検索結果 15 件中 1 件 〜 15 件 "長崎街道"
  1. 2015121000657

    墜落のB29乗員現場再訪 献花するハンレイさん  長崎街道木屋瀬宿記念館を訪れ、亡くなった米軍の仲間らに献花するフィスク・ハンレイさん=10日午後、北九州市八幡西区

  2. 2013121100377

    長崎名物料理が優勝 グランプリ料理と審査員  「西イチグルメ決定戦」でグランプリを受賞した「長崎街道しっぽく風花かご御膳」。奥は試食する審査員=11日午後、大阪市

  3. 2013121100373

    長崎名物料理が優勝 グランプリのメニュー  「西イチグルメ決定戦」でグランプリを受賞した「長崎街道しっぽく風花かご御膳」

  4. 2005020500092

    大名行列姿で長崎街道踏破 出島に到着したNPO一行 大名行列姿で旧長崎街道を踏破し、長崎・出島に到着した佐賀市のNPO法人の一行=5日午後 【】 

  5. 2001032100124

    旧宿場町に張り子の象 象と島袋さん  紙などで作った実物大の象を引っ張り、旧長崎街道の宿場町を歩く島袋道浩さん=21日午後、北九州市八幡西区木屋瀬(こやのせ)地区  

  6. 1999082100073

    長崎街道の茶屋公開 )、企画26S、23日付朝刊以降使用  参勤交代の九州諸大名が小休止に利用した「立場茶屋銀杏(いちょう)屋」=北九州市八幡西区  「列島・北から南から」(九州)

  7. 1998031900020

    伊能大図から長崎街道解明 松尾昌英さん  「伊能大図による『筑前の長崎街道』の追跡」を出版した松尾昌英さん=北九州市八幡西区の自宅  

  8. 1997122700008

    長崎街道歩いて保存を訴え 会社員の山口正喜さん  長崎街道を歩いて、史跡保存を訴える長崎市の会社員、山口正喜さん=27日午前7時30分、北九州市小倉北区の常盤橋(やまぐち・まさき)  

  9. 1997112500066

    宿場の茶屋で街道文化PR こやのせ茶屋  旧長崎街道沿いの名産品を集めた「こやのせ茶屋」=北九州市八幡西区木屋瀬(旧長崎街道の木屋瀬(こやのせ)宿(北九州市八幡西区)を訪れた観光客に街道文化を知ってもらおうと、「宿場木屋瀬街づくりの会」(安川常雄会長、会員約千人)が今月から年内限定で開いている茶屋が好評だ)  

  10. 1997100900097

    12日に北九州で街道シンポ 長崎街道の木屋瀬宿  昔の宿場町の面影が残る長崎街道の木屋瀬宿(こやのせしゅく)=7日午後、北九州市八幡西区木屋瀬  

  11. 1997050100102

    長崎街道がふるさと切手に 4種類で一連の街道図に  「長崎街道」をモチーフにしたふるさと切手。4種類並べると一連の街道図が出来上がる  

  12. 1997030800043

    長崎街道全行程を再現 )、企画26S、10日付朝刊以降使用  長崎街道全行程を現在の地図上に再現した「伊能図で甦る古(いにしえ)の夢―長崎街道」  「列島・北から南から」(九州)

  13. 2017080902062

    中島川一の瀬橋  中島川上流の蛍茶屋に架かる石橋、一の瀬橋をベアトが撮影したものである。左手の建物は茶屋。旅人はこの茶屋で休憩したのち後、日見峠に向けて左折して長崎街道へと向かった。この橋の写真としては最古のものである。=1864年、長崎、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号28‐24‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  14. 2017081502136

    長崎日見峠  明治14年(1881) 4月、日見新道会社が設立され、明治15年(1882) 7月30日、新道開削工事が完成した。峠の頂上で幅18mあまり、深さ20mあまりを開削し、底に幅4mの切通しが造られた。大正15年(1926)に日見トンネルが開通するまで、長崎街道最終部の峠として使われた。写真は長崎側からであり、開削後まだ日が浅い。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号109‐32‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

  15. 2017081502115

    蛍茶屋と一の瀬橋  蛍茶屋を上流から撮影している。茶屋の右側は一の瀬橋になるが、木の茂みに欄干が見える。左の道は日見峠に続く長崎街道。明治15年(1882)松田源五郎ら9人の日見新道会社により、ここから矢上の切通しまで新道が完成した。当初7年間は片道一人一銭を徴収した、わが国初の有料道路。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号109‐31‐0] 「長崎大学附属図書館」「古写真」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像