検索結果 132 件中 1 件 〜 50 件 "運行状況"
  1. 2020080706784

    のぞみ12本へ構想5年 確認する下村さん  増発された東海道新幹線「のぞみ」の運行状況をタブレット端末で確認するJR東海の下村新さん=7日午後、JR東京駅

  2. 2020052003130

    新幹線ゼロか大幅縮小  新幹線の運行状況

  3. 2020052003129

    新幹線ゼロか大幅縮小  新幹線の運行状況

  4. 2020052003128

    新幹線ゼロか大幅縮小  新幹線の運行状況 「12段用」

  5. 2020052003125

    新幹線ゼロか大幅縮小  新幹線の運行状況 「12段用」

  6. 2020051103165

    活気取り戻す山海関駅、東北地域の経済活性化を促進河北省  23日、山海関駅のホームに整然と並ぶ貨物列車。中国河北省秦皇島市山海関区にある山海関(さんかいかん)駅は、東北地方と華北地方を結ぶ要衝であり、東北地域の経済の運行状況を測るバロメーターとなっている。同駅の第1四半期(1~3月)における関内(万里の長城以南)へ向かう貨物列車の積載量は前年同期比8・7%増で、新型コロナウイルスによる影響を受けながらも、東北地域の経済活動が回復傾向にあることが見てとれる。(秦皇島=新華社配信)=2020(令和2)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020031104704

    北京燕山石化、マスク用「メルトブロー不織布」生産ライン完成  7日、北京燕山石化のメルトブロー不織布生産ラインのある建物で設備の運行状況を点検する従業員。中国石油大手の中国石油化工集団(シノペック)傘下の企業で、北京に拠点を持つ燕山石化のメルトブロー不織布生産ラインが6日午後11時59分、運転に成功した。シノペックと中国機械工業集団(国機集団)傘下の中国恒天集団が共同で施工に当たり、設計年間生産能力1万4400トンのラインを完成させた。稼働後の1日当たり生産能力はN95マスク用メルトブロー不織布4トン、医療用平面マスク用メルトブロー不織布6トン。これでN95マスク120万枚、医療用平面マスク600万枚が製造できる。(北京=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020030900809

    酸素発生器の製造急ピッチ感染対策の最前線を支援湖南省  3日、医療用酸素供給システムの運行状況をモニタリングする湖南卓誉科技の従業員。中国湖南省長沙市の長沙経済技術開発区にあるPSA酸素発生装置メーカー、湖南卓誉科技はここ数日、新型コロナウイルスによる肺炎の治療に必要な酸素発生器の供給確保に向けて、医療用酸素供給装置の製造を急ピッチで進めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020011701167

    通園バスの位置可視化、ドコモアジアが提供 「保護者、幼稚園、バス会社それぞれの不便を解消したい」と話すNTTドコモのシンガポール子会社・NTTドコモアジアの坂ディレクター(前列左)。NTTドコモアジアは2月からシンガポールで幼稚園の通園バスの運行状況を可視化するシステムの提供を開始する=2020(令和2)年1月3日、シンガポール中心部、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

  10. 2020011701162

    通園バスの位置可視化、ドコモアジアが提供  NTTドコモのシンガポール子会社・NTTドコモアジアが開発した、通園バスの現在位置などを確認できるアプリの画面。NTTドコモアジアは2月からシンガポールで幼稚園の通園バスの運行状況を可視化するシステムの提供を開始する=2020(令和2)年1月3日、シンガポール中心部、クレジット:NNA/共同通信イメージズ 「NNA」

