検索結果 7,337 件中 1 件 〜 50 件 "輸出"
  1. 2020080409213

    農産物輸出、8年ぶり減少  農林水産物・食品の輸出額(上半期)推移

  2. 2020080409210

    農産物輸出、8年ぶり減少  農林水産物・食品の輸出額(上半期)推移

  3. 2020080405989

    CHINA APPLE New Apple Flagship Store Opens in Beijing, China Chinese visit Apple‘s new megastore, adopting strict Covid-19 health and safety measures, in Beijing on Sunday, August 2, 2020. The opening up of the new, state-of-the-art flagship store comes at a time when U.S. technology giants, including Apple, are facing criticism from the U.S. Attorney General for being too compliant with the Chinese government - especially in censoring applications on behalf of China‘s request. Photo by Stephen Shaver/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  4. 2020080405929

    CHINA APPLE New Apple Flagship Store Opens in Beijing, China Chinese visit Apple‘s new megastore, adopting strict Covid-19 health and safety measures, in Beijing on Sunday, August 2, 2020. The opening up of the new, state-of-the-art flagship store comes at a time when U.S. technology giants, including Apple, are facing criticism from the U.S. Attorney General for being too compliant with the Chinese government - especially in censoring applications on behalf of China‘s request. Photo by Stephen Shaver/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  5. 2020080405788

    CHINA SAMSUNG Chinese Shop for Samsung Smartphones in Beijing, China Chinese shop at an electronics store featuring Samsung smartphones in Beijing on Sunday, August 2, 2020. Samsung Electronics will halt all operations of its last computer factory in China, the South Korean tech giant said this week, the latest manufacturer to shift production from the world‘s second-biggest economy amid rising Chinese labour costs. Photo by Stephen Shaver/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  6. 2020080405736

    CHINA APPLE New Apple Flagship Store Opens in Beijing, China Chinese visit Apple‘s new megastore, adopting strict Covid-19 health and safety measures, in Beijing on Sunday, August 2, 2020. The opening up of the new, state-of-the-art flagship store comes at a time when U.S. technology giants, including Apple, are facing criticism from the U.S. Attorney General for being too compliant with the Chinese government - especially in censoring applications on behalf of China‘s request. Photo by Stephen Shaver/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  7. 2020080406100

    CHINA APPLE New Apple Flagship Store Opens in Beijing, China Chinese visit Apple‘s new megastore, adopting strict Covid-19 health and safety measures, in Beijing on Sunday, August 2, 2020. The opening up of the new, state-of-the-art flagship store comes at a time when U.S. technology giants, including Apple, are facing criticism from the U.S. Attorney General for being too compliant with the Chinese government - especially in censoring applications on behalf of China‘s request. Photo by Stephen Shaver/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  8. 2020080406022

    CHINA APPLE New Apple Flagship Store Opens in Beijing, China Chinese visit Apple‘s new megastore, adopting strict Covid-19 health and safety measures, in Beijing on Sunday, August 2, 2020. The opening up of the new, state-of-the-art flagship store comes at a time when U.S. technology giants, including Apple, are facing criticism from the U.S. Attorney General for being too compliant with the Chinese government - especially in censoring applications on behalf of China‘s request. Photo by Stephen Shaver/UPI、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  9. 2020080406083

    CHINA APPLE New Apple Flagship Store Opens in Beijing, China Chinese visit Apple‘s new megastore, adopting strict Covid-19 health and safety measures, in Beijing on Sunday, August 2, 2020. The opening up of the new, state-of-the-art flagship store comes at a time when U.S. technology giants, including Apple, are facing criticism from the U.S. Attorney General for being too compliant with the Chinese government - especially in censoring applications on behalf of China‘s request. Photo by Stephen Shaver/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  10. 2020080405715

    CHINA APPLE New Apple Flagship Store Opens in Beijing, China Chinese visit Apple‘s new megastore, adopting strict Covid-19 health and safety measures, in Beijing on Sunday, August 2, 2020. The opening up of the new, state-of-the-art flagship store comes at a time when U.S. technology giants, including Apple, are facing criticism from the U.S. Attorney General for being too compliant with the Chinese government - especially in censoring applications on behalf of China‘s request. Photo by Stephen Shaver/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  11. 2020080405735

