検索結果 54 件中 1 件 〜 50 件 "野生動物救護"
  1. 2020080303650

    青海野生動物救護センター、チョウゲンボウを放鳥  7月31日、青海野生動物救護センターで撮影したチョウゲンボウの幼鳥。中国の青海野生動物救護センター(西寧野生動物園)は7月31日、保護していたチョウゲンボウの幼鳥5羽を自然界に戻した。5羽は発見した市民からの連絡で同センターに保護されていた。既に野外での基本的な生存能力を備えているが、野生復帰後も職員が放鳥場所に餌を置き、定期的に観察して安全を確保する。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020080303756

    青海野生動物救護センター、チョウゲンボウを放鳥  7月31日、青海野生動物救護センターで撮影したチョウゲンボウの幼鳥。中国の青海野生動物救護センター(西寧野生動物園)は7月31日、保護していたチョウゲンボウの幼鳥5羽を自然界に戻した。5羽は発見した市民からの連絡で同センターに保護されていた。既に野外での基本的な生存能力を備えているが、野生復帰後も職員が放鳥場所に餌を置き、定期的に観察して安全を確保する。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020080303742

    青海野生動物救護センター、チョウゲンボウを放鳥  7月31日、青海野生動物救護センターで撮影したチョウゲンボウの幼鳥。中国の青海野生動物救護センター(西寧野生動物園)は7月31日、保護していたチョウゲンボウの幼鳥5羽を自然界に戻した。5羽は発見した市民からの連絡で同センターに保護されていた。既に野外での基本的な生存能力を備えているが、野生復帰後も職員が放鳥場所に餌を置き、定期的に観察して安全を確保する。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020080303744

    青海野生動物救護センター、チョウゲンボウを放鳥  7月31日、青海野生動物救護センターで撮影したチョウゲンボウの幼鳥。中国の青海野生動物救護センター(西寧野生動物園)は7月31日、保護していたチョウゲンボウの幼鳥5羽を自然界に戻した。5羽は発見した市民からの連絡で同センターに保護されていた。既に野外での基本的な生存能力を備えているが、野生復帰後も職員が放鳥場所に餌を置き、定期的に観察して安全を確保する。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080303623

    青海野生動物救護センター、チョウゲンボウを放鳥  7月31日、青海野生動物救護センターで撮影したチョウゲンボウの幼鳥。中国の青海野生動物救護センター(西寧野生動物園)は7月31日、保護していたチョウゲンボウの幼鳥5羽を自然界に戻した。5羽は発見した市民からの連絡で同センターに保護されていた。既に野外での基本的な生存能力を備えているが、野生復帰後も職員が放鳥場所に餌を置き、定期的に観察して安全を確保する。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020080303815

    青海野生動物救護センター、チョウゲンボウを放鳥  7月31日、青海野生動物救護センターで撮影したチョウゲンボウの幼鳥。中国の青海野生動物救護センター(西寧野生動物園)は7月31日、保護していたチョウゲンボウの幼鳥5羽を自然界に戻した。5羽は発見した市民からの連絡で同センターに保護されていた。既に野外での基本的な生存能力を備えているが、野生復帰後も職員が放鳥場所に餌を置き、定期的に観察して安全を確保する。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020080303803

    青海野生動物救護センター、チョウゲンボウを放鳥  7月31日、青海野生動物救護センターで撮影したチョウゲンボウの幼鳥。中国の青海野生動物救護センター(西寧野生動物園)は7月31日、保護していたチョウゲンボウの幼鳥5羽を自然界に戻した。5羽は発見した市民からの連絡で同センターに保護されていた。既に野外での基本的な生存能力を備えているが、野生復帰後も職員が放鳥場所に餌を置き、定期的に観察して安全を確保する。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020080303805

    青海野生動物救護センター、チョウゲンボウを放鳥  7月31日、青海野生動物救護センターで撮影したチョウゲンボウの幼鳥。中国の青海野生動物救護センター(西寧野生動物園)は7月31日、保護していたチョウゲンボウの幼鳥5羽を自然界に戻した。5羽は発見した市民からの連絡で同センターに保護されていた。既に野外での基本的な生存能力を備えているが、野生復帰後も職員が放鳥場所に餌を置き、定期的に観察して安全を確保する。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020080303787

