検索結果 51 件中 1 件 〜 50 件 "農業農村部"
  1. 2020073006135

    農業農村部、雲南省でバッタ防除の緊急演習を実施  27日、江城ハニ族イ族自治県で行われたバッタ防除の緊急演習。中国農業農村部は27日、ラオスと国境を接する雲南省普洱(ふじ)市江城ハニ族イ族自治県でバッタ防除の緊急演習を実施した。また国内外のバッタの発生・拡大状況を分析する座談会を開き、南西国境地域の防除作業を検討し、手配した。(普洱=新華社配信)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020073006246

    農業農村部、雲南省でバッタ防除の緊急演習を実施  27日、江城ハニ族イ族自治県で行われたバッタ防除の緊急演習。中国農業農村部は27日、ラオスと国境を接する雲南省普洱(ふじ)市江城ハニ族イ族自治県でバッタ防除の緊急演習を実施した。また国内外のバッタの発生・拡大状況を分析する座談会を開き、南西国境地域の防除作業を検討し、手配した。(普洱=新華社配信)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020052601733

    第13期全人代第3回会議の「部長通路」取材  22日、インターネット動画形式で取材を受ける農業農村部の韓長賦(かん・ちょうふ)部長。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第3回会議は22日、第1回の「部長通路」取材活動を行った。(北京=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020032601599

    豊かな暮らしを実現貧困脱却の道歩む茶農家湖北省  19日、秭帰県九畹渓鎮峡口村にある絲綿茶の工場で、李成華さんが毛茶(荒茶)を選別している。茶農家の李成華(り・せいか)さんは4人家族。かつて中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県九畹渓鎮の峡口村で認定登録された貧困家庭だったが、2016年に地元の茶葉専業合作社(協同組合)に加入し、2017年からは同鎮の特産、「九畹絲綿茶」の製造技法の無形文化遺産伝承者、龔万祥(きょう・まんしょう)さんから茶作りの指導を受けるようになった。2019年には、茶の栽培、製造、販売などによる李さん一家の収入は10万元(1元=約15円)以上に達し、自ら建てた洋風建築の3階建ての新居へ引越しすることもできた。秭帰県農業農村部門の統計によると、同県では10万人余りの茶農家が、李さんのように貧困脱却の道を歩んでいるという。(宜昌=新華社配信/王罡)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020032601562

    豊かな暮らしを実現貧困脱却の道歩む茶農家湖北省  19日、秭帰県九畹渓鎮峡口村にある絲綿茶の加工工場で、茶葉を乾かす製茶師。茶農家の李成華(り・せいか)さんは4人家族。かつて中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県九畹渓鎮の峡口村で認定登録された貧困家庭だったが、2016年に地元の茶葉専業合作社(協同組合)に加入し、2017年からは同鎮の特産、「九畹絲綿茶」の製造技法の無形文化遺産伝承者、龔万祥(きょう・まんしょう)さんから茶作りの指導を受けるようになった。2019年には、茶の栽培、製造、販売などによる李さん一家の収入は10万元(1元=約15円)以上に達し、自ら建てた洋風建築の3階建ての新居へ引越しすることもできた。秭帰県農業農村部門の統計によると、同県では10万人余りの茶農家が、李さんのように貧困脱却の道を歩んでいるという。(宜昌=新華社配信/王罡)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020032601595

    豊かな暮らしを実現貧困脱却の道歩む茶農家湖北省  19日、秭帰県九畹渓鎮峡口村の「九畹絲綿茶」製造技法無形文化遺産伝承室で、無形文化遺産伝承者の龔万祥から伝統的な茶作りの指導を受ける李成華さん(左)。茶農家の李成華(り・せいか)さんは4人家族。かつて中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県九畹渓鎮の峡口村で認定登録された貧困家庭だったが、2016年に地元の茶葉専業合作社(協同組合)に加入し、2017年からは同鎮の特産、「九畹絲綿茶」の製造技法の無形文化遺産伝承者、龔万祥(きょう・まんしょう)さんから茶作りの指導を受けるようになった。2019年には、茶の栽培、製造、販売などによる李さん一家の収入は10万元(1元=約15円)以上に達し、自ら建てた洋風建築の3階建ての新居へ引越しすることもできた。秭帰県農業農村部門の統計によると、同県では10万人余りの茶農家が、李さんのように貧困脱却の道を歩んでいるという。(宜昌=新華社配信/王罡)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020032601640

