検索結果 91 件中 1 件 〜 50 件 "農耕文化"
  1. 2020072700894

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  23日、元上都遺跡のゲルと星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020072700964

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  23日、元上都遺跡上空の星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020072701004

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  23日、元上都遺跡のオボーと星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020072700642

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  23日、元上都遺跡上空の星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020072700884

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  23日、元上都遺跡上空の星空。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020072701115

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、元上都遺跡の大安閣遺構に置かれた漢白玉の竜文柱礎レプリカ。大安閣は正殿として利用され、南西角から高さ2・1メートル、幅0・53メートル、厚さ0・52メートルの竜文柱礎が完全な形で出土した。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020072700953

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020072701105

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020072700985

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、元上都遺跡を見学する観光客。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020072701040

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、元上都遺跡に残る遺構。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020072701019

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、元上都遺跡を見学する観光客。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020072701002

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、元上都遺跡内の風景。中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020072700885

    草原に残る都市遺跡、元上都遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、空から見た元上都遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区シリンゴル盟正藍旗にある元上都遺跡は元王朝の都城遺跡の一つで、当時は大都(現在の北京市)が冬の都、上都が夏の都とされた。草原文化と農耕文化、西洋文化の衝突と融合の産物であり、同王朝の都城遺跡としては一番古く、保存状態も最も良い。同遺跡は、上都城址や城門外の市街地「関廂(かんしょう)」、防洪渠(放水路)、墓葬群からなる。周辺の湿地や草原などの自然景観、遊牧民の住居「ゲル」や積み石や木材で作られた草原の標識「オボー」などの文化的景観と調和を保っている。2012年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(正藍旗=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020062804811

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、棚田で田植えをする村民。中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020062804884

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、何層も重なり合う念山棚田。(小型無人機から)中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020062804897

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、政和県の念山棚田と歴史ある村落。(小型無人機から)中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062804869

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、政和県の念山棚田と歴史ある村落。(小型無人機から)中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020062804761

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、何層も重なり合う念山棚田。(小型無人機から)中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020062804839

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、政和県の念山棚田と歴史ある村落。(小型無人機から)中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020062804809

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、何層も重なり合う念山棚田。(小型無人機から)中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020062804822

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、政和県の念山棚田。中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062804830

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、政和県の念山棚田と歴史ある村落。(小型無人機から)中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020062804898

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、政和県にある念山棚田の小型の田んぼ。中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020062804843

    棚田の景観と農耕文化を守り伝える福建省念山村  23日、何層も重なり合う念山棚田。(小型無人機から)中国福建省南平市政和県星渓郷の念山村にある面積1600ムー(約107ヘクタール)余りの「念山棚田」は、唐代末期に開かれ、千年以上の歴史を持つ。一枚一枚の田んぼが小さく細長いのが特徴で、不揃いの段差が幾重にも重なっている。地元政府はここ数年、環境保護のため、耕作の際に伝統的な方法をより多く用いることを推奨。農業生態資源の保護と利用を促進することで、高山にある棚田の景観と歴史ある農耕文化のあり方を示している。念山村は2017年に「中国の美しいレジャー農村」「全国生態文化村」に選ばれ、18年には住宅・都市農村建設部の第5次中国伝統村落リストに登録された。(南平=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020062508170

    少数民族ワ族の住む、美しく幸せな村雲南省騰衝市  20日、司莫拉ワ族民俗文化陳列館に展示された木製の太鼓の前で記念撮影をする観光客。中国雲南省騰衝(とうしょう)市清水郷三家村中寨の司莫拉ワ族村は、500年以上の歴史を持つワ族の集落。ワ族の言葉で「幸せな場所」を意味する同村ではここ数年、「美しい農村」「最も美しい庭園」などの建設プロジェクトが進み、住環境が大幅に改善された。自然環境や民俗文化などの優れた資源を生かして農村観光を積極的に推し進め、国家3A級(上から3番目)観光地となり、「中国少数民族特色村寨」にも選ばれた。昨年は延べ5万人の観光客が同村を訪れ、観光業は村民が貧困から脱却し豊かになるための成長分野となっている。黄土色の壁と黒い瓦からなる伝統的な住居が入り組んだ集落には、ワ族風情広場や太鼓小屋、民俗文化陳列館、農耕文化観光区などのスポットがあり、多くの観光客が訪れている。展望台からは幾層にも重なった2千ムー(約133・3ヘクタール)余りの棚田が一望でき、田園風景を堪能できる。(騰衝=新華社記者/劉昕宇)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020062508187

