検索結果 54 件中 1 件 〜 50 件 "近現代史"
  1. 2020070305107

    不安だからこそ一歩引く 一ノ瀬俊也さん  オンラインでインタビューに答える日本近現代史研究の一ノ瀬俊也さん インタビュー連載企画「心をたもつヒント コロナを乗り切る」(第76回)日本近現代史研究の一ノ瀬俊也さん

  2. 2020050804863

    異国情緒たっぷり百年の歴史誇る天津「解放北路」を訪ねて  4月29日、解放北路に建つ旧シティバンク(花旗銀行)。海河に隣接し、旧フランス租界と旧イギリス租界を貫く中国天津市の解放北路は、かつて国内外の銀行などの建物が立ち並び、「東方のウォール街」と呼ばれるビジネス街だった。今でも同市の金融机関が集中するエリアの一つで、歴史的建物数十棟が現存する。同地に集まるゴシック建築、ロマネスク建築、ロシア古典主義建築などの荘厳で優雅な洋風の建物の多くが、百年の歴史を持つという。解放北路を歩くと、異国の情緒や雰囲気だけでなく、天津ひいては中国の金融業の近現代史における発展の歩みを感じ取ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020050804887

    異国情緒たっぷり百年の歴史誇る天津「解放北路」を訪ねて  4月29日、解放北路に建つ旧ジャーディン・マセソン商会ビル(怡和洋行大楼)。海河に隣接し、旧フランス租界と旧イギリス租界を貫く中国天津市の解放北路は、かつて国内外の銀行などの建物が立ち並び、「東方のウォール街」と呼ばれるビジネス街だった。今でも同市の金融机関が集中するエリアの一つで、歴史的建物数十棟が現存する。同地に集まるゴシック建築、ロマネスク建築、ロシア古典主義建築などの荘厳で優雅な洋風の建物の多くが、百年の歴史を持つという。解放北路を歩くと、異国の情緒や雰囲気だけでなく、天津ひいては中国の金融業の近現代史における発展の歩みを感じ取ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020050804860

    異国情緒たっぷり百年の歴史誇る天津「解放北路」を訪ねて  4月29日、解放北路に建つ旧橫浜正金銀行。海河に隣接し、旧フランス租界と旧イギリス租界を貫く中国天津市の解放北路は、かつて国内外の銀行などの建物が立ち並び、「東方のウォール街」と呼ばれるビジネス街だった。今でも同市の金融机関が集中するエリアの一つで、歴史的建物数十棟が現存する。同地に集まるゴシック建築、ロマネスク建築、ロシア古典主義建築などの荘厳で優雅な洋風の建物の多くが、百年の歴史を持つという。解放北路を歩くと、異国の情緒や雰囲気だけでなく、天津ひいては中国の金融業の近現代史における発展の歩みを感じ取ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020050804883

    異国情緒たっぷり百年の歴史誇る天津「解放北路」を訪ねて  4月29日、解放北路に建つ旧中法工商銀行ビル。海河に隣接し、旧フランス租界と旧イギリス租界を貫く中国天津市の解放北路は、かつて国内外の銀行などの建物が立ち並び、「東方のウォール街」と呼ばれるビジネス街だった。今でも同市の金融机関が集中するエリアの一つで、歴史的建物数十棟が現存する。同地に集まるゴシック建築、ロマネスク建築、ロシア古典主義建築などの荘厳で優雅な洋風の建物の多くが、百年の歴史を持つという。解放北路を歩くと、異国の情緒や雰囲気だけでなく、天津ひいては中国の金融業の近現代史における発展の歩みを感じ取ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020050804836

    異国情緒たっぷり百年の歴史誇る天津「解放北路」を訪ねて  4月29日、解放北路に建つ旧華俄道勝銀行。海河に隣接し、旧フランス租界と旧イギリス租界を貫く中国天津市の解放北路は、かつて国内外の銀行などの建物が立ち並び、「東方のウォール街」と呼ばれるビジネス街だった。今でも同市の金融机関が集中するエリアの一つで、歴史的建物数十棟が現存する。同地に集まるゴシック建築、ロマネスク建築、ロシア古典主義建築などの荘厳で優雅な洋風の建物の多くが、百年の歴史を持つという。解放北路を歩くと、異国の情緒や雰囲気だけでなく、天津ひいては中国の金融業の近現代史における発展の歩みを感じ取ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020050804805