    豊かな暮らしを実現貧困脱却の道歩む茶農家湖北省  19日、秭帰県九畹渓鎮峡口村で、家族と春の新茶を摘みに出かける李成華さん。茶農家の李成華(り・せいか)さんは4人家族。かつて中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県九畹渓鎮の峡口村で認定登録された貧困家庭だったが、2016年に地元の茶葉専業合作社(協同組合)に加入し、2017年からは同鎮の特産、「九畹絲綿茶」の製造技法の無形文化遺産伝承者、龔万祥(きょう・まんしょう)さんから茶作りの指導を受けるようになった。2019年には、茶の栽培、製造、販売などによる李さん一家の収入は10万元(1元=約15円)以上に達し、自ら建てた洋風建築の3階建ての新居へ引越しすることもできた。秭帰県農業農村部門の統計によると、同県では10万人余りの茶農家が、李さんのように貧困脱却の道を歩んでいるという。(宜昌=新華社配信/王罡)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020032601636

    豊かな暮らしを実現貧困脱却の道歩む茶農家湖北省  19日、秭帰県九畹渓鎮峡口村の「九畹絲綿茶」製造技法無形文化遺産伝承室で、無形文化遺産伝承者の龔万祥さんから伝統的な茶作りの指導を受ける李成華さん(奥右)。茶農家の李成華(り・せいか)さんは4人家族。かつて中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県九畹渓鎮の峡口村で認定登録された貧困家庭だったが、2016年に地元の茶葉専業合作社(協同組合)に加入し、2017年からは同鎮の特産、「九畹絲綿茶」の製造技法の無形文化遺産伝承者、龔万祥(きょう・まんしょう)さんから茶作りの指導を受けるようになった。2019年には、茶の栽培、製造、販売などによる李さん一家の収入は10万元(1元=約15円)以上に達し、自ら建てた洋風建築の3階建ての新居へ引越しすることもできた。秭帰県農業農村部門の統計によると、同県では10万人余りの茶農家が、李さんのように貧困脱却の道を歩んでいるという。(宜昌=新華社配信/王罡)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020032601615

    豊かな暮らしを実現貧困脱却の道歩む茶農家湖北省  19日、秭帰県九畹渓鎮峡口村の自家茶園で春茶摘みをする李成華さん(左)と妻(中央)、娘。茶農家の李成華(り・せいか)さんは4人家族。かつて中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県九畹渓鎮の峡口村で認定登録された貧困家庭だったが、2016年に地元の茶葉専業合作社(協同組合)に加入し、2017年からは同鎮の特産、「九畹絲綿茶」の製造技法の無形文化遺産伝承者、龔万祥(きょう・まんしょう)さんから茶作りの指導を受けるようになった。2019年には、茶の栽培、製造、販売などによる李さん一家の収入は10万元(1元=約15円)以上に達し、自ら建てた洋風建築の3階建ての新居へ引越しすることもできた。秭帰県農業農村部門の統計によると、同県では10万人余りの茶農家が、李さんのように貧困脱却の道を歩んでいるという。(宜昌=新華社配信/王罡)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020032601565

    豊かな暮らしを実現貧困脱却の道歩む茶農家湖北省  19日、秭帰県九畹渓鎮峡口村にある絲綿茶の加工工場で、製茶師と茶葉を乾かす李成華さん(手前右)。茶農家の李成華(り・せいか)さんは4人家族。かつて中国湖北省宜昌市秭帰(しき)県九畹渓鎮の峡口村で認定登録された貧困家庭だったが、2016年に地元の茶葉専業合作社(協同組合)に加入し、2017年からは同鎮の特産、「九畹絲綿茶」の製造技法の無形文化遺産伝承者、龔万祥(きょう・まんしょう)さんから茶作りの指導を受けるようになった。2019年には、茶の栽培、製造、販売などによる李さん一家の収入は10万元(1元=約15円)以上に達し、自ら建てた洋風建築の3階建ての新居へ引越しすることもできた。秭帰県農業農村部門の統計によると、同県では10万人余りの茶農家が、李さんのように貧困脱却の道を歩んでいるという。(宜昌=新華社配信/王罡)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020031004556

