検索結果 94 件中 1 件 〜 50 件 "貧困農家"
  1. 2020071007849

    ハウス栽培で農家の増収目指す黒竜江省北安市  革命村にある農業用ハウスで成長するスイカ。(6月30日撮影)中国黒竜江省北安市城郊郷にある革命村は近年、「ハウス栽培経済」と「果物狩り経済」の発展を進めている。村には農業用ハウス22棟がある。同村は現在、イチゴやスイカ、キュウリ、カラフルペッパーなどさまざまな作物の栽培に取り組んでおり、今年は貧困農家60世帯とハウス栽培の契約を締結。彼らに支払われる1世帯あたりの平均配当金は、千元(1元=約15円)に達するという。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020071007871

    ハウス栽培で農家の増収目指す黒竜江省北安市  革命村にある農業用ハウスで成長するスイカ。(6月30日撮影)中国黒竜江省北安市城郊郷にある革命村は近年、「ハウス栽培経済」と「果物狩り経済」の発展を進めている。村には農業用ハウス22棟がある。同村は現在、イチゴやスイカ、キュウリ、カラフルペッパーなどさまざまな作物の栽培に取り組んでおり、今年は貧困農家60世帯とハウス栽培の契約を締結。彼らに支払われる1世帯あたりの平均配当金は、千元(1元=約15円)に達するという。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020071007867

    ハウス栽培で農家の増収目指す黒竜江省北安市  革命村で見つけた「イチゴ栽培用ハウスエリア」と書かれた看板。(6月30日撮影)中国黒竜江省北安市城郊郷にある革命村は近年、「ハウス栽培経済」と「果物狩り経済」の発展を進めている。村には農業用ハウス22棟がある。同村は現在、イチゴやスイカ、キュウリ、カラフルペッパーなどさまざまな作物の栽培に取り組んでおり、今年は貧困農家60世帯とハウス栽培の契約を締結。彼らに支払われる1世帯あたりの平均配当金は、千元(1元=約15円)に達するという。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020071007857

    ハウス栽培で農家の増収目指す黒竜江省北安市  黒竜江省北安市城郊郷の革命村にある農業用ハウス。(6月30日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省北安市城郊郷にある革命村は近年、「ハウス栽培経済」と「果物狩り経済」の発展を進めている。村には農業用ハウス22棟がある。同村は現在、イチゴやスイカ、キュウリ、カラフルペッパーなどさまざまな作物の栽培に取り組んでおり、今年は貧困農家60世帯とハウス栽培の契約を締結。彼らに支払われる1世帯あたりの平均配当金は、千元(1元=約15円)に達するという。(ハルビン=新華社配信/苗成竜)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020071007850

    ハウス栽培で農家の増収目指す黒竜江省北安市  農業用ハウスで作業に励む革命村の農家。(6月30日撮影)中国黒竜江省北安市城郊郷にある革命村は近年、「ハウス栽培経済」と「果物狩り経済」の発展を進めている。村には農業用ハウス22棟がある。同村は現在、イチゴやスイカ、キュウリ、カラフルペッパーなどさまざまな作物の栽培に取り組んでおり、今年は貧困農家60世帯とハウス栽培の契約を締結。彼らに支払われる1世帯あたりの平均配当金は、千元(1元=約15円)に達するという。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020071007810

    ハウス栽培で農家の増収目指す黒竜江省北安市  農業用ハウスで作業に励む革命村の農家。(6月30日撮影)中国黒竜江省北安市城郊郷にある革命村は近年、「ハウス栽培経済」と「果物狩り経済」の発展を進めている。村には農業用ハウス22棟がある。同村は現在、イチゴやスイカ、キュウリ、カラフルペッパーなどさまざまな作物の栽培に取り組んでおり、今年は貧困農家60世帯とハウス栽培の契約を締結。彼らに支払われる1世帯あたりの平均配当金は、千元(1元=約15円)に達するという。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020071007930

    ハウス栽培で農家の増収目指す黒竜江省北安市  農業用ハウスで作業に励む革命村の農家。(6月30日撮影)中国黒竜江省北安市城郊郷にある革命村は近年、「ハウス栽培経済」と「果物狩り経済」の発展を進めている。村には農業用ハウス22棟がある。同村は現在、イチゴやスイカ、キュウリ、カラフルペッパーなどさまざまな作物の栽培に取り組んでおり、今年は貧困農家60世帯とハウス栽培の契約を締結。彼らに支払われる1世帯あたりの平均配当金は、千元(1元=約15円)に達するという。(ハルビン=新華社配信/徐凱鑫)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052701062