    青海野生動物救護センター、チョウゲンボウを放鳥  7月31日、青海野生動物救護センターで撮影したチョウゲンボウの幼鳥。中国の青海野生動物救護センター(西寧野生動物園)は7月31日、保護していたチョウゲンボウの幼鳥5羽を自然界に戻した。5羽は発見した市民からの連絡で同センターに保護されていた。既に野外での基本的な生存能力を備えているが、野生復帰後も職員が放鳥場所に餌を置き、定期的に観察して安全を確保する。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020080303508

    青海野生動物救護センター、チョウゲンボウを放鳥  7月31日、青海野生動物救護センターで撮影したチョウゲンボウの幼鳥。中国の青海野生動物救護センター(西寧野生動物園)は7月31日、保護していたチョウゲンボウの幼鳥5羽を自然界に戻した。5羽は発見した市民からの連絡で同センターに保護されていた。既に野外での基本的な生存能力を備えているが、野生復帰後も職員が放鳥場所に餌を置き、定期的に観察して安全を確保する。(西寧=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020070705458

    保護した絶滅危惧のセンザンコウ、無事自然に戻る広東省  3日、野生に返されるセンザンコウ。中国の広東省野生動物救護センターは3日、同省潮州市の潮安鳳凰山省級自然保護区でミミセンザンコウ一匹を含む野生動物を自然に返した。同省でセンザンコウが野生に戻されたのは、今年6月にセンザンコウが国家1級保護野生動物に指定されて以来、今回が初めて。(潮州=新華社記者/李雄鷹)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020070611535

    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省  1日、トラフズクを放鳥する吉林省野生動物救護繁育センターの職員。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020070611470

    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省  1日、ケージの外に出るチョウゲンボウ。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020070611432

    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省  1日、ケージの中で放鳥を待つチョウゲンボウ。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020070611531

    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省  1日、トラフズクを放鳥する吉林省野生動物救護繁育センターの職員。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020070611497

    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省  1日、吉林省東北虎園でチョウゲンボウを放鳥する職員。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020070611473

    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省  1日、吉林省東北虎園でチョウゲンボウを放鳥する職員。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020070611653

    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省  1日、放鳥されたチョウゲンボウ。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020070611534

    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省  1日、吉林省東北虎園で放鳥されたチョウゲンボウ。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020070611533

    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省  1日、ケージの中で放鳥を待つトラフズク。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020061905277

    住民がツキノワグマの子ども2匹を保護甘粛省  9日、保護されたツキノワグマの赤ちゃん。中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県石坊鎮に住む王義(おう・ぎ)さんはこのほど、ツキノワグマの子ども2匹を同省の野生動物救護センターに届けた。王さんは5月25日、山中で動物の子ども2匹を発見。ツキノワグマとは知らずに家に連れて帰り、面倒を見ていた。2匹は現在、救護センターで専門の飼育員が世話しており、落ち着いた様子を見せているという。(隴南=新華社配信)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020061904995

    住民がツキノワグマの子ども2匹を保護甘粛省  9日、保護されたツキノワグマの赤ちゃん。中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県石坊鎮に住む王義(おう・ぎ)さんはこのほど、ツキノワグマの子ども2匹を同省の野生動物救護センターに届けた。王さんは5月25日、山中で動物の子ども2匹を発見。ツキノワグマとは知らずに家に連れて帰り、面倒を見ていた。2匹は現在、救護センターで専門の飼育員が世話しており、落ち着いた様子を見せているという。(隴南=新華社配信)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020061905087

    住民がツキノワグマの子ども2匹を保護甘粛省  9日、保護されたツキノワグマの赤ちゃん。中国甘粛省隴南(ろうなん)市文県石坊鎮に住む王義(おう・ぎ)さんはこのほど、ツキノワグマの子ども2匹を同省の野生動物救護センターに届けた。王さんは5月25日、山中で動物の子ども2匹を発見。ツキノワグマとは知らずに家に連れて帰り、面倒を見ていた。2匹は現在、救護センターで専門の飼育員が世話しており、落ち着いた様子を見せているという。(隴南=新華社配信)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020062403066