    中国の専門家、バッタを追って幾千里  2日、パキスタン・パンジャブ州のクシャブ地区でサバクトビバッタの被害状況を調べる中国蝗害防止作業グループの専門家。パキスタンでは昨年10月以降、サバクトビバッタによる被害が各地で発生し、深刻な被害をもたらしている。国際連合食糧農業機関(FAO)が同国政府から提供を受けた資料を基にまとめた試算によると、被害地域の農作物の損失は約15%に達し、直接的な経済損失は約50億元(1元=約15円)に上る。中国農業農村部の主導で組織された中国蝗害(こうがい)防止作業グループはこのほど、同国パンジャブ州クシャブ地区を訪れ被害状況を視察した。同作業グループのパキスタンでの視察は今回が3地域目。これまでもシンド州やバロチスタン州の砂漠地域で調査を実施しており、行程は数千キロに及ぶ。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020031004553

    中国の専門家、バッタを追って幾千里  2日、パキスタン・パンジャブ州のクシャブ地区でサバクトビバッタの被害状況を調べる中国蝗害防止作業グループの専門家。パキスタンでは昨年10月以降、サバクトビバッタによる被害が各地で発生し、深刻な被害をもたらしている。国際連合食糧農業機関(FAO)が同国政府から提供を受けた資料を基にまとめた試算によると、被害地域の農作物の損失は約15%に達し、直接的な経済損失は約50億元(1元=約15円)に上る。中国農業農村部の主導で組織された中国蝗害(こうがい)防止作業グループはこのほど、同国パンジャブ州クシャブ地区を訪れ被害状況を視察した。同作業グループのパキスタンでの視察は今回が3地域目。これまでもシンド州やバロチスタン州の砂漠地域で調査を実施しており、行程は数千キロに及ぶ。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020031004485

    中国の専門家、バッタを追って幾千里  2日、パキスタン・パンジャブ州のクシャブ地区でサバクトビバッタの卵を探す中国蝗害防止作業グループの専門家。パキスタンでは昨年10月以降、サバクトビバッタによる被害が各地で発生し、深刻な被害をもたらしている。国際連合食糧農業機関(FAO)が同国政府から提供を受けた資料を基にまとめた試算によると、被害地域の農作物の損失は約15%に達し、直接的な経済損失は約50億元(1元=約15円)に上る。中国農業農村部の主導で組織された中国蝗害(こうがい)防止作業グループはこのほど、同国パンジャブ州クシャブ地区を訪れ被害状況を視察した。同作業グループのパキスタンでの視察は今回が3地域目。これまでもシンド州やバロチスタン州の砂漠地域で調査を実施しており、行程は数千キロに及ぶ。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020031004544

    中国の専門家、バッタを追って幾千里  2日、パキスタン・パンジャブ州のクシャブ地区で、サバクトビバッタの体内にある卵を見せる中国蝗害防止作業グループの専門家。パキスタンでは昨年10月以降、サバクトビバッタによる被害が各地で発生し、深刻な被害をもたらしている。国際連合食糧農業機関(FAO)が同国政府から提供を受けた資料を基にまとめた試算によると、被害地域の農作物の損失は約15%に達し、直接的な経済損失は約50億元(1元=約15円)に上る。中国農業農村部の主導で組織された中国蝗害(こうがい)防止作業グループはこのほど、同国パンジャブ州クシャブ地区を訪れ被害状況を視察した。同作業グループのパキスタンでの視察は今回が3地域目。これまでもシンド州やバロチスタン州の砂漠地域で調査を実施しており、行程は数千キロに及ぶ。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020031004465

    中国の専門家、バッタを追って幾千里  2日、パキスタン・パンジャブ州のクシャブ地区でサバクトビバッタの標本を採取する中国蝗害防止作業グループの専門家。パキスタンでは昨年10月以降、サバクトビバッタによる被害が各地で発生し、深刻な被害をもたらしている。国際連合食糧農業機関(FAO)が同国政府から提供を受けた資料を基にまとめた試算によると、被害地域の農作物の損失は約15%に達し、直接的な経済損失は約50億元(1元=約15円)に上る。中国農業農村部の主導で組織された中国蝗害(こうがい)防止作業グループはこのほど、同国パンジャブ州クシャブ地区を訪れ被害状況を視察した。同作業グループのパキスタンでの視察は今回が3地域目。これまでもシンド州やバロチスタン州の砂漠地域で調査を実施しており、行程は数千キロに及ぶ。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020031004476

