検索結果 245 件中 1 件 〜 50 件 "貧困者"
  1. 2020060209175

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、貧困者支援作業場で竹ひごを加工する農家の人。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/汪海月)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020060209025

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、編み終えた「舒席」の編み目を調節する潜山市欣興鑫舒席専業合作社の職員。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020060209135

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、貧困者支援作業場で「舒席」を編む王潔梅(おう・けつばい)さん。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/汪海月)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020060209099

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、完成した「舒席」を見せる潜山市欣興鑫舒席専業合作社の職員。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020060209257

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、「舒席」を編む農家の人。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020052701276

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  19日、広西チワン族自治区柳州市鹿寨県四排鎮水頭村の果樹園で働く村民の廖義才(りょう・ぎさい)さん。中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020052701327

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  19日、広西チワン族自治区柳州市鹿寨県四排鎮の木材加工工場で働く女性。中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052701335

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  19日、広西チワン族自治区柳州市鹿寨県四排鎮水頭村の畑を歩く村民の潘正坤(はん・せいこん)さん。中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052104831

    貧困者支援工場、貧困脱却の成果定着を後押し山西省  15日、呂梁市臨県の移住・転居による貧困救済事業居住区、湫水柏林苑社区の貧困者支援工場で、マスクの仕上げをする労働者。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052104819

    貧困者支援工場、貧困脱却の成果定着を後押し山西省  15日、山西省呂梁市臨県の移住・転居による貧困救済事業居住区、湫水柏林苑社区の貧困者支援工場で、マスクの仕上げをする労働者。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052104833

    貧困者支援工場、貧困脱却の成果定着を後押し山西省  14日、楡社県の山西森宏服装の貧困者支援作業場で衣服の縫製作業を行う労働者。中国山西省晋中市の楡社(ゆしゃ)県政府は2016年から、李艶霞(り・えんか)さんのような山の奥深くで生活する住民9614人を対象に、移住・転居による貧困救済事業を実施してきた。転居後間もなく居住区の近くに「貧困者支援作業場」が完成、従業員募集の知らせが広く伝わり、李さんは進んで応募した。山西森宏服装の貧困者支援作業場で第1陣の従業員となった李さんは、際立った仕事ぶりが買われ縫製チームのリーダーとなり、現在の年収は2万4千元(1元=約15円)を超えた。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  12. 2020052104721

    貧困者支援工場、貧困脱却の成果定着を後押し山西省  14日、楡社県の山西森宏服装の貧困者支援作業場で衣服の縫製作業を行う労働者。中国山西省晋中市の楡社(ゆしゃ)県政府は2016年から、李艶霞(り・えんか)さんのような山の奥深くで生活する住民9614人を対象に、移住・転居による貧困救済事業を実施してきた。転居後間もなく居住区の近くに「貧困者支援作業場」が完成、従業員募集の知らせが広く伝わり、李さんは進んで応募した。山西森宏服装の貧困者支援作業場で第1陣の従業員となった李さんは、際立った仕事ぶりが買われ縫製チームのリーダーとなり、現在の年収は2万4千元(1元=約15円)を超えた。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  13. 2020051801040

    美しい村の生活を描く農民画家たち湖南省  13日、瀏陽市小河郷烏石村のアトリエで油絵を描く村民。中国湖南省瀏陽(りゅうよう)市小河郷ではここ数年、農民画アトリエ事業を導入しており、村民たちが農作業の合間にも働けるようになっている。同地には460人余りの農民画家がおり、計50人ほどの貧困者が同事業に参加している。(瀏陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020051801045

    美しい村の生活を描く農民画家たち湖南省  13日、瀏陽市小河郷烏石村のアトリエで、調色の練習をする村民。中国湖南省瀏陽(りゅうよう)市小河郷ではここ数年、農民画アトリエ事業を導入しており、村民たちが農作業の合間にも働けるようになっている。同地には460人余りの農民画家がおり、計50人ほどの貧困者が同事業に参加している。(瀏陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020051801059

