検索結果 250 件中 1 件 〜 50 件 "野菜栽培"
  1. 2020102206408

    香港に出荷する野菜を収穫寧夏回族自治区  17日、農場で野菜を収穫するスタッフ。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の農墾連湖農場野菜栽培拠点ではこのところ、香港特別行政区に出荷する野菜の収穫が行われている。年間出荷量は3万トンを超え、雲南省や貴州省などから来たスタッフが忙しく働いている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020102206312

    香港に出荷する野菜を収穫寧夏回族自治区  17日、農墾連湖農場の野菜栽培拠点。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の農墾連湖農場野菜栽培拠点ではこのところ、香港特別行政区に出荷する野菜の収穫が行われている。年間出荷量は3万トンを超え、雲南省や貴州省などから来たスタッフが忙しく働いている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020102206323

    香港に出荷する野菜を収穫寧夏回族自治区  17日、農場で野菜を収穫するスタッフ。中国寧夏回族自治区の農墾連湖農場野菜栽培拠点ではこのところ、香港特別行政区に出荷する野菜の収穫が行われている。年間出荷量は3万トンを超え、雲南省や貴州省などから来たスタッフが忙しく働いている。(銀川=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020102206338

    香港に出荷する野菜を収穫寧夏回族自治区  17日、農場で野菜を収穫するスタッフ。中国寧夏回族自治区の農墾連湖農場野菜栽培拠点ではこのところ、香港特別行政区に出荷する野菜の収穫が行われている。年間出荷量は3万トンを超え、雲南省や貴州省などから来たスタッフが忙しく働いている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020102206322

    香港に出荷する野菜を収穫寧夏回族自治区  17日、農場で野菜を収穫するスタッフ。中国寧夏回族自治区の農墾連湖農場野菜栽培拠点ではこのところ、香港特別行政区に出荷する野菜の収穫が行われている。年間出荷量は3万トンを超え、雲南省や貴州省などから来たスタッフが忙しく働いている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020102206399

    香港に出荷する野菜を収穫寧夏回族自治区  17日、農場で野菜を収穫するスタッフ。中国寧夏回族自治区の農墾連湖農場野菜栽培拠点ではこのところ、香港特別行政区に出荷する野菜の収穫が行われている。年間出荷量は3万トンを超え、雲南省や貴州省などから来たスタッフが忙しく働いている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020102206278

    香港に出荷する野菜を収穫寧夏回族自治区  17日、空から見た農墾連湖農場の野菜栽培拠点。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区の農墾連湖農場野菜栽培拠点ではこのところ、香港特別行政区に出荷する野菜の収穫が行われている。年間出荷量は3万トンを超え、雲南省や貴州省などから来たスタッフが忙しく働いている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020102206295

    香港に出荷する野菜を収穫寧夏回族自治区  17日、農場で野菜を収穫するスタッフ。中国寧夏回族自治区の農墾連湖農場野菜栽培拠点ではこのところ、香港特別行政区に出荷する野菜の収穫が行われている。年間出荷量は3万トンを超え、雲南省や貴州省などから来たスタッフが忙しく働いている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020102206294

    香港に出荷する野菜を収穫寧夏回族自治区  17日、農場で野菜を収穫するスタッフ。中国寧夏回族自治区の農墾連湖農場野菜栽培拠点ではこのところ、香港特別行政区に出荷する野菜の収穫が行われている。年間出荷量は3万トンを超え、雲南省や貴州省などから来たスタッフが忙しく働いている。(銀川=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020092806774

    安心安全の野菜栽培が貧困脱却を後押し黒竜江省尚志市  22日、楊樹村の野菜栽培温室で、ニガウリを収穫する村民。中国黒竜江省尚志市元宝鎮の楊樹村はここ数年、汚染のない安全で良質な野菜の栽培プロジェクトに取り組み、鎮内の農家100世帯余りと登録貧困世帯30世帯を増収に導いている。(尚志=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020092806718

    安心安全の野菜栽培が貧困脱却を後押し黒竜江省尚志市  22日、楊樹村に広がる野菜栽培温室と農地。(小型無人機から)中国黒竜江省尚志市元宝鎮の楊樹村はここ数年、汚染のない安全で良質な野菜の栽培プロジェクトに取り組み、鎮内の農家100世帯余りと登録貧困世帯30世帯を増収に導いている。(尚志=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020092806889