    中国の専門家、バッタを追って幾千里  2日、パキスタン・パンジャブ州のクシャブ地区で、捕獲したサバクトビバッタを見せる中国蝗害防止作業グループの専門家。パキスタンでは昨年10月以降、サバクトビバッタによる被害が各地で発生し、深刻な被害をもたらしている。国際連合食糧農業機関(FAO)が同国政府から提供を受けた資料を基にまとめた試算によると、被害地域の農作物の損失は約15%に達し、直接的な経済損失は約50億元(1元=約15円)に上る。中国農業農村部の主導で組織された中国蝗害(こうがい)防止作業グループはこのほど、同国パンジャブ州クシャブ地区を訪れ被害状況を視察した。同作業グループのパキスタンでの視察は今回が3地域目。これまでもシンド州やバロチスタン州の砂漠地域で調査を実施しており、行程は数千キロに及ぶ。(イスラマバード=新華社記者/劉天)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020012215344

    米国産家禽肉、中国市場に復帰第一陣が上海到着  14日、コンテナに付けられた米国税関の封印を外す職員。米カリフォルニア州から到着した米国産の冷凍鶏足が14日、上海税関の検査を経て、素早く旧暦の新年を迎える上海華東食品卸売市場に投入された。5年にわたった禁輸措置を経て、米国産家禽肉が中国市場に戻ってきた。5年ぶりの輸入再開で最初の輸入を担った上海大宛公司は今回、コンテナ5個分、計120トンの米産鶏足を輸入。昨年12月22日に船便でカリフォルニアを出たコンテナは、20日後に上海洋山港に到着すると、わずか2日で通関手続きを終えた。上海税関によると、中国は2015年1月9日、米国国内の鳥インフルエンザの流行を理由に米国産家禽肉の輸入を全面禁止した。昨年11月14日に中国税関総署と農業農村部はリスク評価に基づき輸入制限を解除。中国の法律・法規の要求を満たす米国産家禽肉の輸入を許可した。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020012215345

    米国産家禽肉、中国市場に復帰第一陣が上海到着  14日、コンテナに付けられた封印を書類と照合する上海税関職員。米カリフォルニア州から到着した米国産の冷凍鶏足が14日、上海税関の検査を経て、素早く旧暦の新年を迎える上海華東食品卸売市場に投入された。5年にわたった禁輸措置を経て、米国産家禽肉が中国市場に戻ってきた。5年ぶりの輸入再開で最初の輸入を担った上海大宛公司は今回、コンテナ5個分、計120トンの米産鶏足を輸入。昨年12月22日に船便でカリフォルニアを出たコンテナは、20日後に上海洋山港に到着すると、わずか2日で通関手続きを終えた。上海税関によると、中国は2015年1月9日、米国国内の鳥インフルエンザの流行を理由に米国産家禽肉の輸入を全面禁止した。昨年11月14日に中国税関総署と農業農村部はリスク評価に基づき輸入制限を解除。中国の法律・法規の要求を満たす米国産家禽肉の輸入を許可した。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020012215673

    米国産家禽肉、中国市場に復帰第一陣が上海到着  14日、輸入が再開された米国産家禽肉を検査する上海税関職員。米カリフォルニア州から到着した米国産の冷凍鶏足が14日、上海税関の検査を経て、素早く旧暦の新年を迎える上海華東食品卸売市場に投入された。5年にわたった禁輸措置を経て、米国産家禽肉が中国市場に戻ってきた。5年ぶりの輸入再開で最初の輸入を担った上海大宛公司は今回、コンテナ5個分、計120トンの米産鶏足を輸入。昨年12月22日に船便でカリフォルニアを出たコンテナは、20日後に上海洋山港に到着すると、わずか2日で通関手続きを終えた。上海税関によると、中国は2015年1月9日、米国国内の鳥インフルエンザの流行を理由に米国産家禽肉の輸入を全面禁止した。昨年11月14日に中国税関総署と農業農村部はリスク評価に基づき輸入制限を解除。中国の法律・法規の要求を満たす米国産家禽肉の輸入を許可した。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020012215346