    美しい村の生活を描く農民画家たち湖南省  13日、瀏陽市小河郷烏石村のアトリエで油絵を描く村民たち。中国湖南省瀏陽(りゅうよう)市小河郷ではここ数年、農民画アトリエ事業を導入しており、村民たちが農作業の合間にも働けるようになっている。同地には460人余りの農民画家がおり、計50人ほどの貧困者が同事業に参加している。(瀏陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020051801063

    美しい村の生活を描く農民画家たち湖南省  13日、瀏陽市小河郷烏石村のアトリエで、村民に油絵の調色方法を教える教師(右)。中国湖南省瀏陽(りゅうよう)市小河郷ではここ数年、農民画アトリエ事業を導入しており、村民たちが農作業の合間にも働けるようになっている。同地には460人余りの農民画家がおり、計50人ほどの貧困者が同事業に参加している。(瀏陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020051801049

    美しい村の生活を描く農民画家たち湖南省  13日、瀏陽市小河郷烏石村のアトリエで油絵を描く村民。中国湖南省瀏陽(りゅうよう)市小河郷ではここ数年、農民画アトリエ事業を導入しており、村民たちが農作業の合間にも働けるようになっている。同地には460人余りの農民画家がおり、計50人ほどの貧困者が同事業に参加している。(瀏陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020051801058

    美しい村の生活を描く農民画家たち湖南省  13日、瀏陽市小河郷烏石村のアトリエで中国画を描く村民たち。中国湖南省瀏陽(りゅうよう)市小河郷ではここ数年、農民画アトリエ事業を導入しており、村民たちが農作業の合間にも働けるようになっている。同地には460人余りの農民画家がおり、計50人ほどの貧困者が同事業に参加している。(瀏陽=新華社記者/陳沢国)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020052701293

    産業の発展で貧困から脱却広西チワン族自治区鹿寨県  広西チワン族自治区柳州市鹿寨県寨沙鎮古木村でアブラツバキの苗を手入れする村民。(5月10日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市鹿寨(ろくさい)県は、貧困脱却の取り組みとして地域の特色を生かした産業に力を入れており、貧困世帯の約89%が現代農業や畜産などに従事している。同県では2016~19年に22の村が貧困から脱却し、貧困者数は2万7587人から1013人に減少した。(南寧=新華社記者/黄孝邦)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020052701085

    黄牛が増収を後押し貴州省鳳岡県  貴州省鳳岡県土渓鎮玉泉村の牛舎で、牛に餌をやる人。(5月8日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡県は近年、肉用牛産業を発展させ、科学的な飼育を行い、貴州黄牛の潜在力を掘り起こすことで、貧困者の増収を後押ししている。同県では16年から現在までに、2835世帯1万2190人が同産業を通じて貧困脱却と増収を実現したという。(遵義=新華社記者/陳嫱)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052700997

    黄牛が増収を後押し貴州省鳳岡県  貴州省鳳岡県土渓鎮にある畜産企業の飼育場で飼われている牛。(5月8日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡県は近年、肉用牛産業を発展させ、科学的な飼育を行い、貴州黄牛の潜在力を掘り起こすことで、貧困者の増収を後押ししている。同県では16年から現在までに、2835世帯1万2190人が同産業を通じて貧困脱却と増収を実現したという。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020052700993

    黄牛が増収を後押し貴州省鳳岡県  貴州省鳳岡県土渓鎮にある畜産企業の飼育場で飼われている牛。(5月8日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡県は近年、肉用牛産業を発展させ、科学的な飼育を行い、貴州黄牛の潜在力を掘り起こすことで、貧困者の増収を後押ししている。同県では16年から現在までに、2835世帯1万2190人が同産業を通じて貧困脱却と増収を実現したという。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052701047