    高速道路に取り残されたチョウゲンボウのひなを保護黒竜江省  チョウゲンボウのひなを確認する警察官。(6月1日撮影)中国黒竜江省ハルビン市に住む楊さんがこのほど、同省伊春市烏翠区を車で通っていたところ、高速道路の脇で雨に濡れて震える2羽のひなが入った鳥かごを発見した。楊さんはひなを車に乗せ、同市嘉蔭県に到着した後、警察に通報して助けを求めた。同県公安局の警察は、保護されたひなが国家2級保護動物のチョウゲンボウで、まだ飛ぶ能力がないことを確認した。調査の結果、2羽のひなは小興安嶺野生動物救護繁殖センターの移転に伴う移動の途中、誤って車から落ちたことが判明した。2羽は伊春市の警察によって既に野生動物保護繁殖センターへ送られ、適切な処置を受けている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  25. 2020062403068

    高速道路に取り残されたチョウゲンボウのひなを保護黒竜江省  保護されたチョウゲンボウのひな。(6月1日撮影)中国黒竜江省ハルビン市に住む楊さんがこのほど、同省伊春市烏翠区を車で通っていたところ、高速道路の脇で雨に濡れて震える2羽のひなが入った鳥かごを発見した。楊さんはひなを車に乗せ、同市嘉蔭県に到着した後、警察に通報して助けを求めた。同県公安局の警察は、保護されたひなが国家2級保護動物のチョウゲンボウで、まだ飛ぶ能力がないことを確認した。調査の結果、2羽のひなは小興安嶺野生動物救護繁殖センターの移転に伴う移動の途中、誤って車から落ちたことが判明した。2羽は伊春市の警察によって既に野生動物保護繁殖センターへ送られ、適切な処置を受けている。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  26. 2020052802255

    野生動物の「救護の家」を訪ねて天津市  25日、天津市野生動物救護・飼育・繁殖センターがセンターが保護したオウム。中国天津市にある野生動物救護・飼育・繁殖センターは、1996年に最初の施設が設立されてから20年以上にわたり活動を続けている。現在は主に寄贈されたり、負傷や飢餓、迷子で保護したり、没収された陸生野生動物の受け入れや救護、飼育、繁殖、放野などを行っており、野生動物の「救護の家」と呼ばれている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020052802166

    野生動物の「救護の家」を訪ねて天津市  25日、コウノトリの写真の前で記念撮影する天津市野生動物救護・飼育・繁殖センターの職員。中国天津市にある野生動物救護・飼育・繁殖センターは、1996年に最初の施設が設立されてから20年以上にわたり活動を続けている。現在は主に寄贈されたり、負傷や飢餓、迷子で保護したり、没収された陸生野生動物の受け入れや救護、飼育、繁殖、放野などを行っており、野生動物の「救護の家」と呼ばれている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020052802183

    野生動物の「救護の家」を訪ねて天津市  25日、天津市野生動物救護・飼育・繁殖センターが保護した鳥。中国天津市にある野生動物救護・飼育・繁殖センターは、1996年に最初の施設が設立されてから20年以上にわたり活動を続けている。現在は主に寄贈されたり、負傷や飢餓、迷子で保護したり、没収された陸生野生動物の受け入れや救護、飼育、繁殖、放野などを行っており、野生動物の「救護の家」と呼ばれている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020052802187

    野生動物の「救護の家」を訪ねて天津市  25日、天津市野生動物救護・飼育・繁殖センターが保護したコウノトリ。中国天津市にある野生動物救護・飼育・繁殖センターは、1996年に最初の施設が設立されてから20年以上にわたり活動を続けている。現在は主に寄贈されたり、負傷や飢餓、迷子で保護したり、没収された陸生野生動物の受け入れや救護、飼育、繁殖、放野などを行っており、野生動物の「救護の家」と呼ばれている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020052802256

    野生動物の「救護の家」を訪ねて天津市  25日、保護したオウムの世話をする天津市野生動物救護・飼育・繁殖センターの職員。中国天津市にある野生動物救護・飼育・繁殖センターは、1996年に最初の施設が設立されてから20年以上にわたり活動を続けている。現在は主に寄贈されたり、負傷や飢餓、迷子で保護したり、没収された陸生野生動物の受け入れや救護、飼育、繁殖、放野などを行っており、野生動物の「救護の家」と呼ばれている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020052802209

    野生動物の「救護の家」を訪ねて天津市  25日、天津市野生動物救護・飼育・繁殖センターが保護したクジャク。中国天津市にある野生動物救護・飼育・繁殖センターは、1996年に最初の施設が設立されてから20年以上にわたり活動を続けている。現在は主に寄贈されたり、負傷や飢餓、迷子で保護したり、没収された陸生野生動物の受け入れや救護、飼育、繁殖、放野などを行っており、野生動物の「救護の家」と呼ばれている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020052802181