  11. 2019102411852

    東京―金沢、きょう再開  北陸新幹線 24日までの運行状況

  12. 2019102411851

    東京―金沢、きょう再開  北陸新幹線 24日までの運行状況

  13. 2019102303876

    直通「かがやき」2本減  北陸新幹線 24日までの運行状況

  14. 2019102303874

    直通「かがやき」2本減  北陸新幹線 24日までの運行状況

  15. 2019101900716

    ダイヤ全面復旧、年内困難  北陸新幹線 24日までの運行状況 「12段用」

  16. 2019101900717

    ダイヤ全面復旧、年内困難  北陸新幹線 24日までの運行状況 「12段用」

  17. 2019101900715

    ダイヤ全面復旧、年内困難  北陸新幹線 24日までの運行状況

  18. 2019101900714

    ダイヤ全面復旧、年内困難  北陸新幹線 24日までの運行状況

  19. 2019101804872

    北陸新幹線25日全線再開へ  北陸新幹線の運行状況 「12段用」

  20. 2019101804868

    北陸新幹線25日全線再開へ  北陸新幹線の運行状況 「12段用」

  21. 2019101803455

    全線直通、25日再開見込み  北陸新幹線の運行状況

  22. 2019101803437

    全線直通、25日再開見込み  北陸新幹線の運行状況

  23. 2019101707044

    新規製造か一部再利用検討  北陸新幹線の運行状況 「12段用」

  24. 2019101707040

    新規製造か一部再利用検討  北陸新幹線の運行状況 「12段用」

  25. 2019101707038

    新規製造か一部再利用検討  北陸新幹線の運行状況

  26. 2019101707036

    新規製造か一部再利用検討  北陸新幹線の運行状況

  27. 2019101501118

    全線再開まで1~2週間  北陸新幹線の運行状況 「12段用」

  28. 2019101501116

    全線再開まで1~2週間  北陸新幹線の運行状況 「12段用」

  29. 2019101501114

    全線再開まで1~2週間  北陸新幹線の運行状況

  30. 2019101501109

    全線再開まで1~2週間  北陸新幹線の運行状況

  31. 2019101400350

    全線再開まで「相当期間」  北陸新幹線の運行状況 「12段用」

  32. 2019101400349

    全線再開まで「相当期間」  北陸新幹線の運行状況 「12段用」

  33. 2019101400348

    全線再開まで「相当期間」  北陸新幹線の運行状況

  34. 2019101400347

    全線再開まで「相当期間」  北陸新幹線の運行状況

  35. 2019091003229

    中国郵政のスマート無人配達車、商用運行開始  8月28日、スマート無人配達車に注目する人々。中国郵政集団が独自開発したスマート無人配達車がこのほど、湖北省仙桃(せんとう)市で全国に先駆けて商用運行を始めた。スマート無人配達車は全長約2メートル、全幅約80センチ、高さ約1・5メートルで、最高時速は15キロ。荷物を入れるロッカーが30ボックスあり、最大200キロまで積載可能。車体は防水・防じん仕様で、天候にかかわらず配達し、荷物を破損させることもない。レーザーや超音波など複数のレーダーセンサーを搭載。到着10分前に受取人に電話連絡し、認証コードをショートメッセージで知らせる。受取人が車体に記載された2次元コードをスマートフォンでスキャンし、認証コードを入力するだけで、ボックスが自動で開き、荷物を取り出すことができる。現在は主に仙桃市政府と直属機関のエリア内で運行しており、市街地の一部区間まで運行エリアを伸ばす計画で、湖北郵政が現在、運行状況をモニタリングしている。(仙桃=新華社配信/程雨)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019091003180

    中国郵政のスマート無人配達車、商用運行開始  8月28日、スマート無人配達車の外観。中国郵政集団が独自開発したスマート無人配達車がこのほど、湖北省仙桃(せんとう)市で全国に先駆けて商用運行を始めた。スマート無人配達車は全長約2メートル、全幅約80センチ、高さ約1・5メートルで、最高時速は15キロ。荷物を入れるロッカーが30ボックスあり、最大200キロまで積載可能。車体は防水・防じん仕様で、天候にかかわらず配達し、荷物を破損させることもない。レーザーや超音波など複数のレーダーセンサーを搭載。到着10分前に受取人に電話連絡し、認証コードをショートメッセージで知らせる。受取人が車体に記載された2次元コードをスマートフォンでスキャンし、認証コードを入力するだけで、ボックスが自動で開き、荷物を取り出すことができる。現在は主に仙桃市政府と直属機関のエリア内で運行しており、市街地の一部区間まで運行エリアを伸ばす計画で、湖北郵政が現在、運行状況をモニタリングしている。(仙桃=新華社配信/程雨)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019091003194