    安心安全の野菜栽培が貧困脱却を後押し黒竜江省尚志市  22日、楊樹村の野菜栽培温室で、ハクサイの生育状況を説明する村民。中国黒竜江省尚志市元宝鎮の楊樹村はここ数年、汚染のない安全で良質な野菜の栽培プロジェクトに取り組み、鎮内の農家100世帯余りと登録貧困世帯30世帯を増収に導いている。(尚志=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020092806966

    安心安全の野菜栽培が貧困脱却を後押し黒竜江省尚志市  22日、楊樹村の野菜栽培温室で、収穫したばかりのニガウリを見せる村民。中国黒竜江省尚志市元宝鎮の楊樹村はここ数年、汚染のない安全で良質な野菜の栽培プロジェクトに取り組み、鎮内の農家100世帯余りと登録貧困世帯30世帯を増収に導いている。(尚志=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020092806949

    安心安全の野菜栽培が貧困脱却を後押し黒竜江省尚志市  22日、楊樹村の野菜栽培温室で、ニガウリを収穫する村民。中国黒竜江省尚志市元宝鎮の楊樹村はここ数年、汚染のない安全で良質な野菜の栽培プロジェクトに取り組み、鎮内の農家100世帯余りと登録貧困世帯30世帯を増収に導いている。(尚志=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020092504547

    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市  21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020092504452

    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市  21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020092504433

    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市  21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020092504504

    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市  21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020092504549

    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市  21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020092504539

    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市  21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020102206375

    産業による貧困脱却支援が奏功黒竜江省  黒竜江省五常市にある巾幗野菜栽培農民専業合作社(協同組合)のスイートコーン貧困扶助産業プロジェクト生産現場で、これから梱包するスイートコーンを手にする興隆郷新立村の貧困世帯の村民。(9月21日撮影)中国黒竜江省では収穫の最盛期を迎え、至る所に豊作の喜びがあふれている。同省はここ数年、貧困脱却支援産業の発展に力を入れ、省を挙げて農業の優位性を生かした特色ある産業プロジェクト4千件近くを実行に移した。2017~19年末までに、同省の現行基準で累計61万3千人が貧困から脱却し、貧困発生率は0・07%まで低下。省内の国家級貧困県20県、省級貧困県8県全てが貧困指定から外れ、貧困村1778村全てが貧困脱却を果たし、地域全体の貧困解決を1年前倒しで達成した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020092504439

    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市  21日、チャムド市ゾガン県亜中村に建設されたビニールハウス。(小型無人機から)中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020092504508

    ビニールハウス栽培が貧困脱却を後押しチベット自治区チャムド市  21日、ビニールハウスで農作業に精を出す村民。中国チベット自治区チャムド市ゾガン(左貢)県亜中村はここ数年、ビニールハウス18棟を建設し、村内の登録貧困世帯に36の就業ポストを創出、1人当たり年間5千元(1元=約15円)以上の収入増を実現した。ビニールハウスでの野菜栽培は、村民の貧困脱却を後押しする新たな手立てとなっている。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020092505463

    豊作迎えた赤唐辛子新疆ウイグル自治区イェンギサール県  19日、マンシン鎮の野菜栽培基地で収穫した唐辛子を運ぶ農家の人たち。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県のマンシン(芒辛)鎮では、秋の深まりとともに野菜栽培基地のハウス800棟の唐辛子が豊作を迎え、農家が収穫に追われている。栽培基地の全ての野菜は企業が買い付け契約を結んでおり、農家が販路を懸念する必要はない。今年の辛口唐辛子の栽培面積は6千ムー(約400ヘクタール)余りで、全て食品加工会社の注文だという。2千トン余りの生産量を見込んでおり、地元農家の貧困脱却と収入増加を後押しする。(イェンギサール=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020092505700

    豊作迎えた赤唐辛子新疆ウイグル自治区イェンギサール県  19日、マンシン鎮の野菜栽培基地で唐辛子を収穫する農家の人たち。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県のマンシン(芒辛)鎮では、秋の深まりとともに野菜栽培基地のハウス800棟の唐辛子が豊作を迎え、農家が収穫に追われている。栽培基地の全ての野菜は企業が買い付け契約を結んでおり、農家が販路を懸念する必要はない。今年の辛口唐辛子の栽培面積は6千ムー(約400ヘクタール)余りで、全て食品加工会社の注文だという。2千トン余りの生産量を見込んでおり、地元農家の貧困脱却と収入増加を後押しする。(イェンギサール=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020092505599

