検索結果 1,756 件中 1 件 〜 50 件 "重要文化財"
  1. 2020070611579

    永年広府古城の修繕工事始まる河北省  2日、永年広府古城で城壁を修繕する作業員。中国国家文物局と河北省文物局の認可を経て、河北永年広府古城修繕プロジェクトが全面的にスタートした。文化財の専門家が全面的に参与し、「文化財の現状を変えない」の原則に則って修繕する。2021年4月末に完成予定。同古城には華北地域で最も保存状態の良い古城壁があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020070611657

    永年広府古城の修繕工事始まる河北省  2日、永年広府古城で城壁を修繕する作業員。(小型無人機から)中国国家文物局と河北省文物局の認可を経て、河北永年広府古城修繕プロジェクトが全面的にスタートした。文化財の専門家が全面的に参与し、「文化財の現状を変えない」の原則に則って修繕する。2021年4月末に完成予定。同古城には華北地域で最も保存状態の良い古城壁があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020070611734

    永年広府古城の修繕工事始まる河北省  2日、永年広府古城で城壁を修繕する作業員。中国国家文物局と河北省文物局の認可を経て、河北永年広府古城修繕プロジェクトが全面的にスタートした。文化財の専門家が全面的に参与し、「文化財の現状を変えない」の原則に則って修繕する。2021年4月末に完成予定。同古城には華北地域で最も保存状態の良い古城壁があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070611656

    永年広府古城の修繕工事始まる河北省  2日、永年広府古城で城壁を修繕する作業員。中国国家文物局と河北省文物局の認可を経て、河北永年広府古城修繕プロジェクトが全面的にスタートした。文化財の専門家が全面的に参与し、「文化財の現状を変えない」の原則に則って修繕する。2021年4月末に完成予定。同古城には華北地域で最も保存状態の良い古城壁があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070611561

    永年広府古城の修繕工事始まる河北省  2日、永年広府古城で城壁を修繕する作業員。中国国家文物局と河北省文物局の認可を経て、河北永年広府古城修繕プロジェクトが全面的にスタートした。文化財の専門家が全面的に参与し、「文化財の現状を変えない」の原則に則って修繕する。2021年4月末に完成予定。同古城には華北地域で最も保存状態の良い古城壁があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070611587

    永年広府古城の修繕工事始まる河北省  2日、修繕が進む永年広府古城の西門。(小型無人機から)中国河北省邯鄲市永年区にある広府古城では、明代に築かれた城壁の修繕プロジェクトが6月から実施されている。作業は文化財本来の姿に変更を加えない原則の下で進められ、2021年4月末の完成を見込む。同古城の城壁は華北地域で最も保存状態が良いとされており、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070611572

    永年広府古城の修繕工事始まる河北省  2日、永年広府古城で城壁を修繕する作業員。中国国家文物局と河北省文物局の認可を経て、河北永年広府古城修繕プロジェクトが全面的にスタートした。文化財の専門家が全面的に参与し、「文化財の現状を変えない」の原則に則って修繕する。2021年4月末に完成予定。同古城には華北地域で最も保存状態の良い古城壁があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070611741

    永年広府古城の修繕工事始まる河北省  2日、永年広府古城で城壁を修繕する作業員。中国河北省邯鄲市永年区にある広府古城では、明代に築かれた城壁の修繕プロジェクトが6月から実施されている。作業は文化財本来の姿に変更を加えない原則の下で進められ、2021年4月末の完成を見込む。同古城の城壁は華北地域で最も保存状態が良いとされており、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020070611746

    永年広府古城の修繕工事始まる河北省  2日、永年広府古城で城壁を修繕する作業員。中国国家文物局と河北省文物局の認可を経て、河北永年広府古城修繕プロジェクトが全面的にスタートした。文化財の専門家が全面的に参与し、「文化財の現状を変えない」の原則に則って修繕する。2021年4月末に完成予定。同古城には華北地域で最も保存状態の良い古城壁があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020070111118

