検索結果 14 件中 1 件 〜 14 件 "金戒光明寺"
  1. 2019063000544

    囲碁の碁聖戦第1局 敗れた許家元碁聖  囲碁の第44期碁聖戦5番勝負の第1局で、羽根直樹九段に敗れた許家元碁聖=30日、京都市の金戒光明寺

  2. 2019063000543

    囲碁の碁聖戦第1局 対局振り返る羽根九段ら  囲碁の第44期碁聖戦5番勝負の第1局で、対局を振り返る羽根直樹九段(左)と許家元碁聖=30日、京都市の金戒光明寺

  3. 2019063000540

    囲碁の碁聖戦第1局 先勝した羽根直樹九段  囲碁の第44期碁聖戦5番勝負の第1局で、許家元碁聖に勝利した羽根直樹九段=30日、京都市の金戒光明寺

  4. 2013052700156

    狂言界の至宝と最後の別れ 茂山千作さんの葬儀  京都市左京区の金戒光明寺で営まれた茂山千作さんの葬儀・告別式=27日午後

  5. 2004082300192

    新選組の汚名そそぎたい 会津藩が本陣を置いた金戒光明寺の墓所で行われた会津藩士をしのぶ法要に参加した人たちと早乙女貢さん(左から4番目)=6月13日、京都市左京区  甲乙A「学芸=関西文芸インタビュー」【】 

  6. 1995031600083

    池玉瀾のふすま絵と分かる  池玉瀾作と分かったふすま絵=15日午後、京都市左京区黒谷町の金戒光明寺

  7. 1994102700077

    勧経曼荼羅など初公開  初公開される勧経曼荼羅=27日、京都市左京区黒谷町の金戒光明寺(仏教) ( 平6国内 13471 )

  8. 2017081401667

    黒谷金戒光明寺の石段  黒谷金戒光明寺の石段を石橋の極楽橋上より東に望む。石段両側の斜面には数多くの墓石が建ち並ぶ。墓参りを終えたと思われる人々が大勢石段を降りてくる。石段上には樹木の枝でさえぎられた文珠塔がそびえる。右端には「御廟」と記された高札が建つ。明治37年(1904)撮影。=1904(明治37)年、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐17‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  9. 2018122023084

    京都 黒谷  京都、黒谷=明治初期、京都、撮影者:ライムント・フォン・スティルフリード、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。★特別価格対象商品★ 「イマジンネット画廊」「古写真」「そこにあった江戸」

  10. 2017082300865

    黒谷金戒光明寺の石段  黒谷金戒光明寺の石段=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号62‐21‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  11. 2017082300893

    黒谷金戒光明寺文殊堂  黒谷金戒光明寺三門を三門北東側から西に望む。三門は万延1年(1860)に創建された。本瓦葺きの入母屋の重厚な大屋根を構える。裏側の正面には後小松天皇の宸翰「浄土真宗最初門」の勅額が掲げられ、右前には石橋が架かる。F.ベアド撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号62‐26‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  12. 2017081401486

    黒谷金戒光明寺の石段  黒谷金戒光明寺の石段を蓮池院(熊谷堂)北側の参道より東に望む。石段両側の斜面には数多くの墓石が建ち並び、親子連れが石段を登っていく。石段上には樹林でさえぎられた文珠塔がそびえる。石段中腹左に見える阿弥陀如来座像は移築され現存しない。 文珠塔は三重の塔で、寛永11年(1634)に徳川秀忠の菩提を弔うために建立された。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号85‐28‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  13. 2017081401643

    黒谷金戒光明寺の石段  黒谷金戒光明寺の石段を石橋の極楽橋上より東に望む。石段両側の斜面には数多くの墓石が建ち並ぶ。石段の中腹には日傘をさした人物がカメラの方を向き立っている。石段上には樹林でさえぎられた文珠塔がそびえる。右端には蓮池院(熊谷堂)が垣間見える。石段中腹左に見える阿弥陀如来座像は移築され現存しない。=撮影年月日不明、京都、撮影者:堀内信重、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号96‐94‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  14. 2017082300958

    黒谷金戒光明寺の石段  黒谷金戒光明寺の石段=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号62‐5‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像