    黄牛が増収を後押し貴州省鳳岡県  貴州省鳳岡県土渓鎮にある畜産企業の飼育場で飼われている牛。(5月8日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡県は近年、肉用牛産業を発展させ、科学的な飼育を行い、貴州黄牛の潜在力を掘り起こすことで、貧困者の増収を後押ししている。同県では16年から現在までに、2835世帯1万2190人が同産業を通じて貧困脱却と増収を実現したという。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020052701010

    黄牛が増収を後押し貴州省鳳岡県  貴州省鳳岡県土渓鎮にある畜産企業の飼育場で飼われている同地原産の黄牛。(5月8日撮影)中国貴州省遵義(じゅんぎ)市鳳岡県は近年、肉用牛産業を発展させ、科学的な飼育を行い、貴州黄牛の潜在力を掘り起こすことで、貧困者の増収を後押ししている。同県では16年から現在までに、2835世帯1万2190人が同産業を通じて貧困脱却と増収を実現したという。(遵義=新華社記者/劉智強)=2020(令和2)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020051102620

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村にある牛舎で、牛の成長状況をチェックする鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020051102516

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村にある鄭富平さんの牛舎で、牛の成長状況をチェックしながら鄭さんと飼育について語り合う農家の人。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020051102505

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村で、牛を連れて散歩に出かける鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020051102506

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  4月22日、江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村で、牛やヤギに与える飼い葉を運ぶ鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020051102637

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  江西省宜春市袁州区天台鎮環渓村の林の中でヤギを放牧する鄭富平さん。鄭さんは牛だけでなくクロヤギも飼育している。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020051102536

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村にある牛舎で、牛に餌を与える鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020051102523

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  江西省宜春市袁州区天台鎮環渓村の林の中でヤギを放牧する鄭富平さん。鄭さんは牛だけでなくクロヤギも飼育している。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020051102524

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村で、牛やヤギに与える飼い葉を準備する鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020051102507

    障害に負けない牛の飼育で貧困脱却江西省宜春市  江西省宜春市袁州区天台鎮の環渓村で、牛を連れて散歩する鄭富平さん。(4月22日撮影)中国江西省宜春市袁州区天台鎮出身の鄭富平(てい・ふへい)さん(42)は、17歳の時に突発性視神経萎縮と診断され、その後視力が急速に低下し、ほぼ全盲となった。病気で働けなくなった鄭さんは、故郷に帰らざるを得なくなり、生活が困難を極めたこともあった。2014年、ターゲットを絞った貧困支援により、鄭さんは貧困者に認定登録され、最低限の生活保障を受けることで急場をしのいだ。ちょうどこの頃、鄭さんの状況を知った同区の身体障害者連合会が「貧困支援牛」の飼育を鄭さんに勧め、彼に飼育技術を教え、牛や補助金を支給した。その後、鄭さんは村の貧困支援機関の協力を受けて飼育規模を拡大。地元の優れた自然条件を生かしながら、クロヤギの放し飼いも始めた。今では年収が10万元(1元=約15円)を超え、ついに貧困からの脱却を果たした。さらに事業を軌道に乗せた鄭さんは、畜産業の「王」として名を馳せるようになった。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020041101495

    危機時に弱者を見捨てるな 稲葉剛氏  稲葉剛・立教大客員教授 視標「貧困者の住宅対策」(オピニオン欄用)

  35. 2020040701697

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動三輪車を組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020040701683

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動バイクを組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020040701626

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、工場内に整然と並ぶ完成した電動車両。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020040701630

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、車両に配線を施す従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020040701652

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動三輪車を組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020040701662

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、梱包され全国の市場に次々と出荷される電動車両。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020040701673

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動三輪車を組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020040701692

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動三輪車を組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020040701695

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動三輪車を組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020040701631

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、工場棟内に整然と並ぶ完成した電動車両。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020040302598

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、フェイク芝生を組み立てる福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020040302602

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、フェイク芝生を作る福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020040302609

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困者支援作業場で、自動車用シートを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020040302619

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、ファスナーを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020040302538

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困者支援作業場で、自動車用シートを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020040302551

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、「盛酒皮囊」(酒器などを入れる革製の袋)を縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像