    豊作迎えた赤唐辛子新疆ウイグル自治区イェンギサール県  19日、マンシン鎮の野菜栽培基地で唐辛子を収穫する農家の男性。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県のマンシン(芒辛)鎮では、秋の深まりとともに野菜栽培基地のハウス800棟の唐辛子が豊作を迎え、農家が収穫に追われている。栽培基地の全ての野菜は企業が買い付け契約を結んでおり、農家が販路を懸念する必要はない。今年の辛口唐辛子の栽培面積は6千ムー(約400ヘクタール)余りで、全て食品加工会社の注文だという。2千トン余りの生産量を見込んでおり、地元農家の貧困脱却と収入増加を後押しする。(イェンギサール=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020092505598

    豊作迎えた赤唐辛子新疆ウイグル自治区イェンギサール県  19日、マンシン鎮の野菜栽培基地で収穫した唐辛子を見せる農家の人たち。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県のマンシン(芒辛)鎮では、秋の深まりとともに野菜栽培基地のハウス800棟の唐辛子が豊作を迎え、農家が収穫に追われている。栽培基地の全ての野菜は企業が買い付け契約を結んでおり、農家が販路を懸念する必要はない。今年の辛口唐辛子の栽培面積は6千ムー(約400ヘクタール)余りで、全て食品加工会社の注文だという。2千トン余りの生産量を見込んでおり、地元農家の貧困脱却と収入増加を後押しする。(イェンギサール=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020092505600

    豊作迎えた赤唐辛子新疆ウイグル自治区イェンギサール県  19日、マンシン鎮の野菜栽培基地で収穫した唐辛子を計量する農家の人たち。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県のマンシン(芒辛)鎮では、秋の深まりとともに野菜栽培基地のハウス800棟の唐辛子が豊作を迎え、農家が収穫に追われている。栽培基地の全ての野菜は企業が買い付け契約を結んでおり、農家が販路を懸念する必要はない。今年の辛口唐辛子の栽培面積は6千ムー(約400ヘクタール)余りで、全て食品加工会社の注文だという。2千トン余りの生産量を見込んでおり、地元農家の貧困脱却と収入増加を後押しする。(イェンギサール=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020092505616

    豊作迎えた赤唐辛子新疆ウイグル自治区イェンギサール県  19日、マンシン鎮の野菜栽培基地で収穫した唐辛子を運ぶ農家の人たち。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県のマンシン(芒辛)鎮では、秋の深まりとともに野菜栽培基地のハウス800棟の唐辛子が豊作を迎え、農家が収穫に追われている。栽培基地の全ての野菜は企業が買い付け契約を結んでおり、農家が販路を懸念する必要はない。今年の辛口唐辛子の栽培面積は6千ムー(約400ヘクタール)余りで、全て食品加工会社の注文だという。2千トン余りの生産量を見込んでおり、地元農家の貧困脱却と収入増加を後押しする。(イェンギサール=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020092505756

    豊作迎えた赤唐辛子新疆ウイグル自治区イェンギサール県  19日、マンシン鎮の野菜栽培基地で唐辛子を収穫する農家の男性。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区イェンギサール(英吉沙)県のマンシン(芒辛)鎮では、秋の深まりとともに野菜栽培基地のハウス800棟の唐辛子が豊作を迎え、農家が収穫に追われている。栽培基地の全ての野菜は企業が買い付け契約を結んでおり、農家が販路を懸念する必要はない。今年の辛口唐辛子の栽培面積は6千ムー(約400ヘクタール)余りで、全て食品加工会社の注文だという。2千トン余りの生産量を見込んでおり、地元農家の貧困脱却と収入増加を後押しする。(イェンギサール=新華社記者/高晗)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020091605235

    高原野菜栽培が貧困脱却を後押し寧夏回族自治区西吉県  9日、寧夏回族自治区固原市西吉県馬蓮郷張堡塬村の向豊現代循環農業園区の野菜栽培温室で、パクチーに水やりをする登録貧困世帯の馬志付(ば・しふ)さん。中国寧夏回族自治区南部の黄土丘陵地帯に位置する固原市西吉県は、自治区内で最大の人口を抱え、貧困脱却を達成していない最後の県でもあった。同県はここ数年、高地と寒冷な気候、昼夜の温度差といった地元の優位性を利用して、セロリやニンジンなどの高原野菜の栽培を大いに推進し、現在は栽培面積が14万ムー(約9333ヘクタール)を超えるまでに発展した。同時に、野菜栽培基地を設立し、周辺住民の雇用と増収を支援、高原野菜産業は貧困脱却と富をもたらす特色産業に成長した。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020091605230

