりゅう)鎮の十八洞(じゅうはちどう)村は、かつて深刻な貧困状態に陥り、2013年の全村の一人あたり平均純収入はわずか1668元。しかも、225戸のうち136戸が貧困世帯で、40歳以上の独身者が30人以上に達していたため、他地域の女性たちは十八洞村には嫁ぎたがらなかった。しかし、2014年以降、貧困を的確に支援・管理する政策の「本拠地」となった十八洞村に、少しづつ変化が見られるようになった。ぬかるむ山道はアスファルトの道路に変わり、村には水道が引かれ、村の出入り口にはATMも現れた。出稼ぎを終えた施六金さんは2015年に村へ戻り、十八洞村に新たに建てられた湧水工場で働き始め、それから間もなく結婚の殿堂入りを果たした。(花垣=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2018092825765

    ミャオ族男性の施六金さん、貧困と独身からの脱却に成功  24日、婚礼が始まる前に、新居にいる花嫁に声をかける施六金さん。ミャオ族の男性、施六金(し・ろくきん)さんは中国の伝統行事「中秋節」(旧暦8月15日)の日に、花轎(かきょう、婚礼の日に花嫁を乗せる美しく飾られたかご)の列の前から進み出て、興奮した様子で同郷の人々に「独身から抜け出した!」と宣言した。武陵山(ぶりょうさん)の奥地に位置する湖南省花垣(かえん)県双竜(そうりゅう)鎮の十八洞(じゅうはちどう)村は、かつて深刻な貧困状態に陥り、2013年の全村の一人あたり平均純収入はわずか1668元。しかも、225戸のうち136戸が貧困世帯で、40歳以上の独身者が30人以上に達していたため、他地域の女性たちは十八洞村には嫁ぎたがらなかった。しかし、2014年以降、貧困を的確に支援・管理する政策の「本拠地」となった十八洞村に、少しづつ変化が見られるようになった。ぬかるむ山道はアスファルトの道路に変わり、村には水道が引かれ、村の出入り口にはATMも現れた。出稼ぎを終えた施六金さんは2015年に村へ戻り、十八洞村に新たに建てられた湧水工場で働き始め、それから間もなく結婚の殿堂入りを果たした。(花垣=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2018092825712

    ミャオ族男性の施六金さん、貧困と独身からの脱却に成功  24日、花轎から出てきた花嫁の呉春霞(ご・しゅんか)さんを背負う施六金さん。ミャオ族の男性、施六金(し・ろくきん)さんは中国の伝統行事「中秋節」(旧暦8月15日)の日に、花轎(かきょう、婚礼の日に花嫁を乗せる美しく飾られたかご)の列の前から進み出て、興奮した様子で同郷の人々に「独身から抜け出した!」と宣言した。武陵山(ぶりょうさん)の奥地に位置する湖南省花垣(かえん)県双竜(そうりゅう)鎮の十八洞(じゅうはちどう)村は、かつて深刻な貧困状態に陥り、2013年の全村の一人あたり平均純収入はわずか1668元。しかも、225戸のうち136戸が貧困世帯で、40歳以上の独身者が30人以上に達していたため、他地域の女性たちは十八洞村には嫁ぎたがらなかった。しかし、2014年以降、貧困を的確に支援・管理する政策の「本拠地」となった十八洞村に、少しづつ変化が見られるようになった。ぬかるむ山道はアスファルトの道路に変わり、村には水道が引かれ、村の出入り口にはATMも現れた。出稼ぎを終えた施六金さんは2015年に村へ戻り、十八洞村に新たに建てられた湧水工場で働き始め、それから間もなく結婚の殿堂入りを果たした。(花垣=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2018092825722

    ミャオ族男性の施六金さん、貧困と独身からの脱却に成功  24日、婚礼の席で出席者にあいさつし、感謝の言葉を述べる施六金さん。ミャオ族の男性、施六金(し・ろくきん)さんは中国の伝統行事「中秋節」(旧暦8月15日)の日に、花轎(かきょう、婚礼の日に花嫁を乗せる美しく飾られたかご)の列の前から進み出て、興奮した様子で同郷の人々に「独身から抜け出した!」と宣言した。武陵山(ぶりょうさん)の奥地に位置する湖南省花垣(かえん)県双竜(そうりゅう)鎮の十八洞(じゅうはちどう)村は、かつて深刻な貧困状態に陥り、2013年の全村の一人あたり平均純収入はわずか1668元。しかも、225戸のうち136戸が貧困世帯で、40歳以上の独身者が30人以上に達していたため、他地域の女性たちは十八洞村には嫁ぎたがらなかった。しかし、2014年以降、貧困を的確に支援・管理する政策の「本拠地」となった十八洞村に、少しづつ変化が見られるようになった。ぬかるむ山道はアスファルトの道路に変わり、村には水道が引かれ、村の出入り口にはATMも現れた。出稼ぎを終えた施六金さんは2015年に村へ戻り、十八洞村に新たに建てられた湧水工場で働き始め、それから間もなく結婚の殿堂入りを果たした。(花垣=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2018092825718

