検索結果 374 件中 1 件 〜 50 件 "赤れんが"
  1. 2020033000006

    急ピッチ準備、延期で混乱  札幌市の観光名所「赤れんが庁舎」=27日

  2. 2020031603103

    「DPA」 View of Golm 11 March 2020, Brandenburg, Potsdam/Ot Golm: Residential houses and the tower of the Kaiser-Friedrich-Church at the foot of the Reiherberg. The inauguration for the red brick building took place in 1886. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  3. 2020031603456

    「DPA」 View of Golm 11 March 2020, Brandenburg, Potsdam/Ot Golm: Detail of the Kaiser-Friedrich-Church (l) and the Old Village Church at the foot of the Heron Hill. The inauguration for the red brick building took place in 1886 in the presence of the Crown Prince, his wife Victoria and three princesses. A few metres further on stands the old village church of Golm. The building, which is probably about 600 years old, is made of bricks and field stones and has required extensive renovation. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  4. 2020031603522

    「DPA」 View of Golm 11 March 2020, Brandenburg, Potsdam/Ot Golm: The Kaiser-Friedrich-Church (l) and the Old Village Church at the foot of the Reiherberg. The inauguration for the red brick building took place in 1886 in the presence of the Crown Prince, his wife Victoria and three princesses. A few metres further on stands the old village church of Golm. The building, which is probably about 600 years old, is made of bricks and field stones and has required extensive renovation. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  5. 2020031603173

    「DPA」 View of Golm 11 March 2020, Brandenburg, Potsdam/Ot Golm: The Kaiser-Friedrich-Church at the foot of the Reiherberg. The inauguration for the red brick building took place in 1886 in the presence of the Crown Prince, his wife Victoria and three princesses. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  6. 2020031603165

    「DPA」 View of Golm 11 March 2020, Brandenburg, Potsdam/Ot Golm: The Kaiser-Friedrich-Church at the foot of the Reiherberg. The inauguration for the red brick building took place in 1886 in the presence of the Crown Prince, his wife Victoria and three princesses. Because of its interior decoration, including the Imperial Lodge, four cross vaults with galleries, unplastered brick and a mural depicting the Wedding of Canaa, the church is one of the most beautiful in the Mark Brandenburg. A few metres further on stands the Old Village Church of Golm, which is in need of extensive renovation. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  7. 2020031603502

    「DPA」 View of Golm 11 March 2020, Brandenburg, Potsdam/Ot Golm: The Kaiser-Friedrich-Church at the foot of the Reiherberg. The inauguration for the red brick building took place in 1886 in the presence of the Crown Prince, his wife Victoria and three princesses. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  8. 2020022902712

    人通り少なく閑散  北海道知事の「緊急事態宣言」から一夜明け、人影がまばらな北海道庁の赤レンガ庁舎周辺=29日午前、札幌市

  9. 2020031007618

    「DPA」 Hundertwasser‘s station puts Uelzen on the map 20 February 2020, Lower Saxony, Uelzen: The station, originally built in the Wilhelmine style of red bricks, was first opened in 1887. Photo: Philipp Schulze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  10. 2019113002058

    巨大ツリー、海上に輝く   「はこだてクリスマスファンタジー」が始まり、観光名所赤レンガ倉庫前の海上で明かりがともった巨大ツリー=30日夜、北海道函館市

  11. 2019113002057

    巨大ツリー、海上に輝く   「はこだてクリスマスファンタジー」が始まり、観光名所赤レンガ倉庫前で明かりがともった巨大ツリー=30日夜、北海道函館市(クロスフィルター使用)

  12. 2019112206737

    赤れんが庁舎、改修延長へ  「赤れんが庁舎」として親しまれている国重要文化財「北海道庁旧本庁舎」=22日午後、札幌市

  13. 2019112206736

    赤れんが庁舎、改修延長へ  「赤れんが庁舎」として親しまれる国重要文化財「北海道庁旧本庁舎」=22日午後、札幌市

  14. 2019093001682

    札幌の赤れんが庁舎休館  「北海道庁旧本庁舎」に掲示された、一時閉館することを知らせる案内=30日午後、札幌市

  15. 2019093001681

    札幌の赤れんが庁舎休館  札幌市の国重要文化財「北海道庁旧本庁舎」=30日午後

  16. 2019093001679

    札幌の赤れんが庁舎休館  札幌市の国重要文化財「北海道庁旧本庁舎」=30日午後

  17. 2019091400029

    赤れんが庁舎10月から休館  リニューアルのため休館する札幌市の「北海道庁旧本庁舎」=4日

  18. 2019091400017

    赤れんが庁舎10月から休館  リニューアルのため休館する札幌市の「北海道庁旧本庁舎」=4日

  19. 2019082100600

    重文に技術者の交流拠点  「エンジニアカフェ」がオープンした、国の重要文化財「福岡市赤煉瓦文化館」=21日午後、福岡市

  20. 2019082302552

    「DPA」 St. Mary‘s Church in Berlin 20 August 2019, Berlin: The Lutheran Marienkirche on Alexanderplatz. On 3 January 1292 the church was first mentioned in a document as a parish church. The foundation walls of the Marienkirche consist of field stones, above which a hall church made of red bricks in the style of the Mark Brandenburg brick Gothic was built. The 48 meter high tower has a substructure made of Rüdersdorfer Muschelkalk. After fire damage, the parish renovated the Baroque tower in 1663 - 1666. Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  21. 2019061403633