    米国産家禽肉、中国市場に復帰第一陣が上海到着  14日、開封した米国産鶏足のサンプルを検査する上海税関職員。米カリフォルニア州から到着した米国産の冷凍鶏足が14日、上海税関の検査を経て、素早く旧暦の新年を迎える上海華東食品卸売市場に投入された。5年にわたった禁輸措置を経て、米国産家禽肉が中国市場に戻ってきた。5年ぶりの輸入再開で最初の輸入を担った上海大宛公司は今回、コンテナ5個分、計120トンの米産鶏足を輸入。昨年12月22日に船便でカリフォルニアを出たコンテナは、20日後に上海洋山港に到着すると、わずか2日で通関手続きを終えた。上海税関によると、中国は2015年1月9日、米国国内の鳥インフルエンザの流行を理由に米国産家禽肉の輸入を全面禁止した。昨年11月14日に中国税関総署と農業農村部はリスク評価に基づき輸入制限を解除。中国の法律・法規の要求を満たす米国産家禽肉の輸入を許可した。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020012215700

    米国産家禽肉、中国市場に復帰第一陣が上海到着  14日、輸入が再開された米国産家禽肉の積み下ろしをする職員。米カリフォルニア州から到着した米国産の冷凍鶏足が14日、上海税関の検査を経て、素早く旧暦の新年を迎える上海華東食品卸売市場に投入された。5年にわたった禁輸措置を経て、米国産家禽肉が中国市場に戻ってきた。5年ぶりの輸入再開で最初の輸入を担った上海大宛公司は今回、コンテナ5個分、計120トンの米産鶏足を輸入。昨年12月22日に船便でカリフォルニアを出たコンテナは、20日後に上海洋山港に到着すると、わずか2日で通関手続きを終えた。上海税関によると、中国は2015年1月9日、米国国内の鳥インフルエンザの流行を理由に米国産家禽肉の輸入を全面禁止した。昨年11月14日に中国税関総署と農業農村部はリスク評価に基づき輸入制限を解除。中国の法律・法規の要求を満たす米国産家禽肉の輸入を許可した。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019101604878

    日本のコシヒカリ、第2回中国・黒竜江国際米フェスで金賞受賞  9日、第2回中国黒竜江省国際米フェスティバルで品評会のため炊飯器を準備するスタッフ。第2回中国・黒竜江国際米フェスティバルの米品評会の審査結果が9日、発表された。3回の審査を経て、日本の新潟県魚沼市産コシヒカリと、ハルビン市が管轄する県級市の五常市産「五優稲4号」が金賞を受賞した。日本の新潟薬科大学教授で日本水稲品質・食味研究会副会長の大坪研一氏によると、日本の代表的な品種であるコシヒカリには50年以上の歴史があり、もともとは倒伏(とうふく)しやすく、いもち病にも弱かったという。日本は、栽培技術の研究開発により、品種を改良すると同時に味も向上させた。品評委員会委員長で、中国農業農村部の水稲専門家指導グループ長・中国工程院院士(アカデミー会員)の万建民(ばん・けんみん)氏によると、良質な米には、透き通ってきらきらと輝く見た目、すがすがしく心地よい香り、弾力に富んだ口当たりという三つの特長があるといい、品評委員はこの基準に則り出品された米を審査した。第1回評価、再評価、最終評価を経て、多くの出品米の中から、新潟県魚沼市産コシヒカリと同省五常市産の五優稲4号が今回の金賞を受賞した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019101604858

