検索結果 99 件中 1 件 〜 50 件 "陝西省漢中市洋県"
  1. 2020081205344

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  3日、陝西省の移住・転居による貧困救済事業の第1陣モデル地区として建設された洋県磨子橋移民新区。(小型無人機から)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020081205315

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  3日、洋県紙坊街道同心村の民宿「藍藍小院」でくつろぐ観光客。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020081205410

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  3日、洋県紙坊街道草壩村の黄金梨農園からライブ配信する劉小剛(りゅう・しょうごう)さん夫婦。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020081205412

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  3日、洋県紙坊街道草壩村の黄金梨農園からライブ配信する劉小剛(りゅう・しょうごう)さん夫婦。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020080602188

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、農家を「訪問する」キンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020080602067

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、キンシコウに「あいさつ」する村民。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020080602011

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、村外れに姿を見せたキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020080602088

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、村民らとキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020080602143

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、村民の龐風莉(ほう・ふうり)さんの家の前で休むキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020081205415

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  2日、洋県の雷草溝ダム付近を飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020081205503

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  2日、洋県紙坊街道の誘虫灯が一面に配置された水田。(小型無人機から)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020080602140

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、山から下りてきたキンシコウを出迎える村民ら。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020080602017

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、山林に戻るキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020080602257

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、村民と「握手」するキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020080602182

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、道路脇で、何度も自宅に「招待」してくれた村民の龐風莉(ほう・ふうり)さんを一目で見つける野生のキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020080602063

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、慣れた様子で村民の龐風莉(ほう・ふうり)さん宅の玄関を探し当てるキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020080602139

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、漢中市洋県茅坪鎮茅坪村の村民と一緒に写真に収まる野生のキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020080602034

    野生のキンシコウが農家を「訪問」陝西省漢中市  2日、山を下り茅坪鎮茅坪村に姿を見せたキンシコウ。中国陝西省漢中市洋県茅坪(ぼうへい)鎮茅坪村にこのほど、国家1級重点保護動物に指定されている野生のキンシコウ1匹が現れ、村の家々を「訪問」した。このキンシコウは成獣で、日中は餌を求めて屋根伝いに民家に入り、夜になると山林に身を潜めて休んでいるという。秦嶺山脈南麓に位置する同県は、生態環境が良好で植生も豊かなことから、「秦嶺四宝」と呼ばれるジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキンが集中的に生息している。ジャイアントパンダやキンシコウが山を下りて村の民家に姿を現すことがあるため、地元の人々の野生動物への保護意識は高く、人間と動物との共生を実現している。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020081205379

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  2日、漢中市洋県茅坪鎮茅坪村の村民と一緒に写真に収まる野生のキンシコウ。同県ではジャイアントパンダやキンシコウが村を「訪問」することが度々あるため、地元の人々の野生動物保護に対する意識は比較的高く、人間と動物との共生を実現している。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020081205506

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  2日、生産した黒米を包装する洋県紙坊街道草壩村合作社の社員。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020080405514

    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県  1日、陝西省漢中市洋県陳家村の近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020080405569

    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県  1日、陝西省漢中市洋県陳家村の近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020080405633

    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県  1日、陝西省漢中市洋県陳家村の近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020080405646

    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県  1日、陝西省漢中市洋県の雷草溝ダムの近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020081205452

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  1日、洋県陳家村付近で巣に戻るトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020081205501

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  1日、洋県陳家村付近で巣に戻るトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020080405621

    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県  1日、陝西省漢中市洋県陳家村の近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020080405584

    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県  1日、陝西省漢中市洋県の雷草溝ダムの近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020080405581

    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県  1日、陝西省漢中市洋県の雷草溝ダムの近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020080405639

    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県  1日、陝西省漢中市洋県陳家村の近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020080405645

    トキの姿が「故郷」の風物詩に陝西省洋県  1日、陝西省漢中市洋県陳家村の近くを飛ぶトキ。中国陝西省漢中市洋県は「トキの故郷」として知られる。トキの群れが漢江の上空を飛んだり、漢江支流の川岸や湿地で餌を取ったりする姿は地元の風物詩となっている。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020081205354