    「新華社」 ギサール城を訪ねてタジキスタン  12日、タジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城を見学する人々。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019061403641

    「新華社」 ギサール城を訪ねてタジキスタン  12日、タジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城の前を通り過ぎる学生。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019061403662

    「新華社」 ギサール城を訪ねてタジキスタン  12日に撮影したタジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019061403679

    「新華社」 ギサール城を訪ねてタジキスタン  12日に撮影したタジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019061403660

    「新華社」 ギサール城を訪ねてタジキスタン  12日、タジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城を見学する人々。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019061403654

    「新華社」 ギサール城を訪ねてタジキスタン  12日に撮影したタジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019061403656

    「新華社」 ギサール城を訪ねてタジキスタン  12日、タジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城を見学する人々。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019061403663

    「新華社」 ギサール城を訪ねてタジキスタン  12日に撮影したタジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019053002920

    1㌻連載企画「令和ニッポン」第2回「人口減少と交通の未来」 地下空間に舞う光と音  JR東京駅の赤れんが駅舎。駅前は大勢の観光客らでにぎわう=5月

  30. 2019052300882

    1㌻特集シリーズ「地域の脈動」第8回「コンパクトシティー」 官民連携でにぎわい復活を  美術館を核とした文化交流拠点への改修工事が進む元酒造工場の赤れんが倉庫=10日、青森県弘前市

  31. 2019052300884

    1㌻特集シリーズ「地域の脈動」第8回「コンパクトシティー」 官民連携でにぎわい復活を  美術館を核とした文化交流拠点への改修工事が進む元酒造工場の赤れんが倉庫=10日、青森県弘前市

  32. 2019052700604

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日に撮影した草庵寺の境内の一角。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019052700504

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、草庵寺の境内にある石彫りの「摩尼光仏」。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019052700456

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日に撮影した草庵山の麓にある井戸。1979年にこの井戸から、内側に「明教会」と刻まれた黒釉碗と「明」「教」「会」と刻まれた黒釉碗の破片13枚が発掘された。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019052700505

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「海上シルクロード」視察団が1991年に草庵遺跡を訪問したことを記念し、晋江市文物管理委員会が設置した記念碑。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019052700425

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019052700437

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、草庵寺境内の崖に彫られた「摩尼光仏」。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019052700448

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、草庵寺の石段を上り、参拝に向かう観光客。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019052700606

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、草庵寺の境内にある樹齢千年のイブキの木。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019052700614

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、草庵寺の境内で撮影した摩崖石刻。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019052700443

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、草庵寺の境内で撮影した摩崖石刻。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019052700445

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、草庵寺が中国の全国重点文物保護単位に指定されたことを示す石碑。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019052700423

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、崖に沿って建てられた草庵寺の正門。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019060404031

    「DPA」 Lisbon - cityscape in spring 2019 14.05.2019, Lisbon, capital of Portugal in the Iberian Peninsula in the spring of 2019. View over the red brick of the city towards Tejo. At the travel terminal is the TUI cruise ship “Mein Schiff 2“, which was also christened here on 9 February 2019. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  45. 2019060403502

    「DPA」 Lisbon - cityscape in spring 2019 13.05.2019, Lisbon, capital of Portugal on the Iberian peninsula in the spring of 2019. The view over the red brick town of the Elevador de Santa Justa, also Elevador do Carmo in the direction of the ruins of Castelo de S縊 Jorge. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  46. 2019043000246

    法務省赤れんが棟・資料  法務省赤れんが棟=東京都

  47. 2019051703195

    「新華社」 「東アジア文化都市」泉州と、フィリピン国父との縁  4月29日、泉州ではよく見かける華僑が建設した南洋風洋館と中国の伝統的な赤レンガの家屋の組み合わせ。中国福建省泉州市は華僑の故郷として知られる。また、2014年に日本の横浜、韓国の光州広域市と共に最初の「東アジア文化都市」にも選定されている。そして、同市が管轄する県級市、晋江市の上郭村は、泉州と東南アジアの発展と融合、相互扶助の物語を今に伝えている。(泉州=新華社配信/劉翼)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019041601790

    神田駅が開業100周年  大正時代に造られたJR神田駅の赤れんが高架橋=東京都千代田区

  49. 2019020515330

    赤れんが庁舎、9月休館  今年9月に休館する北海道庁旧本庁舎=5日、札幌市

  50. 2019020515323

    赤れんが庁舎、9月休館  今年9月に休館する北海道庁旧本庁舎=5日、札幌市

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像