    高原野菜栽培が貧困脱却を後押し寧夏回族自治区西吉県  9日、寧夏回族自治区固原市西吉県馬蓮郷張堡塬村の向豊現代循環農業園区の野菜栽培温室で、セロリの苗を植える農家。中国寧夏回族自治区南部の黄土丘陵地帯に位置する固原市西吉県は、自治区内で最大の人口を抱え、貧困脱却を達成していない最後の県でもあった。同県はここ数年、高地と寒冷な気候、昼夜の温度差といった地元の優位性を利用して、セロリやニンジンなどの高原野菜の栽培を大いに推進し、現在は栽培面積が14万ムー(約9333ヘクタール)を超えるまでに発展した。同時に、野菜栽培基地を設立し、周辺住民の雇用と増収を支援、高原野菜産業は貧困脱却と富をもたらす特色産業に成長した。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020091605253

    高原野菜栽培が貧困脱却を後押し寧夏回族自治区西吉県  9日、寧夏回族自治区固原市西吉県馬蓮郷張堡塬村の向豊現代循環農業園区の野菜栽培温室で、セロリを植える農家。中国寧夏回族自治区南部の黄土丘陵地帯に位置する固原市西吉県は、自治区内で最大の人口を抱え、貧困脱却を達成していない最後の県でもあった。同県はここ数年、高地と寒冷な気候、昼夜の温度差といった地元の優位性を利用して、セロリやニンジンなどの高原野菜の栽培を大いに推進し、現在は栽培面積が14万ムー(約9333ヘクタール)を超えるまでに発展した。同時に、野菜栽培基地を設立し、周辺住民の雇用と増収を支援、高原野菜産業は貧困脱却と富をもたらす特色産業に成長した。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020091605278

    高原野菜栽培が貧困脱却を後押し寧夏回族自治区西吉県  9日、寧夏回族自治区固原市西吉県硝河郷隆堡村の緑発農業総合サービスステーションで、ブロッコリーを箱詰めする農家。中国寧夏回族自治区南部の黄土丘陵地帯に位置する固原市西吉県は、自治区内で最大の人口を抱え、貧困脱却を達成していない最後の県でもあった。同県はここ数年、高地と寒冷な気候、昼夜の温度差といった地元の優位性を利用して、セロリやニンジンなどの高原野菜の栽培を大いに推進し、現在は栽培面積が14万ムー(約9333ヘクタール)を超えるまでに発展した。同時に、野菜栽培基地を設立し、周辺住民の雇用と増収を支援、高原野菜産業は貧困脱却と富をもたらす特色産業に成長した。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020091605274

    高原野菜栽培が貧困脱却を後押し寧夏回族自治区西吉県  7日、寧夏回族自治区固原市西吉県硝河郷高原村の紅祥野菜栽培専業合作社(協同組合)の野菜栽培基地で、スプリンクラーで作物に散水する農家。中国寧夏回族自治区南部の黄土丘陵地帯に位置する固原市西吉県は、自治区内で最大の人口を抱え、貧困脱却を達成していない最後の県でもあった。同県はここ数年、高地と寒冷な気候、昼夜の温度差といった地元の優位性を利用して、セロリやニンジンなどの高原野菜の栽培を大いに推進し、現在は栽培面積が14万ムー(約9333ヘクタール)を超えるまでに発展した。同時に、野菜栽培基地を設立し、周辺住民の雇用と増収を支援、高原野菜産業は貧困脱却と富をもたらす特色産業に成長した。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020091605201

    高原野菜栽培が貧困脱却を後押し寧夏回族自治区西吉県  7日、寧夏回族自治区固原市西吉県硝河郷高原村の紅祥野菜栽培専業合作社(協同組合)の野菜栽培基地で、サイシンを収穫する農家。中国寧夏回族自治区南部の黄土丘陵地帯に位置する固原市西吉県は、自治区内で最大の人口を抱え、貧困脱却を達成していない最後の県でもあった。同県はここ数年、高地と寒冷な気候、昼夜の温度差といった地元の優位性を利用して、セロリやニンジンなどの高原野菜の栽培を大いに推進し、現在は栽培面積が14万ムー(約9333ヘクタール)を超えるまでに発展した。同時に、野菜栽培基地を設立し、周辺住民の雇用と増収を支援、高原野菜産業は貧困脱却と富をもたらす特色産業に成長した。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020091605216