    ミャオ族男性の施六金さん、貧困と独身からの脱却に成功  24日、婚礼が始まる前に、施六金さんの胸に花飾りを付ける呉春霞(ご・しゅんか)さん。ミャオ族の男性、施六金(し・ろくきん)さんは中国の伝統行事「中秋節」(旧暦8月15日)の日に、花轎(かきょう、婚礼の日に花嫁を乗せる美しく飾られたかご)の列の前から進み出て、興奮した様子で同郷の人々に「独身から抜け出した!」と宣言した。武陵山(ぶりょうさん)の奥地に位置する湖南省花垣(かえん)県双竜(そうりゅう)鎮の十八洞村(じゅうはちどうむら)は、かつて深刻な貧困状態に陥り、2013年の全村の一人あたり平均純収入はわずか1668元。しかも、225戸のうち136戸が貧困世帯で、40歳以上の独身者が30人以上に達していたため、他地域の女性たちは十八洞村には嫁ぎたがらなかった。しかし、2014年以降、貧困を的確に支援・管理する政策の「本拠地」となった十八洞村に、少しづつ変化が見られるようになった。ぬかるむ山道はアスファルトの道路に変わり、村には水道が引かれ、村の出入り口にはATMも現れた。出稼ぎを終えた施六金さんは2015年に村へ戻り、十八洞村に新たに建てられた湧水工場で働き始め、それから間もなく結婚の殿堂入りを果たした。(花垣=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2018060600862

    故郷で起業する農家女性、養鶏業で貧困脱却へ雲南省鎮雄県  4日、養鶏場で作業員と卵を取る劉艶さん(奥)。中国雲南省鎮雄県五徳鎮渡船壩の農家に生まれた劉艶さんは、長年の出稼ぎを終えて故郷に戻って起業し、2014年に鎮雄県五徳竜艶養殖専業合作社を設立した。出稼ぎで学んだ養鶏技術を生かし「合作社+基地+農家」一体型の電子商取引による営業モデルを採用。他の村民を率いて山地で育った良質なニワトリの養鶏で増収を達成し、貧困状態から脱却した。劉さんの養鶏場は現在、500ムー(約33・3ヘクタール)以上の規模を有し、合作社も急成長を遂げている。(鎮雄=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2018060600859

    故郷で起業する農家女性、養鶏業で貧困脱却へ雲南省鎮雄県  4日、養鶏場でニワトリの世話をする劉艶さん。中国雲南省鎮雄県五徳鎮渡船壩の農家に生まれた劉艶さんは、長年の出稼ぎを終えて故郷に戻って起業し、2014年に鎮雄県五徳竜艶養殖専業合作社を設立した。出稼ぎで学んだ養鶏技術を生かし「合作社+基地+農家」一体型の電子商取引による営業モデルを採用。他の村民を率い山地で育った良質なニワトリの養鶏で増収を達成し、貧困状態から脱却した。劉さんの養鶏場は現在、500ムー(約33・3ヘクタール)以上の規模を有し、合作社も急成長を遂げている。(鎮雄=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018060600912

    故郷で起業する農家女性、養鶏業で貧困脱却へ雲南省鎮雄県  4日、養鶏場で作業員と販売用の卵を整理する劉艶さん(右)。中国雲南省鎮雄県五徳鎮渡船壩の農家に生まれた劉艶さんは、長年の出稼ぎを終えて故郷に戻って起業し、2014年に鎮雄県五徳竜艶養殖専業合作社を設立した。出稼ぎで学んだ養鶏技術を生かし「合作社+基地+農家」一体型の電子商取引による営業モデルを採用。他の村民を率いて山地で育った良質なニワトリの養鶏で増収を達成し、貧困状態から脱却した。劉さんの養鶏場は現在、500ムー(約33・3ヘクタール)以上の規模を有し、合作社も急成長を遂げている。(鎮雄=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018060600866

    故郷で起業する農家女性、養鶏業で貧困脱却へ雲南省鎮雄県  4日、養鶏場で放し飼いのニワトリの健康状態を確認する劉艶さん。中国雲南省鎮雄県五徳鎮渡船壩の農家に生まれた劉艶さんは、長年の出稼ぎを終えて故郷に戻って起業し、2014年に鎮雄県五徳竜艶養殖専業合作社を設立した。出稼ぎで学んだ養鶏技術を生かし「合作社+基地+農家」一体型の電子商取引による営業モデルを採用。他の村民を率いて山地で育った良質なニワトリの養鶏で増収を達成し、貧困状態から脱却した。劉さんの養鶏場は現在、500ムー(約33・3ヘクタール)以上の規模を有し、合作社も急成長を遂げている。(鎮雄=新華社記者/楊宗友)=2018(平成30)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018060101277