    日本のコシヒカリ、第2回中国・黒竜江国際米フェスで金賞受賞  9日、第2回中国黒竜江省国際米フェスティバルで行われた米の品評会の審査会場。第2回中国・黒竜江国際米フェスティバルの米品評会の審査結果が9日、発表された。3回の審査を経て、日本の新潟県魚沼市産コシヒカリと、ハルビン市が管轄する県級市の五常市産「五優稲4号」が金賞を受賞した。日本の新潟薬科大学教授で日本水稲品質・食味研究会副会長の大坪研一氏によると、日本の代表的な品種であるコシヒカリには50年以上の歴史があり、もともとは倒伏(とうふく)しやすく、いもち病にも弱かったという。日本は、栽培技術の研究開発により、品種を改良すると同時に味も向上させた。品評委員会委員長で、中国農業農村部の水稲専門家指導グループ長・中国工程院院士(アカデミー会員)の万建民(ばん・けんみん)氏によると、良質な米には、透き通ってきらきらと輝く見た目、すがすがしく心地よい香り、弾力に富んだ口当たりという三つの特長があるといい、品評委員はこの基準に則り出品された米を審査した。第1回評価、再評価、最終評価を経て、多くの出品米の中から、新潟県魚沼市産コシヒカリと同省五常市産の五優稲4号が今回の金賞を受賞した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)=2019(令和元)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019081900579

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、会場内の有機水稲栽培エリアで、アイガモ農法について学ぶ来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019081900483

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、会場内の海洋館で、ダウリアチョウザメを眺める来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019081900481

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、会場内で見かけた大型カボチャの横で写真を撮る来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019081900549

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、博覧会の会場で、大型スイカを写真に収める来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019081900586

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、大勢の来場者で賑わう花卉(かき)館。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019081900613

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、博覧会の会場で、クラゲを眺める来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019081900643

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、屋外会場にある花卉(かき)展示エリアを見学する来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019081900697

    第18回長春国際農業・食品博覧会開幕  16日、会場内の観光農業展示館を見学する来場者。第18回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が16日、吉林省長春市の長春農博園で開幕した。中国農業農村部、吉林省人民政府および長春市人民政府が共催し、テーマは「産業の発展をけん引し、郷村の活性化を後押ししよう」。同博覧会は25日まで開催される。(長春=新華社記者/林宏)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019061403784

    満洲里市民が寄贈の海洋生物、2千キロを越え天津の海洋公園へ  8日、輸送中の損傷を防ぐためウミガメに「保護服」を着せるスタッフ。中国内モンゴル自治区満洲里市の市民がこのほど、個人で所有していた海洋生物3頭を寄贈した。中国農業農村部漁業漁政管理局や全国水生野生動物保護分会などの機関が連携して支援を行い、3頭は天津市の海昌極地海洋公園に安全に運ばれ、同園に収容された。海洋公園の責任者によると、今回市民が寄贈したのはゴマフアザラシ2頭とアオウミガメ1頭。同園ではこれらが到着する前に独立した飼育観察エリアを準備し、飼育エリアの消毒と防疫を実施。さらに獣医を手配して身体検査の準備を進め、動物のスムーズな受け入れに備えた。(天津=新華社配信/天津海昌極地海洋公園提供)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:天津海昌極地海洋公園/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019061403737

    満洲里市民が寄贈の海洋生物、2千キロを越え天津の海洋公園へ  8日、今回の海洋生物の輸送に使用された車両。中国内モンゴル自治区満洲里市の市民がこのほど、個人で所有していた海洋生物3頭を寄贈した。中国農業農村部漁業漁政管理局や全国水生野生動物保護分会などの機関が連携して支援を行い、3頭は天津市の海昌極地海洋公園に安全に運ばれ、同園に収容された。海洋公園の責任者によると、今回市民が寄贈したのはゴマフアザラシ2頭とアオウミガメ1頭。同園ではこれらが到着する前に独立した飼育観察エリアを準備し、飼育エリアの消毒と防疫を実施。さらに獣医を手配して身体検査の準備を進め、動物のスムーズな受け入れに備えた。(天津=新華社配信/天津海昌極地海洋公園提供)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:天津海昌極地海洋公園/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019061403751

    満洲里市民が寄贈の海洋生物、2千キロを越え天津の海洋公園へ  6日、輸送のための保護ケースに入れられたアオウミガメ。中国内モンゴル自治区満洲里市の市民がこのほど、個人で所有していた海洋生物3頭を寄贈した。中国農業農村部漁業漁政管理局や全国水生野生動物保護分会などの機関が連携して支援を行い、3頭は天津市の海昌極地海洋公園に安全に運ばれ、同園に収容された。海洋公園の責任者によると、今回市民が寄贈したのはゴマフアザラシ2頭とアオウミガメ1頭。同園ではこれらが到着する前に独立した飼育観察エリアを準備し、飼育エリアの消毒と防疫を実施。さらに獣医を手配して身体検査の準備を進め、動物のスムーズな受け入れに備えた。(天津=新華社配信/天津海昌極地海洋公園提供)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:天津海昌極地海洋公園/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019061403773