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県謝村鎮海蓮村でドジョウの養殖を専門に手掛けている鄧宝民(とう・ほうみん)さんは、トキ生態保護園に定期的にドジョウを届けている。園内で人工飼育されているトキに対する野生化訓練のための餌を確保すると同時に、養殖農家の増収にもつながっている。(7月31日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/蘭紅光)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020081205488

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県紙坊街道周家坎村の水田脇を電動バイクで通過する村民。近くにはトキが飛んでいる。(7月31日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020081205389

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  水田の除草作業をする洋県紙坊街道周家坎村の村民。(7月31日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020081205327

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県の観光スポット、華陽古鎮の儻駱道を歩く観光客。儻駱道は東から西に至る有名な5本の「蜀道」うちの1本で、現在は美しい景観が古鎮の貴重な観光資源となっている。(7月17日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020081205386

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  水田に設置した捕虫器を点検する洋県紙坊街道草壩村の村民。同県農業技術普及センターはここ数年、トキ保護区の水田に捕虫器と殺虫灯計3千組(台)を設置。虫の生態を利用した物理的防虫技術を全面的に採用し、トキの生存環境を効果的に保護している。(7月15日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020081205466

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県紙坊街道周家坎村の水田で、殺虫灯の効果を調査する同県農業技術普及センターの技術員、陸小成(りく・しょうせい)さん(右)と白瑾(はく・きん)さん。(7月15日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020081205312

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  モモ園で春の耕作に励む洋県竜亭鎮柳山村の村民。同県では現在、7496ムー(約500ヘクタール)でナシ、モモ、キウイフルーツ、ミカンを代表とする有機果物を栽培しており、市場の人気商品となっている。(3月22日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020081205392

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県のアブラナ畑の中を走る列車。(3月14日撮影、小型無人機から)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020081205418

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県の広大なアブラナ畑に現れたトキとジャイアントパンダ、キンシコウ、ターキンの図案を組み合わせて描かれた作品「秦嶺四宝楽園」。(3月14日撮影、小型無人機から)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020081205480

    有機産業で豊かになった「トキの里」陝西省漢中市洋県  洋県の広大なアブラナ畑に現れたトキとジャイアントパンダ、キンシコウ、ターキンの図案を組み合わせて描かれた作品「秦嶺四宝楽園」。(3月14日撮影)中国陝西省漢中市洋県は「トキの里」と呼ばれる。同県では1981年5月23日、世界にわずか7羽しか生息していなかった野生のトキが発見された。県政府はトキの保護を目的に、生態環境保護とトキ保護および県域経済の発展の間に存在する矛盾を解決するために、有機産業の育成に力を入れ、企業や合作社(協同組合)の参画を促す一連の優遇政策を打ち出した。2010年には中国北西地域最大の有機産業パークを建設、その後10年間で森林率を65%から68・9%に増加させた。絶滅寸前だったトキの保護状況は日増しに改善し、世界の個体数は発見当時の7羽から5千羽余りにまで増加した。うち2千羽余りが同県内に生息している。同県は有機産業企業30社の発展を相次いで支援し、14万2900ムー(約9500ヘクタール)で生産される15類81種を有機製品として認証。総生産量は3万6900トン、生産額は11億700万元(1元=約15円)に達している。同県全域で実施される有機栽培・養殖により農民約10万人が有機産業の発展による利益を享受し、1人当たりの実収入は県平均を1500元余り上回っている。同県は今年2月、貧困を脱却した。(洋県=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019062003842

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019062003818

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019062004055

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019062004089

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019062003923

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019062003916

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019062003821

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019062004026

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019062004109

    秦嶺以北初のトキ放鳥地、6年間で85羽の繁殖に成功  13日、陝西省銅川市耀州区のトキ放鳥地で撮影したトキ。中国陝西省銅川市耀州区を流れる沮河(そが)の流域は、秦嶺(しんれい)山脈以北で初めてのトキ放鳥地である。同地では2013年から、62羽のトキを2回に分けて放鳥し、2019年の繁殖期終了時点で「銅川籍」のトキ85羽の繁殖に成功した。鳥の中で「東方の宝石」とたたえられるトキは、20世紀半ばには絶滅の危機に瀕していた。世界でわずか7羽の野生のトキが陝西省漢中市洋県で発見された1981年5月23日以降、約30年間で保護態勢が徐々に整い、中国のトキの個体数は2600羽余りに増えた。(銅川=新華社記者/劉瀟)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像