検索結果 40 件中 1 件 〜 40 件 "農業開発"
  1. 2020061300796

    Brandenburg‘s agriculture minister on a trip 11 June 2020, Brandenburg, Paulinenaue: View of the trial field of the State Office for Rural Development, Agriculture and Land Readjustment (LELF) in Paulinenaue (Brandenburg). Brandenburg‘s Minister of Agriculture Vogel (Greens) informs himself about the implementation of the arable farming strategy at the Day of Organic Farming on a trial field of the State Office for Rural Development, Agriculture and Land Readjustment (LELF). (Aerial photograph with drone) Photo: Paul Zinken/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  2. 2020061300759

    Brandenburg‘s agriculture minister on a trip 11 June 2020, Brandenburg, Paulinenaue: View of the trial field of the State Office for Rural Development, Agriculture and Land Readjustment (LELF) in Paulinenaue (Brandenburg). Brandenburg‘s Minister of Agriculture Vogel (Greens) informs himself about the implementation of the arable farming strategy at the Day of Organic Farming on a trial field of the State Office for Rural Development, Agriculture and Land Readjustment (LELF). (Aerial photograph with drone) Photo: Paul Zinken/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  3. 2020061300981

    Brandenburg‘s agriculture minister on a trip 11 June 2020, Brandenburg, Paulinenaue: View of the trial field of the State Office for Rural Development, Agriculture and Land Readjustment (LELF) in Paulinenaue (Brandenburg). Brandenburg‘s Minister of Agriculture Vogel (Greens) informs himself about the implementation of the arable farming strategy at the Day of Organic Farming on a trial field of the State Office for Rural Development, Agriculture and Land Readjustment (LELF). (Aerial photograph with drone) Photo: Paul Zinken/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  4. 2020061300814

    Brandenburg‘s agriculture minister on a trip 11 June 2020, Brandenburg, Paulinenaue: Axel Vogel (Greens), Minister of Agriculture, Environment and Climate Protection of Brandenburg, informs himself about the implementation of the arable farming strategy at the Day of Organic Farming on a trial field of the State Office for Rural Development, Agriculture and Land Readjustment (LELF). Photo: Paul Zinken/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  5. 2020031200880

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  8日、栽培ハウスで収穫したシイタケが入った容器を運ぶ河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020031200794

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  8日、収穫したシイタケの選別作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020031200872

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020031200867

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020031200902

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県西竪鎮のアスパラガス栽培ハウスで農作業に励む「潤遠農作物栽培専業合作社」の職員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020031200857

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県にある「南孟村股份経済合作社」のビニールハウスで、イチゴの手入れをする農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020031200868

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県にある「南孟村股份経済合作社」のビニールハウスで、サクランボの花の間引き作業をする農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020031200792

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、クルミの袋詰め作業をする河北省臨城県の「貧困支援企業」、河北緑嶺康維食品の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020031200795

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020031200793

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、クルミの袋詰め作業をする河北省臨城県の「貧困支援企業」、河北緑嶺康維食品の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020031200798

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020031200874

    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省  6日、河北省臨城県臨城鎮のパセリ栽培ハウスで農作業をする茁越農業開発の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020031004406

    収穫に追われる特産品基地海南省東方市  6日、海南省東方市の欧蘭徳現代農業開発の貧困扶助モデル基地でエダマメを収穫する農民。右側は次の栽培に備え耕されたエダマメ畑。(小型無人機から)中国海南省東方市では、新型コロナウイルスの感染拡大で活動を自粛していたドラゴンフルーツやラン、エダマメなど農業特産品の生産基地が次々と生産を再開している。畑では忙しく働く農家の姿が見られるようになった。同市はここ数年、企業と合作社(協同組合)、貧困農家を連携させるモデルを採り入れ、熱帯農業を大きく発展している。政府が支援し、企業がけん引し、農家が参加するという産業による貧困扶助構造を形成している。(東方=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020031004437

    収穫に追われる特産品基地海南省東方市  6日、海南省東方市の欧蘭徳現代農業開発の貧困扶助モデル基地でエダマメを収穫する農民。中国海南省東方市では、新型コロナウイルスの感染拡大で活動を自粛していたドラゴンフルーツやラン、エダマメなど農業特産品の生産基地が次々と生産を再開している。畑では忙しく働く農家の姿が見られるようになった。同市はここ数年、企業と合作社(協同組合)、貧困農家を連携させるモデルを採り入れ、熱帯農業を大きく発展している。政府が支援し、企業がけん引し、農家が参加するという産業による貧困扶助構造を形成している。(東方=新華社記者/郭程)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019090610922

    危うい食糧目標の達成 IFADのウングボ総裁  「日本の一層の貢献を期待している」と話す国際農業開発基金(IFAD)のジルベール・ウングボ総裁 特集「トップが語るSDGs」

  20. 2018111331529

    Prime Minister Dmitry Medvedev chairs meeting on agriculture development 09.11.2018 November 9, 2018. Prime Minister Dmitry Medvedev chairs meeting on agriculture development. Alexander Astafyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  21. 2018111331527

    Prime Minister Dmitry Medvedev chairs meeting on agriculture development 09.11.2018 November 9, 2018. Prime Minister Dmitry Medvedev chairs meeting on agriculture development. Alexander Astafyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  22. 2018111331518

    Prime Minister Dmitry Medvedev chairs meeting on agriculture development 09.11.2018 November 9, 2018. Prime Minister Dmitry Medvedev chairs meeting on agriculture development. Alexander Astafyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  23. 2018111331533