    CHINA SAMSUNG Chinese Shop for Samsung Smartphones in Beijing, China Chinese shop at an electronics store featuring Samsung smartphones in Beijing on Sunday, August 2, 2020. Samsung Electronics will halt all operations of its last computer factory in China, the South Korean tech giant said this week, the latest manufacturer to shift production from the world‘s second-biggest economy amid rising Chinese labour costs. Photo by Stephen Shaver/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  12. 2020080406045

    CHINA NIKE Chinese Stand Outside a Nike Store in Beijing, China Chinese stand outside a Nike store, adopting strict Covid-19 health and safety measures, at a popular international shopping plaza in Beijing on Sunday, August 2, 2020. U.S. corporate giant Nike faces growing calls to cut ties with suppliers alleged to be using “forced labour“ by the exploitation of China‘s Uighur Muslim minority group, according to Anti-Slavery International and 180 organizations involved in the pressure campaign. Photo by Stephen Shaver/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  13. 2020080405738

    CHINA APPLE New Apple Flagship Store Opens in Beijing, China Chinese visit Apple‘s new megastore, adopting strict Covid-19 health and safety measures, in Beijing on Sunday, August 2, 2020. The opening up of the new, state-of-the-art flagship store comes at a time when U.S. technology giants, including Apple, are facing criticism from the U.S. Attorney General for being too compliant with the Chinese government - especially in censoring applications on behalf of China‘s request. Photo by Stephen Shaver/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  14. 2020080405737

    CHINA SAMSUNG Chinese Shop for Samsung Smartphones in Beijing, China Chinese shop at an electronics store featuring Samsung smartphones in Beijing on Sunday, August 2, 2020. Samsung Electronics will halt all operations of its last computer factory in China, the South Korean tech giant said this week, the latest manufacturer to shift production from the world‘s second-biggest economy amid rising Chinese labour costs. Photo by Stephen Shaver/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ 「Newscom」

  15. 2020080507881

    上空から見る、活気に満ち日々変化する上海  1日、空から眺めた上海市街地の西部。林立する高層ビル、港に密集するコンテナ用クレーンや小魚のように群れを成す多数の船舶など、上空から中国上海を見ると、さまざまな景色に活気と変化が感じられ、思わず心が躍る。最新の統計によると、上海市の2020年上半期(1~6月)の海外企業による実行ベースの投資は前年同期比5・4%増加の102億8千万ドル(1ドル=約106円)に達し、外資系多国籍企業の地域本部26社、研究開発(R&D)センター10カ所が新たに設立された。また上海口岸(通関地)の輸出入額は中国の約28%を占める3兆9800億元(1元=約15円)で、前年同期比0・1%増加した。上半期上海市全体の域内総生産(GDP)は1兆7356億8千万元で、前年同期比2・6%の減少となったが、第1四半期の6・7%減からは大きく改善しており、上海の都市経済は順調に回復に向かっていることを示している。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020080507834

    上空から見る、活気に満ち日々変化する上海  1日、上海と昆明を結ぶ高速道路(G60)横にそびえ立つ完成間近の建築群科創雲廊。林立する高層ビル、港に密集するコンテナ用クレーンや小魚のように群れを成す多数の船舶など、上空から中国上海を見ると、さまざまな景色に活気と変化が感じられ、思わず心が躍る。最新の統計によると、上海市の2020年上半期(1~6月)の海外企業による実行ベースの投資は前年同期比5・4%増加の102億8千万ドル(1ドル=約106円)に達し、外資系多国籍企業の地域本部26社、研究開発(R&D)センター10カ所が新たに設立された。また上海口岸(通関地)の輸出入額は中国の約28%を占める3兆9800億元(1元=約15円)で、前年同期比0・1%増加した。上半期上海市全体の域内総生産(GDP)は1兆7356億8千万元で、前年同期比2・6%の減少となったが、第1四半期の6・7%減からは大きく改善しており、上海の都市経済は順調に回復に向かっていることを示している。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。 「新華社」