    野生動物の「救護の家」を訪ねて天津市  25日、保護したサルの世話をする天津市野生動物救護・飼育・繁殖センターの職員。中国天津市にある野生動物救護・飼育・繁殖センターは、1996年に最初の施設が設立されてから20年以上にわたり活動を続けている。現在は主に寄贈されたり、負傷や飢餓、迷子で保護したり、没収された陸生野生動物の受け入れや救護、飼育、繁殖、放野などを行っており、野生動物の「救護の家」と呼ばれている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020052802217

    野生動物の「救護の家」を訪ねて天津市  25日、天津市野生動物救護・飼育・繁殖センターが保護したけがを負ったシカ。中国天津市にある野生動物救護・飼育・繁殖センターは、1996年に最初の施設が設立されてから20年以上にわたり活動を続けている。現在は主に寄贈されたり、負傷や飢餓、迷子で保護したり、没収された陸生野生動物の受け入れや救護、飼育、繁殖、放野などを行っており、野生動物の「救護の家」と呼ばれている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2019110701320

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、治療中のムラサキサギの様子を見るボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2019110701235

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、けがをしたノガンの手当てをするボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2019110701237

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、治療中のノガンの様子を見るボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2019110701353

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、けがをした国家1級保護動物のノガンの手当てをするボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019110701313

    河北省滄州市の沿海地区に渡り鳥9万羽が飛来  5日、河北省滄州市野生動物救護センターで、トラフズクを検診するボランティア。中国河北省滄州市野生動物救護センターはこのほど、同市東部の沿海地区に、南へ向かう渡り鳥9万羽以上が休息と栄養補給のために飛来したことを明らかにした。渡り鳥にはノガンやハクチョウ、クロヅルなど中国の国家重点保護動物も含まれる。同センターではこれまでに、ノガンやハクチョウ、クロヅル、アオサギなど国家級や省級の重点保護動物50種余り、約1万2千羽を保護。うち約800羽については、けがや病気を治療してから放鳥した。(滄州=新華社記者/馮維健)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019110500975

    ロシアの足環つけたコウノトリを保護黒竜江省  29日、保護されたコウノトリの足環。中国黒竜江省伊春市の小興安嶺(しょうこうあんれい)野生動物救護繁殖研究センターは29日、ロシアの足環のついた希少鳥類・コウノトリを保護した。コウノトリは中国で国家1級保護動物、世界でも絶滅危惧種に指定されており「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。現在の野生個体群数は3千羽に満たない。(伊春=新華社配信)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  40. 2019110500977

    ロシアの足環つけたコウノトリを保護黒竜江省  29日、保護されたコウノトリ。中国黒竜江省伊春市の小興安嶺(しょうこうあんれい)野生動物救護繁殖研究センターは29日、ロシアの足環のついた希少鳥類・コウノトリを保護した。コウノトリは中国で国家1級保護動物、世界でも絶滅危惧種に指定されており「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。現在の野生個体群数は3千羽に満たない。(伊春=新華社配信)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  41. 2019012301281

    応急手当てで大忙しの「渡り鳥の病院」河北省滄州市  14日、コウノトリの手当てをする滄州野生動物救護センターのスタッフ。中国河北省滄州(そうしゅう)市の滄州師範学院に設置された「渡り鳥の病院」、滄州野生動物救護センターが繁忙期を迎えている。病気やけがで南へ向かうことのできない渡り鳥が同センターに運ばれ、応急手当てを受けている。国家1級保護動物のコウノトリなど、同センターが救助した渡り鳥は20羽を超えている。(滄州=新華社配信/傅新春)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019012301177

    絶滅危惧種の渡り鳥16羽、鄱陽湖で放鳥江西省南昌市  14日、渡り鳥を放鳥するスタッフ。中国江西省野生動植物救護飼育センター、天津市野生動物救護飼育センターは14日、江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区で、保護されていた絶滅危惧種の渡り鳥16羽を放鳥した。16羽には国家1級保護動物のコウノトリ1羽、国家2級保護動物のオオハクチョウ2羽、オシドリ3羽が含まれる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019012301235