    満洲里市民が寄贈の海洋生物、2千キロを越え天津の海洋公園へ  6日、保護されたゴマフアザラシ。中国内モンゴル自治区満洲里市の市民がこのほど、個人で所有していた海洋生物3頭を寄贈した。中国農業農村部漁業漁政管理局や全国水生野生動物保護分会などの機関が連携して支援を行い、3頭は天津市の海昌極地海洋公園に安全に運ばれ、同園に収容された。海洋公園の責任者によると、今回市民が寄贈したのはゴマフアザラシ2頭とアオウミガメ1頭。同園ではこれらが到着する前に独立した飼育観察エリアを準備し、飼育エリアの消毒と防疫を実施。さらに獣医を手配して身体検査の準備を進め、動物のスムーズな受け入れに備えた。(天津=新華社配信/天津海昌極地海洋公園提供)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:天津海昌極地海洋公園/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019052400193

    長江水生生物保護活動始動10万匹のチョウザメ放流四川省宜賓  21日、国家一級保護動物ダブリーチョウザメ10万匹以上が四川省宜賓市で長江に放流された。「母なる長江を下り、保護の新章を記そう」をテーマとした長江水生生物保護PR活動が21日、中国四川省宜賓(ぎひん)市の合江門広場で始動し、10万匹を超える異なる魚齢の国家一級保護動物ダブリーチョウザメ(長江鱘)が長江に放流された。同PR活動は中国の農業農村部長江流域漁政監督管理弁公室と水利部長江水利委員会、交通運輸部長江航務管理局、世界自然保護基金(WWF)が合同で発起したもので、21日に宜賓を船で出発して長江を下り、6月12日に上海に到着するまでの23日間にわたって行われる。(成都=新華社配信/韋宝玉)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019052400163

    長江水生生物保護活動始動10万匹のチョウザメ放流四川省宜賓  21日、国家一級保護動物ダブリーチョウザメ10万匹以上が四川省宜賓市で長江に放流された。「母なる長江を下り、保護の新章を記そう」をテーマとした長江水生生物保護PR活動が21日、中国四川省宜賓(ぎひん)市の合江門広場で始動し、10万匹を超える異なる魚齢の国家一級保護動物ダブリーチョウザメ(長江鱘)が長江に放流された。同PR活動は中国の農業農村部長江流域漁政監督管理弁公室と水利部長江水利委員会、交通運輸部長江航務管理局、世界自然保護基金(WWF)が合同で発起したもので、21日に宜賓を船で出発して長江を下り、6月12日に上海に到着するまでの23日間にわたって行われる。(成都=新華社配信/韋宝玉)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019052400188

    長江水生生物保護活動始動10万匹のチョウザメ放流四川省宜賓  21日、23日間にわたる長江水生生物保護PR活動が四川省宜賓市で始動した。「母なる長江を下り、保護の新章を記そう」をテーマとした長江水生生物保護PR活動が21日、中国四川省宜賓(ぎひん)市の合江門広場で始動し、10万匹を超える異なる魚齢の国家一級保護動物ダブリーチョウザメ(長江鱘)が長江に放流された。同PR活動は中国の農業農村部長江流域漁政監督管理弁公室と水利部長江水利委員会、交通運輸部長江航務管理局、世界自然保護基金(WWF)が合同で発起したもので、21日に宜賓を船で出発して長江を下り、6月12日に上海に到着するまでの23日間にわたって行われる。(成都=新華社配信/韋宝玉)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019030605541

    【両会】第13期全人代第2回会議の「部長通路」で取材  5日、「部長通路」で取材を受ける農業農村部の韓長賦(かん・ちょうふ)部長。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議が5日、北京の人民大会堂で開幕した。(北京=新華社記者/殷剛)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019030605492

    【両会】第13期全人代第2回会議の「部長通路」で取材  5日、「部長通路」で農村の居住環境に関する質問に答える前に、記者の携帯電話で関連資料を見る農業農村部の韓長賦(かん・ちょうふ)部長。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議が5日、北京の人民大会堂で開幕した。(北京=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019011516381