    Prime Minister Dmitry Medvedev chairs meeting on agriculture development 09.11.2018 November 9, 2018. Prime Minister Dmitry Medvedev chairs meeting on agriculture development. Alexander Astafyev / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ 「スプートニク」

  24. 2019020124317

    浙江省農村住民の可処分所得が全国トップ34年連続  黒糖製品の加工と包装を行う義烏市供給販売農業開発有限公司の「農業工人」(もともと農民で、現在は月給制で規定時間勤務をする人)。(2018年10月30日撮影)中国国家統計局浙江調査総隊が発表した最新の統計データによると、同省の農村常住住民の2018年の1人当たり可処分所得は、全国の省と自治区の中で34年連続のトップとなる2万7302元(1元=約16円)だった。(杭州=新華社記者/譚進)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018060800803

    「世界貧困削減パートナーシップ」国際ワークショップ開催  5日、イタリアの首都ローマで開かれた「世界貧困削減パートナーシップ」国際ワークショップ開幕式で式辞を述べる中国国務院貧困支援開発指導グループ弁公室の欧青平副主任(左)。2018年「世界貧困削減パートナーシップ」国際ワークショップが5日、イタリアの首都ローマにある国際農業開発基金(IFAD)本部で開催された。参加者は「パートナーシップと知識シェアの推進、国連(UN)の持続可能な発展目標の促進」をテーマに、各国の貧困対策の成功経験を共有し、貧困削減パートナーシップの推進と貧困削減知識の共有と貧国削減知識の交流と共有の強化などの議題を中心に議論を展開した。(ローマ=新華社記者/陳占傑)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2018060800764

    「世界貧困削減パートナーシップ」国際ワークショップ開催  5日、イタリアの首都ローマで、「世界貧困削減パートナーシップ」国際ワークショップに参加した各国の代表。2018年「世界貧困削減パートナーシップ」国際ワークショップが5日、イタリアの首都ローマにある国際農業開発基金(IFAD)本部で開催された。参加者は「パートナーシップと知識シェアの推進、国連(UN)の持続可能な発展目標の促進」をテーマに、各国の貧困対策の成功経験を共有し、貧困削減パートナーシップの推進と貧困削減知識の共有と貧国削減知識の交流と共有の強化などの議題を中心に議論を展開した。(ローマ=新華社記者/陳占傑)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2018032200903

    科学技術の新設備、春の農業生産に助力  20日、鄒平県高新街道の国家農業開発高標準田畑かんがいモデルプロジェクトエリアの大型スプリンクラー。中国山東省浜州市鄒平県では今春、農薬散布などを行う小型無人機(ドローン)やロボット、さらにはセンターピボットかんがい用大型スプリンクラーなど新たな農業用機械を投入、生産効率を向上させている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2018(平成30)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019020124282

    浙江省農村住民の可処分所得が全国トップ34年連続  晩稲を収穫する浙江省建徳市稲府農業開発有限公司の「農業工人」(もともと農民で、現在は月給制で規定時間勤務をする人)。(2017年11月23日撮影)中国国家統計局浙江調査総隊が発表した最新の統計データによると、同省の農村常住住民の2018年の1人当たり可処分所得は、全国の省と自治区の中で34年連続のトップとなる2万7302元(1元=約16円)だった。(杭州=新華社記者/譚進)=2017(平成29)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2017072800470

    移民の送金、10年で5割増 IFADのホンボ総裁  インタビューに答える国際農業開発基金のジルベール・ホンボ総裁

  30. 2014072400666

    日本の開発、反対派が会議 市民団体の代表ら  24日、モザンビーク・マプトの会議場で、日本が協力する大規模農業開発計画について話し合う市民団体代表ら(共同)

  31. 2014071600242

    ベトナムと農業開発協力    調印を終え握手するキン・ベトナム全国農業生産合作社連合会団長(左)と出井全農専務=1977(昭和52)年3月10日、東京・大手町の全農本部 52年内地 1874

  32. 2014011200133

    日本の農業開発に反発増大  モザンビークのプロサバンナ対象地域

  33. 2014011200132

    日本の農業開発に反発増大  モザンビークのプロサバンナ対象地域

  34. 2014011200131

    日本の農業開発に反発増大  モザンビークのプロサバンナ対象地域 「12段用」

  35. 2014011200130

    日本の農業開発に反発増大  モザンビークのプロサバンナ対象地域 「12段用」

  36. 2008090100199

    オイルマネーで農業投資  湾岸産油国の農業開発投資

  37. 2008090100198

    オイルマネーで農業投資  湾岸産油国の農業開発投資

  38. 1998100200089

    中央資金注ぎ高成長 農業開発区の収穫 収穫の時期を迎えたチョンギ県の「農業開発区」(共同)(サブネガに徐暁旭チョンギ県党委副書記インタビュー、道路工事あり)  連載企画「チベット―政治と宗教のはざまで」2回続きの(上) 

  39. 1995052600088

    女性教育がかぎ握る アル・スルタン総裁  記者会見で女性の役割を強調するアル・スルタン国連国際農業開発基金総裁=26日午後、農水省(カラーネガ)(ファウジ・ハマド・アル・スルタン・FAWZI・AL・SULTAN)(クウエート)

  40. 1966120800002

    東南ア農業開発会議レセプション  首相主催、東南ア農業開発会議出席招待レセプション。各国代表と懇談する佐藤栄作首相=1966(昭和41)年12月8日、首相官邸 41年カラーニュース 201

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像