    異国情緒たっぷり百年の歴史誇る天津「解放北路」を訪ねて  4月29日、解放北路に建つ旧東方匯理銀行。海河に隣接し、旧フランス租界と旧イギリス租界を貫く中国天津市の解放北路は、かつて国内外の銀行などの建物が立ち並び、「東方のウォール街」と呼ばれるビジネス街だった。今でも同市の金融机関が集中するエリアの一つで、歴史的建物数十棟が現存する。同地に集まるゴシック建築、ロマネスク建築、ロシア古典主義建築などの荘厳で優雅な洋風の建物の多くが、百年の歴史を持つという。解放北路を歩くと、異国の情緒や雰囲気だけでなく、天津ひいては中国の金融業の近現代史における発展の歩みを感じ取ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020050804891

    異国情緒たっぷり百年の歴史誇る天津「解放北路」を訪ねて  4月29日、解放北路に建つ旧北洋保商銀行。海河に隣接し、旧フランス租界と旧イギリス租界を貫く中国天津市の解放北路は、かつて国内外の銀行などの建物が立ち並び、「東方のウォール街」と呼ばれるビジネス街だった。今でも同市の金融机関が集中するエリアの一つで、歴史的建物数十棟が現存する。同地に集まるゴシック建築、ロマネスク建築、ロシア古典主義建築などの荘厳で優雅な洋風の建物の多くが、百年の歴史を持つという。解放北路を歩くと、異国の情緒や雰囲気だけでなく、天津ひいては中国の金融業の近現代史における発展の歩みを感じ取ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020050804825

    異国情緒たっぷり百年の歴史誇る天津「解放北路」を訪ねて  4月29日、解放北路に建つ旧朝鮮銀行。海河に隣接し、旧フランス租界と旧イギリス租界を貫く中国天津市の解放北路は、かつて国内外の銀行などの建物が立ち並び、「東方のウォール街」と呼ばれるビジネス街だった。今でも同市の金融机関が集中するエリアの一つで、歴史的建物数十棟が現存する。同地に集まるゴシック建築、ロマネスク建築、ロシア古典主義建築などの荘厳で優雅な洋風の建物の多くが、百年の歴史を持つという。解放北路を歩くと、異国の情緒や雰囲気だけでなく、天津ひいては中国の金融業の近現代史における発展の歩みを感じ取ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020050804843

    異国情緒たっぷり百年の歴史誇る天津「解放北路」を訪ねて  4月29日、解放北路に建つ旧HSBC(匯豊銀行)。海河に隣接し、旧フランス租界と旧イギリス租界を貫く中国天津市の解放北路は、かつて国内外の銀行などの建物が立ち並び、「東方のウォール街」と呼ばれるビジネス街だった。今でも同市の金融机関が集中するエリアの一つで、歴史的建物数十棟が現存する。同地に集まるゴシック建築、ロマネスク建築、ロシア古典主義建築などの荘厳で優雅な洋風の建物の多くが、百年の歴史を持つという。解放北路を歩くと、異国の情緒や雰囲気だけでなく、天津ひいては中国の金融業の近現代史における発展の歩みを感じ取ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020050804783

    異国情緒たっぷり百年の歴史誇る天津「解放北路」を訪ねて  4月29日、解放北路に建つ旧塩業銀行、現在の中国工商銀行。海河に隣接し、旧フランス租界と旧イギリス租界を貫く中国天津市の解放北路は、かつて国内外の銀行などの建物が立ち並び、「東方のウォール街」と呼ばれるビジネス街だった。今でも同市の金融机関が集中するエリアの一つで、歴史的建物数十棟が現存する。同地に集まるゴシック建築、ロマネスク建築、ロシア古典主義建築などの荘厳で優雅な洋風の建物の多くが、百年の歴史を持つという。解放北路を歩くと、異国の情緒や雰囲気だけでなく、天津ひいては中国の金融業の近現代史における発展の歩みを感じ取ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020050804870

    異国情緒たっぷり百年の歴史誇る天津「解放北路」を訪ねて  4月29日、解放北路に建つ旧金城銀行。海河に隣接し、旧フランス租界と旧イギリス租界を貫く中国天津市の解放北路は、かつて国内外の銀行などの建物が立ち並び、「東方のウォール街」と呼ばれるビジネス街だった。今でも同市の金融机関が集中するエリアの一つで、歴史的建物数十棟が現存する。同地に集まるゴシック建築、ロマネスク建築、ロシア古典主義建築などの荘厳で優雅な洋風の建物の多くが、百年の歴史を持つという。解放北路を歩くと、異国の情緒や雰囲気だけでなく、天津ひいては中国の金融業の近現代史における発展の歩みを感じ取ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020050804874