    中国郵政のスマート無人配達車、商用運行開始  8月28日、走行するスマート無人配達車。中国郵政集団が独自開発したスマート無人配達車がこのほど、湖北省仙桃(せんとう)市で全国に先駆けて商用運行を始めた。スマート無人配達車は全長約2メートル、全幅約80センチ、高さ約1・5メートルで、最高時速は15キロ。荷物を入れるロッカーが30ボックスあり、最大200キロまで積載可能。車体は防水・防じん仕様で、天候にかかわらず配達し、荷物を破損させることもない。レーザーや超音波など複数のレーダーセンサーを搭載。到着10分前に受取人に電話連絡し、認証コードをショートメッセージで知らせる。受取人が車体に記載された2次元コードをスマートフォンでスキャンし、認証コードを入力するだけで、ボックスが自動で開き、荷物を取り出すことができる。現在は主に仙桃市政府と直属機関のエリア内で運行しており、市街地の一部区間まで運行エリアを伸ばす計画で、湖北郵政が現在、運行状況をモニタリングしている。(仙桃=新華社配信/程雨)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019091003206

    中国郵政のスマート無人配達車、商用運行開始  8月28日、スマート無人配達車を管理するスマートフォンのアプリ。中国郵政集団が独自開発したスマート無人配達車がこのほど、湖北省仙桃(せんとう)市で全国に先駆けて商用運行を始めた。スマート無人配達車は全長約2メートル、全幅約80センチ、高さ約1・5メートルで、最高時速は15キロ。荷物を入れるロッカーが30ボックスあり、最大200キロまで積載可能。車体は防水・防じん仕様で、天候にかかわらず配達し、荷物を破損させることもない。レーザーや超音波など複数のレーダーセンサーを搭載。到着10分前に受取人に電話連絡し、認証コードをショートメッセージで知らせる。受取人が車体に記載された2次元コードをスマートフォンでスキャンし、認証コードを入力するだけで、ボックスが自動で開き、荷物を取り出すことができる。現在は主に仙桃市政府と直属機関のエリア内で運行しており、市街地の一部区間まで運行エリアを伸ばす計画で、湖北郵政が現在、運行状況をモニタリングしている。(仙桃=新華社配信/程雨)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019091003185

    中国郵政のスマート無人配達車、商用運行開始  8月28日、スマート無人配達車に郵便物を投入するスタッフ。中国郵政集団が独自開発したスマート無人配達車がこのほど、湖北省仙桃(せんとう)市で全国に先駆けて商用運行を始めた。スマート無人配達車は全長約2メートル、全幅約80センチ、高さ約1・5メートルで、最高時速は15キロ。荷物を入れるロッカーが30ボックスあり、最大200キロまで積載可能。車体は防水・防じん仕様で、天候にかかわらず配達し、荷物を破損させることもない。レーザーや超音波など複数のレーダーセンサーを搭載。到着10分前に受取人に電話連絡し、認証コードをショートメッセージで知らせる。受取人が車体に記載された2次元コードをスマートフォンでスキャンし、認証コードを入力するだけで、ボックスが自動で開き、荷物を取り出すことができる。現在は主に仙桃市政府と直属機関のエリア内で運行しており、市街地の一部区間まで運行エリアを伸ばす計画で、湖北郵政が現在、運行状況をモニタリングしている。(仙桃=新華社配信/程雨)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2019091003241