    貧困扶助工場、製品の海外輸出で収入増もたらす貴州省玉屏トン族自治県  14日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある偉建家庭用品貧困扶助工場の生産ラインで働く従業員。中国南西部の貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県は、中国国内に五つあるトン族自治県の一つで、国が指定した武陵山広域特殊困難地区に位置する。同地ではここ数年、貧困扶助工場を設立し、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策「易地扶貧搬遷」により転居した人々を着実な収入増へ導いている。2019年に完成し操業を開始した「偉建家庭用品貧困扶助工場」は、ソファカバーや椅子カバーの製造を手掛け、製品を主に日本や韓国など海外に出荷している。李海浜(り・かいひん)工場長によると、生産ラインは現在5本に増え、地元住民110人余りの雇用問題を解決した。李さんは「今後は生産ライン拡充や従業員の熟練により、工場の1日当たりの生産能力が向上するだろう」と語った。(貴陽=新華社記者/李凡)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020052701108

    貧困扶助工場、製品の海外輸出で収入増もたらす貴州省玉屏トン族自治県  14日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある偉建家庭用品貧困扶助工場で生地を裁断する従業員。中国南西部の貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県は、中国国内に五つあるトン族自治県の一つで、国が指定した武陵山広域特殊困難地区に位置する。同地ではここ数年、貧困扶助工場を設立し、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策「易地扶貧搬遷」により転居した人々を着実な収入増へ導いている。2019年に完成し操業を開始した「偉建家庭用品貧困扶助工場」は、ソファカバーや椅子カバーの製造を手掛け、製品を主に日本や韓国など海外に出荷している。李海浜(り・かいひん)工場長によると、生産ラインは現在5本に増え、地元住民110人余りの雇用問題を解決した。李さんは「今後は生産ライン拡充や従業員の熟練により、工場の1日当たりの生産能力が向上するだろう」と語った。(貴陽=新華社記者/汪軍)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020052700999

    貧困扶助工場、製品の海外輸出で収入増もたらす貴州省玉屏トン族自治県  14日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある偉建家庭用品貧困扶助工場で、製品の椅子カバーを見せる李海浜(り・かいひん)工場長。中国南西部の貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県は、中国国内に五つあるトン族自治県の一つで、国が指定した武陵山広域特殊困難地区に位置する。同地ではここ数年、貧困扶助工場を設立し、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策「易地扶貧搬遷」により転居した人々を着実な収入増へ導いている。2019年に完成し操業を開始した「偉建家庭用品貧困扶助工場」は、ソファカバーや椅子カバーの製造を手掛け、製品を主に日本や韓国など海外に出荷している。李海浜(り・かいひん)工場長によると、生産ラインは現在5本に増え、地元住民110人余りの雇用問題を解決した。李さんは「今後は生産ライン拡充や従業員の熟練により、工場の1日当たりの生産能力が向上するだろう」と語った。(貴陽=新華社記者/李凡)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052700992

    貧困扶助工場、製品の海外輸出で収入増もたらす貴州省玉屏トン族自治県  14日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある偉建家庭用品貧困扶助工場で、製品の椅子カバーを見せる従業員。中国南西部の貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県は、中国国内に五つあるトン族自治県の一つで、国が指定した武陵山広域特殊困難地区に位置する。同地ではここ数年、貧困扶助工場を設立し、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策「易地扶貧搬遷」により転居した人々を着実な収入増へ導いている。2019年に完成し操業を開始した「偉建家庭用品貧困扶助工場」は、ソファカバーや椅子カバーの製造を手掛け、製品を主に日本や韓国など海外に出荷している。李海浜(り・かいひん)工場長によると、生産ラインは現在5本に増え、地元住民110人余りの雇用問題を解決した。李さんは「今後は生産ライン拡充や従業員の熟練により、工場の1日当たりの生産能力が向上するだろう」と語った。(貴陽=新華社記者/汪軍)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020051103233

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  カーボンシンク森林。(資料写真)カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020051103159

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  職員によりに番号が付けられた樹木。(資料写真)カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020051103232

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  貴州省のカーボンシンクプロジェクトによる貧困脱却のイメージ図。(資料写真)カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020051103130

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  座談会でカーボンシンク森林の番号付けや写真撮影などについて説明を受ける村民。(資料写真)カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020051103175