    高原野菜栽培が貧困脱却を後押し寧夏回族自治区西吉県  7日、寧夏回族自治区固原市西吉県硝河郷高原村の紅祥野菜栽培専業合作社(協同組合)の野菜栽培基地。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の黄土丘陵地帯に位置する固原市西吉県は、自治区内で最大の人口を抱え、貧困脱却を達成していない最後の県でもあった。同県はここ数年、高地と寒冷な気候、昼夜の温度差といった地元の優位性を利用して、セロリやニンジンなどの高原野菜の栽培を大いに推進し、現在は栽培面積が14万ムー(約9333ヘクタール)を超えるまでに発展した。同時に、野菜栽培基地を設立し、周辺住民の雇用と増収を支援、高原野菜産業は貧困脱却と富をもたらす特色産業に成長した。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020091605256

    高原野菜栽培が貧困脱却を後押し寧夏回族自治区西吉県  7日、寧夏回族自治区固原市西吉県硝河郷高原村の紅祥野菜栽培専業合作社(協同組合)の野菜栽培基地で、ハクサイを収穫する農家。中国寧夏回族自治区南部の黄土丘陵地帯に位置する固原市西吉県は、自治区内で最大の人口を抱え、貧困脱却を達成していない最後の県でもあった。同県はここ数年、高地と寒冷な気候、昼夜の温度差といった地元の優位性を利用して、セロリやニンジンなどの高原野菜の栽培を大いに推進し、現在は栽培面積が14万ムー(約9333ヘクタール)を超えるまでに発展した。同時に、野菜栽培基地を設立し、周辺住民の雇用と増収を支援、高原野菜産業は貧困脱却と富をもたらす特色産業に成長した。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020091605247

    高原野菜栽培が貧困脱却を後押し寧夏回族自治区西吉県  7日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮套子湾村の紅祥野菜栽培専業合作社(協同組合)の育苗基地で、苗をまとめて温室から運び出す農家。中国寧夏回族自治区南部の黄土丘陵地帯に位置する固原市西吉県は、自治区内で最大の人口を抱え、貧困脱却を達成していない最後の県でもあった。同県はここ数年、高地と寒冷な気候、昼夜の温度差といった地元の優位性を利用して、セロリやニンジンなどの高原野菜の栽培を大いに推進し、現在は栽培面積が14万ムー(約9333ヘクタール)を超えるまでに発展した。同時に、野菜栽培基地を設立し、周辺住民の雇用と増収を支援、高原野菜産業は貧困脱却と富をもたらす特色産業に成長した。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020091605190

    高原野菜栽培が貧困脱却を後押し寧夏回族自治区西吉県  7日、寧夏回族自治区固原市西吉県硝河郷高原村の紅祥野菜栽培専業合作社(協同組合)の野菜栽培基地で、ハクサイを収穫する農家。中国寧夏回族自治区南部の黄土丘陵地帯に位置する固原市西吉県は、自治区内で最大の人口を抱え、貧困脱却を達成していない最後の県でもあった。同県はここ数年、高地と寒冷な気候、昼夜の温度差といった地元の優位性を利用して、セロリやニンジンなどの高原野菜の栽培を大いに推進し、現在は栽培面積が14万ムー(約9333ヘクタール)を超えるまでに発展した。同時に、野菜栽培基地を設立し、周辺住民の雇用と増収を支援、高原野菜産業は貧困脱却と富をもたらす特色産業に成長した。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020091605250

    高原野菜栽培が貧困脱却を後押し寧夏回族自治区西吉県  7日、寧夏回族自治区固原市西吉県吉強鎮套子湾村の紅祥野菜栽培専業合作社(協同組合)の育苗基地で種まきをする農家。中国寧夏回族自治区南部の黄土丘陵地帯に位置する固原市西吉県は、自治区内で最大の人口を抱え、貧困脱却を達成していない最後の県でもあった。同県はここ数年、高地と寒冷な気候、昼夜の温度差といった地元の優位性を利用して、セロリやニンジンなどの高原野菜の栽培を大いに推進し、現在は栽培面積が14万ムー(約9333ヘクタール)を超えるまでに発展した。同時に、野菜栽培基地を設立し、周辺住民の雇用と増収を支援、高原野菜産業は貧困脱却と富をもたらす特色産業に成長した。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020091605303