    少数民族ワ族の住む、美しく幸せな村雲南省騰衝市  20日、司莫拉ワ族民俗文化陳列館に展示されているワ族の伝統衣装と糸車。中国雲南省騰衝(とうしょう)市清水郷三家村中寨の司莫拉ワ族村は、500年以上の歴史を持つワ族の集落。ワ族の言葉で「幸せな場所」を意味する同村ではここ数年、「美しい農村」「最も美しい庭園」などの建設プロジェクトが進み、住環境が大幅に改善された。自然環境や民俗文化などの優れた資源を生かして農村観光を積極的に推し進め、国家3A級(上から3番目)観光地となり、「中国少数民族特色村寨」にも選ばれた。昨年は延べ5万人の観光客が同村を訪れ、観光業は村民が貧困から脱却し豊かになるための成長分野となっている。黄土色の壁と黒い瓦からなる伝統的な住居が入り組んだ集落には、ワ族風情広場や太鼓小屋、民俗文化陳列館、農耕文化観光区などのスポットがあり、多くの観光客が訪れている。展望台からは幾層にも重なった2千ムー(約133・3ヘクタール)余りの棚田が一望でき、田園風景を堪能できる。(騰衝=新華社記者/劉昕宇)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020062508267

    少数民族ワ族の住む、美しく幸せな村雲南省騰衝市  20日、司莫拉ワ族民俗文化陳列館。中国雲南省騰衝(とうしょう)市清水郷三家村中寨の司莫拉ワ族村は、500年以上の歴史を持つワ族の集落。ワ族の言葉で「幸せな場所」を意味する同村ではここ数年、「美しい農村」「最も美しい庭園」などの建設プロジェクトが進み、住環境が大幅に改善された。自然環境や民俗文化などの優れた資源を生かして農村観光を積極的に推し進め、国家3A級(上から3番目)観光地となり、「中国少数民族特色村寨」にも選ばれた。昨年は延べ5万人の観光客が同村を訪れ、観光業は村民が貧困から脱却し豊かになるための成長分野となっている。黄土色の壁と黒い瓦からなる伝統的な住居が入り組んだ集落には、ワ族風情広場や太鼓小屋、民俗文化陳列館、農耕文化観光区などのスポットがあり、多くの観光客が訪れている。展望台からは幾層にも重なった2千ムー(約133・3ヘクタール)余りの棚田が一望でき、田園風景を堪能できる。(騰衝=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020062508051

    少数民族ワ族の住む、美しく幸せな村雲南省騰衝市  20日、司莫拉ワ族村の伝統的な住居。中国雲南省騰衝(とうしょう)市清水郷三家村中寨の司莫拉ワ族村は、500年以上の歴史を持つワ族の集落。ワ族の言葉で「幸せな場所」を意味する同村ではここ数年、「美しい農村」「最も美しい庭園」などの建設プロジェクトが進み、住環境が大幅に改善された。自然環境や民俗文化などの優れた資源を生かして農村観光を積極的に推し進め、国家3A級(上から3番目)観光地となり、「中国少数民族特色村寨」にも選ばれた。昨年は延べ5万人の観光客が同村を訪れ、観光業は村民が貧困から脱却し豊かになるための成長分野となっている。黄土色の壁と黒い瓦からなる伝統的な住居が入り組んだ集落には、ワ族風情広場や太鼓小屋、民俗文化陳列館、農耕文化観光区などのスポットがあり、多くの観光客が訪れている。展望台からは幾層にも重なった2千ムー(約133・3ヘクタール)余りの棚田が一望でき、田園風景を堪能できる。(騰衝=新華社記者/劉昕宇)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020062508168