    異国情緒たっぷり百年の歴史誇る天津「解放北路」を訪ねて  4月29日、解放北路に建つ旧華義銀行、現在の興業銀行。海河に隣接し、旧フランス租界と旧イギリス租界を貫く中国天津市の解放北路は、かつて国内外の銀行などの建物が立ち並び、「東方のウォール街」と呼ばれるビジネス街だった。今でも同市の金融机関が集中するエリアの一つで、歴史的建物数十棟が現存する。同地に集まるゴシック建築、ロマネスク建築、ロシア古典主義建築などの荘厳で優雅な洋風の建物の多くが、百年の歴史を持つという。解放北路を歩くと、異国の情緒や雰囲気だけでなく、天津ひいては中国の金融業の近現代史における発展の歩みを感じ取ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020050804882

    異国情緒たっぷり百年の歴史誇る天津「解放北路」を訪ねて  4月29日、解放北路に建つ旧チャータード銀行(麦加利銀行)。海と川に隣接し、旧フランス租界と旧イギリス租界を貫く中国天津市の解放北路は、かつて国内外の銀行などの建物が立ち並び、「東方のウォール街」と呼ばれていたビジネス街だった。今でも同市の金融机関が集中するエリアの一つで、歴史的建物数十棟が現存する。同地に集まるゴシック建築、ロマネスク建築、ロシア古典主義建築などの荘厳で優雅な洋風の建物の多くが、百年の歴史を持つ。解放北路を歩くと、異国の情緒や雰囲気だけでなく、天津ひいては中国の金融業の近現代史における発展の歩みを感じ取ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020050104657

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張紹曽(ちょう・しょうそ)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020050104652

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張志潭(ちょう・したん)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020050104601

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した李勉之(り・べんし)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020050104604

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日、北洋政府の総統、徐世昌(じょ・せいしょう)の娘の旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020050104616

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した雍剣秋(よう・けんしゅう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020050104611

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した呉頌平(ご・しょうへい)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020050104598

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した張学銘(ちょう・がくめい)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020050104637

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した疙瘩楼。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020050104639

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日に撮影した陳光遠(ちん・こうえん)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020050104648

    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて  28日、徐樹強(じょ・しゅきょう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018062200788

    近現代史巡り講演録販売へ  自民党の「歴史を学び未来を考える本部」が最近取り上げた主なテーマ

  26. 2018062200787

    近現代史巡り講演録販売へ  自民党の「歴史を学び未来を考える本部」が最近取り上げた主なテーマ

  27. 2018121721758

    中国侵略日本軍軍人の戦中日記が公開南京大虐殺の詳細明らかに  遼寧省本渓市の収集家、毛偉(もう・い)さんが所蔵する「日支時変日記」に記された森岡周治が所属する部隊の行軍経路図。(2017年12月9日撮影)中国は13日、5回目となる南京大虐殺犠牲者国家公祭日(追悼日)を迎えた。遼寧省瀋陽市では公祭日に先立ち、中国近現代史史料学学会による学術セミナーが開催され、専門家や研究者らが、以前に発見された中国侵略日本軍の軍人、森岡周治が記した戦中日記の一部を披露した。日記は、南京大虐殺の事実を証明し、その内実を一層明らかにするもので、日本軍の視点から侵略戦争が中国に与えた災禍を記録している。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2017(平成29)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018121721765

    中国侵略日本軍軍人の戦中日記が公開南京大虐殺の詳細明らかに  遼寧省本渓市の収集家、毛偉(もう・い)さんが所蔵する「日支時変日記」と3冊のアルバム。(2017年12月9日撮影)中国は13日、5回目となる南京大虐殺犠牲者国家公祭日(追悼日)を迎えた。遼寧省瀋陽市では公祭日に先立ち、中国近現代史史料学学会による学術セミナーが開催され、専門家や研究者らが、以前に発見された中国侵略日本軍の軍人、森岡周治が記した戦中日記の一部を披露した。日記は、南京大虐殺の事実を証明し、その内実を一層明らかにするもので、日本軍の視点から侵略戦争が中国に与えた災禍を記録している。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2017(平成29)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2018121721839