  17. 2020080507748

    上空から見る、活気に満ち日々変化する上海  1日、一般開放を再開した上海辰山植物園。林立する高層ビル、港に密集するコンテナ用クレーンや小魚のように群れを成す多数の船舶など、上空から中国上海を見ると、さまざまな景色に活気と変化が感じられ、思わず心が躍る。最新の統計によると、上海市の2020年上半期(1~6月)の海外企業による実行ベースの投資は前年同期比5・4%増加の102億8千万ドル(1ドル=約106円)に達し、外資系多国籍企業の地域本部26社、研究開発(R&D)センター10カ所が新たに設立された。また上海口岸(通関地)の輸出入額は中国の約28%を占める3兆9800億元(1元=約15円)で、前年同期比0・1%増加した。上半期上海市全体の域内総生産(GDP)は1兆7356億8千万元で、前年同期比2・6%の減少となったが、第1四半期の6・7%減からは大きく改善しており、上海の都市経済は順調に回復に向かっていることを示している。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。 「新華社」

  18. 2020080507821

    上空から見る、活気に満ち日々変化する上海  1日、長江河口付近で群れるように航行する多数の船舶。林立する高層ビル、港に密集するコンテナ用クレーンや小魚のように群れを成す多数の船舶など、上空から中国上海を見ると、さまざまな景色に活気と変化が感じられ、思わず心が躍る。最新の統計によると、上海市の2020年上半期(1~6月)の海外企業による実行ベースの投資は前年同期比5・4%増加の102億8千万ドル(1ドル=約106円)に達し、外資系多国籍企業の地域本部26社、研究開発(R&D)センター10カ所が新たに設立された。また上海口岸(通関地)の輸出入額は中国の約28%を占める3兆9800億元(1元=約15円)で、前年同期比0・1%増加した。上半期上海市全体の域内総生産(GDP)は1兆7356億8千万元で、前年同期比2・6%の減少となったが、第1四半期の6・7%減からは大きく改善しており、上海の都市経済は順調に回復に向かっていることを示している。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。 「新華社」

  19. 2020073007397

    世界の輸出額5・8%減 ジェトロの佐々木理事長  記者会見するジェトロの佐々木伸彦理事長=30日午後、東京都内

  20. 2020080602003

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  湿紙をピンセットで1枚ずつ剝がす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020080602069

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  「竹麻」と呼ばれる、水に浸して柔らかなくなった竹の繊維。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020080602159

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  湿紙をピンセットで1枚ずつ剝がす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020080602151

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  完成した普通等級の「玉扣紙」。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020080602156

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  「焙り壁」と呼ばれる壁で湿紙を乾かす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020080602190

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  殺青(さっせい、長期間水につけて柔らかくした竹の皮を取り去る)した竹の繊維「竹麻」を突きつぶしてできた粗紙漿(粘液状の紙の原料)。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020080602251

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  湾曲ナイフで紙の縁を裁断する職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020080602133

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  紙搾台で紙に含まれた水分を搾る職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020080602192

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  完成した普通等級の「玉扣紙」。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020080602206

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  湿紙をピンセットで1枚ずつ剝がす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020080602019

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  殺青(さっせい、長期間水につけて柔らかくした竹の皮を取り去る)した竹の繊維「竹麻」を突きつぶしてできた粗紙漿(粘液状の紙の原料)を、さらに水で煮る職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020080602084

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  紙搾台で水分を搾った湿紙。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020080602086

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  粗紙漿(粘液状の紙の原料)を剝がす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020080602087

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  剝がした紙を紙搾台に載せ、水分を搾る職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020080602146

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  「焙り壁」と呼ばれる壁で湿紙を乾かす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020080602155

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  「竹麻」と呼ばれる、水に浸して柔らかなくなった竹の繊維。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020080602002

    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市  「焙り壁」と呼ばれる壁で湿紙を乾かす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020072910184

    輸出規制、遠のく出口  最近の日韓関係を巡る主な経過 「大型サイド」日韓、WTO紛争

  38. 2020072910181

    輸出規制、遠のく出口  最近の日韓関係を巡る主な経過 「大型サイド」日韓、WTO紛争

  39. 2020080700494

    Special films from Saxony-Anhalt 29 July 2020, Saxony-Anhalt, Bitterfeld-Wolfen: An employee of the Wolfen film plant monitors an extrusion line on which special films for laminated safety glass are produced. The company, which emerged from Orwo-Filmfabrik in 1991, now has 140 employees and produces films that are used in the medical, aircraft and automotive, construction, solar and packaging industries, among others. The annual turnover is 35 million euros. Around 70 percent of the products are exported, including films for Vietnamese identity cards. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  40. 2020080700754