    応急手当てで大忙しの「渡り鳥の病院」河北省滄州市  14日、滄州野生動物救護センターで手当てを受けるコウノトリ。中国河北省滄州(そうしゅう)市の滄州師範学院に設置された「渡り鳥の病院」、滄州野生動物救護センターが繁忙期を迎えている。病気やけがで南へ向かうことのできない渡り鳥が同センターに運ばれ、応急手当てを受けている。国家1級保護動物のコウノトリなど、同センターが救助した渡り鳥は20羽を超えている。(滄州=新華社配信/傅新春)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019012301246

    応急手当てで大忙しの「渡り鳥の病院」河北省滄州市  14日、コウノトリの手当てをする滄州野生動物救護センターのスタッフ。中国河北省滄州(そうしゅう)市の滄州師範学院に設置された「渡り鳥の病院」、滄州野生動物救護センターが繁忙期を迎えている。病気やけがで南へ向かうことのできない渡り鳥が同センターに運ばれ、応急手当てを受けている。国家1級保護動物のコウノトリなど、同センターが救助した渡り鳥は20羽を超えている。(滄州=新華社配信/傅新春)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019012301269

    応急手当てで大忙しの「渡り鳥の病院」河北省滄州市  14日、手当てを施したコウノトリを観察する滄州野生動物救護センターのスタッフ。中国河北省滄州(そうしゅう)市の滄州師範学院に設置された「渡り鳥の病院」、滄州野生動物救護センターが繁忙期を迎えている。病気やけがで南へ向かうことのできない渡り鳥が同センターに運ばれ、応急手当てを受けている。国家1級保護動物のコウノトリなど、同センターが救助した渡り鳥は20羽を超えている。(滄州=新華社配信/傅新春)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019012301152

    絶滅危惧種の渡り鳥16羽、鄱陽湖で放鳥江西省南昌市  14日、渡り鳥を放鳥するスタッフ。中国江西省野生動植物救護飼育センター、天津市野生動物救護飼育センターは14日、江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区で、保護されていた絶滅危惧種の渡り鳥16羽を放鳥した。16羽には国家1級保護動物のコウノトリ1羽、国家2級保護動物のオオハクチョウ2羽、オシドリ3羽が含まれる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019012301161

    絶滅危惧種の渡り鳥16羽、鄱陽湖で放鳥江西省南昌市  14日、オオハクチョウを放鳥するスタッフ。中国江西省野生動植物救護飼育センター、天津市野生動物救護飼育センターは14日、江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区で、保護されていた絶滅危惧種の渡り鳥16羽を放鳥した。16羽には国家1級保護動物のコウノトリ1羽、国家2級保護動物のオオハクチョウ2羽、オシドリ3羽が含まれる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019012301215

    応急手当てで大忙しの「渡り鳥の病院」河北省滄州市  14日、コウノトリの手当てをする滄州野生動物救護センターのスタッフ。中国河北省滄州(そうしゅう)市の滄州師範学院に設置された「渡り鳥の病院」、滄州野生動物救護センターが繁忙期を迎えている。病気やけがで南へ向かうことのできない渡り鳥が同センターに運ばれ、応急手当てを受けている。国家1級保護動物のコウノトリなど、同センターが救助した渡り鳥は20羽を超えている。(滄州=新華社配信/傅新春)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019012301232

    絶滅危惧種の渡り鳥16羽、鄱陽湖で放鳥江西省南昌市  14日、コウノトリを放鳥するスタッフ。中国江西省野生動植物救護飼育センター、天津市野生動物救護飼育センターは14日、江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区で、保護されていた絶滅危惧種の渡り鳥16羽を放鳥した。16羽には国家1級保護動物のコウノトリ1羽、国家2級保護動物のオオハクチョウ2羽、オシドリ3羽が含まれる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2018082317456

    ジャイアントパンダ「嘉嘉」と「夢夢」、繁殖に向け帰郷  20日、空港に向かうパンダ「嘉嘉」。中国吉林省長春市の東北虎園パンダ館で3年間過ごした2頭のジャイアントパンダ「嘉嘉」(ジャージャー)と「夢夢」(モンモン)が20日、故郷の四川省にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター都江堰基地への帰路についた。2頭は「2019年度ジャイアントパンダ繁殖計画」に参加する予定。「嘉嘉」と「夢夢」は吉林省野生動物救護繁育センター・東北虎園と保護研究センターの協力協定に基づき貸し出されていた。同省への貸し出しは、ジャイアントパンダの生息範囲を高緯度地域へ拡大するための試みでもあった。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像