    少数民族ワ族の住む、美しく幸せな村雲南省騰衝市  20日、司莫拉ワ族村の太鼓小屋。中国雲南省騰衝(とうしょう)市清水郷三家村中寨の司莫拉ワ族村は、500年以上の歴史を持つワ族の集落。ワ族の言葉で「幸せな場所」を意味する同村ではここ数年、「美しい農村」「最も美しい庭園」などの建設プロジェクトが進み、住環境が大幅に改善された。自然環境や民俗文化などの優れた資源を生かして農村観光を積極的に推し進め、国家3A級(上から3番目)観光地となり、「中国少数民族特色村寨」にも選ばれた。昨年は延べ5万人の観光客が同村を訪れ、観光業は村民が貧困から脱却し豊かになるための成長分野となっている。黄土色の壁と黒い瓦からなる伝統的な住居が入り組んだ集落には、ワ族風情広場や太鼓小屋、民俗文化陳列館、農耕文化観光区などのスポットがあり、多くの観光客が訪れている。展望台からは幾層にも重なった2千ムー(約133・3ヘクタール)余りの棚田が一望でき、田園風景を堪能できる。(騰衝=新華社記者/劉昕宇)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020062508226

    少数民族ワ族の住む、美しく幸せな村雲南省騰衝市  20日、司莫拉ワ族村の村民が作った伝統的な美食「黄花粑粑」(菊科の植物で作った餅)。中国雲南省騰衝(とうしょう)市清水郷三家村中寨の司莫拉ワ族村は、500年以上の歴史を持つワ族の集落。ワ族の言葉で「幸せな場所」を意味する同村ではここ数年、「美しい農村」「最も美しい庭園」などの建設プロジェクトが進み、住環境が大幅に改善された。自然環境や民俗文化などの優れた資源を生かして農村観光を積極的に推し進め、国家3A級(上から3番目)観光地となり、「中国少数民族特色村寨」にも選ばれた。昨年は延べ5万人の観光客が同村を訪れ、観光業は村民が貧困から脱却し豊かになるための成長分野となっている。黄土色の壁と黒い瓦からなる伝統的な住居が入り組んだ集落には、ワ族風情広場や太鼓小屋、民俗文化陳列館、農耕文化観光区などのスポットがあり、多くの観光客が訪れている。展望台からは幾層にも重なった2千ムー(約133・3ヘクタール)余りの棚田が一望でき、田園風景を堪能できる。(騰衝=新華社記者/劉昕宇)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020062508175

    少数民族ワ族の住む、美しく幸せな村雲南省騰衝市  20日、司莫拉ワ族村の木造彫刻。中国雲南省騰衝(とうしょう)市清水郷三家村中寨の司莫拉ワ族村は、500年以上の歴史を持つワ族の集落。ワ族の言葉で「幸せな場所」を意味する同村ではここ数年、「美しい農村」「最も美しい庭園」などの建設プロジェクトが進み、住環境が大幅に改善された。自然環境や民俗文化などの優れた資源を生かして農村観光を積極的に推し進め、国家3A級(上から3番目)観光地となり、「中国少数民族特色村寨」にも選ばれた。昨年は延べ5万人の観光客が同村を訪れ、観光業は村民が貧困から脱却し豊かになるための成長分野となっている。黄土色の壁と黒い瓦からなる伝統的な住居が入り組んだ集落には、ワ族風情広場や太鼓小屋、民俗文化陳列館、農耕文化観光区などのスポットがあり、多くの観光客が訪れている。展望台からは幾層にも重なった2千ムー(約133・3ヘクタール)余りの棚田が一望でき、田園風景を堪能できる。(騰衝=新華社記者/劉昕宇)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020062508214