    カーボンシンク取引で貧困脱却を後押し貴州省  24日、貴陽で行われたカーボンシンク森林の企業団体購入イベントで、購入企業に証明書などを授与する様子。カーボンシンク(二酸化炭素吸収源)プロジェクトは、中国貴州省が新たに開発した、森林の生態価値を経済価値に転換して貧困脱却を図るプロジェクト。貴州省のカーボンシンク測定方法によると、林地を持つ登録貧困世帯の樹木を木の種類、大きさ、カーボンシンク効果(二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量)に照らして選別し、番号を付けて、写真撮影を行い、それらの情報を「貴州省カーボンシンク貧困扶助プラットフォーム」にアップロードする。各樹木のカーボンシンク取引価格は年間3元(1元=約15円)で、一度の開発で連続6年販売でき、その後も繰り返し開発できる。カーボンシンク森林は個人または企業に販売でき、販売によって得た金額は全額、貧困農家個人の収入になる。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020040701626

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、工場内に整然と並ぶ完成した電動車両。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020040701697

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動三輪車を組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020040701683

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動バイクを組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020040800661

    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省  1日、観光客の目に留まるよう完成した竹工芸品をドアの外に掛ける村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020040800626

    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省  1日、完成した竹工芸品。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020040800690

    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省  1日、黄山市霊山村でモウソウチクを編んで竹工芸品を作る村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020040701673

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動三輪車を組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020040701692

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動三輪車を組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020040701695

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動三輪車を組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020040701630

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、車両に配線を施す従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020040701652

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、生産ラインで電動三輪車を組み立てる従業員。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/鄭明鴻)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020040701662

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、梱包され全国の市場に次々と出荷される電動車両。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020040800623

    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省  1日、完成した竹工芸品を車に載せ、周辺地域へ運んで販売する村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020040800689

    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省  1日、黄山市霊山村の村民が制作した竹工芸品。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020040800681

    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省  1日、竹を細く割り、制作に必要な材料を作る村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020040800642

    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省  1日、黄山市霊山村でモウソウチクを編んで竹工芸品を作る村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020040800627

    モウソウチクから生まれる商売のヒント安徽省  1日、黄山市霊山村で竹工芸品を作る村民。中国安徽省黄山市徽州区にある霊山村は、竹林に囲まれた山村。同村は近年、村の外へ出稼ぎに行くのが不便な村民のために、家で竹細工を編むよう指導、モウソウチクを編んで作った工芸品を観光客に販売している。また村内の起業リーダーに作品を買い上げてもらい、周辺地域への販売を支援している。現在、10数人の貧困農家を含む140人以上の村民が竹編み産業に従事しており、一人当たりの平均年収は4500元(1元=約15円)増加した。(合肥=新華社配信/周牧)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020040701631

    貧困者支援作業場、操業再開で大忙し貴州省晴隆県  1日、工場棟内に整然と並ぶ完成した電動車両。中国貴州省晴隆県は、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により転居した貧困世帯の人々の雇用問題を解決するため、県政府所在地にある転居者が暮らす居住地のそばに産業パークを建設した。同パークには衣類工場、靴工場、電動車製造工場など、多くの企業が入居している。新型コロナウイルスの影響で一時休業していたこれらの企業がこのほど操業を再開して以来、「貧困者支援作業場」は順調に生産を続けている。(晴隆=新華社記者/施銭貴)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020040302619

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、ファスナーを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020040302598

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、フェイク芝生を組み立てる福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020040302602

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、フェイク芝生を作る福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020040302609

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困者支援作業場で、自動車用シートを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020040302538

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困者支援作業場で、自動車用シートを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020040302551

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困支援作業場内で、「盛酒皮囊」(酒器などを入れる革製の袋)を縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020040302610

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困者支援作業場で、自動車用シートを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020040302579

    「貧困者支援作業場」が操業再開内モンゴル自治区  3月27日、貧困者支援作業場で、自動車用シートを縫う福安社区の住民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市卓資県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅が集まる福安社区(コミュニティー)では最近、社区内にある「貧困者支援作業場」が続々と操業を再開している。ここでは、自動車シートの縫製やフェイク芝生の製造、綿棒の包装などの作業に取り組む住民約500人の「自宅の近く」での就業を実現させている。(フフホト=新華社記者/連振)=2020(令和2)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020031004436

    収穫に追われる特産品基地海南省東方市  6日、海南省東方市の迦南ラン基地で箱詰めをする作業員。中国海南省東方市では、新型コロナウイルスの感染拡大で活動を自粛していたドラゴンフルーツやラン、エダマメなど農業特産品の生産基地が次々と生産を再開している。畑では忙しく働く農家の姿が見られるようになった。同市はここ数年、企業と合作社(協同組合)、貧困農家を連携させるモデルを採り入れ、熱帯農業を大きく発展している。政府が支援し、企業がけん引し、農家が参加するという産業による貧困扶助構造を形成している。(東方=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020031004451