    湿地と都市との共存が絵のように美しい海南省海口市  30日、海口市瓊山区の曲溪湿地で、同地の村民はアヒルの養殖によって貧困状態から脱却し、豊かな生活が送れるようになった。中国海南省海口市は近年、生態修復という方法で、山、水、林、田、湖、草の一体化修復を実施している。海口市はこれまでに面積720万平方メートルに及ぶ「黒臭水」(汚染水)の水質を改善し、32本の水系のうち31本から「黒臭水」がなくなった。海口市の生態修復は、「湿地と都市との共存」を進め、水系の水質を改善し、生態の自己修正能力を高めただけでなく、洪水の制御や雨水の調節、気候の調節などの面にも重要な役割を果たしているという。(海口=新華社記者/趙穎全)=2018(平成30)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018092825717

    ミャオ族男性の施六金さん、貧困と独身からの脱却に成功  第2回「湘西トゥチャ族ミャオ族自治州十八洞村ミャオ年大型お見合いパーティー」に参加する施六金(し・ろくきん)さん。(2月4日撮影)ミャオ族の男性、施六金(し・ろくきん)さんは中国の伝統行事「中秋節」(旧暦8月15日)の日に、花轎(かきょう、婚礼の日に花嫁を乗せる美しく飾られたかご)の列の前から進み出て、興奮した様子で同郷の人々に「独身から抜け出した!」と宣言した。武陵山(ぶりょうさん)の奥地に位置する湖南省花垣(かえん)県双竜(そうりゅう)鎮の十八洞(じゅうはちどう)村は、かつて深刻な貧困状態に陥り、2013年の全村の一人あたり平均純収入はわずか1668元。しかも、225戸のうち136戸が貧困世帯で、40歳以上の独身者が30人以上に達していたため、他地域の女性たちは十八洞村には嫁ぎたがらなかった。しかし、2014年以降、貧困を的確に支援・管理する政策の「本拠地」となった十八洞村に、少しづつ変化が見られるようになった。ぬかるむ山道はアスファルトの道路に変わり、村には水道が引かれ、村の出入り口にはATMも現れた。出稼ぎを終えた施六金さんは2015年に村へ戻り、十八洞村に新たに建てられた湧水工場で働き始め、それから間もなく結婚の殿堂入りを果たした。(花垣=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2018092825770

    ミャオ族男性の施六金さん、貧困と独身からの脱却に成功  第2回「湘西トゥチャ族ミャオ族自治州十八洞村ミャオ年大型お見合いパーティー」の終了後、「結婚紹介所」でパーティーに参加した女性ゲストの情報が記載された張り紙を見つめる施六金さん。(2月4日撮影)ミャオ族の男性、施六金(し・ろくきん)さんは中国の伝統行事「中秋節」(旧暦8月15日)の日に、花轎(かきょう、婚礼の日に花嫁を乗せる美しく飾られたかご)の列の前から進み出て、興奮した様子で同郷の人々に「独身から抜け出した!」と宣言した。武陵山(ぶりょうさん)の奥地に位置する湖南省花垣(かえん)県双竜(そうりゅう)鎮の十八洞村(じゅうはちどうむら)は、かつて深刻な貧困状態に陥り、2013年の全村の一人あたり平均純収入はわずか1668元。しかも、225戸のうち136戸が貧困世帯で、40歳以上の独身者が30人以上に達していたため、他地域の女性たちは十八洞村には嫁ぎたがらなかった。しかし、2014年以降、貧困を的確に支援・管理する政策の「本拠地」となった十八洞村に、少しづつ変化が見られるようになった。ぬかるむ山道はアスファルトの道路に変わり、村には水道が引かれ、村の出入り口にはATMも現れた。出稼ぎを終えた施六金さんは2015年に村へ戻り、十八洞村に新たに建てられた湧水工場で働き始め、それから間もなく結婚の殿堂入りを果たした。(花垣=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018092825729

    ミャオ族男性の施六金さん、貧困と独身からの脱却に成功  十八洞村に新たに建設された湧水工場で働く施六金さん。(2月3日撮影)ミャオ族の男性、施六金(し・ろくきん)さんは中国の伝統行事「中秋節」(旧暦8月15日)の日に、花轎(かきょう、婚礼の日に花嫁を乗せる美しく飾られたかご)の列の前から進み出て、興奮した様子で同郷の人々に「独身から抜け出した!」と宣言した。武陵山(ぶりょうさん)の奥地に位置する湖南省花垣(かえん)県双竜(そうりゅう)鎮の十八洞(じゅうはちどう)村は、かつて深刻な貧困状態に陥り、2013年の全村の一人あたり平均純収入はわずか1668元。しかも、225戸のうち136戸が貧困世帯で、40歳以上の独身者が30人以上に達していたため、他地域の女性たちは十八洞村には嫁ぎたがらなかった。しかし、2014年以降、貧困を的確に支援・管理する政策の「本拠地」となった十八洞村に、少しづつ変化が見られるようになった。ぬかるむ山道はアスファルトの道路に変わり、村には水道が引かれ、村の出入り口にはATMも現れた。出稼ぎを終えた施六金さんは2015年に村へ戻り、十八洞村に新たに建てられた湧水工場で働き始め、それから間もなく結婚の殿堂入りを果たした。(花垣=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2016110700425

    子ども支援拠点、初開設 埼玉県戸田市の施設  日本財団が開設する貧困状態にある子どもたちの支援施設=7日、埼玉県戸田市

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像