    習近平主席の特使、ベネズエラ大統領就任式に出席  8日、ベネズエラの首都カラカスで、同国のマドゥロ大統領と会見する習近平主席の特使、農業農村部の韓長賦部長。中国農業農村部の韓長賦(かん・ちょうふ)部長は習近平(しゅう・きんぺい)国家主席の特使として10日、ベネズエラの首都カラカスで行われた同国のマドゥロ大統領の就任式に出席し、また、これに先立ち8日、同大統領と会見した。(カラカス=新華社配信)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2018100120695

    実りの秋豊作で年間食糧生産量6億トン超える見込み  27日、黒竜江省五大連池(ごだいれんち)市の農場で収穫機を使い集中的に大豆を収穫する農家。中国農業農村部は27日、全国秋冬季栽培作業テレビ会議を開いた。会議では、今年秋の穀物が豊作で、年間食糧生産量が引き続き6億トン以上に達する豊作の年になる見込みと明らかにした。(黒河=新華社配信/陸文祥)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2018100120856

    実りの秋豊作で年間食糧生産量6億トン超える見込み  27日、黒竜江省五大連池(ごだいれんち)市の農場で収穫機を使い集中的に大豆を収穫する農家。中国農業農村部は27日、全国秋冬季栽培作業テレビ会議を開いた。会議では、今年秋の穀物が豊作で、年間食糧生産量が引き続き6億トン以上に達する豊作の年になる見込みと明らかにした。(黒河=新華社配信/陸文祥)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2018100120745

    実りの秋豊作で年間食糧生産量6億トン超える見込み  27日、江蘇省海門市臨江新区の農地で収穫機を使いイネを収穫する農家。(小型無人機から)中国農業農村部は27日、全国秋冬季栽培作業テレビ会議を開いた。会議では、今年秋の穀物が豊作で、年間食糧生産量が引き続き6億トン以上に達する豊作の年になる見込みと明らかにした。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2018100120751

    実りの秋豊作で年間食糧生産量6億トン超える見込み  27日早朝、山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県郯城街道の農地で水稲の生長ぶりを確認している村民。中国農業農村部は27日、全国秋冬季栽培作業テレビ会議を開いた。会議では、今年秋の穀物が豊作で、年間食糧生産量が引き続き6億トン以上に達する豊作の年になる見込みと明らかにした。(臨沂=新華社配信/張春雷)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2018100120789

    実りの秋豊作で年間食糧生産量6億トン超える見込み  27日、江蘇省海門市臨江新区の農地で収穫機を使いイネを収穫する農家。(小型無人機から)中国農業農村部は27日、全国秋冬季栽培作業テレビ会議を開いた。会議では、今年秋の穀物が豊作で、年間食糧生産量が引き続き6億トン以上に達する豊作の年になる見込みと明らかにした。(南通=新華社配信/許叢軍)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2018100120774

    実りの秋豊作で年間食糧生産量6億トン超える見込み  23日、収穫したトウモロコシを干すために高く投げて散らす山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県郯城街道新屯村の村民。中国農業農村部は27日、全国秋冬季栽培作業テレビ会議を開いた。会議では、今年秋の穀物が豊作で、年間食糧生産量が引き続き6億トン以上に達する豊作の年になる見込みと明らかにした。(臨沂=新華社配信/張春雷)=2018(平成30)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2018100120746

    実りの秋豊作で年間食糧生産量6億トン超える見込み  18日、トウモロコシを収穫する山東省臨沂(りんぎ)市郯城(たんじょう)県郯城街道新屯村の村民。中国農業農村部は27日、全国秋冬季栽培作業テレビ会議を開いた。会議では、今年秋の穀物が豊作で、年間食糧生産量が引き続き6億トン以上に達する豊作の年になる見込みと明らかにした。(臨沂=新華社配信/張春雷)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2018083000762

    日中が農業で次官級協議 次官級協議  農水省で開かれた中国の農業農村部との次官級協議=30日午前

  50. 2018083000658

    日中が農業で次官級協議 あいさつする事務次官  中国の農業農村部との次官級協議で、あいさつする末松広行農水事務次官(右)=30日午前、農水省

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像