    少数民族ワ族の住む、美しく幸せな村雲南省騰衝市  20日、司莫拉ワ族村を散策する観光客。中国雲南省騰衝(とうしょう)市清水郷三家村中寨の司莫拉ワ族村は、500年以上の歴史を持つワ族の集落。ワ族の言葉で「幸せな場所」を意味する同村ではここ数年、「美しい農村」「最も美しい庭園」などの建設プロジェクトが進み、住環境が大幅に改善された。自然環境や民俗文化などの優れた資源を生かして農村観光を積極的に推し進め、国家3A級(上から3番目)観光地となり、「中国少数民族特色村寨」にも選ばれた。昨年は延べ5万人の観光客が同村を訪れ、観光業は村民が貧困から脱却し豊かになるための成長分野となっている。黄土色の壁と黒い瓦からなる伝統的な住居が入り組んだ集落には、ワ族風情広場や太鼓小屋、民俗文化陳列館、農耕文化観光区などのスポットがあり、多くの観光客が訪れている。展望台からは幾層にも重なった2千ムー(約133・3ヘクタール)余りの棚田が一望でき、田園風景を堪能できる。(騰衝=新華社記者/劉昕宇)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020062508169

    少数民族ワ族の住む、美しく幸せな村雲南省騰衝市  20日、司莫拉ワ族村の展望台から見た棚田。中国雲南省騰衝(とうしょう)市清水郷三家村中寨の司莫拉ワ族村は、500年以上の歴史を持つワ族の集落。ワ族の言葉で「幸せな場所」を意味する同村ではここ数年、「美しい農村」「最も美しい庭園」などの建設プロジェクトが進み、住環境が大幅に改善された。自然環境や民俗文化などの優れた資源を生かして農村観光を積極的に推し進め、国家3A級(上から3番目)観光地となり、「中国少数民族特色村寨」にも選ばれた。昨年は延べ5万人の観光客が同村を訪れ、観光業は村民が貧困から脱却し豊かになるための成長分野となっている。黄土色の壁と黒い瓦からなる伝統的な住居が入り組んだ集落には、ワ族風情広場や太鼓小屋、民俗文化陳列館、農耕文化観光区などのスポットがあり、多くの観光客が訪れている。展望台からは幾層にも重なった2千ムー(約133・3ヘクタール)余りの棚田が一望でき、田園風景を堪能できる。(騰衝=新華社記者/劉昕宇)=2020(令和2)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020052300814

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、金代の「釉上彩観音造像(ゆうじょうさいかんのんぞうぞう)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020052300920

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、宋代の鶏をかたどった玉の装身具。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020052300863

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、展示品を見つめる来場者。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020052300876

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、遼代の「刻花玻璃瓶(こっかはりへい)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020052300837

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、遼代の「黄釉鶏冠壺(こうゆうけいかんこ)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020052300850

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、遼代の「白釉菊弁文圈足碟(はくゆうきくべんもんけんそくせつ)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020052300871

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、展示品を見つめる来場者。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020052300827

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、遼代の「釈迦説法鍍金銅像(しゃかせっぽうときんどうぞう)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020052300828

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、宋代に竜泉窯で焼かれた「粉青釉盤口長頸磁瓶(ふんせいゆうばんこうちょうけいじへい)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020052300815

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、金代の「白釉赭彩四系罐(はくゆうしゃさいしけいかん)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020052300821

    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展  18日、「合扎謀克之印」の文字が刻まれた金代の銅印。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019101605148

    「ミニチュア農具」に込められた田園の思い出江西省都昌県  11日、ミニチュア農具制作用の木材に模様を描く兪聖記さん。収穫の秋真っ只中の中国江西省九江市都昌県陽峰郷村。村民の兪聖記(ゆ・せいき)さんは74才の高齢となり、畑仕事からは引退したものの、特別な形で自身の田園の記憶を記録に残している。木工制作を始めて58年。2010年からは記憶を頼りに紅梨木(堅木の一種)とクスノキを使ったミニチュア農具を手作りしている。精巧な見た目のミニチュアは、実際に動かすことも可能。これまでに百セット以上を作り上げた。兪さんは丁寧な手仕事で1980年代以前に広く使われていた農具を再現した。これらの作品から昔ながらの農耕文化を再認識し、古き良き農村の面影を感じることができる。(九江=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019101605153