    収穫に追われる特産品基地海南省東方市  6日、海南省東方市の北緯十八度果業の果樹園でドラゴンフルーツを収穫する農民。中国海南省東方市では、新型コロナウイルスの感染拡大で活動を自粛していたドラゴンフルーツやラン、エダマメなど農業特産品の生産基地が次々と生産を再開している。畑では忙しく働く農家の姿が見られるようになった。同市はここ数年、企業と合作社(協同組合)、貧困農家を連携させるモデルを採り入れ、熱帯農業を大きく発展している。政府が支援し、企業がけん引し、農家が参加するという産業による貧困扶助構造を形成している。(東方=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020031004507

    収穫に追われる特産品基地海南省東方市  6日、海南省東方市の迦南ラン基地でランを運ぶ農民。中国海南省東方市では、新型コロナウイルスの感染拡大で活動を自粛していたドラゴンフルーツやラン、エダマメなど農業特産品の生産基地が次々と生産を再開している。畑では忙しく働く農家の姿が見られるようになった。同市はここ数年、企業と合作社(協同組合)、貧困農家を連携させるモデルを採り入れ、熱帯農業を大きく発展している。政府が支援し、企業がけん引し、農家が参加するという産業による貧困扶助構造を形成している。(東方=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020031004450

    収穫に追われる特産品基地海南省東方市  6日、海南省東方市の迦南ラン基地でランを収穫する農民。中国海南省東方市では、新型コロナウイルスの感染拡大で活動を自粛していたドラゴンフルーツやラン、エダマメなど農業特産品の生産基地が次々と生産を再開している。畑では忙しく働く農家の姿が見られるようになった。同市はここ数年、企業と合作社(協同組合)、貧困農家を連携させるモデルを採り入れ、熱帯農業を大きく発展している。政府が支援し、企業がけん引し、農家が参加するという産業による貧困扶助構造を形成している。(東方=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020031004435

    収穫に追われる特産品基地海南省東方市  6日、海南省東方市の北緯十八度果業の果樹園でドラゴンフルーツを収穫する農民。中国海南省東方市では、新型コロナウイルスの感染拡大で活動を自粛していたドラゴンフルーツやラン、エダマメなど農業特産品の生産基地が次々と生産を再開している。畑では忙しく働く農家の姿が見られるようになった。同市はここ数年、企業と合作社(協同組合)、貧困農家を連携させるモデルを採り入れ、熱帯農業を大きく発展している。政府が支援し、企業がけん引し、農家が参加するという産業による貧困扶助構造を形成している。(東方=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020031004512

    収穫に追われる特産品基地海南省東方市  6日、海南省東方市の北緯十八度果業の果樹園でドラゴンフルーツを収穫する農民。中国海南省東方市では、新型コロナウイルスの感染拡大で活動を自粛していたドラゴンフルーツやラン、エダマメなど農業特産品の生産基地が次々と生産を再開している。畑では忙しく働く農家の姿が見られるようになった。同市はここ数年、企業と合作社(協同組合)、貧困農家を連携させるモデルを採り入れ、熱帯農業を大きく発展している。政府が支援し、企業がけん引し、農家が参加するという産業による貧困扶助構造を形成している。(東方=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020031004406

    収穫に追われる特産品基地海南省東方市  6日、海南省東方市の欧蘭徳現代農業開発の貧困扶助モデル基地でエダマメを収穫する農民。右側は次の栽培に備え耕されたエダマメ畑。(小型無人機から)中国海南省東方市では、新型コロナウイルスの感染拡大で活動を自粛していたドラゴンフルーツやラン、エダマメなど農業特産品の生産基地が次々と生産を再開している。畑では忙しく働く農家の姿が見られるようになった。同市はここ数年、企業と合作社(協同組合)、貧困農家を連携させるモデルを採り入れ、熱帯農業を大きく発展している。政府が支援し、企業がけん引し、農家が参加するという産業による貧困扶助構造を形成している。(東方=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020031004437

    収穫に追われる特産品基地海南省東方市  6日、海南省東方市の欧蘭徳現代農業開発の貧困扶助モデル基地でエダマメを収穫する農民。中国海南省東方市では、新型コロナウイルスの感染拡大で活動を自粛していたドラゴンフルーツやラン、エダマメなど農業特産品の生産基地が次々と生産を再開している。畑では忙しく働く農家の姿が見られるようになった。同市はここ数年、企業と合作社(協同組合)、貧困農家を連携させるモデルを採り入れ、熱帯農業を大きく発展している。政府が支援し、企業がけん引し、農家が参加するという産業による貧困扶助構造を形成している。(東方=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像