    中国侵略日本軍軍人の戦中日記が公開南京大虐殺の詳細明らかに  自身が所蔵する「日支時変日記」を紹介する遼寧省本渓市の収集家、毛偉(もう・い)さん。(2017年12月9日撮影)中国は13日、5回目となる南京大虐殺犠牲者国家公祭日(追悼日)を迎えた。遼寧省瀋陽市では公祭日に先立ち、中国近現代史史料学学会による学術セミナーが開催され、専門家や研究者らが、以前に発見された中国侵略日本軍の軍人、森岡周治が記した戦中日記の一部を披露した。日記は、南京大虐殺の事実を証明し、その内実を一層明らかにするもので、日本軍の視点から侵略戦争が中国に与えた災禍を記録している。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2017(平成29)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2017102400547

    人材不足、政治劣化を懸念 韓信大の河棕文教授  韓国・韓信大の河棕文教授 海外識者談話連載「衆院選を解く 知日派の目」5回続きの②韓国・韓信大の河棕文教授(日本近現代史)

  31. 2017093000218

    辻田真佐憲 (つじた・まさのり)  近現代史研究者、2016年8月29日撮影、東京都渋谷区

  32. 2015080500510

    必修新科目に近現代史 特別部会で発言する委員  文科省が次期学習指導要領の改定骨格案を提示した、中教審の特別部会で発言する委員=5日午後、東京都港区

  33. 2015080500509

    必修新科目に近現代史 発言する委員  文科省が次期学習指導要領の改定骨格案を提示した、中教審の特別部会で発言する委員=5日午後、東京都港区

  34. 2015080500508

    必修新科目に近現代史 説明する文科省の担当者  中教審の特別部会で、次期学習指導要領の改定骨格案について説明する文科省の担当者(奥中央)=5日午後、東京都港区

  35. 2015080500506

    必修新科目に近現代史 中教審の特別部会  文科省が次期学習指導要領の改定骨格案を提示した、中教審の特別部会=5日午後、東京都港区

  36. 2015080500501

    必修新科目に近現代史  高校の新科目の再編イメージ

  37. 2015080500500

    必修新科目に近現代史  高校の新科目の再編イメージ

  38. 2015080500499

    必修新科目に近現代史  高校の新科目の再編イメージ 「12段用」

  39. 2015080500498

    必修新科目に近現代史  高校の新科目の再編イメージ 「12段用」

  40. 2015040100714

    70年談話にらみ勉強会再開 「近現代史研究会」の会合  再開した民主党の「近現代史研究会」。右端はあいさつする座長の藤井裕久元財務相=1日午後、衆院第2議員会館

  41. 2015040100713

    70年談話にらみ勉強会再開 あいさつする藤井裕久座長  再開した民主党の「近現代史研究会」であいさつする座長の藤井裕久元財務相=1日午後、衆院第2議員会館

  42. 2013050200418

    SP盤は音の近現代史 金属原盤  蓄音機用SP盤レコードの元になる金属原盤=東京・南麻布の日本コロムビア 連載企画「アーカイブは今デジタル時代の著作権」5回続きの(2)

  43. 2012052900438

    偏狭ナショナリズム危険 方針を語る橋下市長  大阪府市統合本部会議で、子どもに近現代史を学ばせる施設の構想について語る大阪市の橋下徹市長。左は大阪府の松井一郎知事=29日午後、大阪市内

  44. 2010042900357

    上海の近現代史  上海をめぐる主な出来事

  45. 2010042900356

    上海の近現代史  上海をめぐる主な出来事

  46. 2009092300297

    大江志乃夫氏が死去 大江志乃夫氏  死去した大江志乃夫氏(茨城大名誉教授、日本近現代史)

  47. 2005060900151

    共同編集の歴史教材発売 3カ国共同編集の歴史教材 日本、中国、韓国の学者らが編集した歴史教材「東アジア三カ国の近現代史」。(左から)日本語版、中国語版、韓国語版(共同) 【】 

  48. 2004011400178

    近現代史背景に禁断の恋 「今の私は、文壇の『青二才』ではなく『アニキ』という立場ですね」と話す島田雅彦さん=東京・市谷の法政大  甲乙A「学芸=創作の流儀」(1)【】 

  49. 2001070900054

    近現代史の修正要求を拒否 プラカードを掲げ抗議  歴史教科書問題の修正拒否伝達に、プラカードを掲げ抗議する韓国の市民団体のメンバー=9日午前、ソウルの日本大使館前(共同)  

  50. 2001070900049

    近現代史の修正要求を拒否 記者会見する隈丸公使  歴史教科書問題で、中国側への伝達結果について記者会見する隈丸優次公使=9日午前、北京(共同)  

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像