    太原市の太山竜泉寺、仏舎利容器公開へ展示ホール完成後に  太山竜泉寺の仏塔遺構から出土した仏舎利容器の一部、金メッキされた銅製容器(前面)。(資料写真)中国山西省太原市から南西20キロの山中に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される太山竜泉寺がある。境内にある唐代の仏塔跡の地下から五重に密封された仏舎利容器が出土したことから、毎年十万人余りが参拝に訪れる。同市の太山文物保管所は現在、仏塔遺構の展示ホールを建設しており、条件が整えば宝物容器を公開するとしている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020070200521

    太原市の太山竜泉寺、仏舎利容器公開へ展示ホール完成後に  太山竜泉寺の仏塔遺構から出土した仏舎利容器の一部、銀製容器に施された青竜。(資料写真)中国山西省太原市から南西20キロの山中に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される太山竜泉寺がある。境内にある唐代の仏塔跡の地下から五重に密封された仏舎利容器が出土したことから、毎年十万人余りが参拝に訪れる。同市の太山文物保管所は現在、仏塔遺構の展示ホールを建設しており、条件が整えば宝物容器を公開するとしている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020070111177

    太原市の太山竜泉寺、仏舎利容器公開へ展示ホール完成後に  太山竜泉寺の仏塔遺構から出土した仏舎利容器の一部、金メッキされた銅製容器(背面)。(資料写真)中国山西省太原市から南西20キロの山中に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される太山竜泉寺がある。境内にある唐代の仏塔跡の地下から五重に密封された仏舎利容器が出土したことから、毎年十万人余りが参拝に訪れる。同市の太山文物保管所は現在、仏塔遺構の展示ホールを建設しており、条件が整えば宝物容器を公開するとしている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020070111111

    太原市の太山竜泉寺、仏舎利容器公開へ展示ホール完成後に  太山竜泉寺の仏塔遺構から出土した仏舎利容器の一部、金メッキされた銅製容器(側面)。(資料写真)中国山西省太原市から南西20キロの山中に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される太山竜泉寺がある。境内にある唐代の仏塔跡の地下から五重に密封された仏舎利容器が出土したことから、毎年十万人余りが参拝に訪れる。同市の太山文物保管所は現在、仏塔遺構の展示ホールを建設しており、条件が整えば宝物容器を公開するとしている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020070111117

    太原市の太山竜泉寺、仏舎利容器公開へ展示ホール完成後に  太山竜泉寺の仏塔遺構から出土した仏舎利容器の一部、金メッキされた銅製容器のふた。(資料写真)中国山西省太原市から南西20キロの山中に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される太山竜泉寺がある。境内にある唐代の仏塔跡の地下から五重に密封された仏舎利容器が出土したことから、毎年十万人余りが参拝に訪れる。同市の太山文物保管所は現在、仏塔遺構の展示ホールを建設しており、条件が整えば宝物容器を公開するとしている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020062609929

    西村伊作の住宅、再び公開 「旧西村家住宅」  一般公開が再開した国の重要文化財「旧西村家住宅」=26日、和歌山県新宮市

  16. 2020062609926

    西村伊作の住宅、再び公開 重要文化財の旧西村家住宅  一般公開が再開した国の重要文化財「旧西村家住宅」=26日、和歌山県新宮市

  17. 2020062804821

    中国で最多層の古塔、奎光塔を訪ねて四川省都江堰市  ライトアップされた奎光塔。(資料写真)中国四川省都江堰(とこうえん)市にある著名な古代の水利施設「都江堰」から南にほど遠くない場所に、「奎光塔(けいこうとう)」と書かれた扁額の掛かる古塔がそびえている。都江堰と市内の景勝地、青城山との往来に欠かせない街道の脇にあり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は明代だが洪水で破壊され、清の道光11(1831)年に灌県(現在の都江堰市)の知県(県の長官)周因培(しゅう・いんばい)が再建した。中国で層数が最も多い塼塔(せんとう、れんが造りの塔)として知られている。2008年5月12日にマグニチュード(M)8・0級の四川大地震が起こると、塔の5層目以上に塔身を貫通するひびが入り、いつ倒壊してもおかしくない危険な状態になった。地元では、同省文物局と北京清華城市規劃設計研究院文化遺産保護所、中鉄西北科学研究院の支持と支援の下で塔の補強・補修事業が開始され、翌年に完成した。修復を終えた塔は2013年、第7次全国重点文物保護単位リストに登録された。(都江堰=新華社配信/付三雲)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020062804804