    Special films from Saxony-Anhalt 29 July 2020, Saxony-Anhalt, Bitterfeld-Wolfen: An employee of the Wolfen film plant monitors an extrusion line on which special films for laminated safety glass are produced. The company, which emerged from Orwo-Filmfabrik in 1991, now has 140 employees and produces films that are used in the medical, aircraft and automotive, construction, solar and packaging industries, among others. The annual turnover is 35 million euros. Around 70 percent of the products are exported, including films for Vietnamese identity cards. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  41. 2020073106570

    Saxony-Anhalt honours future locations 29 July 2020, Saxony-Anhalt, Bitterfeld-Wolfen: Thomas Olszowy (l), authorized representative of Folienwerk Wolfen, and Armin Willingmann (SPD), Minister of Economics of Saxony-Anhalt, are talking at an extrusion line producing EVA film for safety glass. Folienwerk Wolfen employs 140 people and produces films on currently seven extrusion lines with a maximum capacity of 20,000 tonnes. The company generates revenues of around 35 million euros, around 70 percent of production is exported. As part of the Minister‘s summer tour, the Ministry of Economics of Saxony-Anhalt is awarding prizes to “future locations“ in the state. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  42. 2020073106630

    Saxony-Anhalt honours future locations 29 July 2020, Saxony-Anhalt, Bitterfeld-Wolfen: An EVA film for safety glass runs through an extrusion line at the Wolfen film plant. The film plant employs 140 people and produces films on currently seven extrusion lines with a maximum capacity of 20,000 tonnes. The company generates around 35 million euros, around 70 percent of production is exported. As part of the Minister‘s summer tour, the Ministry of Economics of Saxony-Anhalt awards prizes to “future locations“ in the state. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  43. 2020080700523

    Special films from Saxony-Anhalt 29 July 2020, Saxony-Anhalt, Bitterfeld-Wolfen: An employee of the Wolfen film plant monitors an extrusion line on which special films for laminated safety glass are produced. The company, which emerged from Orwo-Filmfabrik in 1991, now has 140 employees and produces films that are used in the medical, aircraft and automotive, construction, solar and packaging industries, among others. The annual turnover is 35 million euros. Around 70 percent of the products are exported, including films for Vietnamese identity cards. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  44. 2020073106233

    Saxony-Anhalt honours future locations 29 July 2020, Saxony-Anhalt, Bitterfeld-Wolfen: Thomas Olszowy (l), authorized representative of Folienwerk Wolfen, and Armin Willingmann (SPD), Minister of Economics of Saxony-Anhalt, are talking at an extrusion line producing EVA film for safety glass. Folienwerk Wolfen employs 140 people and produces films on currently seven extrusion lines with a maximum capacity of 20,000 tonnes. The company generates revenues of around 35 million euros, around 70 percent of production is exported. As part of the Minister‘s summer tour, the Ministry of Economics of Saxony-Anhalt is awarding prizes to “future locations“ in the state. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  45. 2020080700383

    Special films from Saxony-Anhalt 29 July 2020, Saxony-Anhalt, Bitterfeld-Wolfen: Thomas Olszowy, plant manager of the Wolfen foil plant, stands in front of the plant. The company, which emerged from the Orwo film factory in 1991, now has 140 employees and produces films that are used in the medical, aircraft and automotive, construction, solar and packaging industries, among others. The annual turnover is 35 million euros. Around 70 percent of the products are exported, including films for Vietnamese identity cards. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  46. 2020080507727

    上空から見る、活気に満ち日々変化する上海  7月28日、高層ビルから黄浦江沿いの景色を眺める観光客。林立する高層ビル、港に密集するコンテナ用クレーンや小魚のように群れを成す多数の船舶など、上空から中国上海を見ると、さまざまな景色に活気と変化が感じられ、思わず心が躍る。最新の統計によると、上海市の2020年上半期(1~6月)の海外企業による実行ベースの投資は前年同期比5・4%増加の102億8千万ドル(1ドル=約106円)に達し、外資系多国籍企業の地域本部26社、研究開発(R&D)センター10カ所が新たに設立された。また上海口岸(通関地)の輸出入額は中国の約28%を占める3兆9800億元(1元=約15円)で、前年同期比0・1%増加した。上半期上海市全体の域内総生産(GDP)は1兆7356億8千万元で、前年同期比2・6%の減少となったが、第1四半期の6・7%減からは大きく改善しており、上海の都市経済は順調に回復に向かっていることを示している。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020080100535