    「ミニチュア農具」に込められた田園の思い出江西省都昌県  11日、自宅でミニチュア農具を制作する兪聖記さん。収穫の秋真っ只中の中国江西省九江市都昌県陽峰郷村。村民の兪聖記(ゆ・せいき)さんは74才の高齢となり、畑仕事からは引退したものの、特別な形で自身の田園の記憶を記録に残している。木工制作を始めて58年。2010年からは記憶を頼りに紅梨木(堅木の一種)とクスノキを使ったミニチュア農具を手作りしている。精巧な見た目のミニチュアは、実際に動かすことも可能。これまでに百セット以上を作り上げた。兪さんは丁寧な手仕事で1980年代以前に広く使われていた農具を再現した。これらの作品から昔ながらの農耕文化を再認識し、古き良き農村の面影を感じることができる。(九江=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019101604852

    「ミニチュア農具」に込められた田園の思い出江西省都昌県  11日、自宅でミニチュア農具制作用の木材を切る兪聖記さん。収穫の秋真っ只中の中国江西省九江市都昌県陽峰郷村。村民の兪聖記(ゆ・せいき)さんは74才の高齢となり、畑仕事からは引退したものの、特別な形で自身の田園の記憶を記録に残している。木工制作を始めて58年。2010年からは記憶を頼りに紅梨木(堅木の一種)とクスノキを使ったミニチュア農具を手作りしている。精巧な見た目のミニチュアは、実際に動かすことも可能。これまでに百セット以上を作り上げた。兪さんは丁寧な手仕事で1980年代以前に広く使われていた農具を再現した。これらの作品から昔ながらの農耕文化を再認識し、古き良き農村の面影を感じることができる。(九江=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019101605092

    「ミニチュア農具」に込められた田園の思い出江西省都昌県  11日、手作りの「ミニチュア水車」に水を掛けて動かす兪聖記さん。収穫の秋真っ只中の中国江西省九江市都昌県陽峰郷村。村民の兪聖記(ゆ・せいき)さんは74才の高齢となり、畑仕事からは引退したものの、特別な形で自身の田園の記憶を記録に残している。木工制作を始めて58年。2010年からは記憶を頼りに紅梨木(堅木の一種)とクスノキを使ったミニチュア農具を手作りしている。精巧な見た目のミニチュアは、実際に動かすことも可能。これまでに百セット以上を作り上げた。兪さんは丁寧な手仕事で1980年代以前に広く使われていた農具を再現した。これらの作品から昔ながらの農耕文化を再認識し、古き良き農村の面影を感じることができる。(九江=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019101604841

    「ミニチュア農具」に込められた田園の思い出江西省都昌県  11日、兪聖記さんが手作りした「ミニチュア一輪車」。収穫の秋真っ只中の中国江西省九江市都昌県陽峰郷村。村民の兪聖記(ゆ・せいき)さんは74才の高齢となり、畑仕事からは引退したものの、特別な形で自身の田園の記憶を記録に残している。木工制作を始めて58年。2010年からは記憶を頼りに紅梨木(堅木の一種)とクスノキを使ったミニチュア農具を手作りしている。精巧な見た目のミニチュアは、実際に動かすことも可能。これまでに百セット以上を作り上げた。兪さんは丁寧な手仕事で1980年代以前に広く使われていた農具を再現した。これらの作品から昔ながらの農耕文化を再認識し、古き良き農村の面影を感じることができる。(九江=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019101604842

    「ミニチュア農具」に込められた田園の思い出江西省都昌県  11日、自宅でミニチュア農具の寸法を記す兪聖記さん。収穫の秋真っ只中の中国江西省九江市都昌県陽峰郷村。村民の兪聖記(ゆ・せいき)さんは74才の高齢となり、畑仕事からは引退したものの、特別な形で自身の田園の記憶を記録に残している。木工制作を始めて58年。2010年からは記憶を頼りに紅梨木(堅木の一種)とクスノキを使ったミニチュア農具を手作りしている。精巧な見た目のミニチュアは、実際に動かすことも可能。これまでに百セット以上を作り上げた。兪さんは丁寧な手仕事で1980年代以前に広く使われていた農具を再現した。これらの作品から昔ながらの農耕文化を再認識し、古き良き農村の面影を感じることができる。(九江=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像