    中国で最多層の古塔、奎光塔を訪ねて四川省都江堰市  100年前の古写真に写る奎光塔。(資料写真)中国四川省都江堰(とこうえん)市にある著名な古代の水利施設「都江堰」から南にほど遠くない場所に、「奎光塔(けいこうとう)」と書かれた扁額の掛かる古塔がそびえている。都江堰と市内の景勝地、青城山との往来に欠かせない街道の脇にあり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は明代だが洪水で破壊され、清の道光11(1831)年に灌県(現在の都江堰市)の知県(県の長官)周因培(しゅう・いんばい)が再建した。中国で層数が最も多い塼塔(せんとう、れんが造りの塔)として知られている。2008年5月12日にマグニチュード(M)8・0級の四川大地震が起こると、塔の5層目以上に塔身を貫通するひびが入り、いつ倒壊してもおかしくない危険な状態になった。地元では、同省文物局と北京清華城市規劃設計研究院文化遺産保護所、中鉄西北科学研究院の支持と支援の下で塔の補強・補修事業が開始され、翌年に完成した。修復を終えた塔は2013年、第7次全国重点文物保護単位リストに登録された。(都江堰=新華社配信/張伯林)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020062204793

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020062204804

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、ラブラン寺の境内を散策する観光客。中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020062204758

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062804908

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の牌楼門。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020062804913

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の隆恩殿の屋根。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020062804921

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の崇陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020062804917

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の竜鳳門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020062804934

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の焚帛炉。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020062804938

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の牌楼門の彫刻。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020062804848

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の石橋。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020062804831

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の崇陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020062804836

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・昌陵の俯瞰図。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020062804866

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の隆恩門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020062804902

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の隆恩殿。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020062804888

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の明楼。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020062804880

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の竜鳳門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020062804768

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・泰陵の竜鳳門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020062804770

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の望柱。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020062804803

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の隆恩殿。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020062804808

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020062804814

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・昌西陵(嘉慶帝の皇后・孝和睿皇后の陵墓)の宝頂と回音壁。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020062204800

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020062204714

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、仏殿の修繕工事が終了したラブラン寺建築群。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020062204755

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、ラブラン寺の境内を散策する観光客。中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020062204919

    「世界のチベット学学府」ラブラン寺の仏殿の修繕が終了甘粛省  18日、ラブラン寺の境内を散策する観光客。中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河(かが)県にある「世界のチベット学学府」と呼ばれるラブラン寺で実施されていた8年近くにおよぶ仏殿本体14棟の大規模な修繕工事がこのほど、すべて終了した。現在、修繕を終えた弥勒(みろく)仏殿、嘉木様寝宮、夏卜丹殿、白傘蓋(びゃくさんがい)仏殿などの仏殿14棟が国家文物(文化財)主管部門の検収を待っており、一部の仏殿はすでに一般開放されているという。1709年に創建された同寺は、チベット仏教ゲルク派の最大の寺院の一つ。1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回の仏殿本体の修繕工事は、同寺の創設以来300余年ぶりの大規模かつ全体的な保護・修繕活動となった。(夏河=新華社記者/陳斌)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020062804939

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の牌楼門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020062804941

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・昌西陵(嘉慶帝の皇后・孝和睿皇后の陵墓)の回音壁。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020062804931

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の牌楼門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020062804895

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020062804867

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の隆恩殿。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020062804870

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・泰陵の竜鳳門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中で最も規模が大きく、保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020062804872

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の竜鳳門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中で最も規模が大きく、保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像