    技術改良で山間部の花椒を輸出貴州省安順市  28日、関嶺プイ族ミャオ族自治県花江鎮壩山村の花椒栽培拠点で、花椒を収穫する農家。中国雲南省、貴州省、広西チワン族自治区にまたがる滇黔桂(てんけんけい)石漠化地域にある貴州省安順市関嶺プイ族ミャオ族自治県花江鎮は7月下旬から、強い日差しが照りつけ、一面の花椒の木が石の隙間で元気に育っている。同鎮壩山村の花椒農家、曽徳春(そう・とくしゅん)さんは、花椒の木から枝を全て切り取り、束ねて自宅に持ち帰ってから実の摘み取りを行う。曽さんによると、数年前には生産量が減り、地元農家も栽培を諦めかけたが、ここ数年は栽培と摘み取りの技術改良により、花椒の品質と生産量が向上し、海外に輸出するまでになった。(貴陽=新華社記者/蔣成)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020080100499

    技術改良で山間部の花椒を輸出貴州省安順市  28日、関嶺プイ族ミャオ族自治県花江鎮壩山村で花椒を収穫する曽徳春さん。中国雲南省、貴州省、広西チワン族自治区にまたがる滇黔桂(てんけんけい)石漠化地域にある貴州省安順市関嶺プイ族ミャオ族自治県花江鎮は7月下旬から、強い日差しが照りつけ、一面の花椒の木が石の隙間で元気に育っている。同鎮壩山村の花椒農家、曽徳春(そう・とくしゅん)さんは、花椒の木から枝を全て切り取り、束ねて自宅に持ち帰ってから実の摘み取りを行う。曽さんによると、数年前には生産量が減り、地元農家も栽培を諦めかけたが、ここ数年は栽培と摘み取りの技術改良により、花椒の品質と生産量が向上し、海外に輸出するまでになった。(貴陽=新華社記者/蔣成)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020080507758

    上空から見る、活気に満ち日々変化する上海  7月28日、上海浦西の最も高い地点から俯瞰(ふかん)した外灘と陸家嘴。林立する高層ビル、港に密集するコンテナ用クレーンや小魚のように群れを成す多数の船舶など、上空から中国上海を見ると、さまざまな景色に活気と変化が感じられ、思わず心が躍る。最新の統計によると、上海市の2020年上半期(1~6月)の海外企業による実行ベースの投資は前年同期比5・4%増加の102億8千万ドル(1ドル=約106円)に達し、外資系多国籍企業の地域本部26社、研究開発(R&D)センター10カ所が新たに設立された。また上海口岸(通関地)の輸出入額は中国の約28%を占める3兆9800億元(1元=約15円)で、前年同期比0・1%増加した。上半期上海市全体の域内総生産(GDP)は1兆7356億8千万元で、前年同期比2・6%の減少となったが、第1四半期の6・7%減からは大きく改善しており、上海の都市経済は順調に回復に向かっていることを示している。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020080100552

    技術改良で山間部の花椒を輸出貴州省安順市  28日、関嶺プイ族ミャオ族自治県花江鎮壩山村で花椒を収穫する曽徳春さん。中国雲南省、貴州省、広西チワン族自治区にまたがる滇黔桂(てんけんけい)石漠化地域にある貴州省安順市関嶺プイ族ミャオ族自治県花江鎮は7月下旬から、強い日差しが照りつけ、一面の花椒の木が石の隙間で元気に育っている。同鎮壩山村の花椒農家、曽徳春(そう・とくしゅん)さんは、花椒の木から枝を全て切り取り、束ねて自宅に持ち帰ってから実の摘み取りを行う。曽さんによると、数年前には生産量が減り、地元農家も栽培を諦めかけたが、ここ数年は栽培と摘み取りの技術改良により、花椒の品質と生産量が向上し、海外に輸出するまでになった。(貴陽=新華社記者/蔣成)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像