    中国郵政のスマート無人配達車、商用運行開始  8月28日、スマート無人配達車の2次元バーコードをスキャンして郵便物を取り出す利用者。中国郵政集団が独自開発したスマート無人配達車がこのほど、湖北省仙桃(せんとう)市で全国に先駆けて商用運行を始めた。スマート無人配達車は全長約2メートル、全幅約80センチ、高さ約1・5メートルで、最高時速は15キロ。荷物を入れるロッカーが30ボックスあり、最大200キロまで積載可能。車体は防水・防じん仕様で、天候にかかわらず配達し、荷物を破損させることもない。レーザーや超音波など複数のレーダーセンサーを搭載。到着10分前に受取人に電話連絡し、認証コードをショートメッセージで知らせる。受取人が車体に記載された2次元コードをスマートフォンでスキャンし、認証コードを入力するだけで、ボックスが自動で開き、荷物を取り出すことができる。現在は主に仙桃市政府と直属機関のエリア内で運行しており、市街地の一部区間まで運行エリアを伸ばす計画で、湖北郵政が現在、運行状況をモニタリングしている。(仙桃=新華社配信/程雨)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019041809426

    余すところなくごみを利用セメント工場の「秘密兵器」  邯鄲金隅太行グリーン環境保護センターの内部。(資料写真)中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区にある金隅太行セメントグリーン環境保護センターの中央制御室では、モニターを通じて工場内の各エリアの運行状況が手に取るようにわかる。運ばれてきたごみがクレーンでつかみ上げられ、分離されていく。センターの責任者、王洪濤(おう・こうとう)さんによると、これはセメントキルン(窯)で家庭ごみを共同処理するモデルラインで、セメント生産に必要なエネルギーと原料の一部がごみから生まれているという。(邯鄲=新華社配信/邯鄲金隅太行セメントグリーン環境保護センター提供)=撮影日不明、クレジット:邯鄲金隅太行セメントグリーン環境保護センター/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019022701614

    当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区  15日、観葉植物に水をやる査干徳日斯駅の補助当直員、成道功さん。中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019022701592

    当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区  15日、列車の滑り止めを点検する査干徳日斯駅の補助当直員、成道功さん。中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019022701605

    当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区  15日未明、査干徳日斯駅で列車の運行状況を監視する補助当直員の成道功さん。中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019022701616

    当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区  15日、査干徳日斯駅の前で記念撮影する成道功さん(右)と王建国さん。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019022701589

    当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区  14日、査干徳日斯駅で列車の運行状況を監視する補助当直員の王建国さん。中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019022701606

    当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区  14日、晩ご飯の準備をする査干徳日斯駅の補助当直員、成道功さん(右)と王建国さん。中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019022701590

    当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区  14日、バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019012918599

    観光ピークに向け設備を点検湖南省張家界市  24日、ロープウエーの運行状況を確認する張家界市武陵源の天子山ロープウエーのスタッフ。春節(旧正月)を間近に控え、中国湖南省張家界市にある観光名所、武陵源(ぶりょうげん)では、今年初となる観光客受け入れのピークに備えている。地元の観光、消防・救急などの担当機関や旅行会社は、ロープウエー、トロッコ電車、遊覧船などの交通手段の安全検査と保守に特に力を入れるほか、安全訓練を実施して春節期間中の観光客の安全を守る。(張家界=新華社配信/呉勇兵)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019012301265

    多機能バス停登場、バス待ちをもっと楽しく広東省広州市  14日、広州市珠江新城のバスターミナルで、スマート公共交通管理システムによりバスの路線や運行状況をリアルタイムに監視する作業員。バス停であり、書店であり、カフェであり、セルフコンビニであり、電気自動車の充電ステーションでもある……。中国広東省広州市珠江新城(しゅこうしんじょう)では、従来のバス停が、バスを待ち、本を読み、休憩するための総合施設に生まれ変わっている。現在、広州市公交集団は、市全域で多くのバス停をバス待ち、セルフショッピングやレジャーサービス、自動車の清掃、新エネルギー車の充電、情報化広告の発表といった機能を一体化した公共交通総合サービス施設に改造している。「バス」ブランドのサービスシステムやサービス文化を作り上げることにより、バス停を都市の美観の一部とし、バス待ちの時間をより楽しいものにする取り組みが進んでいる。(広州=新華社記者/梁旭)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像