    高原野菜栽培が貧困脱却を後押し寧夏回族自治区西吉県  7日、寧夏回族自治区固原市西吉県硝河郷高原村の紅祥野菜栽培専業合作社(協同組合)の野菜栽培基地で、ハクサイを収穫する農家。(小型無人機から)中国寧夏回族自治区南部の黄土丘陵地帯に位置する固原市西吉県は、自治区内で最大の人口を抱え、貧困脱却を達成していない最後の県でもあった。同県はここ数年、高地と寒冷な気候、昼夜の温度差といった地元の優位性を利用して、セロリやニンジンなどの高原野菜の栽培を大いに推進し、現在は栽培面積が14万ムー(約9333ヘクタール)を超えるまでに発展した。同時に、野菜栽培基地を設立し、周辺住民の雇用と増収を支援、高原野菜産業は貧困脱却と富をもたらす特色産業に成長した。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020090800901

    On record hunt with XXL vegetables 04 September 2020, Thuringia, Pößneck: Olaf Kuchenbecker (l) from the Record Institute for Germany examines, alongside Patrick Teichmann, giant vegetable grower, a giant garlic bulb in his allotment garden at the world record test for the most giant vegetable varieties cultivated in a garden. The vegetable grower achieved a world record of 33 with different varieties of vegetables, each with a perfect harvest. Photo: Bodo Schackow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  44. 2020090800947

    On record hunt with XXL vegetables 04 September 2020, Thuringia, Pößneck: Olaf Kuchenbecker (r) from the German Records Institute examines, alongside Patrick Teichmann, giant vegetable grower, a giant onion in his allotment garden at the world record test for the most giant vegetable varieties cultivated in a garden. The vegetable grower achieved the world record with 33 different varieties of vegetables, each with a perfect harvest. Photo: Bodo Schackow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  45. 2020090801010

    On record hunt with XXL vegetables dpatop - 04 September 2020, Thuringia, Pößneck: Patrick Teichmann, giant vegetable grower shows a giant carrot in his allotment garden at the world record test for the most giant vegetable varieties cultivated in a garden. The vegetable grower achieved the world record with 33 different varieties of vegetables, each with a perfect harvest. Photo: Bodo Schackow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  46. 2020090800990

    On record hunt with XXL vegetables 04 September 2020, Thuringia, Pößneck: Olaf Kuchenbecker (r) from the Record Institute for Germany is standing next to Patrick Teichmann, giant vegetable grower, who uses a flex to open a plastic tube containing a giant beet plant, in his allotment garden at the world record test for the most giant vegetable varieties cultivated in a garden. The vegetable grower achieved the world record with 33 different varieties of vegetables, each with a perfect harvest. Photo: Bodo Schackow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  47. 2020090801027

    On record hunt with XXL vegetables 04 September 2020, Thuringia, Pößneck: Patrick Teichmann (l) giant vegetable grower, talks to Olaf Kuchenbecker from the record institute for Germany in his allotment garden at the world record test for the most giant vegetable varieties cultivated in a garden. The vegetable grower achieved the world record with 33 different varieties of vegetables, each with a perfect harvest. Photo: Bodo Schackow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  48. 2020090800939

    On record hunt with XXL vegetables 04 September 2020, Thuringia, Pößneck: Patrick Teichmann, giant vegetable grower shows a giant beetroot plant in his allotment garden at the world record test for the most giant vegetable varieties cultivated in a garden. The vegetable grower achieved the world record with 33 different varieties of vegetables, each with a perfect harvest. Photo: Bodo Schackow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  49. 2020090801004

    On record hunt with XXL vegetables 04 September 2020, Thuringia, Pößneck: Olaf Kuchenbecker (r) from the German Records Institute examines, alongside Patrick Teichmann, giant vegetable grower, a giant garlic bulb in his allotment garden at the world record test for the most giant vegetable varieties cultivated in a garden. The vegetable grower achieved the world record with 33 different varieties of vegetables, each with a perfect harvest. Photo: Bodo Schackow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  50. 2020090801066

    On record hunt with XXL vegetables 04 September 2020, Thuringia, Pößneck: Patrick Teichmann, giant vegetable grower shows a giant carrot in his allotment garden at the world record test for the most giant vegetable varieties cultivated in a garden. The vegetable grower achieved the world record with 33 different varieties of vegetables, each with a perfect harvest. Photo: Bodo Schackow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像